一級建築士事務所 サトウ工務店

自然素材を使い省エネと快適性をデザインする 新潟の家

取材がありました。

2010年05月31日 | りりぱっと

本日、雑誌の取材がありました。

扶桑社様から出版される 住まいの設計 です。

取材して頂いたのは、約2年前竣工の りりぱっと です。

Cimg0207

ご主人、奥様、それにお子様に

多大なるご協力を頂き無事終了いたしました。

本日は、大変ありがとうございました。




とってもきれい整頓された生活をして頂いておりましたので

「片付け」も、ほとんど必要なく撮影が進みました。




今回は特にお子様には、大変ハッスルして頂き

随所に登場してもらいました。




お天気も とっても良かったので  

きっと素敵な仕上がりになると思います。




また、お昼にはライターさんと、カメラマンさんの

とてもためになるお話が聞けて、とても有意義な時間でした。




取材して頂いた「住まいの設計」の発売は、7月21日 です。 

是非 ご購読をお願いしたいと思います。

house88_31.gif ←ランキング応援お願い致します。クリックしてね。

人気blogランキングへ  ←もう1クリックお願いします。


只今、設計中なのですが・・・

2010年05月21日 | NEWプロジェクト

最近、あんまりブログの更新ができていません・・・ 

只今、設計&見積りがピークなのです。

お待たせしているお客様、もう少々お時間を・・・




でも、どんなに忙しくても、手を抜いたプランや

使いまわしのプランは、提案したくはありません。 




ご依頼頂いている物件の全てが、

敷地が違います。

周辺環境が違います。

ご予算が違います。

そしてお客様の要望も違います。




当然、同じ建物での提案はあり得ないと思っていますし

当社にご依頼頂くお客様も、それを望んでおられます。




ゼロから住宅を設計する事は、

まさに、産みの苦しみがあります。

悩んで悩んで

頭の中がグルグルになって、

逃げたくなったり

もう、「私には無理・・・」 ってなったりして・・・

でもなぜか、ある時突然、

ポコっと、とても素敵なプランが生まれます。




その時は、自分でもワクワクドキドキ

早くお客様に見てもらいたくて

一気に仕上げてしまいます。




そして、プレゼンで
お客様に喜んで頂いた時には

もう、チョ~うれしくてなりません。




そんな時、今までの苦労は一気に報われます。

最近は、そんな辛くて、楽しい 毎日です。




こんな文章ばかりだと、つまらないと思いますので

その現在設計中の物件を、少々ご覧ください。

外観からも想像できると思いますが、

どれも個性的で、素敵な住宅です。

33172921

43291321

73646541

96190491




house88_31.gif ←ランキング応援お願い致します。クリックしてね。

人気blogランキングへ  ←もう1クリックお願いします。


断熱工事とバランス

2010年05月16日 | 下田の住宅

下田の住宅

大工さんは、外部の外壁下地がほぼ終わり

内部で、断熱工事を始めてます。


Cimg0106

天井断熱は、大きな屋根タルキの間に

高性能グラスウールのアクリアを、210ミリ分充填。


Cimg0108

壁断熱は、柱・間柱の間に

同じく高性能グラスウールのアクリアを、105ミリ充填。


Cimg0104

床断熱は、基礎断熱とし

基礎内側L型に 発砲系断熱材を張り付け。




この仕様で下田の住宅は、Q値=1.94 となりますので

とっても省エネな住宅と、言えると思います。 




特別高価な外断熱や、特殊ななんとか工法などを使わなくても

普通の人が、普通の価格で、これだけの性能の家が手に入ります。




もちろん、これ以上に断熱性能を上げる事もできます。

今の充填断熱の外側に、更に断熱材を付加する 付加断熱です。

ただ、性能が上がると同時に、コストも一気にあがりますので

ある程度予算に余裕のある方のみが、限定で採用できる仕様かな・・・

熱交換換気扇に、木製サッシなど、コストがかかる事ばかり・・・




ただ、住宅にとって快適な住環境を得るための要件は、

その断熱・省エネ性能だけではないですよね。

景観の良さや心地良さ、健康と安全、明るさや楽しさ

機能性、周辺環境への配慮・・・・   そしてとても大切なコスト。




多くの要因を、できる限りバランスよく実現しなくてはなりません。

いくら断熱性が特別良く、省エネな住宅になったとしても、

解放感のない居心地の悪い環境だったり、とても高価になってしまって

住宅ローンの返済が大変になり、日々の生活が・・・ では、ね。

普通の人が、普通の価格で、できる限り快適な生活をおくれる様に

トータルバランスの良い家を、提案していきたいと考えています。




自動車でも、続々と電気自動車の
発売が予定されていますね。

環境だけを考えると、もちろん検討したい車ですが

価格や、利便性、そして運転の楽しさなどを考慮すると

やはり、一部の方のみが手に入れる特別な車かな・・・

今のところは・・・




house88_31.gif ←ランキング応援お願い致します。クリックしてね。

人気blogランキングへ  ←もう1クリックお願いします。


オリジナルのヒサシ

2010年05月11日 | 下田の住宅

下田の住宅

Cimg0092

玄関ポーチには、まだヒサシが付いていません。

Cimg0186

当社作業場に搬入された 3m?1m のステンレスの板。

これが、下田の住宅の玄関のヒサシです。




でも、これだけを取付てヒサシとしても、

ペラペラして風や雪の重みに耐えられません。




これは、あくまでも ヒサシの一部分。

これから、これを利用してオリジナルのヒサシを作ります。




当然、金属だけでヒサシを作ってもらう事も出来ますが

これだけ大きいヒサシだと、

スチールで作るには重くなりすぎるし・・・ 

アルミは軽いが、とても高価な物に・・・ 

既製品もあるが、イマイチ似合わない・・・ 




そこで、ヒサシの上面のみに、

この1ミリ厚のステンレスの1枚板を使い、

ヒサシの構造となる骨組みや軒裏部分は、

全て木を使って大工が造作をします。

とても素敵なオンリーワンのヒサシができそうです。




当社では、今までの様々なヒサシを作ってきました。

スチール製の超シンプルヒサシ

Img_5023

長~い持ち出しヒサシ

Qp6g3241

風除壁と一体作りのヒサシ

0zn8t6499

凹みに凸を足した門構えのヒサシ

Img_6132

などなど、その建物にあった素敵なヒサシです。

もちろん、全棟違うカタチです。




ヒサシの造形は、ファサードの印象に大きく影響しますので

一点豪華な高級玄関ドアを付けるよりも

トータルでまとまりのあるデザインを提案したいな・・・

と、考えております。




house88_31.gif ←ランキング応援お願い致します。クリックしてね。

人気blogランキングへ  ←もう1クリックお願いします。


浴室の全開口サッシ

2010年05月02日 | 下田の住宅

下田の住宅の浴室にサッシが付きました。

Cimg0176

実はこれ、全開口するサッシです。

Cimg0175

写真では、分かりにくいのですが

サッシのフレームも全て消えてしまう窓です。

この様に↓ リビングでは、採用した事はあるのですが

Img_6065

浴室で使うのは、初めての提案です。

浴室にこだわりのあるご主人のために

思い切って開放的なプランを提案させて頂きました。

我が家も大きな窓を付けました↓ が

P7300022

今回は、それ以上の解放感です。

思いっきり露天風呂感覚が得られそうです。




house88_31.gif ←ランキング応援お願い致します。クリックしてね。

人気blogランキングへ  ←もう1クリックお願いします。