一級建築士事務所 サトウ工務店

自然素材を使い省エネと快適性をデザインする 新潟の家

「新潟県地域材活用セミナー」開催!

2021年10月31日 | 住学
私が事務局を務める「住学」県産材振興部が主催するイベントのご案内です。

11/30㈫、建築家「古川泰司」氏をお招きしてご講演頂きます。
クロスパル新潟の会場とオンラインのハイブリット開催。



チラシのダウンロード

古川さんは、国産材や地域材を積極的に活用した建築を手掛ける一方
森や林業、製材所の事情にも広く精通している方です。
 
なぜ地域材を使う事が良いのか、どのように使う事が良いのか、

工務店、設計事務所はもちろん、建築関係全般の方、そしてエンドユーザーさん
あらゆる方々にとって、とても参考になる話になるはずです。

そして、後半には林業建築家「石田伸一」氏と意見交換をして頂きます。
ここでは、これから新潟で何が始まって、どう地域材と向き合っていくのか
大きなヒントと具体的な方向性が示されるのではないか。と期待しております。

役不足ながら💦私がコーディネーターを務めさせて頂きます(だいぶ不安(^^;))
  
お申込みはチラシをFAXにて送信頂くか
コチラから直接入力してお申込みしてください。

何かが変わる時って、何かのきっかけがあるはずです。
チェンジのきっかけになるイベントにしたいです。

地域材の事を良く知らない方は、興味を持って頂くきっかけに。
すでに興味のある方には、行動するきっかけに。

ウッドチェンジ!
(チラシにロゴマークも)

住学は「ウッドチェンジ」の趣旨に賛同し、特に地元新潟県産材活用を広くPRし、
地域や暮らしの環境を整える運動に取り組んでいます!

なるべくたくさんの方にご参加頂きたいです!
お申込みお持ちしております!


[サトウ工務店のHP]
[みんなの会HP]
[佐藤高志FaceBook]
[サトウ工務店FaceBook]
[サトウ工務店instagram]
[住学FaceBook]
[住学FaceBook(アカウントなくても閲覧できます)]
[みんなの会(プライベートグループ)]


ここも↓ポチっと
にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へにほんブログ村



  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

HEAT20 G2(G2.5)の光熱費公開!

2021年10月28日 | 建築
久々にブログで発信します。
施主様から光熱費のご報告を頂きましたので、ここに大公開
 
現在、弊社ではUa値:0.23以下のG3を標準としておりますが
大型パネル採用により超超高断熱化が実現しました)
このG3グレードのお住まいは、まだ1年以上経過していないので、
 
以前の標準G2グレードの住まい2件の光熱費を公開させて頂きます。
(Ua値が0.27とか0.29とかなのでG2.5と言っても良いかな・・)
 

◎A様邸(三条市) Ua値:0.27 24坪 3人家族 月平均:12,374円

 

 
◎I様邸(三条市) Ua値:0.29 28.06坪 5人家族+猫2匹 月平均:13,826円



この電気代には、冷暖房や家電だけでなく給湯と調理も含んでいますので、
他にガス、灯油代などはかかっていません
比較的コンパクトな住まいですが、めちゃくちゃ安いと思いませんか

し、か、も、冬の日射が少なく、夏には全国1位の猛暑になる三条市です💦
し、か、も、エアコンは一番安い普及グレード(^^;)
し、か、も、熱交換ナシの第三種換気
もちろん、24時間全館冷暖房で暮らして頂いています。
 
あまりに安いので「もしかして寒いの我慢してませんか?」って聞いたぐらい(笑)
大丈夫でした。ぬくぬくと快適暖房して頂いておりました(^^;)
 
あまりに安い気がしたので
光熱費研究の第一人者エスネルデザインの村松さんに分析を依頼

「家族構成(人数年齢)、家電(乾燥機、加湿器)、場所(新潟市と三条市でも違う)、年度(暖冬、寒冬)、など
住まいにより諸条件が全く違うので、一律に比較はできないが、、、
 
