一級建築士事務所 サトウ工務店

自然素材を使い省エネと快適性をデザインする 新潟の家

薪ストーブ、撮影、ただし・・・

2016年04月15日 | 下大浦の小さな小さな家

「下大浦の小さな小さな家」の工事は全て完了

今週末 4/17(日)のオープンハウスを待つばかり。
日曜日だけです。お間違えのないように。

シンプルなデザインが魅力のスドンの薪ストーブも設置。



小さな家にド~ンと。でもよく似合っています。
淡い室内に、マットブラックのアクセント。goodです

薪ストーブ工事は、地元のダンテックスさんにお願いしました。

ちょこんと出た煙突も、シンプルな外観のワンポイントになっています。



かわいい外観だ 



晴れ間に オフィスワイエスの山岡さんに竣工の撮影もして頂きました。

では、4/17(日)のオープンハウスは皆様のご来場をお待ちしております!

ただし・・・ ホントちっちゃいですよ 





にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へにほんブログ村

小さいけれどオープンハウスやります! 「終の住処」

2016年04月10日 | 下大浦の小さな小さな家

「下大浦の小さな小さな家」のオープンハウス開催します!

開催日時:4/17(日)10:00~17:00 ※1日限り      
場所:三条市下大浦84-5 MAP
※ ご予約は不要です。どなたでも見学できます。
※ 駐車スペースはあまりございませんので、ご近所のご迷惑にならないようご配慮願います。

定年を迎え「老後は自然豊かな田舎でゆっくりとした時間をすごしたい
そんな夢をカタチにした「終の住処」が完成しました!




木造平屋建て(テックワン工法)耐震等級3クリア(許容応力度計算)
延べ床面積:12.25坪 敷地面積:52坪
外壁/焼き杉 玄関ドア・木製サッシ/キマド トップライト/LIXIL
キッチン・洗面/サンワカンパニー 薪ストーブ/Sedan10
越後ふるさとの家づくり事業・省エネ住宅ポイント 補助金活用

1日限りの開催です。是非お見逃しなく



にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へにほんブログ村

小さな小さな家、多才な庭師、オープンハウス検討中。

2016年04月05日 | 下大浦の小さな小さな家

「下大浦の小さな小さな家」です!



内部は、一部の設備機器の取付とクリーニングを残し、進捗率は95%完了。
ここで、造園工事の開始です!



雨落ち部分に石が敷かれて、散策用の舗装まで完成。
これから、こちらの↓たくさん植栽が植えられます。




今回の造園も、もちろん EN GARDEN WORKの小川さんが担当。

センスが良くて、頭が良くって、イケメンで、背が高くて、力持ち
とにかく才能の塊みたいな庭師さん。

今では、弊社の造園工事はプランから施工まで全て小川さんにお任せ(丸投げとも言うぅ
私はその物件のコンセプトだけ伝えて、後は口出しはしません 全幅の信用を置いています。


とっても小さい家ですが、お庭もシッカリ作らせて頂きます!
お庭によって、住まいの心地よさが数倍にもなるんだからスゴイ!

裏から見た「下大浦の小さな小さな家」↓ ホントちぃっちゃ



両隣の家と比べると、もはや住宅には見えないぃぃ
小屋のレベルのスケールだ。かわゆい

4/17(日)に 限定的なオープンハウスを検討しています。
詳細はまた後日

小さな小さな家 ひっそりと。

2016年03月02日 | 下大浦の小さな小さな家

下大浦の小さな小さな家 の足場が外れました。



う~ん。やっぱ小さい 
床面積が12坪程度、目一杯高さを抑えた平屋です。
隣家と比べると・・・ 「小屋」並のスケールです。



外壁は久々登場の「焼き杉」 軒裏は構造用合板 いずれも低コストな仕上。
でも、その素朴なテクスチャがこの家にはピッタリって感じ 

意匠も目一杯シンプルに。
後に薪ストーブの煙突が取り付くのでアクセントになってちょうど良い。
ひっそりと目立たない様にたたずんでいます。

裏に廻ると景観を楽しむためのコーナーサッシ。



室内からは田んぼとお山が見えます。



定年退職されたお父さんが、ゆっくりと療養するための家です。
この家で暮らすことで、健康で元気になってもらえたらうれしいな~



にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へにほんブログ村

焼き杉「10年経ったね」って教えてくれる。

2016年02月04日 | 下大浦の小さな小さな家

しばらく更新していませんでしたが、下大浦の小さな小さな家の工事は順調に進んでいます。

外部では、久々に採用した「焼き杉」の外壁材が張られています。
国産杉をバーナーで焼いて表面を炭化させた材料です。






新築時は、真っ黒な外観で シャープかつフォーマルな印象。
しかし、近づいて見ると、やさしい杉の木目に親しみと安らぎを感じます。

「焼き杉」の特徴は、その後の経年変化。
数年経つと、表面の炭化した部分が落ち木目がはっきり浮き上がってきて
自分が、天然の物である事、木でできている事、を思いっきり主張し始めます。

こんな感じに ↓

 


何年経っても変わらない外観も良いですが、
10年経ったら「10年経ったね。」って教えてくれる家って素敵じゃないですか?


工事はそのほか、
木製のフルオープンサッシとFIXで構成されたコーナーサッシ



トップライト



基礎断熱



充填断熱



などなど、サクサクと順調に進んでいます。

とても小さな小さな家ですが、当然、大きな家と同じ工程で工事は進みますので
やっぱり、それなりの手間と時間がかかるんですよね。


にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へにほんブログ村