一級建築士事務所 サトウ工務店

自然素材を使い省エネと快適性をデザインする 新潟の家

コストと機能と意匠、大満足の出来栄え!

2014年11月22日 | 小須戸の住宅
小須戸の住宅の足場が外れました。


カッコいいですね~
杉板のラフさ加減が狙い通りにバッチリ決まりました。

下地材である杉のヌキを隙間を空けて張り
通気性と躯体の日射遮蔽をした目透かし張りの外壁。

白い塗装もいつもよりやや大味な仕上がりにしてあります。


軒下となる部分は、ローコストの代表的建材である構造用合板。

西側外壁はガルバリュウム鋼板の屋根(?)というか・・・ 
雨樋を省いてこちら面の外壁伝いに雨を地面に落とし
排水せずにそのまま地盤に浸透させて処理します。


どの面の外壁も普通じゃない・・・。

しかし、わざと奇抜な外壁材にしたわけではないんです。

コストと機能と意匠について本気になって考えると、
「普通」や「一般的」な物の方が違和感が出る場合もあるのです。

この家、このご家族のために考えた結果のご提案です。
施主様とイメージも共有し、具現化した外壁です。

この出来栄えならお施主様も十分に満足して頂けるはずです。

にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へにほんブログ村

外壁と防水と床と接着工法とまとめて

2014年11月19日 | 女池上山の住宅

女池上山の住宅も順調に工事は進んでいます。

まずは、前面道路からは見えにくい部分の外壁。
安価で耐久性のあるガルバリュウム鋼板をチョイス。


電力会社に申請して幹線の引込み線を壁の中に隠蔽したり


雨樋一体の下屋根としたり、


なるべくシンプルで余計なものが見えない様に・・・
でも、逆に複雑で面倒な手間をかけます。


前面道路から見える外壁は、新潟県産の杉板を使った外壁になります。
工場で塗装まで完了していますので、晴れ間を見計らって施工に入ります。

サイディングの見本市みたいな・・・この分譲地の中では、ちょっと珍しい外壁になりそうです。
かといって「浮く」事はなさそうです。木目がうっすら見えるやさしい感じのホワイト塗装仕上げです。



内部は・・・

浴室はFRP防水まで完了。


各室の床板張りもほぼ完了。


バーチとパインの無垢床材、1階と2階でちょっと雰囲気を変えます。


そして、もうまもなくすると、階段の手摺やフレームが納品されます。
スチール部材は最後にビス止めして納めるのが一般的。

しかし今回は、部分的ですがビスを見せない接着工法にチャレンジ
似たような前例も見当たらない・・・ ドキドキとワクワクが半分づつ

乞うご期待 (自分が一番ね・・・

にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へにほんブログ村

ヌキ(杉板)の目透かし張りと、屋根材の外壁?

2014年11月06日 | 小須戸の住宅

先回に続いて小須戸の住宅。

先回ご紹介したヌキ(杉板)の目透かし張りが、サクサク進んでおります。


雨の当らない所には構造用合板を仕上げに使っています。


いずれも外壁材ではなく下地材です。下地材なら安価ですし将来的な部分取替えも容易。

ただ・・・ 元々仕上材ではないので、表情はややワイルド。

普通に使ってしまうと「単に安っぽい外壁」になってしまいますが、外観デザインや張り方によってはカッコ良くなるはず。


また、西側の外壁にガルバリュウム鋼板で立平葺きです。 この材料は本来屋根として使う材料です。


最近では、同様に外壁に屋根材を使ってデザインされた建物も多く見られます。

しかし、弊社はデザインとして屋根材を外壁に使っているわけではありません。

この西の壁面が、機能的に本当に屋根なのです。

本屋根の雨がそのままこの屋根(外壁)を伝って地面に落ち、そのまま地面に浸透させて処理します。

普通は、屋根の雨水を軒樋で受けて、立樋を通って、埋設された配管を通って、敷地境界の排水溝で処理しますので

それらの費用をカットするコストダウンのための手段です。


以前にも何物件か同様な理由で、屋根材を外壁材に使いました。



また、ポーチ屋根でも雨樋を付けたくない時などにも、同様に屋根材を外壁に使ったりしました。



こんな感じです。あくまでもコストと機能が優先だったんですけど、デザインも悪くないですよね。

にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へにほんブログ村

アクリアα(アルファ)と、見た事ない外壁を新潟県産杉で

2014年11月03日 | 小須戸の住宅
小須戸の住宅も現場はサクサク進んでいます。

新しい高性能断熱材のアクリアα(アルファ)が壁に充填されています。室内側の防湿フィルム張りまでほぼ完了です。


外回りも耐力面材モイスが張られ、タイベックで包み、外壁の下地まで完了・・・



っん よく見ると網が貼ってあります。 外壁の下地にアミ?
ちょっと変ですね。

この上に新潟県産杉でできたヌキという材料を張ります。
ヌキとは本来は下地に使う材料なのでとても安価な品。それを工場で下塗り。


このヌキを網の上に少しづつ隙間を空けて張ります。
「ヌキの目透かし張り」とでも言いましょうか・・・ 。



珍しい・・・というか、見た事のない外壁材ですね。
最後にもう一回現場で仕上げ塗装をかけるのですが
どんな仕上がりになるのか、とても楽しみです 

これは絶対カッコいいはずなのだ

にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へにほんブログ村

断熱充填・造作浴室・水平連続窓・トップライト

2014年11月03日 | 女池上山の住宅
ひさびさの更新です。・・・ 勝手にブログも引越したり・・・ HPのリンクも切れたまま・・・
別にやる気がないわけではないのですが、忙しさにかまけて少々怠けておりました。

当然、その間にも現場はドンドン進んでいます。

女池上山の住宅では、外廻りが耐力面材モイスとタイベックでふさがれ
内部からは断熱材の充填まで完了。

きれいな現場です。

造作の浴室は下地まで完了。このあとFRP防水となります。


リビングの水平連続窓も、構造用合板で壁梁が作られ、あと釘を打てばつっかえ棒を外す事ができます。
7m幅の柱のない窓になります。 楽しみじゃ


北側のトップライトからは、一日中安定した明りが家の中心に落ちています。
ウン!これは絶対に気持ちいい空間になります うんうん


ランキングの応援お願いします。クリックしてね。にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