バースくんの今日も発車オーライ♪

小さな町の広告代理店。働く「バースくん」の日々のおしゃべり

ツェムリンスキー

2022年05月24日 | Weblog

今朝はツェムリンスキーの人魚姫を聞きながら出勤した。バスの窓から見上げる空は雲一つない。

曲は20世紀の初頭にアンデルセンの童話「人魚姫」を基に作られた交響詩だ。まず海の深さと青さがすぐにイメージ出来るこの季節にピッタリの曲。

途中ピョンという実に印象的な演奏が入る。人魚姫が海から頭を出して陸地を見るシーンが表現されているのが容易に想像できる。

ボクはこの部分を聞くと、チボリの人魚姫や絵本に描かれた人魚姫やもしくは銅像のそれではなく、崖の上のポニョを思い出す。

フフフあまり素敵な女性ではないところがミソかな。最終楽章で人魚姫の自殺と天国への救済と曲は展開していくけれど、

ポニョを思い浮かべていると、最後の自殺の下りがするりと気持ちに入ってこなくなる、これがいい。せっかくさわやかな気持ちになっているのだから

そしてまた上手く出来ていて、そのころには事務所に到着するので曲を最後まで聞くことはない。自殺も救済もそれ以前で終了、あはは。

ポニョで思い出したけれど、随分と久しぶりにテレビで「魔女の宅急便」を観た。見たのではなくじっくりと観た。

封切前、試写会依頼のことだった。感想はうんまあよかった?!かなというより、特筆すべきものはボクになかった。

ただ映画のコピーを思い出して、少しだけ元気を出した。「落ち込んだりもしたけれど私は元気です」

事務所の火災保険の更新に損保の担当者が来社。開口一番は「バースくん、阪神今年は大変だねー」だった。

「平気!!落ち込んだりもするけれどボクは元気にやっていまいす!!」とお返事致しましたとさ鳥取のイベント情報サイト ジャングルズームノマップ


五月の陽光を浴びて

2022年05月23日 | Weblog

起き抜けはぼんやりと薄雲がかかっていたけれど、今は気持ちのよい青空が広がっている。東京はどうだろうか。

初めて訪れる土地で迎える朝の天気は大切だ。晴れていれば「何かいい感じ」と何も始まらない前から思える。印象がよくなる。

バイデン大統領滞在中のお天気が良いことを願っている。いろいろね世界的に、まだまだおじいちゃんに頑張ってもらわないといけないからね。

それはさておき、しばらくお天気の良い日が続きバースくんは気持ちよく薫風に吹かれ、当面の悩みは棚上げに機嫌よく暮らしている。

昨日の午後はもう楽しさ満点大忙しだった。タ→オ→タ→コ→タ→コヨの順番であっちこっちに振り回されてうれしい悲鳴!!

因みに凡例は、タ=野球の阪神タイガース、オ=競馬レースのオークス、コ=大相撲夏場所・琴の若、ヨ=同横綱だ。

どれもこれもそれなりに気を揉んで楽しみましたとさ。結果はもちろんだけれど、何がうれしかったってその観客!!

