田舎に住んでる映画ヲタク

「映画大好き」の女性です。一人で見ることも多いけれど、たくさんの映画ファンと意見交換できればいいなぁと思っています。

ベイマックス(Big Hero 6)

2015年01月03日 11時56分24秒 | 日記

 孤独な少年と心優しいロボットの絆や冒険を描いたディズニーの長編アニメーション。最先端の技術が集う都市サンフランソウキョウに暮らす14歳の天才少年ヒロは、自ら開発したロボットを使い、アンダーグラウンドのロボット格闘技に夢中になっていた。ヒロの良き理解者でもある兄タダシは、そんな弟を案じ、自身の通う大学にヒロを連れて行く。タダシの研究仲間やロボット工学の第一人者キャラハン教授と出会い、感銘を受けたヒロは、大学で最先端の科学を学ぶことを決意。しかし、そんな矢先、不慮の事故でタダシは帰らぬ人となってしまう。目の前で兄を失ったヒロは殻に閉じこもってしまうが、そんなヒロの前に、タダシが人々の心と体の健康を守るために開発したケアロボットのベイマックスが現れ、そのおかげでヒロは少しずつ元気を取り戻していく。そして、兄の死の裏に巨悪が潜んでいることに気付いたヒロは、兄のためにも戦おうと立ち上がるが……。短編アニメ「愛犬とごちそう」(6分)が同時上映。(映画.comより)

 

 

 年末ともなると、すごい人!ほぼ満席で鑑賞しました。画像や雰囲気で近未来的なものを想像してはいたのですが、思ったよりすごい時代が描かれてました。

主人公のヒロは早くに両親に死なれ、今は兄と共におばさんちに世話になってます(スパイダーマン?)。兄も自分も超理系で、特にヒロは飛び級で学校を卒業しちゃったくらいの天才です。

でも、賢すぎると世の中がおもしろくありません。見かけがそうでもなくて実はものすごい性能のロボットなんかを作って、ストリートファイトに参加すると(それは違法とわかっていても)お金は簡単に手に入るし、具体的にやりたいことも見つからず、なんとな~く日常を過ごしています。

そんなヒロを心配した兄タダシは、自分のヲタクラボにヒロを連れて行きます。理系ヲタクが寄り集まったラボは一見変人ばかり。でも、すっごく楽しそう!ヒロは、この研究室目指して勉強することを決心します。

そして迎えたプレゼンの日。ヒロは見たこともないような変形自在な物体を披露し、皆の目を釘付けに。しかし、そんな斬新なアイデアと技術は、いろんな人から狙われることになるのです。

そして起きた謎の爆発事故。謎って言ったって、裏があることはミエミエですけど。真面目なタダシは、その事故に巻き込まれて帰らぬ人となってしまいます。いつの世も、ずるい奴はしぶとく、生真面目な奴は損をするのです。

と、そんな教訓があるのかないのか。ともかく、ヒロは一人ぼっちになってしまいます。ところが、ここにタダシが作った「ケアロボット」のベイマックスが存在するんですね。戦う能力はなく、どこまでも「ケア」と称してかかわってくる無心のロボットは、よく考えると少し迷惑です。でも、亡き兄の忘れ形見でもあるわけで、ヒロもむげにはできません。

そうこうしているうちに、あの爆発は故意だったのではないかと思わせる事実が判明し始め、ヒロと兄のヲタク仲間は、結束して謎の解明に向かうことになります。

ヒロの技術と言い、ヲタク仲間の得意技術と言い、あり得ない(と私は思う。実際はほぼできてたりするのかもしれないけれど)ことの連発で、「これほどファンタジーだとは思わなかった」というのが正直なところなのですが、これだけ進んだ世の中でも、「どこまでもケアしかプログラムされていないロボット」の優しさが、心に沁みるわけです。

人は一人では生きて行けない。家族・兄弟姉妹・友人・仕事仲間・マイミク(笑)。人の優しさ、あるいは愛で包まれないと、生きて行くことは難しいんじゃないか・・・そんなことを思わせる映画だったと思います。一緒に行ったチビ息子は、ちっとも理解してないみたいだったけれど、いいさ(笑)。

コメント   トラックバック (6)   この記事についてブログを書く
« 仮面ライダー×仮面ライダー ... | トップ | 愛よりも非情(Dispara!) »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

6 トラックバック

ベイマックス (風に吹かれて)
ロボットを兵器にしないでね 公式サイト http://www.disney.co.jp/movie/baymax サンフランソウキョウに住む14歳の天才少年ヒロは、幼い頃に両親を亡くし、母親が代わりの
ベイマックス ★★★ (パピとママ映画のblog)
マーベルコミックスのヒット作「BIG HERO 6」を基に、ディズニーが放つアドベンチャー。架空の都市サンフランソウキョウを舞台に、並外れた頭脳を持つ少年ヒロが、生前に兄が開発したロボットのベイマックスと一緒に死の真相を暴こうとする。メガホンを取るのは、『くまの...
「ベイマックス」 ぷにぷに、ふわふわ (はらやんの映画徒然草)
ロボットが人を守るっていうと、その力(パワー)でっていうイメージがありますね。
ベイマックス (銀幕大帝α)
BIG HERO 6 2014年 アメリカ 102分 アドベンチャー/コメディ/ファミリー 劇場公開(2014/12/20) 監督: ドン・ホール クリス・ウィリアムズ 製作総指揮: ジョン・ラセター 声の出演: スコット・アツィット:ベイマックス ライアン・ポッター:ヒロ T・J...
ベイマックス 【劇場で鑑賞】 (映画B-ブログ)
アメリカのコミック会社マーベルから刊行されている コミックを原作としたディズニーのアニメ作品 『ベイマックス』が公開、『アナと雪の女王』に 続くディズニーアニメのヒット作となり、ロングラン を果たしていました。 しかし3月にもなるとさすがに終わりに近づき字...
映画『ベイマックス』感想 正しく導くヒーローへの道 (映画を観たからイラスト描いた)
『ベイマックス』Big Hero 62014年/アメリカ/102分監督:ドン・ホール/クリス・ウィリアムズ声の出演:ライアン・ポッター/スコット・アツィット/ダニエル・ヘニー/ジェームズ・ ...