断熱性能(Ua値)、サイズ(気積)、給湯器、電気料プラン、ここが大きく影響する。
施主様には、ライフスタイルなどストレスなく自由に暮らしてほしいですよね。
 
よって、我々建築士は、後に変更できない部分をしっかりと設計しておくべきだよね。
つまり『超高断熱の小さな家』をおすすめしたいよね。」
 
と、締めくくって頂きました。
私も激しく同感です
 
住宅ローンの月々の支払い額も重要ですが、光熱費も同じくらい重要です。
消えてなくなってしまう光熱費より、資産として残る住まいに、
シッカリとお金をかけた方が、絶対に賢い選択です。
  
し、か、も、快適で健康な生活が手に入ります。
し、か、も、地球温暖化防止に大きく貢献できます。
 
こうなってくると、G3グレードがどのくらいの光熱費なのかが気になります。
数か月後にはその結果が確認できますので、とても楽しみです!
 

[サトウ工務店のHP]
[みんなの会HP]
[佐藤高志FaceBook]
[サトウ工務店FaceBook]
[サトウ工務店instagram]
[住学FaceBook]
[住学FaceBook(アカウントなくても閲覧できます)]
[みんなの会(プライベートグループ)]


ここも↓ポチっと
にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へにほんブログ村

  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

住まいnet新潟 vol.32

2021年10月10日 | 新発田の住宅
以下、FB投稿をそのまんま転記してます。
(やりたい事が増えてきたので、やらない事も増やすため)

「住まいnet新潟vol.32」は9月30日発売です。
で、「新発田の平屋」が表紙になりました~!
やったー!! うれしい(^^)

中身では8ページにわたりご紹介頂いております。感謝ですm(__)m
いつものように、弊社の名前は出ていませんが(^^;
すぐに見つけて頂けるのではないかと思います。

今号もシッカリと厚みがある、見ごたえのある1冊となっております。
書店、コンビニに置いてますので、ぜひ買って頂きたいです!


 


[サトウ工務店のHP]
[みんなの会HP]
[佐藤高志FaceBook]
[サトウ工務店FaceBook]
[サトウ工務店instagram]
[住学FaceBook]
[住学FaceBook(アカウントなくても閲覧できます)]
[みんなの会(プライベートグループ)]


ここも↓ポチっと
にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へにほんブログ村

  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

覚書として「2015年から耐震等級3、2020年からG3が標準」

2021年09月21日 | 建築
最近はFacebookinstagramの発信しかしていなかったので、久々のブログ更新です。
ちょっと覚書として残していきたい事があったので、ブログで記事に残しますね。
 

先日、ネイティブディメンションズの鈴木さんとのコラボ08が、BELSで新潟県を含む5、4地域で歴代トップの外皮性能である事が評価されました!ヤッター(^^)/





Ua値=0.18ですので、HEAT20の『G3』を楽々クリアです^^


って喜んでいると…
「そこまで必要ない」「ちょっと過剰だ」「G2で十分だ」とおっしゃる方も居られます。
施主様ではなく同業者に(笑)

もちろん、数字が全てではないです。外皮性能だけ競争しても良い住まいにはなりませんものね。プランも、耐震性も、心地よさも、快適性も、意匠も、環境や未来へのインパクトも、全て高次元でクリアしなくてはいけません。外皮性能はその中の一つにしかすぎませんものね。そうおっしゃるのもよくわかります。わかります・・
 
でも、実は6年前にも同じように「そこまで必要ない」「ちょっと過剰だ」「等級2で十分だ」って言われたんです。『耐震等級3』の標準化についてです。

弊社は、熊本地震の半年以上前の2015年9月から全棟耐震等級3を標準としました。
(ちょっと自慢、てか、めっちゃ自慢したい!)

