一級建築士事務所 サトウ工務店

自然素材を使い省エネと快適性をデザインする 新潟の家

雑誌掲載、本物の生活感

2016年01月25日 | 小須戸の住宅

このたび発売になった[住まいの設計]2016年3・4月号小須戸の住宅が紹介されています










あいにく取材日は奥様とお子様は里帰りでお留守の時期でしたが、キッチングッズや雑貨などがセンス良く配置され、さらに準主役の猫ちゃんにもご登場頂いておりますので、なかなか生活観のある写真が撮れました。



また、写真で表現しきれない部分は住宅ライター渡辺圭彦さんの文章で的確に表現して頂いております。


さらに、明日発売のムック[地元で評判の工務店で建てた家]には昨年[住まいの設計]にも掲載された 月岡のゼロエネハウスが再び登場しております。






いずれも、書店、Amazon、Fujisan.co.jp などにて購読できます。 ご興味ある方は是非 

モデルハウス的なカッコつけた擬似的なインテリアとは違い、ご家族に生活して頂く事で出てくる本物の生活感は、住まうご家族の個性も出てとても心地よく感じますね。

にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へにほんブログ村

小須戸の住宅 取材!

2015年10月28日 | 小須戸の住宅
本日、小須戸の住宅にて取材がありました。



扶桑社「住まいの設計」です。

ほぼ毎年、お声掛け頂いております。感謝です。

曇り空でしたが、やさしい明かりのとても雰囲気の良い写真が撮れたようです。



ライターさん、カメラマンさんともに、幾度となく担当して頂いておりますので、全ておまかせでOK。

サクサクっと、順調に取材がすすみました。



猫ちゃんもモデルとして登場 



ただし、演技はイマイチ 



1月発売の3.4月号です。どんな出来栄えになるか楽しみです。


にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へにほんブログ村


竣工写真(小須戸の住宅) 内観はビックリ!一つの空間

2015年02月28日 | 小須戸の住宅
小須戸の住宅の竣工写真のつづき。
今回は内観です。

玄関入ると、吹抜けの大空間。


写真左手にある収納は、玄関入口側と手前で奥行きを変えています。ナナメの収納になっています。

玄関入口側は。奥行き30cm程度の靴入れ、真ん中あたりは奥行き45センチ程度のストッカー、そして手前は奥行き60cm程度のクローゼット。 一つの収納を多用途に使えるようにした結果が、ナナメの収納です。

しかしこの玄関は、北側で・・・ガラス張りで・・・吹抜けで・・・、普通だったら寒そうですよね
でも、全く心配要りません。

オープンハウスにお越し頂いた方は体感されたかと思いますが、リビングにある6帖用エアコン1台で問題なし。結露もありません。
しかも安価な普及タイプのエアコンです。
当日はお天気が良かったせいもあり、エアコンを切っていた時間の方が長かったくらい。

寒さの厳しい日は、もう一台ある6帖用エアコンを稼働させれば、それで十分なのです。 
なぜ、6帖用エアコン? しかも普及タイプ?・・・  理由は安いからです

最近のエアコンは能力や機能が格段に良くなって来ています。
「エアコン1台で家中を暖房!」といううたい文句がキャッチーでよく使われますが、最近の大容量でパワフルなエアコンならこれが簡単に出来るようになってきました。

ただし、上位グレードで大容量エアコンは、定価で40~50円(実質20~30万円)・・・  
このくらい暖房能力の高い機種でしたら、実は、断熱性能に優れた新築でなくても、寒い既存住宅でもそれなりに暖められるのです。

しかし、エアコンの寿命は7~10年。場合によってはそれ以上頑張らせることもできるかも知れませんが、その頃にはもっと効率や能力が良いエアコンが販売されていますので、寿命がきたら直して使うより買換えが賢い選択となります。

