一級建築士事務所 サトウ工務店

自然素材を使い省エネと快適性をデザインする 新潟の家

ご紹介頂きました。モテ期かも。

2016年08月29日 | 佐渡(さわたり)の住宅


佐渡(さわたり)の住宅を Daily-Lives-Niigata にてご紹介頂きました。
#004 のどかな土地に立つ、大きな屋根の家 http://daily-lives-niigata.com/2016/08/28/004/

竣工写真→ http://www.sato-home.co.jp/works/details_07.html

本物件は竣工してもうまもなく2年が経過。
ここにきて[モテ期]の到来です

まずは、今回のDaily-Lives-Niigata の依頼。
(新潟での自然体の暮らしにスポットをあて、日常生活の中での住まいのあり方を紹介しているサイトです)

次に、来月発売の雑誌の取材依頼
(特集記事に取上げて頂きました。一週間ほど前に取材は完了 記事の仕上りが楽しみ

また更に、ここ最近のお客様から評判がとてもよく「佐渡の住宅の様なプランを」とご希望される事も非常に多くなっています。

竣工時もそれなりに評判は良かったが、ここに来てより評価が上がってきたのはとてもうれしい
確かに取材の立会いで久しぶりに訪問したが、私が言うのも何なんですが、とても素敵な住まい。

弊社にしてはやや大きめの住まい。(大きめといっても40坪ですが・・・)
細々した仕掛けや装飾は排除し、大雑把でフレキシブルな空間がド~ンとあるだけ。

ご家族がその時々ライフスタイルに応じて工夫して使って下さいね。
あとはおまかせしますねって感じの設計。

ちょっと他力本願的なプランですが、ご家族にとってみれば逆に型にはまらず自由に使え、
○○風でも△△調でもない空間は、シンプルに肩の力を抜いて過ごせているようでした

竣工時


竣工時では「サッパリしすぎて物足りないかな~」「生活感がなさすぎかな~」などと思われた家も
暮らしが始まる事により、(様々な物)や(さし色)により彩られて、現時点でのこの家族の色になってきた。

現在(取材記事より)



当社の物件はとても個性的な住まいが多い。でも、これは当社の個性ではないんです
その立地条件やそのご家族の個性なんです。

設計者の趣味趣向を押付ける。もしそうなってしまうと・・・
[個性]ではなく偏った好み、つまり[癖]となってしまいます。

[個性的な住まい]と[癖のある住まい]は、紙一重です

間違っても、癖のある住まいは作らないぞ 改めて肝に銘じます




にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へにほんブログ村


この記事についてブログを書く
« 住宅と自動車。匠の技。 | トップ | 焼杉の外壁。理由あって決まる。 »
最新の画像もっと見る

佐渡(さわたり)の住宅」カテゴリの最新記事