一級建築士事務所 サトウ工務店

自然素材を使い省エネと快適性をデザインする 新潟の家

小さい小さい家の建て方。でも手間はかかっています。

2015年12月26日 | 下大浦の小さな小さな家

下大浦の小さな小さな家は、先週のクリスマスの日に上棟となりました。
では、建て方作業をダイジェストでご紹介。

まずは、プレカット材の搬入 地元タツミのテックワン工法です。
ちっちゃい家なので、材料もずいぶん少ないですね~ 



基礎の上に土台を敷きます。耐久性を重視した桧の集成材です。



そして、柱を立てます。柱は補助金がもらえる新潟県産杉の集成材です。



そこに梁をかけていきます。主な梁は補助金がもらえる新潟県産杉の集成材ですが
特に強度が必要な梁は、米松や赤松の集成材にしています。



その梁の間にタルキを落し込み(ここには後で室内側から断熱材を充填します。)

タルキの上に構造用合板を張って水平構面とします。(水平構面は耐力壁と同様に高い耐震性を確保するためにとても重要です。)
耐震等級は3.最高ランク 倒れてはいけない建物 同等です。

ジョイントはテープを貼って気密もとっておきます。


その上に、屋根荷重を支える(本当の)タルキを並べます。(弊社ではめずらしく軒の出があります。)



そのタルキの間に断熱材を充填します。(後で室内側からも断熱材を充填するので付加断熱となります。)



防風透湿シートを貼って通気層もつくっておきます。



最後に野地板を張って大工工事完了。あとは板金屋さんにタッチ



当日のうちにルーフィングを張り、翌日には板金屋根が施工され、サクサクと工程を進めてもらいました。
これで雨が降ろうが、雪が降ろうが、一安心 



軒先が薄くシャープで軽やかな美しい屋根になる予定です 


こんな感じ 



これが今年最後のブログかな・・・ 
今年も大変お世話になりました。来年もよろしくお願いいたしますね。

にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へにほんブログ村

冬至、日が短くて長い、日射熱の取得

2015年12月23日 | コの字プランの白い家

本日、コの字プランの白い家の竣工写真を撮りました。 
カメラマンは山岡さん(オフィスワイエス
中庭を中心にたくさんのカットを撮って頂きました。



ところで、昨日は冬至でしたね。一年で昼間が一番短い日です。
太陽高度が一番低いので、南の窓からは日射が家の中に長~く入ります。



本物件では、なんと リビングの一番奥まで余裕で日が届きます。 
これがいわゆる日射熱を取得する。という事です。(撮影のため窓全開ですが・・・)
このおかげでウンと冬期の暖房負荷を減らす事ができます。 (撮影のため窓全開ですが・・・)



しかも、先回のブログでお話した「絵に描いた餅」ではありません 
しっかりプライバシーを確保しながら、計算通りに南の日射を取り入れる事ができるんです。(撮影のため窓全開ですが・・・)



本日は、窓全開でも床暖房してるかのようにポカポカでした。 太陽ってスゴイね。
逆に夏は太陽高度が高いので、庇があれば南からはほとんど日射は入りません 

高性能なサッシや断熱材、工法などが効果があるのは言うまでもない。 あたりまえの話。
しかし、それを生かすも殺すも設計しだい。

このスゴイ力をもった太陽熱を冬は取入れ、夏はしっかりカットする。
立地条件や予算、施主様のご希望、様々な条件を読み取って、一番最善のプランを提案する。
それが建築士の仕事なんです。 すごいスキルだと思いませんかぁ


にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へにほんブログ村

普通じゃない? まじめに考えるほどユニークに

2015年12月19日 | 下大浦の小さな小さな家

「下大浦の小さな小さな家」は来週に上棟予定です。
雨ばかりで基礎工事が遅れていましたが、何とか予定通りに進められそうです。





パースで見てもホントちぃっちゃいです。 
延べ床面積12坪は弊社では今までで最小。
でも、この小ささがなんかとってもいい感じ・・・


更に、ご契約済みの他の物件も2つほどチラ見せ。










どちらもユニークなカタチ。どこがどうなっているのか… 普通のカタチじゃないですね。
でも、どちらも奇をてらってデザインしたものではなく 
プライバシーを確保しながら良好な日差しを取入れる工夫をした結果なんです。

省エネ性を計算する上で、暖房期間にどのくらい日射熱を室内に取り込めるか?が性能を上げる一つの大きな要因になっています。
地域や方位、庇など細かく計算して、省エネ性を確認します。

すると当然、南に開口部があった方が有利ですので、普通に大きな窓を惜しみなく南面にドンドンと配置します。
計算上は、冬期は日差しが入り室内が暖かくなるので光熱費は○○円お得になります。といったうれしい結果が・・・

しかし・・・ 本当に計算どおり日射を取得できるでしょうか? 

新潟の貴重な冬期のお天気の良い昼間に、日差しが取り込まれ・・ 
あれれ~? ひょっとしてカーテンは閉まってませんか?
平日の留守宅でもカーテンは開けてありますか?
お休みのくつろいでいる日、日射があればカーテンを開けていますか?

