バースくんの今日も発車オーライ♪

小さな町の広告代理店。働く「バースくん」の日々のおしゃべり

教会の鐘

2020年09月18日 | Weblog

今日早朝のワイドショーのスポーツコーナー。昨夜11点も取って巨人を完封した阪神!と浮かれに浮かれた報道

東京から来たコメンテーターが「優勝したわけじゃないですよね、その前に連敗してますよね」とグサリ一言。

「そうですよ、だから盛大に喜んでいるのですよ。今喜ばないでいつ喜びます」と返したアナが偉かった。おっしゃる通り喜べるときに喜ぶ!!

やっぱり阪神ファンの気持ちは東京の人にはわからない。逆もまた真なり。

というわけで昨日までの巨人3連戦、ボクはずっとテレビを消音にしていた。

ビジターだったから、中継局は読売系で解説はみな巨人の肩を持つ。当たり前なんだけど、とても面白くない。

サイレントの画面で負けると本当に落ち込むけれど、勝つと音声有りよりさらに盛り上がる!!ボクが解説をつけるからだ。ワハハ

いづれにしても、対巨人戦とか苦手な解説者のときの消音措置は素晴らしいと自画自賛している。

でもサイレントって……と考えさせられた。ラジオでベートーヴェンの話をしていた。

なんでも今年はベートーヴェンの生誕250年に当たる年だそうで、いろいろなエピソードをちょこちょこと聞く。

ある朝いつも通りに起きたベートーヴェン、教会の鐘が鳴らないのを不審に思う。

そのころはまだ聞こえる周波数と聞こえない周波数がまだらにあった時期。「何かあったか?」とたずねる彼に周りの者は黙るしかなかったと。

怖かっただろうなぁーと思う。昨日まで聞こえていたものが今日は聞こえない。浜辺で足元の砂を波にさらわれる感じ?!

サイレント……さぞかし心許ない思いをしただろうとベートーヴェンに思いをはせましたとさ。

でも巨人戦はこれからも絶対消音!!鳥取のイベント情報サイト ジャングルズームノマップ


立ちはだかる

2020年09月17日 | Weblog

夏からそれは、ずっとわかっていたことでした。覚悟もしていました。ここにも書きました。

やらねばならぬことが山のようにあり、取りあえずあまり遠く見ないでこつこつと手前から順に片付けて行こうと思いました。

それでも事には大小というものがあり、大きなことが3件ほどありました。

そのうち2つにおおよその目途がたったのですが、びっくりしました!!

いやいやそれでも人生結構長くやってきているので、知ってはいるつもりでした。何事も延々と続くものだと。

それこそ大袈裟に言えば、この世のゴールを切るまで何事も続くのです。

わかってはいたけれど2つ片付いたら、なんとその後にそれよりでかい山がどーんと立ちはだかっているぢゃありませんか!!絶句

繰り返し、つづき、エンドレスなんですよね。知ってましたよなんてね、強がりを言わなきゃどうしようもないわけです。

そんなこんなでまあバースくんはバースくんなりに歯を食いしばってやってるときにですよ、あーた阪神ですよ!!

何をやっておるのかと!!(野球の話はしないと願掛けしているじゃなかったっけ?!)願掛けする意味ない!!