その時の周りの反応が、今回と全く同じだったのです。
もちろん、施主様ではなく同業者の反応です(笑)
 
しかし、今では耐震等級3を標準とする建築会社がたくさん出てきましたし
施主様が依頼先を決める大きな条件の一つにもなるように。
今現在、耐震等級3を「過剰だ」という人は、あまりいないのではないでしょうか‥
※構造塾の佐藤実塾長の功績が大きい。てか、それ以外ないかも。


同じように『G3』も過剰とは思われなくなる日がきっと来るはずです。

同業者にとっては、G3クリアは経験がないと少々ハードルが高くデメリットもあるかもしれないが、
施主様にとっては、メリットしかない。

「いやいや、そんなお金のかかる住宅は施主にとってデメリットだよ」と言われそうですが
断熱性能が低い住宅の方が、無駄なお金がかかります。

断熱強化にかける費用は、光熱費や暖房設備にかかる費用との差額となって返ってきます。
さらに、その居住期間の健康や快適性はお金には換算できない施主様への大きなメリットです。
建築士は、ここを施主様に丁寧に説明する事を怠ってはなりません。
(あ、ウチは大型パネルを使ってるので、比較的安価に超高断熱が可能ですよ^^)
 

「あの時から私はこう言ってた」的な事も、いつか時代がそうなってみると全部忘れられちゃって‥
住まいの性能が向上するのは大歓迎なんですが、その時に叩かれた私の気持ちはまだ少しモヤモヤ‥
なので、ここで覚書として残したかったのです!
(はい、すみません、器の小さい男です(-_-;))

なんだか手前味噌の話になってしまいましたが、もう一度
弊社は「2015年から耐震等級3、2020年からG3が標準です!」

 

[サトウ工務店のHP]
[みんなの会HP]
[佐藤高志FaceBook]
[サトウ工務店FaceBook]
[サトウ工務店instagram]
[住学FaceBook]
[住学FaceBook(アカウントなくても閲覧できます)]
[みんなの会(プライベートグループ)]


ここも↓ポチっと
にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へにほんブログ村

  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

「G2.G3住宅はどう作る!?」コラボセミナーURL公開!

2021年07月30日 | 建築
「やりたい事が増えてきたので、やらない事も増やします」といった理由で
オープンハウスやこのブログの更新を一気に減らしてきました。 
よって、以下はSNSで発信したコピペです。どうかご了承下さいm(__)m


「G2.G3住宅はどう作る⁉︎」
ネイティブディメンションズ×サトウ工務店 コラボセミナーを開催❗❗
.
8月6日(金) 14:00〜 下記URLにアクセス!
https://www.sustains.sedia-juken.jp/archives/924
.
※ 開くとパスワード‥と出てきますが、当日は誰でもフリーに視聴できますので気にしないでね^^
※ スケジュール帳にリンクを貼ったり、ブックマークなどよろしくお願いします^^
.
リアル会場にご参加の方には、質疑や意見交換ができる特典付き❗❗
お申込みは、私か鈴木さんまでご連絡くださいm(__)m
まだ空きはございます。
.
実務者はもちろん一般ユーザーでもどなたでも、無料で参加や視聴ができます❗️
.
G2.G3に必要な断熱仕様とは? 納まりの良い断熱方法は? そもそも何でそこまでの性能が必要なの? などなど
.
設計作法については、ネイティブディメンションズ鈴木さんが。
施工納まりについては、サトウ工務店佐藤が。
実例などを元に解説します💁‍♂️
.
せっかくなので、なるべくたくさんの方にご参加頂きたいです❗
どうぞよろしくお願いいたしま~す🙌



 
[サトウ工務店のHP]
[みんなの会HP]
[佐藤高志FaceBook]
[サトウ工務店FaceBook]
[サトウ工務店instagram]
[住学FaceBook]
[住学FaceBook(アカウントなくても閲覧できます)]
[みんなの会(プライベートグループ)]


ここも↓ポチっと
にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へにほんブログ村

  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする