バースくんの今日も発車オーライ♪

小さな町の広告代理店。働く「バースくん」の日々のおしゃべり

土曜日

2021年04月16日 | Weblog

テレビが「週休三日制にしている企業は今現在どれくらいあると思いますか」という質問を投げかけて来る。

うーん4%ぐらいかとボクは当りをつけたが、なんとびっくり国内企業の8%が週休三日制を取っているということだった。

その率は意外な高さに思えた。バースくんの身の周りの企業には、まだまだ日曜日・祝祭日のみお休みというところはいくらでもあるからだ。

当社は週休二日制だ。でも思い起こせばこの仕事を始めたころは日・祝日だけの休みだった。時代は変わっていくんだなぁー。

出勤している土曜日の午後というのは、どことなく時間の流れがゆっくりしていたように思う。

仕事相手が休みをとることが多くなり手持ち無沙汰感が否めなかった。あぁ独特だった土曜日……

なんて思っていたらラジオから「昔、土曜日は学校は半ドンでしたね」と聞こえてくる。「おお、確かに半ドンだった」とうなづいていたら

「あっでも今半ドンって言っても通じませんかね。そんな言葉使いませんものね」と言う。いやいやわかるでしょう「半ドン」

お昼までということ、給食やお弁当の無い日。言葉の由来は正午を知らせる大砲の音とか、オランダ語がなまったものとか諸説あるらしいけど、

とにかく「半ドン」と聞けば懐かしい思い出があるなぁーと浸っていたら……

今朝時計代わりに流している朝ドラから、独特な調子の台詞が聞こえてきた。振り向けば喜劇の舞台という設定の場面だった。

ぱっと藤山寛美の顔を連想してうれしくなる。土曜日といえば吉本新喜劇が定番だけれど、今朝のボクの気分は寛美だった。

それもそのはず、なんと画面には寛美の孫の扇治郎が出ていた。単純なボク。

さあ、明日は土曜日お休みです。あと一息、今日も元気に出発進行です鳥取のイベント情報サイト ジャングルズームノマップ


そっち

2021年04月15日 | Weblog

昨日、今読んでいる本の中に次の一文を見つける。

「何百万という人類の滅亡よりも、自分の小指のケチな痛みのほうが心配なものだ」というイギリス人の評論家の言葉。

痛い痛い!!と騒ぐバースくんに向けて「言っておきますからね」という感じがして、ページに向かってヘヘヘとごまかし笑いをした。

そして何度かこの一文を繰り返し見ていて、なんでもここに収まるなぁーということに気が付く。

「恐ろしい数の広がりを見せる新型コロナウイルスよりも、自分の先の選挙のほうが心配なものだ」とか

「ゴルフの松山選手のマスターズ優勝という世界的快挙よりも、自分の贔屓野球チームの今夜の勝敗のほうが心配なものだ」とか

ふん、考えるといろいろ出てきそうだ。要は自分ごとでないと人は動かないということ。

自分で測り切りないことやわからない他人事は「ああ、そっち」となって、身に引き付けて考えることが出来ないと言うことなんだな多分。

「そっち?!」で思い出したのは、宅配の各社の動き。今はどこでも自分の荷物の現在地を追跡できる。

ボクはこれが結構好きで、別に早く届けてほしいとか待ち遠しいわけで追っかけるわけではない。

どこを出て、どこを通過して、今ここという地図を想像するのが楽しいのだ。真夜中、トラックが走っているんだなぁーとか。

でも先日はあまりに届くのに時間がかかるので、必要に迫られて追跡をした。するとなんと!!出荷地点からひたすら西に向かってくるはずが

ドーンと東にむかっているではないか!!何、なんで?!とより詳細を調べるとどうやら集約大拠点が「そっち」にあるからのようだった。

さらに拠点での保管が長い!!ネコさんや飛脚さんではこんなことはあり得ないよ!!

おーい〒!!!と思ったことでした鳥取のイベント情報サイト ジャングルズームノマップ


棚卸し

2021年04月14日 | Weblog

実は例の歯の「杵と臼」案件はまだ解決していなかった。忘れたころにやってくる脳天を突き抜ける鋭い痛み

そしてそこから続く頬を抱えていたくなるようなどんよりとした痛み、そのたびごとに先生のところに飛び込んでいたのだけれど……

「バースくん、もうこれ以上削ったら嚙み合わせが狂ってしまうからダメ。トリガーポイントがあるから気を付けて」となった。

さてそのたった針ほどの一点がどこにあるのか、どういう状況態勢になったらトリガーを引いてしまうのか、さっぱり今だわからない。

そして一昨日、またそりトリガーを引いてしまった。痛い、取りあえず一日が何となく憂鬱になるくらいは痛い凹

とグズグズ暮らしていたら、やってきましたちっぽけな痛みの棚卸し!!泣き笑いをしてしまいましたよっ!!