野球も競馬も大相撲も、観客席が人で埋まっている。どよめきが、ジワが、割れんばかりの拍手がそこにあって、ボクはそれにちょっと感動した。

五月の陽光を浴びて、力いっぱいの出来る応援をする!!久しぶりだもんね、こう人がわーーって集まって同じことを楽しむ集中する姿……

ボク自身は人混みは少しばかり勘弁してほしいけれど、見る分には最高だった。あーみんな元気でやっているという感じ。

このままコロナも侵攻も終息の方向には向いてくれないだろうか、どこも贔屓の名前のタオルがたくさん掲げられていて平和だった。

さあこの勢いそのままに今日も元気に出発進行!!鳥取のイベント情報サイト ジャングルズームノマップ


目薬、粉薬

2022年05月20日 | Weblog

「バースくん、この減り方はちょっと異常だよ。使い過ぎているんじゃないの?」と眼科の先生に目薬の本数を指摘される。

「いや先生に言われる通り、朝晩の二回しかさしてないけど……」と返すと、ウーンと腕組みをする先生。さらに

「ひょっとして一回にジャボジャボ入れすぎているんじゃない?」と言われて、確かにあふれる目薬をテイッシュでおさえていると答えた。

30年以上お世話になっている先生、大きくため息をついておっしゃった。

「目薬のさし方を最初に教えなかったかなぁー。一滴落としたらあとはしばらく目をつむって終了。さしても2滴までね」と

はぁーっ、長年の間に1滴が2滴になり2滴が今や5滴ぐらいになっている!!少量だと不安になって……言い訳を続けると

「目の大きさは変わっていない。変わったのはお互い歳を重ねたということ。量を増やすことで保険をかけた気になっているのよ」と先生。

ここでもまた「寄る年波シリーズ」が出た。ここのところ頻繁に頭をぶつける加齢問題、トホホノホ。

そしてことは目薬だけではなかった。粉薬にも問題発生。

ここ数年粉薬が喉に引っ掛かることが多くなって、なるべく上を向いて一気に飲むというのを実行していた。一日3回の粉薬、これも30年以上……

先日事務所で服薬していたら、やっぱり詰まって激しくむせて胸を叩いていた。見ていた社長に「今に肋骨が折れるぞ」と呆れられた。

それも先生に相談したら、顎を上げて上を向いて飲むなんて言語道断!正面か少し顎を引き気味にするのが正しいと教えられた。

あーそうだ、以前は上を向いて薬を飲むなんてことはしていなかった凹どこまで続くよ「寄る年波シリーズ」鳥取のイベント情報サイト ジャングルズームノマップ


楽しくなくては!!

2022年05月19日 | Weblog

昨夜は阪神タイガースが勝ちました。もう喜ぶべき時に100%素直に喜んでおかないといけないと悟りましたから喜びました。

プロってやはりファンを喜ばし続けることが第一だと毎日アメリカの大谷選手のニュースを見るたび思うよね。

見るというよりはニュースを追っかける感じ。ちゃんと報道も細かく追ってくれるからね。で、なんでこんなに彼に惹きつけられるられるのか

それはもう技量がすごいからだけれど、それならイチローだって松井だってという話。彼の魅力はひとえに野球を楽しくやっているところだと思う。

マエケンもそう、バースくんは楽しそうに野球をする人が大好きだ。という前段で昨夜の阪神に話は戻る。

ピッチャーは若干二十歳の西純矢だった。終わってみればプロ初完投、今季2勝目、打ってはプロ初ホームランという快挙をなした。

ボクのさじき観戦体制は神宮に弱い。テレビ放送がない、遠い微弱電波のラジオとネットとデータ放送で追っかける。こんな日に限ってという展開!!

球団が流すツイッターの動画だけを頼りにする。そんな最悪に近い状況でも西純の楽しそうな様子は充分に伝わってくるのだ。

彼は本当に楽しく真剣に全力で野球をする。観ているこっちまで自然に気持ちが弾んでくる。そこにホームラン!!

やったー!ホントによくやった!!君のその熱量は、生気を失っていた他の選手にも伝播した。みんなが元気で楽しくやっていた。

右手にウイニングボール、左手にホームランボールのヒーローインタビューなんて最高だったよ!!

というわけで力一杯、全力で喜びました。今夜またどんな結果になろうとも、今日の夕方まではがんばれそうです凹

多少の落ち込みはまた大谷君がうめてくれるでしょう。さっ今日も元気に出発進行です鳥取のイベント情報サイト ジャングルズームノマップ


寸分違わず

2022年05月18日 | Weblog

「どうぞお入りください」の声に、カーテンを開けて診察室に入る。昨日の人間ドッグでのこと。

入った途端、先生の顔を見て記憶のページを猛スピードで繰る。えーっと、この先生って……

先生も固まっている様子、じっとボクを見つめてからデスクのパソコンカルテを振り返る。それは一瞬のことだった、同時に

「バースくん!!」「先生!!」となって、またまた同時に「マスクをしているから」と互いに言って大笑いをしましたとさ。

以前、身内が長らくお世話になっていた先生だったのだ。先生はカルテのボクの年齢を見て、何とも言えないため息を小さくつく。

(先生!!歳を重ねているのはお互いさま、時の流れはかくも確実なものなのですよ)と心の中で言う。ではでは診察となって画面のデータを診てもらう。

昨年の結果と今年のいま検査した数値とが並びで表示されていた。ふむふむと先生の横手からボクものぞく。

そしてまたまたまた同時に「えっ?!」と声を上げた。お互いに顔を見合わせる。嘘でしょう、何かの間違い?と言いたいところをこらえる。

なぜならば、ほとんどの数値や結果が寸分違わずと言ってもいいくらい変わらないのだった。懸念のある数値はそのままよくも悪くもならず

身長や体重は完璧に同じ数字、例の問題だった血圧だけが違っていて、その数値がパソコンの誤表示ではないことを証明していた。

こんなことってある?!グラムやミリ単位での差ぐらいあるでしょうと思うのだけれど……。なんだか運の無駄遣いをしている気になってしまった凹

「変わらないのはいいこと、お大事にね」と先生に送り出されましたとさ。そうだね、取りあえず大丈夫ということ。

それでは今日も元気に出発進行です鳥取のイベント情報サイト ジャングルズームノマップ