゜ ・:*:★ Eternal Rider ★:*:・ ゜

日々の呟きと共に毎日の つまみを、そして、時々バイクやキャンプのことなど、我が家の記録として残しています♪

2011 K&K HOKKAIDO Touring

2015 K&K Touring

2016-17 K&K Touring

2019 K&K Touring

硫黄山噴火と白濁した川

2018-04-29 15:00:00 | about MIYAZAKI&HOKKAIDO


新燃岳が噴火して大変だというのに、今度は硫黄山。
宮崎県えびの市在住、私設特派員の M氏宅が心配で連絡すると、
新燃と硫黄山では後者の方が近いらしいけど、
噴火の規模としては前者の方が大きいとのことで、
いつものように現地から写真を 送ってくれた。


       PHOTO by T.M  2018.4.20
       


そして今日、今度は ゾッとするような記事が載っていて、
再度連絡すると、自宅の近くを流れる川の写真も送ってくれた。


       PHOTO by T.M
       

宮崎日日新聞によれば、一部の地点で ヒ素や カドミニウム等
6項目で、環境基準値を 超える数値が出ているらしい。

   
M氏宅の飲料水は、この水系ではなく問題無いようだけど、
田植えが できない農家が かなり出そうとのこと。
最近は宮崎の米も こちらで売られるようになって、
30年前からすれば考えられないことだから、喜んでいたのになぁ。







新燃岳噴火

2018-03-26 14:30:00 | about MIYAZAKI&HOKKAIDO


この日は 1日中 会社で会計事務所と決算の打ち合わせで、
途中携帯を 見たら、おやぢの同級生から新燃岳の写真だけが
一枚 送られて来てた。
おいおい、一言くらい何か言え?
おもしろい オッサンです (笑)
前回の時も送ってくれて記事にしたから、今回 2度目。
  
8日に だいじょぶか心配で mailしたら、
南風が吹くと灰が飛んで来て、
風が強いと、屋根に積もった灰が舞い上がって
目が しょぼしょぼするんだって言ってたの。
毎日 硫黄の匂いもするって。
早く収束すると良いのにねぇ。

  






宮崎みやげ

2014-11-06 13:30:00 | about MIYAZAKI&HOKKAIDO


何年か前に、宮崎空港で見かけて買った インスタントラーメン。
この頃 食べてないから 「あの ラーメン買って来て」
と おやぢに頼んだら、みやざきからから、カラメン、プレミアム、
と、この量、しかも、Tomato麺なんて違うものまで・・・(-"-;)
どうして男って こうなの !?
  
        







ランキングに参加しています

にほんブログ村 酒ブログ 酒の肴へ  ↑
    ↑
   2つ押していただけると嬉しいです♪

   いつも ありがとうm(u_u)m❤






コスモス&Julian 牧場の友達♪

2011-09-13 19:00:00 | about MIYAZAKI&HOKKAIDO


こどもたちが滞在 4日目くらいに行って ビックリしたのは、
ひどかった Julianの猫アレルギーが治っていたこと。
ショック療法か !?
こどもたちが お世話になった「野付ライディングファーム」には、
沢山の動物がいて、
馬だけでも、サラブレッド、セルフランセ、ポニーと 3種類。
他には牛、山羊、ロバ、豚、犬、猫・・・
牧場の友達を 少し紹介します。



  まずは「ブ~ちゃん」
  

一緒に練習していた Mちゃんと Julianが乗っても全然 大丈夫 *^o^*

  
大人 1人が乗っても全然平気で、思った以上に力持ちです。







  左目が見えない「マイティ」
  
いつも Julianが乗っていた チョビと、
昼間は厩舎の外の柵の中にいて、チョビが乗馬に行くと、
不安なのか、悲しそうな声で いななきます。







  いつも穏やかで可愛くて賢い「りん」
  
私が こどもたちから少し遅れて出て行ったりすると、
こっち行ったよ、とでも言うように立ち止って、
私を 案内する素振りを したりします。







  そして コスモスを 落っことして(乗せて)くれた、こちらも
  「りん」
  
Julianが乗っていた「チョビ」の娘で 4歳、
人間なら 32歳くらいだとか。




他にも家猫の キングや外猫の ミケ、
みんな遊んでくれて ありがとう ♪





    

コスモス&Julian 乗馬の片付け

2011-09-12 19:00:00 | about MIYAZAKI&HOKKAIDO


「野付ライディングファーム」で乗馬を 教わっていた こどもたち。
へたくそな乗馬に付き合ってくれた ポニーに、
練習が終わったら首のところを ポンポンと たたいて
「ありがとう」の気持ちを 伝えます。 
  
   







       洗い場へ馬を戻し・・・
      
     鞍の横を 滑るようにして ピョンと降ります。







  

