田舎に住んでる映画ヲタク

「映画大好き」の女性です。一人で見ることも多いけれど、たくさんの映画ファンと意見交換できればいいなぁと思っています。

永遠に僕のもの(El Angel)

2019年10月21日 15時35分46秒 | 日記

「el angel poster」の画像検索結果

「el angel poster」の画像検索結果

「el angel poster」の画像検索結果

 1971年のアルゼンチンで12人以上を殺害した連続殺人事件の犯人である少年をモデルに、スペインの名匠ペドロ・アルモドバルが製作を務めて描いたクライムドラマ。1971年のブエノスアイレス。思春期を迎えたカルリートスは、子どもの頃から他人が持っている物を無性に欲しがる性格だった自分の天職が、窃盗であることに気づいてしまう。新しく入った学校で出会ったラモンという青年にたちまち魅了されたカルリートスは、ラモンの気をひくためにこれ見よがしな対応を取り、2人はいとも簡単に殺人を犯してしまう。次第にカルリートスとラモンの蛮行はエスカレートし、事態は連続殺人へと発展していく。本作が映画デビューとなる俳優ロレンソ・フェロが主人公カルリートスを演じる。(映画.comより)

 

 

 

 よくこんな魅惑的な美形少年を見つけてきましたね。予告だけで彼にやられてしまった、という人も少なくないはずです。人の主観がいかにいいかげんか、モラルなんていかに脆いか、ということがよくわかります。だって、彼は誰が見ても「いけないこと」をやっているんですもの。こんなこと、醜男がやったら容赦なかったに違いありません。でも、人間って見かけなんですね、人々は魅惑的で破天荒な美少年に夢中になるんです。また、それが絵になる!

 日本でまだ例は少ないですが、アメリカの裁判員裁判では、見かけがいいほうが刑が軽くなる傾向がはっきり出ている、と読んだことがあります。また、どこかの投稿で「若い頃からよくハンサムだといわれた」というおじさんが、「面接で落とされたことはない」と断言していました。もちろん、常識的な振る舞いができた上で、ということでしょうが、人ってやっぱり見かけに気を付けないといけないな、というのが長く生きてきた実感です(笑)。もちろん、年齢を重ねれば人生が顔に出てくることもあり、一概に”つくり”ではないこともあるでしょうけれど。

 で、この映画です。実話なんですってね、彼は今、どうしているのでしょうか。破天荒だから、亡くなっちゃったりしているのかな。「人生は楽しまなきゃ」がモットーで、盗みを働いているときでさえ「なにを焦っているの。ゆったり行こうよ。楽しまなきゃ」な~んて言って仲間を呆れさせたり、そのエキセントリックさは才能です。私のような凡人は、最初の一秒からアセってしまうようなシチュエイションで、我が道を行く。美形にのみ許された人生なのでしょう。顔だけではなく、体もきれい。決して裸のシーンがあるわけではないのですが、微妙に挿入されるブリーフをはいた後ろ姿。体の線もきれいなんですね。そして、いつもほのかに紅いくちびる。映画だからアレンジされているのかもしれません。

 ともかく、話どうこうより、目で見て楽しむ映画です。美少年を堪能しましょう。

コメント

ペトラは静かに対峙する(Petra)

2019年10月14日 15時54分25秒 | 日記

「petra movie」の画像検索結果

「petra movie」の画像検索結果

「petra movie」の画像検索結果

 スペイン出身の気鋭監督ハイメ・ロサレスが、カタルーニャの乾いた大地で繰り広げられる悲劇の連鎖を描いた。画家のペトラは作品制作のため、著名な彫刻家ジャウメの邸宅にやって来る。彼女の本当の目的はジャウメが自分の父かどうか確かめることだったが、彼が権力を振りかざす冷酷な人物であることがわかってくる。そんな中、一家の家政婦が謎の自殺を遂げ……。章ごとに時系列を前後させながら描き、パズルのピースをはめていくように家族の秘密が徐々に明らかになっていく。主演は「マジカル・ガール」のバルバラ・レニー。本作で77歳にして演技デビューを果たしたジョアン・ボテイがジャウメを演じ、「オール・アバウト・マイ・マザー」のマリサ・パレデスがジャウメの妻役を演じる。(映画.comより)

