一級建築士事務所 サトウ工務店

自然素材を使い省エネと快適性をデザインする 新潟の家

極秘プロジェクト、一部解禁!

2019年02月14日 | NEWプロジェクト

昨年の春頃から極秘に進めていたプロジェクトがあります フフッ
それがようやく(少しだけ)形になり、内容の一部解禁が許されましたので、チラッとだけ公開させて頂きます


そのプロジェクトとは・・・

パナソニック「テクノストラクチャー工法」を使った新しい住宅企画
な、なんと~ 
その開発のお手伝いを弊社がさせて頂いております

資料の一部をチラ見せ









(ほんの一部の資料ですが、これからドンドン改良していきますよ~


そうなんです 
天下のパナソニックさんと、田舎の吹けば飛ぶような小さい工務店がガッチリタッグを組んで、新商品の開発を行っているのです。
積雪地域限定の商品になりますが、カタログやモデルハウスも作る予定です


ザックリいうと、基本コンセプトは弊社。その他詳細や技術的な部分はパナソニックさん。といった役割分担。
私のザックリと大雑把なプランを、テクノストラクチャーのルールや裏付けされた技術によって、より現実的で魅力ある商品へと育てて頂いております

パナソニックの「テクノストラクチャー」って、皆さん名前は聞いたことがありますよね?
私も名前は当然知っていたのですが、よくよく知ってみると、とにかく構造へのこだわりが半端ない工法なんです。

弊社が自慢している「全棟、許容応力度計算で耐震等級3」なんて緩~い感じ
テクノストラクチャーには独自の厳しいルールがあり、それをクリアしなくてはOKが出ない
特に積雪地は雪荷重により条件が厳しくなるから、加盟店の建築士さんもプランニングに四苦八苦

そこで商品化の話になったのですが、かといって四角四面の企画プランじゃつまらないので
とても自由度の高い企画プラン。スケルトンインフィル住宅を提案

この商品なら、建築士の設計スキルに関わらず
安全で強い構造を確保したプランが可能となります

 
これは弊社としても新しい試み、ワクワクのプロジェクトです。
正式公開まではまだまだ時間はかかりますが、黙っていられずについ一部を解禁させて頂きました

(なんかちょっとヤバイ、天狗になっちゃいそう~
 
でもその前に お礼を言うべき方々がたくさんおられます

まずは、開発に携わってくださるパナソニック アーキスケルトンデザインの皆様 
次に、ご紹介下さった構造先生こと M's構造設計の佐藤実先生 
そして、昨年夏にプレゼン大会でしのぎを削った住学の仲間たち

皆さん本当にありがとうございます
とても楽しくこのプロジェクトに関わらせて頂いております

完成まではまだまだ先が長そうですが きっと素晴らしい商品になるはずです。
引き続きどうぞよろしくお願いいたします

自慢話でした
ヤバイ鼻が 


[住学]のFBグループページです。

[佐藤高志]のFacebookです。

[サトウ工務店]のFacebookです。

[サトウ工務店]のinstagramです。

ここも↓ポチっと
にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へにほんブログ村

小さな住まい 感染した!?

2019年02月09日 | NEWプロジェクト
 
春着工を目指し現在打合せ中の物件↓です。
(プレゼン前の物件もあるので、ちょっとネタバレになっちゃうけど










いずれも、21~30坪以内の小さな住まいです

現在施工中の住まい↓も、20~24坪と小さいです
(あ、延べ床面積です)





小さな住まいに高断熱・高耐震といった性能をギュッと詰め込んであります

弊社で最近こんなに小さな住まいが増えてきた理由は・・・ 
と言いますか原因は・・・ 


そう、ネイティブディメンションズさんの影響(感染ともいう?