通りや隣家が気になり、カーテンやブラインドを軽~く閉める。
こういう生活が普通じゃないですか? 
いや軽~くならいいですが、ガッチリ閉めている家も少なくないのでは?
というか、網戸も付いて遮蔽してるし… 
庇で雨が当たらずに、ガラスもめっちゃ汚れてるじゃん… 

といった具合に机上の計算と、現実ではギャップがあります。
いくら緻密な計算をしても「絵に描いた餅」となるケースも少なくありません。
どんなに高性能なサッシやガラスを採用しても、使い方一つでその性能は帳消しになります。 
数字とにらめっこばかりしていたら、見えなくなってしまう部分がたくさんできるのです。

その土地でその立地でどうやったら日射取得とプライバシーの確保を両立できるか?
どうしたら生活しやすいか? または心地良いか?などなど
数字では表せないたくさんの事を、一生懸命にまじめに検討する必要があります。

立地条件は住宅が100棟あれば100棟違います。その条件、その個性を活かす工夫をする必要があるのです。
ですから、一棟一棟の住まいが独自で個性的な住まいになるのは必然だと思います。
ですから、まじめに考えれば考えるほど、ユニークなカタチになってしまいます。

にしても・・・ 上の物件はちょっと個性的過ぎでしょうかね・・・
これらのユニークな物件は、これから順次着工となります。
お・た・の・し・み・に 

にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へにほんブログ村

グレードアップ、納得のいく仕事。

2015年12月17日 | コの字プランの白い家

「コの字プランの白い家」の庭園工事が完了!



気づけば、当初の計画よりもずいぶんとグレードアップしちゃってます。

EN GARDEN WORK 小川さんの作品です。 まるで川や山林の中に居るような気分になります。



いつも予算の中でご提案頂いておりますが、実際に現場に入ると本人的に納得できないらしくドンドンとグレードアップ

職人気質というか芸術家なんですね。「利益は二の次、まずは納得のいく仕事をする。」

見習いたいものです。(できることなら・・・

こうして庭園工事も完成。 さあ、いよいよオープンハウスです

12/20(日)
10:00~17:00 三条市内某所

見学をご希望の方は、コチラ までご連絡ください。折り返し地図をお送りいたします。
(開催日当日にご連絡頂いても、地図の送信ができませんのでご了承ください。)



庭園工事、気密測定、オープンハウス。

2015年12月11日 | コの字プランの白い家

「コの字プランの白い家」はまもなく竣工です。



クリーニングも終わり、庭園工事が始まりました。
今回も EN GARDEN WORK の小川さんにお願いしましたので、安心してお任せできます。



そして、昨日 完了時の気密測定を行いました。家中でどれだけ隙間があるかがわかります。 
工事中盤でも測定しましたが、一番大切な最終的にどうなのか? またその性能をどれだけ長く保てるか? です。

んで、結果は・・・ C値=0.19 cm2/m2

スゲ~ です。 0.2を切っちゃいました。
基準としては「2.0以下」という あま~い指針があるのですが、その1/10しか隙間がありません。

今回のC値=0.2の数値に床面積をかけて、家中の隙間を計算すると、25cm2の穴があることになります。
しかし、エアコンのドレン管はふさがずに測定しているので、それが2台分で約4cm2
つまり、25-4=21cm2 = 4.6cm×4.6cm程度の穴です。
なんと、名刺の半分にも満たない大きさしかない事になります。

超高気密ですね。

しかも・・・
この物件は、「コの字プラン」です。つまり床面積のわりに外皮面積が多いのです。
C値の計算は、外皮面にできる隙間面積を床面積で割る。ので、総2階の様な単純な形状の建物の方が良い結果が出やすいのです。「コの字プラン」のような凹凸のある建物では本来はウンと不利なはず。 
でも、いい数字が出ちゃいましたね~

気密性能は、新築後1~2年で10~30%ほど性能が落ち、その後は安定する。と言われていますが、余裕で安心していただける数値がでました。

以前にも書きましたが、この物件はパネル工法(FPやスーパーウォール)でもなく、吹付け断熱でもなく、外断熱でも、別貼りフィルムをしているわけでもなく、ふつ~の袋入り断熱材の充填工法です。



サッシも隙間ができやすいふつ~の大きな引違い窓がバンバン付いています。



このふつ~の工法でも これだけの性能が出せるヒミツは・・・・ 「丁寧な仕事」 これに尽きます。

どんな高性能な材料でも、どんな合理的な工法やマニュアルがあっても、この「丁寧な仕事」を行わなければ、高性能な住宅はできません。
「誰が作るか?」が高性能で高品位な住まいを作るためには大事なんです。

現在弊社では大工工事は少数精鋭(?)の社員が担当します。下請けには出しません。よって年間にそんなにたくさんの住宅は作れません。
たくさんの仕事はできませんが、こらからも一棟一棟大切に作られていただきます。

12/20(日)には この高性能、高品位の「コの字プランの白い家」のオープンハウスを行います。
見学をご希望の方は、コチラまでご連絡ください。折り返し案内図をお送りさせて頂きます。

どうぞ宜しくお願いいたします。




にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へにほんブログ村