一級建築士事務所 サトウ工務店

自然素材を使い省エネと快適性をデザインする 新潟の家

見えない所こそ「きれいに」

2017年12月17日 | 河間の住宅
河間の住宅です。



実はしばらく前に足場は解体されていました
(私のブログ更新が滞っているせいで時系列がおかしくなっています)

内部では断熱工事も既に完了。
高性能グラスウールの充填断熱です。



壁は柱サイズ分120ミリの空間に、120ミリの高性能グラスウールを
屋根は梁サイズ240ミリの空間に、240ミリの高性能グラスウールを
「きれいに」キッチリ充填しています。

そう「きれいに」 



スカスカでも、押込み過ぎてシワが出来ても、ダメ
空間にピッタリ適正な量の断熱材を充填します。

身近なもので一番断熱性能が高いものは、静止空気(動かない空気)です。

この「空気を動かさない」を意識してキチンと施工をするとしないとでは
同じ断熱仕様の建物でも性能は大きく異なってきます。

いくらこの家には〇〇ミリの断熱材を・・・ といっても
隙間やシワがあったら本来の性能は発揮しません

いくら計算上の外皮性能が高くても
施工精度が高くなくては、実際の性能に大きく差がでます

完成すると見えなくなる部分ですが、とても大切な部分です

誤解を恐れずに言えば・・・
「この見えなくなる所さえキチン施工されていれば、逆に見えるところなんて少々雑でも後でいくらでも直せます

一定規模以上の建築会社では「社内での完了検査」がよく行われます。
社員総出で竣工した完成現場に出向き、仕上げに不具合はないか?改善する所はないか?
を目を皿の様にしてチェックします。

でも、工事中の現場を社員総出でチェックする話はあまり聞いた事はありません

完成した時に見える不具合なんて、お客様でもわかります
完成したら見えなくなってしまう所こそ、「きれいに」作りたいものです。

「仕上がり良ければ全てヨシ!」ではダメなんです

洋服だけでなく下着に気を使う。 
身に着ける物よりも中身を磨く。

そんな仕事が理想かな


にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へにほんブログ村

一気に上棟、耐震等級3、オープンハウスの告知も

2017年10月19日 | 河間の住宅

河間の住宅が上棟となりました


忙しさに感けて工事の進捗をアップしていませんでしたので
一気に上棟までダイジェストでご紹介します。
(手抜きでごめんなさい)


基礎の完成
(シンプルで力の流れがスムーズな基礎です。)


土台を敷いて
(基礎がきれいに区画分けされています。)


柱を建てて
(越後杉の集成材で補助金を活用)


梁を架けます。
(テックワン工法で材の断面欠損を最小限に)



断熱を隙間なく充填するためのボリュームある梁
(240㍉の梁せいに240㍉の断熱を充填します)



構造的には、「くびれ」と「大屋根」のある特殊な構造ですが、
許容応力度計算により今物件も耐震等級3をラクラククリア

たびたび言いますが、「等級3相当」ではなく
ちゃんと評価機関で認定を受けた「等級3」です
(もちろん長期優良住宅)


また、今月末には同じく「耐震等級3」の認定を取得した住宅の見学会があります。
新発田の住宅です。
平屋住宅です。

すっごく素敵な住まいになりました
できるだけ多くの方に見て頂きたいな~



10/28(土)・29(日)は、予約不要
10/30(月)だけは、予めメールにてご予約ください
Eメール satoh-koumuten65@sirius.ocn.ne.jp

よろしくお願いします


にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へにほんブログ村

「くびれ」は要注意! でも耐震等級は3を

2017年09月12日 | 河間の住宅

新しい物件が始まります!
新潟市西蒲区です。



とっても気持ちの良いお天気の中
地鎮祭が滞りなく執り行われ、いよいよ着工です

この物件の特徴は「くびれ」です。

いわゆる平面不整形の「くびれを有する平面形」に分類される間取りで
構造的に注意が必要となるプラン。



上図の様に中庭を設けるために、コの字の間取りとなった場合。
建物の中央に「くびれ」が出来ます。

女性の「くびれ」は大歓迎ですが、建築物の「くびれ」は要注意なのです。

今回も許容応力度計算するために
グレー本(木造軸組工法住宅の許容応力度計算・2017年版)をひも解いてみると




なんだかわかる様なわからん様な・・・

簡単にいうと・・・


①、右縦の赤点線(Lf)の長さが、くびれ部分(Lh)の長さの2倍以内
②、下横の赤点線(Ll)の長さが、くびれ部分(Lh)の長さの2倍以内
③、小さい方の島(青い点線部分)が、14㎡以内

①~③のいずれかがクリアしていればOK
通常の構造計算で進めることができます。
今物件は①②がクリアしているのでセーフ

つまり、全体のボリュームに対し「くびれ」が細すぎない。って事が重要なんです。

でも、もしも、上記条件全てに引っかかった場合は・・・

くびれ部分を境にして左右に分割。そして、それぞれで構造計算を行いクリアさせ、
それぞれの検定比がほぼ同等(3:4以内)になっていればセーフ

左右の島の強さに差があると「くびれ」部分で壊れちゃうって意味ですね。

少し手間がかかりますが、こちらの場合もこの意味をシッカリとわかった上で
間取りが考えられていれば、クリアできない事はありませんね。

だ・け・ど・も 
一般的には・・・

まず、営業マンと施主様で間取りを煮詰める。
そしてめでたく、ご契約。
それからようやく、構造屋さんに図面を持って相談に。

すると・・・
「コレでは構造的に成り立たないとよぉ」と言われる
でも・・・
かといって今さらプラン変更なんてできないし
じゃ・・・
今回は構造計算なしで・・・ って

おそらくこんな手順でやっている建築会社が大多数。
まあ、構造屋さんに相談に行っただけ良い方なのかもしれませんがね。

弊社では、自社で構造計算しながらプランを練っているので
こういった心配はありません

今物件も、避難所レベルの耐震性を持つ「耐震等級3」をクリアしてますし
社内で計算のみを行う「耐震等級3・相当」ではなく
審査機関と行政にて認定を取得した自他共に認める「耐震等級3」です。

皆さ~ん! 
住宅が全て構造計算されていると思ったら、大間違えですよ~
有名な会社だから大丈夫。とかはないですから

計算書を見せてもらいましょう
シッカリ評価機関と行政で認定をとってもらいましょう

出来れば「長期優良住宅」で。目指すは「耐震等級3」です。

弊社ではこの辺(だけ?)は
遠慮せずにシッカリ自慢したいと思います


にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へにほんブログ村