東孝光氏の影響でも増沢洵氏の影響でもなく、
鈴木淳氏の影響に他ならない

住学をきっかけに(お酒の席以外でも)意見交換をする機会が増え
小さい家の魅力、鈴木さんの魅力にドップリ影響されまくりました

ただし、ミニストックほどコンパクトに設計はできないし、コンセプトもやや異なる。
サトウ工務店ならではの小さな家となっています。

細かな作り込みせずに、大雑把でフリーでシンプルなプランです。
私の性格上どうしても大雑把になってしまうみたい・・

鈴木淳さんの様に深~い設計は、とてもマネできません
(小さい家にチャレンジしてみると、鈴木さんの凄さがよ~くわかります

私の設計は「弊社でガサガサって空間を作るので、後は工夫して暮らしてください
ってガサツな感じ

良く言えば、とても自由度が高い間取り

ですので、将来のライフスタイルや趣味趣向が変わっても
または、住まい手が変わっても住み続けられる住まいです。

外観はとても個性的ですが、
これは施主様の個性というより立地の個性ですので
住まい手が変わっても住まいとしての価値は持続するはずです。


こうやって設計している期間もとても楽しいのですが
何と言っても作っている過程がとにかくワクワクするんです

あ~ 早く工事をはじめたいな~ 早く春が来ないかな~


[住学]のFBグループページです。

[佐藤高志]のFacebookです。

[サトウ工務店]のFacebookです。

[サトウ工務店]のinstagramです。

ここも↓ポチっと
にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へにほんブログ村

モイスならインフルエンザだって怖くない?

2019年01月22日 | 新潟安全研究所

燕市で工事中の「新潟安全研究所」様新社屋工事の進捗です

まずは、外部~



外壁工事が7割程度完了。
あとの3割は足場がなくても作業ができるので、
来週には足場を解体しちゃいます

この物件では採用した外壁の種類が珍しく多いんです。
(普段は2種類くらいしか使いません)
今回は、ガルバリュウム鋼板が2種類、窯業系サイディングの塗装仕上げ、杉の雨板張り、
の計4種類

これだけ色々使うと収拾がつかなくなりそうだけど
意外とスッキリと仕上がる(予定) さすがだオレ



足場が外れれば、杉の雨板張りが始まります。 
一気に雰囲気が変わる(予定)

楽しみ~


内部では、内装用モイス張りが開始。



オフィスだからって、変わったことはしません
住まいと同じ、いつも使っているモイスを今回もふんだんに使ってます。



う~ん、スッキリ気持ちいい


あ、そだ
モイスのHP ちゃんと見ました?


今流行っている恐怖のアレ について



皆さんが恐れている



そう



インフルエンザ


モイスは、そのウィルスを吸着して分解しちゃう力があるんです。知ってました?
性能試験では、3分間でに99.9%減少させちゃったからね

つまり家庭内や会社内での感染がしにくい。ってことなんです。

さすがでしょモイス

さすがです新潟安全研究所さん


去年モイスのHPが新しくなったんですけど、
とてもわかりやすくなって情報も満載です

モイスHPのトップ

内装用のモイスについて

耐力面材のモイスについて


今回もPhoto Galleryやカタログに弊社の施工例をたくさん載せて頂きました
お時間のある時、是非見てみて下さいね~



[住学]のFBグループページです。

[佐藤高志]のFacebookです。

[サトウ工務店]のFacebookです。

[サトウ工務店]のinstagramです。

ここも↓ポチっと
にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へにほんブログ村

ラフソーンの雨板、付加断熱、全開口サッシ、

2019年01月19日 | 篭場の(ほぼ)平屋住宅

篭場の(ほぼ)平屋住宅の進捗です

外壁工事が始まりました。
新潟県産杉の雨板張りです



ウッドロングエコを塗布しましたので
色が一旦黒くなって、少しづつ自然な風合いになってきます
楽しみ~



杉の板は、今回もラフソーン仕上げ
つまり、仕上げカンナをかけていない ノコ引き仕上
ワイルドです。「ザ・木」って感じが好きです


(写真でわかるかな・・・)

120㎜分付加断熱をしているので、サッシ廻りのホリが深い



柱間に120㎜充填↓



外部にもう120㎜付加↓ 合計240㎜の高性能GWで断熱



室内側には防湿気密フィルムを↓




実は耐力壁のモイスTMにも気密テープで目張りして↓ 気密をとっています。



モイスは湿気はツーツーに通すけど、気密性はすこぶる高い
厚みにもよりますが、石こうボードや合板と比較しても100~1000倍とケタ違いに高い

それを利用しない手はないです

室内側だけでなく、ここでも気密を取っておく(隙間風の侵入を防ぐ)と
壁内(断熱層)の空気は更に動きにくくなるので、冬の冷気や夏の熱気が侵入しにくく、壁内結露の心配もなくなる