 

 

 

 何なのでしょうね、この邦題は。まぁでもある意味おしゃれかもしれません。お話は、ネタバレはできませんが、まぁギリシア神話とかにはありがちな感じで、私も「この話はどこかで聞いたことがあるなぁ」と正直思いました。若い美人女性の芸術家が、ある著名な彫刻家に師事に来るのですが、彼女にはある目的があって・・・。という感じです。

 まぁこの”著名彫刻家”の性格の悪いこと!いくら才能があって成功していても、こんな男イヤですねぇ。まぁそこが魅力でもあるのかもしれませんが、結局は彼に振り回されているだけなんです、みんな。主演の女性が美人です!こんなきれいな女性、今までに見たかなぁと思っていたら、「マジカル・ガール」で主演していた女性でした。あの映画も独特な映画でしたね、やっぱりスペインの文化土壌は日本とかなり違うんですね。映画も、とてもゆったり進みます。疲れていると眠ってしまうかもしれません。ハリウッド映画に慣れてしまっていると、危ないかも(笑)。

 個人的にはDVDでいいかも、と思いました。

コメント

スチューデント・オブ・ザ・イヤー 狙え!No.1!!(Student of the Year)

2019年10月14日 14時14分04秒 | 日記

「スチューデントオブザイヤー」の画像検索結果

「スチューデントオブザイヤー」の画像検索結果

「スチューデントオブザイヤー」の画像検索結果

 世界一のセレブ学園を舞台に繰り広げられる青春を、ゴージャスな歌や踊りにのせて描くインド製学園ミュージカル。名門私立学校の聖テレーザ学園では、毎年ナンバーワンの生徒を決めるコンテストが行われている。大物実業家を父に持つロハンは、ナンバーワン候補として注目を集めているが、ロックスターになりたいという将来の夢を父親に反対され、物事がうまくいかない日々を送っていた。そんな時、スポーツやダンス、成績など全てに優れたアビが転校してくる。アビとロハンは良きライバルとして関係を築いていくが、ロハンのガールフレンドのシャナーヤとアビが急接近したことで、3人の関係はぎくしゃくしてしまう。監督は、「マイネーム・イズ・ハーン」「家族の四季 愛すれど遠く離れて」などを手がけたインドのヒットメーカー、カラン・ジョーハル。(映画.comより)

<2017年7月3日 netflix鑑賞>

 

 

 

 

 この映画は、都会の映画館で上映された折には結構話題になってましたが、田舎に降りてくることはなく、チラシをもらったもののそのままになってた代物でした。

 映画は絢爛豪華な学園ムービー。お金持ちが通う名門校で、超リッチなお嬢様(この子がまた童顔でかわいらしい)と親が有名人でこれまたリッチな御曹司がつきあってるんだけど、そこへ”なんでもできちゃう”超ハンサムな生徒(平井堅にそっくり)が編入してきて、すったもんだを起こすお話です。一応、平井堅にはつらいバックグラウンドがあるとか、お金持ちの御曹司は父親にバカ呼ばわりされていて、なんとか認められようとしているとか、学校長がコメディリリーフだったりとか、話に色はついてますが、まぁ基本はおバカな学園ムービーです。でも美男美女が歌って踊るとそれだけで絵になります。目には楽しい映画でした。すごいスポーツカーも出てきますし。いやもちろん、「ワイルドスピード」みたいなことないですけどね。

 頭を空っぽにして見れるので、疲れているときでもOKと言いたいところですが、なにぶんインド映画なので、長い。疲れていると見れないでしょう(笑)。ま、話題になっていた、というくらいで。そう言えば、続編が来るとか来ないとかって聞いたような気がします。netflixなら見ようかな。

