一級建築士事務所 サトウ工務店

自然素材を使い省エネと快適性をデザインする 新潟の家

モイスの質感 [目透かし]と[突付]

2015年06月25日 | 駒込の住宅

駒込の住宅です。

大工工事もいよいよ最終段階!

落雪のための片流れ外観をそのまま室内空間としています。



壁にはモイス、天井には構造用合板。

壁のモイスはクロス貼りよりちょっと高くなるけど、天井の合板はクロスよりちょっと安い。

クロス貼りにするなら、ほぼ同額となるこちらの組合せが絶対おすすめ!

モイスは調湿・消臭・耐火などなど多機能が特徴ですが、それだけでなく質感もとても良いんです。

光がとてもやさしく感じられます。



この本物の質感は、ビニールクロスでは出せません 



またリビングの一角にはわずか2.5帖の和室があります。



ここは、壁天井材ともシナ合板。 ここはスッキリ仕上たいところ。

シナ合板は何も言わなければ、透かせて張る[目透かし]貼りがスタンダード。 

普通だったらこんな感じ↓



悪くはないが、少しクドく感じるし、この小さい空間では違和感が・・・

そこで、大判のシナ合板を使い継ぎ目を少なめにして、全て[突付]張りとすることに。



(枠廻りと壁天井取合いだけは目透かし)



隙間なくピッタリ張ってあります。すごい技術です。

おかげで、超スッキリ! 

ここの空間にピッタリの素敵な仕上りとなりました。 



にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へにほんブログ村




べた基礎っぽい布基礎 (^^;

2015年06月17日 | 興野の小さな家

興野の小さな家の現場です。地盤改良後、基礎工事に入っています。



今回は、施主様より指定して頂いた業者さんに工事して頂いております。

その業者さんからは、「経済的な施工が可能なべた基礎」で施工したいとの申し入れがありました。

そこで弊社は、施工方法は[べた基礎]と同じだけど構造的には[布基礎]となる工法を提案しました。


なぜ単純に[べた基礎]にしなかったかというと・・・

確かに、べた基礎はほとんどのローコスト住宅が採用している様に、コンクリートの打設回数や施工方法だけを考えると、とても経済的です。

しかしながら、ちゃんと構造計算した場合は、間違えなく布基礎より鉄筋量はウンと増えますし、ピッチの細かいスラブ筋はもちろん、適度なスパンづくりのためには 立上りもそれなりに必要になります。

ですから、キチンと構造計算をした場合は、単純に[べた基礎が経済的]と、いうことはないのです。


すごく簡単に言うと・・・

布基礎の方がべた基礎よりも立上り(梁)が大きく取れるので、構造的に有利になります。(赤い点線)



その分スパンも大きく飛ばせてシンプルな基礎が可能です。また人通口など開口部の補強も楽になります。


逆に[地盤が緩い]という条件では、べた基礎の方がベースが広い(地盤に対して設置面積が広い)分、有利となります。

ただ・・・ 地盤が緩い場合は地盤改良をすると思いますので、地盤改良(柱状改良など)+べた基礎となると 少々過剰な工事となります。

もしそれでも、べた基礎の方が安価だという建築会社がいれば、構造計算されていない基礎を施工している可能性が大です。ね。


・・・などの理由で、今回は 柱状改良+(べた基礎っぽい)布基礎の組合せを 選択しています。





にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へにほんブログ村

自転車小屋も自然素材でハイグレードな仕様

2015年06月12日 | 新光町の住宅

OB様のお宅で、自転車小屋兼物置を作らせていただきました。

「新光町の住宅」



外壁はウエスタンレッドシダーのベベルサイディング。 フレームはタツミのテックワン工法。 外壁下地はモイスTM。

などなど、住宅並みのハイグレードな仕様です。


素材やスケール感が、お庭の緑や経年変化した外壁の焼き杉との相性も、バッチリ決まりカッコいい




連続して目隠しフェンスも追加。こちらもウエスタンレッドシダー。




これら自然素材は数年のうちに経年変化で変色してしまいますが、それはそれでより自然な風合いになるので将来的にはもっとシックリ馴染んでいきます。





にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へにほんブログ村

新規プロジェクト 興野の小さな家

2015年06月08日 | 興野の小さな家
三条市興野にて 新規プロジェクトのスタートです。




週末に地鎮祭を執り行いました。  お天気良くて良かった 




そして、地盤改良工事が開始!





28坪程度のコンパクトな住まいです。 

パースでは平屋に見えますが一部が2階建てとなっていて間取りも構造もめっちゃシンプル。

でも逆に各所の細かい納まりは少し難しくなりそうです。


いつもの様に、こちらの物件も長期優良住宅の認定や地域材の利用により、各種補助金を活用します。


にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へにほんブログ村

白い外壁と、吊りロフト

2015年06月06日 | 駒込の住宅

私がブログをサボっている間にも 
「駒込の住宅」の工事は順調に進んでいます。

足場が取れて、白い外壁が現れました。


また後日ちゃんと写真撮ります

白い防腐剤を塗布した越後杉の雨板張りです。



内部では、白い断熱材を充填。





子供室の吊りロフトも出来ました。



細い丸鋼でロフトの床を吊下げ、屋根の登り梁に荷重を負担させます。

極薄で最小限のスッキリとした床ができました。



にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へにほんブログ村