田舎に住んでる映画ヲタク

「映画大好き」の女性です。一人で見ることも多いけれど、たくさんの映画ファンと意見交換できればいいなぁと思っています。

アバウト・レイ 16歳の決断(3 Generations)

2018年03月20日 16時48分22秒 | 日記

3 Generations Movie: Scene #2

3 Generations Movie: Scene #3

「ドレスを着ていた時代の自分にはサヨナラだ。ただ僕は人になりたいんだよ」 男の子として生きることをカミングアウトしたレイ(エル・ファニング)。ホルモン治療など、医者が差し出してきた見慣れない資料に呆然とする母親・マギー(ナオミ・ワッツ)。「突然、息子を育てることになるなんて・・」と、突然の告白に動揺を隠せない。そしてそんな心の迷いを、近くに住む若い青年にぶつけて、流れるままに一夜を共にしてみたりと、母親の“動揺”は暴走するばかり・・。一方、レズビアンであることをすでにカミングアウトしたおばあちゃんのドリー(スーザン・サランドン)は最愛のパートナーとの暮らしを謳歌しながら、レイの“新しい人生”への一歩を、密かに応援していた。髪を短く切り、トレーニングをして、少しずつ“男の子”に近づいていくレイ。そんなレイの成長を見つめながら、マギーは意を決して、わが子のためと思い、性転換手術の同意書のサインを、別れた夫にもらうために久しぶりに会いに行くのだが・・・(filmarksより)

 

 

 

 この映画、期待していました。名優が揃って出てるし、主演のエル・ファニングもカッコイイし。”性同一性障害”という、よくある話題ではあるものの、そこはそれ、これだけのメンツが揃っているんだから、一ひねりも二捻りもあるんだろうと思っていました。しかしながら、結論から言うと、凡作だったと思います。駄作ではありません。でも、少しもったいなかったかな、というのが素直な感想です。

エル・ファニングは、生まれたときから自分の性に違和感を持っていました。親たちがドレス(ワンピースのようなものも含め)を着せようとするたびに、言いしれぬ嫌悪感を感じていました。大人に一歩近づいた今、男の子になるためにホルモン治療を受けることを決心します。ついては未成年であるため、両親の同意書が必要です。一緒に住む母親(母方の祖母はレズビアンであるにもかかわらず)でさえ動揺しているのに、幼い頃からろくに会ってもいない父親の同意まで必要だなんて。しかも今は違う女性と家庭を築いてもいるし。面倒くさいですねぇ。でも、決まりだからそれがないと治療できないんですね。ここが未成年のつらいところ。成年になるまで待つと不利だったのでしょうか。治療は早いほうが効果的だったのかもしれませんね。

なんだか大変そうな始まりで、期待させたのですが、盛り上がりはここまでです。もちろん、一生懸命なつもりの母や自由奔放な祖母との諍い、月並みのことはすべて描かれます。でも、最終的にはレイに関係ないところの母親の行為、しかも「それはあかんやろ」みたいな行為に収束してゆくのです。ここがポイントだったのなら、性同一性障害である必要って、あった?って感じです。なんだかとってももったいない映画だった気がします。ただ、俳優さんたちはみな素晴らしかった!さすがの演技です。

あと、本筋とは関係ないのですが、未成年でホルモン治療って、本人は「ママはわかってくれない」とかってスネてるけど、実際高いんじゃないのかな、と少し心配しました。まぁアメリカと日本では医療システム自体が違うのでしょうけれど。

コメント

The Beguiled ビガイルド 欲望のめざめ(The Beguiled)

2018年03月18日 15時39分59秒 | 日記

カバーアート

「ロスト・イン・トランスレーション」のソフィア・コッポラが、「めぐりあう時間たち」のニコール・キッドマン、「ネオン・デーモン」のエル・ファニング、「マリー・アントワネット」のキルスティン・ダンスト、「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」のコリン・ファレルら豪華キャスト共演で撮りあげた長編監督第6作。1971年のクリント・イーストウッド主演作「白い肌の異常な夜」の原作であるトーマス・カリナンの小説「The Beguiled」を女性視点で映画化し、第70回カンヌ国際映画祭で監督賞を受賞した。南北戦争期のアメリカ南部。世間から隔絶された女子寄宿学園で暮らす7人の女たちの前に、怪我を負った北軍兵士の男が現われる。女性に対し紳士的で美しいその兵士を介抱するうちに、全員が彼に心を奪われていく。やがて情欲と危険な嫉妬に支配されるようになった女たちは、ある決断を下す。(映画.comより)

 

 

 

 「都会まで映画を見に出た」第三弾。クリント・イーストウッドの「白い肌の異常な夜」は、見たんです。かなり前に、録画鑑賞で。でもあんまり覚えてなくて。他の人の感想を読ませてもらうと、おおむね男性は「前作のほうがよかった」と感じておられるみたいです。でも私は、それほど前作を覚えていないからかもしれませんが、今回のほうが楽しめました。

 少女趣味のソフィア・コッポラは嫌いではありません。かわいいものは素直にかわいいと思いますし、彼女の映画に出てくる女性たちは本当にきれいです。ただ、芸術的過ぎて凡人の私には理解できないことが時々あります。例えば「ロスト・イン・トランスレーション」なんかは、楽しめたのですが、どうにもお話を表層的にしか理解していないような気がして、感性が鈍いゆえ楽しみが半減しているような気がしてなりません。ことほどさように、彼女の映画は劣等感を感じるものが多いのですが、今回の作品は話がわかりやすいこともあり、素直に見れたような気がします。

時は南北戦争のさなか。南部にある女性だけのひっそりとした寄宿学園。元来は、いいおうちの子女が集うところですが、今は戦時中。家に帰れない(あるいは帰るところがない)女性たちだけが残り、たった7人で生活しています。責任感が強く、聡明な園長先生はニコール・キッドマン。真面目で初々しい教師にキルスティン・ダンスト。お嬢様ゆえの世間知らずがあぶなっかしいところです。若くて美しいけれど、その魅力をもてあましているちょっと”おませな”女子にエル・ファニング。あとはまだ子供な女の子たち。それなりに統制のとれた世界で生きてきた彼女たち。でも、ある日女の子がキノコ取りに出かけた先で、北軍(敵軍ですね)の逃亡負傷兵を発見してしまうのです。本当ならば、敵軍の逃亡兵なんて、すぐさま軍に連絡し引き渡さなければなりません。しかし、彼女たちは敬虔なキリスト教徒。博愛の精神を持って、傷を負った人は救わなければなりません。「傷が癒えたら」とか「歩けるようになったら」とか言って引き渡しを先延ばしにしているうちに、みんなそれぞれに情が湧いてくる、そんなお話です。この「男(演ずるは元祖遊び人コリン・ファレル)」がきまじめな軍人であれば、話は違ってきたでしょう。ところがこの男、ハンサムなのをいいことに、口八丁手八丁ないいかげん男なんですね。まぁ、南軍に引き渡されてはかなわん、という思いもあったでしょうし、なんとか保身を計りたい気持ちはわからんでもありません。しかし、どの女性にも甘い言葉をささやくものですから、女学園は大混乱。コリンも、最初から一人に標的を定めればよかったですね。そうすればあるいはうまくいったかもしれません。

しかし、ハンサムな男にかき乱されながらも、最終的に女性たちは結束し、果敢な決心をします。さすが、女の園でも理性を失わなかったのは心強いです(いや、ある意味理性を失ったのかもしれませんが)。ここも「今の女性だから」というわけではなく、旧作でも同じ結果だったのでしょうか。本当に覚えてないのですが。

女性たちのコスチュームもおしゃれで素敵でした。古い時代のものなのかもしれませんが、かわいくてとっても素敵。私がもう少し若かったら試してみたかった(笑)。ともかく、個人的には楽しめた映画でした。しかし、今見ると旧作の邦題って、ひどいですね。誰が命名したのでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

コメント

スリー・ビルボード(Three Billboards Outside Ebbing, Missouri)

2018年03月12日 06時25分55秒 | 日記

Three Billboards Outside Ebbing, Missouri Movie Poster

2017年・第74回ベネチア国際映画祭で脚本賞、同年のトロント国際映画祭でも最高賞にあたる観客賞を受賞するなど各国で高い評価を獲得し、第90回アカデミー賞では主演女優賞、助演男優賞の2部門を受賞したドラマ。米ミズーリ州の片田舎の町で、何者かに娘を殺された主婦のミルドレッドが、犯人を逮捕できない警察に業を煮やし、解決しない事件への抗議のために町はずれに巨大な3枚の広告看板を設置する。それを快く思わない警察や住民とミルドレッドの間には埋まらない溝が生まれ、いさかいが絶えなくなる。そして事態は思わぬ方向へと転がっていく。娘のために孤独に奮闘する母親ミルドレッドをフランシス・マクドーマンドが熱演し、自身2度目のアカデミー主演女優賞を受賞。警察署長役のウッディ・ハレルソンと差別主義者の警察官役のサム・ロックウェルがともにアカデミー助演男優賞候補となり、ロックウェルが受賞を果たした。監督は「セブン・サイコパス」「ヒットマンズ・レクイエム」のマーティン・マクドナー。(映画.comより)