コメント

ライオン・キング(The Lion King)

2019年10月10日 15時59分14秒 | 日記

「ライオンキング 映画」の画像検索結果

「ライオンキング 映画」の画像検索結果

「ライオンキング 映画」の画像検索結果

 

 アフリカの雄大な自然を背景にライオンの王子シンバの成長と冒険を描いたディズニー・アニメの名作「ライオン・キング」を、「ジャングル・ブック」のジョン・ファブロー監督が、フルCGで新たに映画化。アフリカの広大なサバンナで、動物たちの王であるライオンのムファサの子として生まれたシンバは、いつか父のような偉大な王になることを夢見ながら成長していく。しかし、ある時、王位を狙う叔父スカーの策略によって父の命を奪われ、シンバ自身もサバンナを追われてしまう。やがてたどりついた緑豊かなジャングルで、イボイノシシのプンバァとミーアキャットのティモンといった新たな仲間との出会いを得たシンバは、過去を忘れて穏やかに時を過ごしていく。一方、スカーが支配するサバンナは次第に荒れ果て、存続の危機が迫っていた。シンバの声を、グラミー賞を受賞したラッパーとしても活躍するドナルド・グローバーが担当し、ジンバの幼なじみナラ役をビヨンセが担当。2人が新たに歌唱に参加した、エルトン・ジョンによる「愛を感じて」ほか、「サークル・オブ・ライフ」「ハクナ・マタタ」など名曲の数々がスクリーンを彩る。(映画.comより)

 

 

 

 

 なぜ今、また「ライオンキング」?って思いました。アニメでも見たし、今回は画像がすごくきれいなフルCGになっているのに気づきませんでした。普通のアニメかと思っていました。鈍感ですみません。でも、エルトンのあの主題曲は同じ。結構好きです。

 ということで、今どき「ライオンキング」の話くらいは教養なんだろうと思い、チビ息子を連れて吹き替え上映、行ってきました。私には「ハクナ・マタタ」とか”プンブァ”なんて名前が懐かしい。また、チビ息子にはライオンたちの冒険譚が新鮮だったみたいで、結構一生懸命見てました。男の子が二人いると、こんな話が定番ですが(「バーフバリ」や「プリンス・オブ・ペルシャ 時間の砂」「エクソダス 神と王」ついでに書くと「マイティ・ソー」なんかもその部類。もちろん本当の兄弟でも同じことだと思う)、なんでうまくやれなかったのかと常に思うわけです。どちらか統治に向くほうが王となり、もう一人は大臣になるなり、摂政になるなり、あるいは支配地域を分けて治めるなりして、だいたい同じくらいの富と権限(違った領域でね)を持つようにするとか、なんとか方法がなかったのかといつも思うのです。争えばそれだけ貴重な人民やお金、最悪の場合は命を失うわけですから。もちろん、それらが目立つだけで、大方の人はうまく治めているのかもしれませんが。戦闘員も含め、大切な息子たちの命を失うなんて誰しも願わない。なるたけ争わずに生きるべき。

 しかし、「ライオンキング」のお話はみんなが知っている通り、冷遇されている弟は、思いっきり悪役に描かれた後、亡くなってしまいます。ハイエナがいやらしい奴らに描かれるなど、typicalなのは相変わらずです。自然界において、ハイエナがいないと食物連鎖のピラミッドは完成されないんだと、子供の頃から教えるべきです。と、個人的には思います。

 しかしながら、忠実なストーリーライン、美しい映像と音楽で、見ごたえのある映画に仕上がっていたことは事実です。英語の教材なんかにいいんじゃないかなぁ。

 

 

 

 

 

コメント

あなたの名前を呼べたなら(Sir)