とにかく巨人に勝てない、負ける、どんだけそこまでに貯金したって巨人戦でそれを吐き出すんだもん、バッカじゃないのー

そんなに巨人は立ちはだかる大きな山か!!(うん思う。だってべらぼうに強いもん。立ちはだかっていると思うなぁー)やっぱりそう……

♪きのういろいろありまして~なんだか足が重いけど ぐっとおへそに力をこめて 今日を乗り越える~♬

「のりこえるのうた」を低音でしっかり唄って、今日も元気に出発進行!!鳥取のイベント情報サイト ジャングルズームノマップ


時代

2020年09月16日 | Weblog

♪まわるまわるよ時代はまわる、めぐるめぐるよ時代はめぐる♬中島みゆきの「時代」がお久しぶりに本日のバースくんの脳内BGM

今朝バス停に向かっていたら、我が家の5軒先のガレージからちょうど車がゆっくりと出て来た。

車の中に声が届かないのはわかっているけれど大きな声で「おはようございます」を言い、力一杯手を振る。

車の中からも口が大きく「おはよう」と動き、大きく手を振ってくれるのが見えた。これで本日の歌が「時代」に決まった。

ご近所5軒先の車に乗っていたのは、ボクの高校のときの体育の先生だ。卒業してから幾星霜……

今となれば気心の知れた心やすい隣人で、先生と教え子という関係は♬そんな時代もあったね~♪という感じになっている。

出勤してラジオを入れると、交通情報が流れていた。「ダンプカーによる事故のため○○は2キロの渋滞」と聞こえてくる。

タンプカーと聞いて、なんだか懐かしい気分になる。

ボクが子供の頃は高度成長真っ盛り、槌の音がそこかしこから聞こえ、ダンプが縦横無尽に走っていた。♬あんな時代もあったね~♪

ん、あれ?!大抵いつもは「トラック事故」って言うんぢゃなかったけ?とふと疑問に思ってグーグル先生に聞く。

へーっ後ろの荷台を動かして荷物を降ろせるトラックのことをダンプカーと言うんだ、納得しました。

交通情報だから正確に言うんだね。十把一絡げにトラックとは言わない、ダンプカー、タンクローリー、ミキサーちゃんと区別するんだ。

朝からちっちゃいことにこだわってしましましたとさ。さて、♪くよくよしないで今日は今日の風にふかれましょう~♬

今日も元気に出発進行です!!鳥取のイベント情報サイト ジャングルズームノマップ


嘘ッ!!

2020年09月15日 | Weblog

バースくんは、何でもかんでも起きた事に「嘘!」とか「うそでしょうー」とか言うのは基本的に嫌いだ。

そういう事態に遭遇したときは、ボクは「本当?!」とか「間違いぢゃないよね」と言うように意識している。

でも今回の安倍さん辞任から新総裁が決まるまでの一連の動きは「嘘だろう、こんなバカげたことってある?!嘘だと言ってー」という気分だった。

そんな昨日の夕方、さあ帰宅しようと靴を履こうとしたら……履けない?!右足が靴に収まらない?!おまけに痛い?!何ーーー!!となる。

「足を入れども足を入れどもなお我が意叶わずじっと右足をみる」と「嘘ッ!!」足の中指が赤黒く腫れあがり両脇の指を押しつぶすまでになっていた。

そりゃこんなに腫れたら靴を履くのはかなり難しいということを悟る。それを無理して靴に入れようとするから痛いのだ。

しかしそんなことは言っていられない。痛い痛いまま無理やり靴を履いてバスに飛び乗る。

じっと痛みに耐えながら、車中でどうしてこんなことになったかと考える。はたと思い当たる節、あー明け方のアレだ。

夜明け前、もうあと1時間は眠りたいと思っているときにトイレに起きた。

ハッキリ目覚めたくないので灯りもつけず目も半眼で、ベッドから降りて歩き始めた途端タンスの角に足をぶつけた。

寝ぼけた頭で「おぉ小指ではなくてよかった。そんなに痛くないではないか」なんてちゃんと思っていた。事実そのときさほど痛みはなかったのだ。

あのときのあれがこんなになっている情けない……と凹んでいたら、危うくバスを乗り過ごしそうになった。嘘ッ!!「降りまーーす!!」

とほほのほ鳥取のイベント情報サイト ジャングルズームノマップ


ディーエヌエー

2020年09月14日 | Weblog

野球の話じゃありません。野球は毎日密かに気を揉んでおります。多くは語らないことで願掛けしています。DNA、つまりデオキシリボ核酸の話。

ラジオで視聴者がアナウンサーとやり取りをしていた。

「朝晩はすっかり涼しくなって、虫の声もすごいんですよねー。聞こえますか?今も鈴虫の声がすごくて」と視聴者。

「鈴虫の声は電話では聞こえないんですよねー」と残念そうにアナが応える。そう鈴虫の声の周波数は高いので電話では拾えないのだ。

それで思い出したのが、虫の声に秋や情緒を感じるのは日本人だけだという話。日本人のDNAには「わびさび」が刷り込まれているとか……。

確かにDNAにはいろいろなものが長きに渡って刷り込まれているのだなぁーと実感する場面はたくさんある。

例えば歌舞伎役者の芸の技術そのものは親から教わり稽古して習得するから似て当然で、それはDNAによるものではないと思う。

ただ見得を切った瞬間とか踊りの瞬間に、先代の身のこなしや気配がそっくりそのままで、まるで先代を観ている気分になるのはDNAの仕業だろう。

みんな経験していることだと思うけれど、何気ない自分の所作や動きが親と瓜二つでギョッとすることはないだろうか。

バースくんはある日、朝刊を読んでいる自分の姿とか洗面のときの耳の洗い方が親にそっくりだと気が付いて愕然としたことがある。DNAの仕業だ!

そうだこの際、短気もおっちょこちょいも全部困ったものだと思うことはDNAの仕業にしてしまえーなんてね、ハハハ。

いい加減なことをペラペラ言うのもDNAということで、今日も元気に出発進行!!鳥取のイベント情報サイト ジャングルズームノマップ