すると、30万も出して高価なエアコンをドンと入れておくより、5万円位のエアコンを2台くらいに分けて設置した方が、初期コストやランニングコストがかからずに済みます。 しかも、1台でガンガン暖房するより、複数台を稼働した方がムラなく確実に暖まりますので、こんな大空間の玄関でも大丈夫なのです。 リビングが暖かいのは当たり前! 家中ムラなく暖かくする事が肝心なのです。 当然、高い断熱性能である事が必須条件です。

実はこの住宅は玄関だけでなく、家中が吹抜け 
上階にあがると家中が見渡せてしまいます。 普通の住宅にはない光景ですね。


家全体が一つのホールになっていて この大きな空間に、水廻り、寝室などがポンポンと配置され、余白の空間がLDKや玄関ホールになっています。


構造的には、完全平屋です。 構造の柱は外周部のみで家の中にはゼロ。 無柱の大空間構造です。
もし、将来リフォームする事になっても、外周部がそのままであれば、内部の壁は全部取っ払って自由な間取りが可能なのです。 現在弊社でリノベーション中の鉄骨造みたいですね。

壁面には、大型の猫さんのためのキャッツウォーク。  そして奥様こだわりのキッチン。


この物件も家中の壁天井に調湿・消臭に優れたモイスを使っています。玄関収納や食器棚・キッチンの中までも全てモイスです。


お庭はまだ手付かずですが、向こうに見える林が全開口サッシから取込まれて、とても心地よいリビングになりました。



にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へにほんブログ村

竣工写真(小須戸の住宅) 外観はスッキリ!意味あるカタチ

2015年02月25日 | 小須戸の住宅
少し遅くなりましたが、小須戸の住宅の竣工写真が出来てきておりますのでUPします。

まずはファサード。北側です。



なんともスッキリ 余計なものは何もない。
エアコンの室外機はもちろん、換気扇のフード、雨樋、電気引込線やメーターBOXなど一切見えない。壁と開口があるのみ。(隣の工場がちょっと・・・だけど) 

持ち出されたポーチの土間とグレーチングの階段の無機質さが、よりスッキリとした印象を強調している。

屋根は西側(右側)への片勾配。コストダウンのため雨樋はナシ。雨はそのまま外壁を伝い、敷地内で処理されます。



とてもスッキリシンプルな外観ですが、実際にその場に立ってみると、目透かし張りされた杉板と構造用合板の外壁により親しみが感じられます。

外壁のアップ。 



杉板が隙間を空けて張ってある。サッシ周りはコーキングに頼らないオープンジョイント工法で長期にわたりメンテナンスフリーです。

横に廻ってもそれなりにスッキリ。



次に裏の南側に廻ると、



冬の日射取得のために大きな開口部が確保されている。外壁に色んなものがくっついてますが、こちらは人に見られないのでお許しください 

西側の袖壁や三角庇は、逆に夏には日射を室内に入れないためのもの。カッコつけて設計したのではありません。計算された必然的なカタチです。


内部にも色々と必然的な意味あるカタチが・・・ でもそれはまたにします。


にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へにほんブログ村

今週末はオープンハウス! こだわりの・・・

2015年01月19日 | 小須戸の住宅




いよいよ今週末は「小須戸の住宅」のオープンハウス!

とってもコンパクトな住まいですが、見てほしい所がたくさん!

まずは外観 おそらく皆さん見たことのない外壁です


ポーチもスッキリカッコいい


是非、裏にも廻ってみてほしいなぁ~


屋内では家中がモイス張り。収納の中まで全部ね こんな仕様も他の家では見たことないんじゃないかな・・・
(隠し扉も探してみてください。)


とってもさっぱりしたシンプルな家だけど、細かい所まで一つ一つにこだわった設計がされています。

是非、皆様のお越しを心よりお待ちしております。


1/24(土)・25(日) 10:00~17:00

会場 → 新潟市秋葉区新保1221 
     

※ 予約は、不要です。
※ 駐車スペースは、ございます。
※ 迷子の場合は、090-2162-7079(佐藤)まで


にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へにほんブログ村