一級建築士事務所 サトウ工務店

自然素材を使い省エネと快適性をデザインする 新潟の家

スキップフロアですが・・・

2017年05月31日 | 高屋敷の3世代住宅

近所の現場 「高屋敷の3世代住宅」は基礎工事中です。



この物件はスキップフロアのプランです。
以前ブログで「スキップフロア構造は要注意!」と書きましたが
今回はそのスキップフロアです。

でも、もちろん大丈夫 
ちゃ~んと検査機関の技術審査をクリアして長期優良住宅の認定も取得して、今物件も耐震等級MAXの等級3をクリアしています。

私が前々から言っている様に、耐震性を高めるのは「壁」だけではなく「床」が重要。
この床が連続していてナンボなのです。

じゃあスキップフロアの様に床に段差があり連続していない場合は・・・



絶対ムリ 
っていうわけではありません

例えば・・・


上図のオレンジとブルーの様に2つにゾーン分けして、それぞれを構造計算してクリアさせ、当然全体でも構造計算してクリアさせる。なおかつ、それぞれの検定比を同程度とする。 これでクリア。

ちょっと手間がかかるだけで、特別なことは何もない

しかし、こうサクサクっと計算していけるのは、あくまでもこのプランが上記の構造計算方法を意識して(もしくは計算しながら)作られた間取りだから出来るのです。

実際には、私が見た事のあるスキップフロア住宅のほとんどは構造計算がクリア出来ないと思われる。ホント危険なプランばかり。
そもそも構造計算をクリアしないんではなく、計算自体をしないんでしょう。

その証拠として・・・
県内でもそこそこ名のある設計サポートをしている会社(長期優良住宅の設計サポートなどもやっている)の社員さんの話です。

その方が自宅を建てる事になり、あるデザイン系の建築会社とスキップフロアの間取りの家の契約した。
担当の建築士からは「スキップフロアの構造計算は手間がかかり設計料が数倍もかかるから、長期優良住宅の認定はやめておきましょう。」
そして、その方はそのまま構造計算しないで家を建てました。

??

おかしくない? 長期優良住宅の認定はやめたとしても、構造計算をしなかった??
構造の安全を確認しないで家を建てていいの?

こんな感じで、建築のプロといっても良いような人でも、安全性を確認していない家を建てて、そこに住んでいます。

安全が担保されなくても良いくらいそんなにそのスキップフロアが魅力的だったのか?
プロの方がこんな感じですので、素人の方はもっと心配です。
デザイン性や開放感、流行などに惑わされていると、一番肝心な部分が抜け落ちてしまいます。

「いやいや、私の家は長期の認定は取得しないけど、構造計算はちゃんとしてある。と思うよ」
いいえ たぶん違います。

心配だったら計算書を見せてもらいましょう。
そして出来れば第三者の目でチェックされた計算書を。
(ただ、ここまでしていれば長期の認定は間違えなくとりますけどね。)

何のために住まいをつくるのか?
もう一度よ~く考えましょう。
住まいの「本質」を見失わないように。
逆にそれさえキチンとクリア出来ていれば「住まいづくりは成功」と、言っていいんじゃないかな。