2019年10月06日 11時06分21秒 | 日記

「sir movie」の画像検索結果

「あなたの名前で呼べたなら」の画像検索結果

「あなたの名前で呼べたなら」の画像検索結果

 助監督や脚本家としてヨーロッパでも活躍するムンバイ出身の女性監督ロヘナ・ゲラの長編デビュー作。経済の発展が著しいインドのムンバイで農村出身のラトナはファッションデザイナーを夢見ながら、メイドとして働いていた。夫を亡くしたラトナは建設会社の御曹司アシュヴィンの新婚家庭で住み込みで働く予定だった。しかし、婚約者の浮気が発覚して直前で破談となってしまい、広すぎる高級マンションに1人で暮らすことになった傷心のアシュヴィンを気遣いながら、ラトナは彼の身の回りの世話をしていた。ある日、ラトナはアシュヴィンにあるお願いごとをする。そのことから2人の距離が徐々に近くなっていくが……。主人公・ラトナ役を「モンスーン・ウェディング」のティロタマ・ショーム、御曹司のアシュヴィン役を「裁き」のビベーク・ゴーンバルがそれぞれ演じる。(映画.comより)

 

 

 

 インド映画なんで紛らわしいのですが、新作です(笑)。都会の映画館まで行きました。これは、根強くカースト制度が残る国で、身分の違う二人がほのかに好意を持つ物語。それでも、厳しい戒律と人々の偏見を打ち破ることは難しい。時代設定も今現在のお話なのですが、見えない壁の存在は絶対なのです。

 インドでは、いまだに未亡人は一生未亡人でいなければなりません。明るい色の服は着れませんし、人前で踊ることもできません。再婚なんかもってのほか。しかも!なにが驚いたって、両親は主人公の女性(ラトナ)を行き遅れないようさっさと片付けるために、相手が病気であることを知っていて娘に言わずに嫁に出したのです。かわいそうなラトナは、なんと19歳で未亡人です。もう一生結婚できませんし、嫁ぎ先でかいがいしくあらねばなりません。でも、裕福でない家では生活も大変で、ラトナは”口減らし”のため奉公に出されるのです。

 なんということ!日本のように誰もが自由恋愛を謳歌している先進国では、およそ考えられません。19歳で子供もないまま未亡人になってしまったら、一生そのままじゃないですか。ヒドすぎる。恋愛うんぬん以前に、啞然としてしまいました。

 かたやお金持ちの御曹司。しかし、彼とて自由ではありません。お金や家柄があったらあったで、背負うものも大きいのです。人間って、不憫な生き物ですねぇ。私を含め、貧乏人は「あ~もう少しお金があったらなぁ」「もっと働く時間も減らして自由にできるのに」などと思います。でも、お金があっても不自由なのですね、経験ないけど(笑)。

 さて、結婚式が寸前でキャンセルとなり、心寂しい御曹司。優しくて誠実な青年なのですが、傷心です。裁縫が得意で、かいがいしく身の回りの世話をしてくれる若いメイドに、ついつい心がほぐれていきます。でも、社会の目はいつも意地悪なのです。

 欧米の映画のように、すべてを振り切って駆け落ちなんか、しません。こっそり建物の裏で、口づけなんて、しません。男もメイドと適当に遊んで捨てたり、しません。お金持ちがグラス片手に華やかなパーティーを開いているその裏で、台所の床にお皿をおいて手で食事をしている使用人たち。御曹司が話しかけただけで、早速仲間内の男にからかわれるラトナ。「ご主人様。これからはみんなのいるところで話しかけないでください。からかわれました」・・・これが現実なのですね。

 どこまでもじれったく、どこまでも控えめな映画ですが、でも我々アジア人に根底で通じる価値観のようなものも感じて。なんとな~く心はほっこりです。わけのわからない説明ですよね、すみません。でも、派手なことは起きないけれど、ラトナはこれから少しずつ幸せになるのじゃないのかな、私はそう思いました。

 そうそう、ラトナ役の女性は「モンスーン・ウェディング」に出てたんですってね。結構昔の映画、彼女のことは覚えてないけど、今もこんなに若いから、子役だったのかもしれませんね。ミラ・ナイールという、当時話題になってた女性監督の作品でしたね。懐かしいです。

コメント