サッシは、LIXILのサーモスXのトリプルガラス
そのうちの2カ所には「LW」を採用、枠なし納まりで全開口となる。


(サッシが閉まっている状態↑ 框が見えない

解放感と断熱性が両立した凄いヤツである


延床面積が24坪とめちゃ小さい住まい
小さくしたことで余裕が出た予算を、快適性と経済性へと廻しましたので
坪単価もお高くなりましたしそれなりの手間がかかっております

職人も私も○○円/坪の(お高い)住まいを手掛けているという誇りと
施主様に対する感謝を忘れずに、工事の後半戦に臨みます


なんか久々に、現場日誌っぽい記事を書いたかも

 


最後に一つ告知です

住学(すがく)第7回の参加者募集が始まりました
いよいよ2年目に突入です(はやっ



チラシPDF

今回も授業は無料
新年会(懇親会)は4,000円かかるけど、とても楽しいので是非

(主に)県内の建築士さん、職人さん、単なる建築好きさん、
マスコミさん、学生さん、主婦さんなどなど
たくさんの方々が集まってまじめに勉強して、その後おいしいお酒を頂きます

一言ではなかなか表現しにくいのですが、とにかく楽しい会です
ちょっと気になっているアナタ、是非一度参加してみませんか~

申込み締切りは2/5まで
参加希望の方は、私まで連絡下さいね
FBメッセンジャーかメール(satoh-koumuten65@sirius.ocn.ne.jp )がいいな

たくさんの方とつながれることを、楽しみにしております



[住学]のFBグループページです。

[佐藤高志]のFacebookです。

[サトウ工務店]のFacebookです。

[サトウ工務店]のinstagramです。

ここも↓ポチっと
にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へにほんブログ村

とりあえず3つ

2019年01月12日 | 建築

新年とっくに明けておりますがおめでとうございます。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。


(↑打合せ室からの景色)

今年は平成が終わり新しい時代が始まりますし、消費税も上がっちゃいます。色々バタバタしそうな年ですね。(書類や見積りとかの切り替えも面倒な感じ?そういうの苦手~

ここで、しっかりと地に足を付けて2019年を駆け抜けるために、
1年の抱負を述べさせていただきます

今まであまり抱負なんて考えたり述べたりしたことがないけど
今年はなんだか述べてみたい気分ですので

まずは「去年より楽しむ
そう、去年はとても楽しく充実した1年でした
たくさんの仕事をさせて頂き、たくさんの人とつながり、楽しむことが出来ました。
特に住学(すがく)のメンバーとのつながりは、とてつもなく楽しい
楽しんでいる時って、時間を忘れて夢中になれるし、パワーが出る
ストレスとは無縁。むしろストレスの解消になる。
その楽しむことが自体が仕事になれば、言うことないです。
今年は去年より楽しむのだ

次に「恩を返したい
今までたくさんの人に支えられて生きてきました。
そろそろ恩返しをする必要がありそうです。
一気にたくさん返すのは大変そうなので 今のうちから少しづつお返ししたいです。
助けて頂いた人に返すというより、今まで自分がしてきてもらったように
損得勘定ナシで人の役に立てるといいな・・
でも、私が困っていたら 誰か助けてね

も一つ「実力をつける
今まで自分の技量を認めてもらいたくて、必死に背伸びして、必死にアピールして頑張ってきました。
最近になって、色んな方から評価される機会も増えて、とても楽しく仕事ができています
でも、実力以上の評価を頂いているようにも感じています。
そこで、今年はシッカリと実力をつけて、また高評価を頂けるように頑張りたいです

そんなこんなで、とっくにスタートを切っている2019年
この3つの抱負を忘れないように過ごしていきたいです。

本年も引続きどうぞよろしくお願いいたします


[住学]のFBグループページです。

[佐藤高志]のFacebookです。

[サトウ工務店]のFacebookです。

[サトウ工務店]のinstagramです。

ここも↓ポチっと
にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へにほんブログ村