構造の安全性を確認するのは建築士の義務です。

費用がかかるという理由で、安全性が確認できない家があれば
その家は建ててはいけない家なのです。


にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へにほんブログ村


巻頭特集です。

2017年05月30日 | 花園南の住宅

花園南の住宅で、再び雑誌の取材がありました。



今回の取材は「住まいの設計」扶桑社 
しかも巻頭特集へのオファーです

弊社の場合、もちろん広告記事ではございませんので社名は小さくしか載りません
(いやいや載せていただけるだけ大変ありがたい事です



この夏は先日取材済みの「ハウジングこまち」と今回の「住まいの設計」 
2つの雑誌の巻頭特集で「花園南の住宅」の記事を見る事ができます。

全く同じ住まい、同じ暮らしを、それぞれの視点でどんな記事して頂けるのか
今から楽しみです


にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へにほんブログ村

コンセプトは東屋

2017年05月15日 | 新発田の住宅

先日、新発田の住宅の地鎮祭が執り行われました。

この広い敷地内には、先人様がセルフビルドした東屋があります。


ここの豊かで広い環境を目一杯楽しむために この東屋を作ったのでしょう。

ならば、ここに建てる住宅もそれに習ってコンセプトは「東屋」に
と提案させて頂きました。

東屋は360°グルッと開口。
壁がない
でもこれから作る住まいは耐震性確保のための壁が当然必要。

グルッとパノラマ状に窓を設けながらも、壁量を確保し耐震等級3をクリアする。
ちょっと難しいチャレンジでした。
(デモ、ホントハソンナニムズカシクナイデス

いつも通り構造計算(許容応力度計算)しながらプランニング。

壁量をシッカリ確保した上で、重心と剛心の位置を近づけます。
強いだけでなくバランスが必要なんですね。

耐力壁を建物中心に集め、外周部にはバランスをとるためのポイント程度に配置。
木造住宅では、外周部に耐力壁を目一杯配置し、建物内部は補助的に配置するのが一般的ですので
まるっきり反対の考え方です。

いわゆる高層ビルなどで使われるセンターコア構造ですね。

高層ビルは外周部がほとんどガラス。耐力壁はありません。
そのかわり建物の中心にエレベーターや階段室や給湯室などを集め
細かい壁をたくさん設けます。ここが地震時の水平力に耐える構造になっています。

本物件は規模がだいぶ違いますが、全く同じ考え方で設計しています。
結果的には、耐震等級3はラクにクリアです


耐震性をあげると設計の自由度がなくなる。と良く言われていますが
決してそんなことはないのです





にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へにほんブログ村


解体始まっています。もう少々 ^^;

2017年05月13日 | いくつかの現場のこと

各現場で解体が始まっています。

まず、弊社のすぐ近所で始まった現場 「高屋敷の3世代住宅」



グリーン化事業の3世代同居に対応。130万円の補助金をGET
さらに、新潟県産杉の活用で、40万円をGET
さらにさらに、もちろん住まい給付金もGET

何だかんだで200万円近い補助金を利用しています



3世代同居だけど、ムダに大きくならない様に
コンパクトな設計をしました。


そして、新発田の住宅でも
敷地内の雑木をきれいに伐採



広大な敷地に地を這うように建つ
土地と一体感のある平屋の設計です。


そして、もうまもなく燕市内でも着工現場があります。
春の着工工事はここまで

大変ありがたい事に、その後の工事もしばらく先まで予約は埋まっています。
しかしながら… 

私の設計がまだ追いついていません… 
もう少々お待ちください。がんばります


にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へにほんブログ村

雑誌の取材。片流れではなく切妻屋根です。

2017年05月08日 | 花園南の住宅

もうまもなく竣工1年を迎える「花園南の住宅」にて雑誌の取材がありました。

今回も弊社の名前は載らない特集記事への掲載です

弊社は広告宣伝にはお金をかけない主義というか、意地というか・・・
それでもお声掛けくださる雑誌社および編集の方には、ホント感謝しかございません
大変ありがとうございます!


(取材時に確認されましたが、この家は片流れではなく切妻屋根です

(何度も周りをグルグル廻って見て頂きましたが、この家は俯瞰で見ないと全体像がわかりにくいんです

弊社は小さな会社ですので、広告にお金をかけて集客しても年間に建てられる棟数には変わりがありません。
現状でさえお客様にお待ち頂いている状態ですので、
こちらから宣伝しておきながら、長期間お待たせしたり、お断りする事は良くない
という考えもあり広告取材は遠慮させて頂いております。

また会社の規模を大きくするつもりもありません
私が直接お客様と面談して、設計して、見積りして、工事監理して、現場管理もしたいのです。
そして、限られた社員大工で直接施工して、メンテナンスして・・・
となると、現状の施工棟数で目一杯。

欲がないわけではないのですが、弊社のこだわりとクオリティを維持するためには
必要な制限だと思っています。

実は「花園南の住宅」では今月末にも、もう1社別の雑誌の取材も控えています
この時期は天候も良く取材にはうってつけ

1年経過してウッドデッキや越後杉の羽目板の発色具合も上々


O様、またお邪魔させて頂きます!
よろしくお願いします!



にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へにほんブログ村