一級建築士事務所 サトウ工務店

自然素材を使い省エネと快適性をデザインする 新潟の家

内装用モイス、暖テックス

2016年09月20日 | 下保内の住宅

下保内の住宅現場です。



内装用モイスを張り始めました。 そう、内装用
モイスには、外部(壁下地)に使う耐力面材モイスと、内装仕上げに使う内装用モイスがあります。

耐力面材のモイス


内装用のモイス


ちょっと紛らわしいですが、どっちも同じモイスです。
強度・環境性能・呼吸性能などなど多くの機能を活かし
構造材(耐力壁)としても、仕上材としても、理想的な建材としてそれぞれ商品化されています。

内装用モイスは、ぱっと見は真っ白い壁ですが、よく見ると黒いつぶつぶがあってややグレーががっています。
超マットな質感。テカテカしたビニールクロスとは異なり 光をやさしく反射します。



調湿、消臭、耐火などの機能ももちろん大きなメリットですが、なんといってもこの質感がイイ

現物は写真以上にイイ感じですよ。

クロス貼りより少し高くなりますけど、一部の天井などをシナ合板や構造用合板などにしてコストを落とせば、トントンかな


また、設置予定の薪ストーブも確認してきました。



地元「暖テックス」さんの出来立てホヤホヤのニューモデル。
こだわりのオリジナル品。機能もデザインも優れていて、しかもとってもリーズナブル。(ここ大事
もちろん輸入ストーブも様々取り揃えていて、比較検討しながら選ぶことができます。(ここも大事

いつも通りシンプルで余計な装飾のない室内空間になるので、どんなデザインのストーブでもバッチリ似合います



にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へにほんブログ村



「抜け」「木製ブラインド」「変わった建物」

2016年09月10日 | いくつかの現場のこと

またまたブログ更新が滞ってしまった 
時々こうなる 

けっこう「楽しみにブログ拝見してます!」っておっしゃる方が居られる・・・
本当に申し訳ありません。ごめんなさい

でも何だかんだ言って、このブログはもう9年以上続けてる
俺ってスゴイ (誰かほめて~

ま~それは置いといて(えっ別に反省してないわけではないですよ


現在、いくつかのプロジェクトが同時多発的に動き出しています
中には、まだ公に出来ないものや、まだまだ問題が山づみのものもあります。

でも、いくつかチラッと見せちゃいます。


まず、敷地が広く各方向への「抜け」が特徴的な住宅



切妻屋根のスタンダードな住まいだけど、キラリと個性が光ります。


次も、敷地には余裕があり、南面を大きく取った東西に長い住宅
夏の日射遮蔽を外付け木製ブラインドでカットします。



最近は外付ブラインドが大流行り? 
でも、金属のメカメカ装置を付けるより、木の方が絶対イイ
開閉は手動だけど、コストも抑えられるしね。


そして、ちょっと変わった建物。



規模は小さいけど、いろんな方々を巻き込んでコッソリやっているプロジェクト。
これが何の建物かはまだ公表できませんが、個人的にはとっても楽しんでやってます




にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へにほんブログ村



焼杉の外壁。理由あって決まる。

2016年09月03日 | 下保内の住宅

下保内の住宅です。
外壁工事に入りました



メインは[焼杉]張り。国産杉板の表面をバーナーであぶり炭化させたものです。



表面の炭化した部分が比較的早く落ちるので、初期の経年変化は早めの外壁。
しかしながら、それを楽しみにして頂いているお客様が多いのも事実。

「新品のピカピカも良いけれど、年月と共に変化していく佇まいが美しい
そう感じて頂けるお客様から頂くご要望です。



私個人的には白い外観が好みだが、何でもかんでも白をおすすめしているわけではない

まず、最初のプレゼンでは、なるべくホワイトモデルで表現し、カタチそのものを見て感じて頂く。
(まずは、おそばにツユをつけずに味わってもらう。みたいに
基本設計さえまとまっていれば、何色でもどんな素材でもそれなりに似合う。

次に「この住まいならこの色この素材が良いのでは。」と、ちゃんと理由のあるものをおすすめする。
もちろん、ご予算や施主様の好みもくみ上げた上で。

すると必然的に外壁が決定されるのだ。

下保内の住宅は、お客様の好みでもあったのだが、焼杉とする事で
ここの高低差のある敷地で、より低く抑えられたプロポーションとなる事を狙った

白いと・・・


焼杉だと・・・


より低く見えるでしょ? どう
(低いというより後退して見えてるんだけど・・・)

絵で観てこれだけ違うと、実際にはもう少し差が出ると思います。(たぶん
実際に作って比べられないけどね





にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へにほんブログ村