 

 

 

 

 「都会まで見に出た」映画第二弾。これは話題になってたので心していたのですが、やはり満席でした。まぁ日曜日だったってこともあるのでしょうが。主演女優のフランシス・マクドーマンドがオスカーを獲りましたね!おめでとうございます。

映画、ちょっと複雑な感じでしたね。演技達者なフランシスが次々繰り出す下品な罵詈雑言。それに負けないくらいの人種差別主義者のサム・ロックウェル。ええかげんな感じに見えるウッディ・ハレルソン。そのウッディのワイフにアビー・コーニッシュ!依頼を受けてビルボードを立てる業者に「アンチヴァイラル」のケイレヴ・ランドリー・ジョーンズ!ケイレヴにはちょっとミステリアスで繊細なイメージを持っていたんですが、今回の彼は、いい奴でしたけど普通のおじさんでした(歳より上に見えた)。似ているなぁ、と思いながらも「まさか」と思うほどでした。

それにしても、異形な映画でしたね。まさに一筋縄ではいかない、とはこのこと。見応えのある映画でした。

フランシスは離婚し、娘・息子と暮らしています。よくある話ですが、年頃の娘と母親は諍いが絶えず、その日も車を貸してくれと言う娘に「ダメだ」と言い、売り言葉に買い言葉、娘はけんか腰のまま飛び出していきます。そしてその夜、レイプされた上、殺されてしまうのです。あれが最後の会話だったなんて、悔やんでも悔やみきれないフランシス。しかも7ヶ月経った今でも、犯人は一向に捕まらないじゃないですか!業を煮やした彼女は業者に頼み、メイン通りに真っ赤な抗議の看板を3つ立ててしまいます。何があってもくじけない(と書くときれいですが、実際の彼女はかなり強引で下品)フランシス・マクドーマンドとウディ演じる警察署長、アホすぎるサム・ロックウェルに街の人たち・フランシスの元夫も絡んで、予想を裏切る展開が次から次へと繰り広げられます。

すっきりとした終わり方ではありません。これでよかったのかどうか。正直、だから何が言いたかったのか。よくわからないところもあるんです。母の悲しみだって癒えません。霊能者が出てきて癒してくれるわけではないのです。娘は戻りませんし、取り残された息子も哀れです。でも、人生って、こうとしか生きようがないのかも。いろいろ考えさせられる映画でした。オススメ。

コメント

ウイスキーと2人の花嫁(Whisky Galore)

2018年03月08日 07時17分20秒 | 日記

 

 Whisky Galore [DVD]Whisky Galore

 

第2次世界大戦中のスコットランドで起きた貨物船座礁事件の実話をもとに映画化し、ウイスキーを心から愛する地元住民やそれぞれ結婚を控えた姉妹とその父親が繰り広げる騒動を描いたヒューマンコメディ。1949年に製作された同名映画「Whisky Galore」(日本未公開)のリメイク。戦況悪化のあおりを受けてウイスキーの配給が止められたトディー島の住民たちは、すっかり無気力に陥っていた。島の郵便局長ジョセフの長女ペギーと次女カトリーナはそれぞれ恋人との結婚を望んでいたが、周囲からウイスキーなしの結婚式はあり得ないと反対されてしまう。そんな中、輸出用に5万ケースものウイスキーを積んだニューヨーク行きの貨物船が島の近くで座礁する事件が発生。これを神様からの贈り物だと捉えた島民たちは、禁制品のウイスキーを「救出」するべく立ち上がる。監督は「グッバイ・モロッコ」のギリーズ・マッキノン。(映画.comより)

 

 

 

 私事ですが、実は何らかの懸賞に当たり(本人、応募を覚えてない)大阪のホテルに宿泊することができました。それも某一流ホテルのクラブフロア。こんなものが当たるんですね。もちろんですが、土曜日など休前日は使えません。ということで、上司に頼んで月曜日にお休みをもらい、春休み中の娘と共に日曜の夜宿泊するという「都会でしかやってない映画鑑賞ツアー」を敢行しました。

その第一弾がこの映画。こちらは私一人で鑑賞。いや、冗談抜きでおもしろかった!また、劇場もそこそこの人が入っていたのですが、ウケて笑う女性がいて、彼女の「アハハハハ」という陽気な笑い声に皆つられていました(笑)。