半年がかりでようやく人差し指の傷が癒えてきた矢先、となりの親指の指先、爪の間際のところでぱっくり割れ、痛いとにかく痛い。

そして突然にまたまた魚の目の出現、なんだよ!なんだよ!の痛さ。とどめは五十肩!!

あれはなんだろう、その年代を冠とした病名になるのか?!四十肩とか六十肩とか、多分正式病名があるとは思うけれどとにかく痛い

夜ベッドに入って布団を首元までに引き上げるのが一番つらいという不思議な現象。隙を盗んではぶらぶらストレッチで治療に勤しむ。

どれもささやかというか、老化だから仕方ないというか、黙ってろとか、我慢しろの世界、ボク的には満身創痍なんだけれど……

でもね「痛いね」と一言、誰でもいいから慰めてくれたら頑張るから、誰かいないかなぁー鳥取のイベント情報サイト ジャングルズームノマップ


13

2021年04月13日 | Weblog

午前三時、風と雨音で目が覚める。そんなにデリケートには出来ていないバースくんが起きるのだからその強きこと。

昨日の夕方、風速13m前後の風が吹くと気象予報としては「荒れる天気」と表現すると知ったばかりだった。

今朝アメダスを見たら午前三時の風速は12.7mだった。ごうごうと鳴る風、交じる雨音……またすぐ寝たボク、ハハハ

烏かあで夜が明けて、ゴミ出しに行く体を風に持っていかれそうになってオヨヨとなり、気持ちもヨヨヨ

テレビからは大阪の知事が「医療体制逼迫につき、不急のものは手術も入院も延期」というお達しを出したというニュース。

ヨヨヨの気持ちはザラザラとなる。さて不急の手術の定義はどこにおくのだろうか。

それでなくてもコロナ前から手術難民はいくらでもいたというのに……。憎きもの、恐るべきもの、その名は「新型コロナ」なり。

さらに玉子を手に取ったら初めからヒビが入っていた。茹でるはずを目玉焼きに変更する。

めったにないことにフライパンに割るのに黄身を崩してしまった。気持ちはゾワゾワに代わる。

そんな落ち着かないところでラジオに速報差し込みニュースが入ってくる。

「原発処理水の海洋放出決定」というものだった。頭の中に総理の顔が浮かぶ。うーむ、あの頑な感じはなんだろうと改めて思う。

何もわかっていないとか、考えていないとか、頑固だとか様々に耳に入ってくるけれど、まずその前にあの人は「頑な」

まあボクも人のことを言えたものではないけれど「頑な」は厄介で面倒くさい。気持ちはゾワゾワを取り越して妙なうねりとなる。

さっ気を取り直そう、ちなみに13はボクの好きな数字の一つだ。

今日もいいことありますように!!鳥取のイベント情報サイト ジャングルズームノマップ


長ーーい

2021年04月12日 | Weblog

朝ラジオからプッチーニの「菊」が流れて来た。バースくんの好きな曲。好きだけれど、今日の今朝に聞く曲でないことは確かだ。

これは11月の頭空気がひんやりしてきたときに聞いてこそなのにと、ラジオにケンクツをくらわす。

そして出勤してきたらパソコンがぐずるぐずる、ふっとカレンダーを見てガクッとくる。間もなく更新の表示。

定例の更新で時間がかかる。なんでこうも長い時間がかかるんだろう凹。相手に出来ないので銀行に回って今帰ってココ。

ようやく終わっておりましたよ更新が。まあ長い、そもそも今日は長いという話をしようとは思っていたんだけれど……

今順調に立ち上がって、一番にネットニュースで目に飛び込んできたのは「松山の初のマスターズ制覇」いやはやすごいね。

長いマスターズの歴史の中、日本人初、アジアとしても初めてたそうだ。すごいネェー参戦するだけで騒がれた時代もあったのに。

すごいと言えば、昨日の競馬の桜花賞もそう。白馬が優勝した。芦毛ではなく白毛!!長い間競馬を観ているけれど初めてだよ。

本当に真っ白なまだお嬢ちゃんの馬、これが王子様ではなく騎手を乗せて走りましたよ。お父さんの名前がクロフネというのもね、フフフ。

ボクはどうしても初物が怖くて投票しなかったけれど、とにかく強い馬、連戦連勝負け知らずすごい馬が出て来た、その名はソダシ

サンスクリット語で「純粋、輝き」という意味なんだそう。どこまでいくのか今後が楽しみ!!でもありがちなのは

次のレースでスワと勝ったら来ない、買わなかったら来るというボクの長い競馬観戦での経験則。さてどうするかなぁー

そして野球はひたすら元気にやっております。長いボクの応援生活の中、こんなことめったにありません。ちょっと今息を詰めて観ています。

さあ月曜日、今日も元気に出発進行鳥取のイベント情報サイト ジャングルズームノマップ