時は第二次世界大戦中、戦況の悪化により配給のウイスキーすら入らなくなったスコットランドのある島。常に人生はウイスキーと共にある島民たちは意気消沈。何をする気も起きません。そんなある日、ニューヨーク行きの船が島の近くで座礁。乗組員たちを救助した島民たちは、その船には家具とウイスキーが満載なことを知ります!船が沈んでしまう前になんとか手に入れられないものか、心はやる島民たち。しかしその当日は働いてはいけない「安息日」だったり、本土の税吏たちが調べに来たりと、次から次へとハプニングが。愛するウイスキーを手に入れるため、そして予定していた結婚式をあげたい若者たちも相まって、泣き笑いの連続劇の始まりです。

文化の違いで、多少笑いのツボは、ずれているかも知れませんが、本当におかしかった!昔から「スコッチウイスキー」って聞くだけあって、本当にウイスキーは人生と共にあるのですね。文化に深く根ざしたウイスキーに畏敬の念を覚えます。

あんまり上映されてないし、大画面で見なくても内容は充分伝わると思うので、DVDでもOKだと思います。おすすめです。

コメント

ロープ 戦場の生命線(A Perfect Day)

2018年03月01日 15時17分16秒 | 日記

85 A Perfect Day

 紛争地帯で人々を救うため奔走する国際援助活動家たちの戦いを、「トラフィック」のベニチオ・デル・トロ、「ショーシャンクの空に」のティム・ロビンス、「オブリビオン」のオルガ・キュリレンコ、「ゼロの未来」のメラニー・ティエリーら実力派キャスト共演で描いたスペイン製ヒューマンドラマ。1995年、停戦直後のバルカン半島。ある村で井戸に死体が投げ込まれて生活用水が汚染され、国際活動家「国境なき水と衛生管理団」のマンブルゥらが現地に派遣される。しかし死体を引き上げている最中にロープが切れてしまい、代わりのロープを探しに行くことに。1本のロープを求め、武装集団や地雷の恐怖にさらされる危険地帯へと足を踏み入れるマンブルゥたち。やがて不良にいじめられていた少年ニコラと一緒に彼が住んでいた家を訪れたマンブルゥたちは、そこで驚くべき事実に直面する。第30回ゴヤ賞で最優秀脚色賞を受賞。(映画.comより)

 

 

 

 「a perfect day」とはよくつけた題名ですね。映画を最後まで見るとおもしろいほど納得できます。この映画、題材は本当にいいと思います。役者さんたちも素晴らしい。ドキュメンタリー調になっているのもgood!ただ、ベネチオ・デル・トロが女ったらしという設定で、オルガ・キュレンコみたいな美人が絡んで駆け引きするのが余計だったと思います。それでなくても見応えある戦場での”戦士ではない人たち”の活躍と困惑をうまく描いているのだから、この”好いた腫れた”は、いらなかったと思いますね。

つい昨日まで、何の問題もなく暮らしていた人たちが、突然仲違いをして争う・・・それはまるで「ホテル・ルワンダ」のよう。でも、この映画ではその戦争(内紛)のバックグラウンドは描かれません。ただ、生活用水に困っている人を助けるための(多分)NGO、ボランティアなのかお金が出るのか、その細かいことはわからないけれど、ともかく戦争などの環境悪化により生活が困難になっている人々を助けるグループのお話です。リーダーはベネチオ・デル・トロとティム・ロビンス。彼らはそれなりに経験も積み、現地の人たちの宗教的な価値観など、欧米人には到底理解できない理屈にもそれなりに慣れています。そんななか、現地の人々の生活用水を確保しようと、井戸に投げ込まれた死体をつり上げたのですが、ロープが切れてしまい死体は再び井戸の中へ。さぁ、どうする?というお話です。

彼らはロープが欲しかっただけなのです。それなのに、外国人にロープは売らないと言い張る年寄り店長や、水を高値で売りつける便乗業者の登場、年長の子にいじめられていた子供の救出(しかし彼はサッカーボールを取りに行く、と言い張って譲らない)、ロープとサッカーボールを求めて寄ったその少年の家で見た目を背ける現実、張り巡らされた地雷など、ありとあらゆる物事に、平和ボケしている私たちは動揺するばかりです。こんなことがどうして起きるのか。「ホテル・ルワンダ」のように、欧米が後ろで糸を引いているのか。手荒なことは何も描かれません。ただ、そういう現実がある、ということを羅列するだけです。

目の付け所は、今書いた通りとてもよかったし、名作になり得たと思いますね。ただ、ここにユーモアのつもりか、ベネチオとオルガ・キュレンコとの不倫話を絡ませたりするんですね。これが絶対に余計だったと思います。映画自体は短くコンパクトに収まっていて、見やすい時間です。それだけになお、この男女のすったもんだが余計な気がしてなりません。しかしながら、DVDで見るには名作です。オススメします。

コメント