ハミと手綱、鞍、ゼッケンを 外し、
最初同様 ブラッシングを します。

  







裏掘りをした後、馬房へ戻します。
この時 馬は何考えてると思う?と、こどもに聞かれたのだけれど、
なんと「ごはん あるかなぁ・・・」なんだとか (笑)

  
   
コスモスが乗っていた りんは、
馬房に入って引き綱を 外してもらい、ごはんが無いと気付くと、
コスモスが ドアを 閉めるより素早く馬房を 出て、
他の馬房を 探して歩くので、
急いで引き綱を 付けて馬房に戻したそうで、
違う乗馬クラブの話だけれど、食事の時間になった馬が、
乗っていた女性を 落として厩舎へ帰ったとか・・・
その手の話は沢山あって、動物って本当に面白い *^o^*







コスモス&Julian 乗馬技能認定試験

2011-09-09 07:00:00 | about MIYAZAKI&HOKKAIDO


「野付ライディングファーム」のオーナーに勧められ、
乗馬技能認定試験 5級 受験も、
ホームステイ中に挑戦することになっていました。




  これは、筆記の テスト風景。
  
         
       専門用語や漢字を 覚えるのが少し大変だったかな。



   



  あとは実技試験、馬上体操や 
  

      

  







  あぶみを 外して乗る練習もしました。
  

  

  





   

みんな揃ってちゃんと曲がれると、見ていて とっても キレイです。

  

歩く速度が速すぎて、スピードを 落とすように言われても、
力が無い Julianは一苦労 (^m^!

  

ちゃぁんと お利口に止まってくれた時は、2人とも笑顔です *^o^*

  







15泊の日程で、コスモスは落馬の影響で 15鞍、

  

Julianは やる気満々で 18鞍 乗りました。

  






牧場外での仕事  斜里町青果センター

2011-09-08 09:00:00 | about MIYAZAKI&HOKKAIDO


mailには、
斜里町へ、ニンジンを 買いに行って来たことも書いてあった。
こちらも一般的に経験できることではなく、
とても楽しかったらしい。



*      *      *      *      *

こちらの写真も全て、野付ライディングファームの オーナー、
佐藤氏より いただきました。
ありがとうございます m(u_u)m

*       *      *      *      *



ここは斜里町青果センター。
この スゴイ量の ニンジン見てっっっ !!



これら全て規格外の ニンジンだとか。
どうにかならないものかしら。



   




これらを トラックの荷台に 4t積んで牧場へ帰り、
牛や馬にあげます。
この スゴイ量が、
2日かからずに無くなると言うのだから ビックリ!









帰って来た トラックの荷台に、
コスモスも Julianも乗せてもらって パチリ ♪



ニンジンたちとの Shotなんて、
そうそう撮れるものではありません。



ニンジン大好きな 2人、荷台に乗ったまま、
生で ポリポリ食べていたらしく、
satoちゃんに「にんじん娘」と呼ばれていました *^o^*






  

牧場外での仕事  ホクレン中標津市場

2011-09-07 11:00:00 | about MIYAZAKI&HOKKAIDO


「今日ね~牛の市場行って来たんだよ~楽しかった~ ♪」
と、Julianから mailが来ていた。
前日に捻挫したばかりの コスモスは留守番で、Julianだけ、
「野付ライディングファーム」の オーナーが、
ホクレン中標津市場へ牛を 売りに行くのに、
お供させてもらえたらしい。



*      *      *      *       *

写真は全て、野付ライディングファームの オーナー、
佐藤氏よりいただきました。
ありがとうございます m(u_u)m

*      *      *      *      *





子牛を売っている所は、こんな風になっているんだって。



売られて行くことが分かっているのか不安そうな子牛たち・・・



それに比べて何だか嬉しそうな、子牛の体重を計る おじさん *^o^*



生肉の食中毒事件、稲わらの放射線汚染と、
色々な事情から子牛の値段も下がっていて、
酪農家は大変厳しい状況だそうです。



1日も早く、日本中が以前の生活に戻るといいのに・・・







コスモス&Julian 乗馬の準備

2011-09-06 10:00:00 | about MIYAZAKI&HOKKAIDO


こどもたちの「野付ライディングファーム」での生活は規則正しく、
朝の仕事が終わると食事、少し休憩の後、
9時半から乗馬の準備を します。



まずは馬を洗い場へ連れて行き ブラッシング。
次に脚を持ち上げ、鉄爪(てっぴ ⇒ フック船長の手のような形)
で裏掘り(足裏の泥取り)

「ねぇったら~何してるのよ~」ってな感じでしょうか・・・*^o^*







チョビは20歳。
人間で言うと、80歳くらいの おばあちゃんだそうです。

後脚も裏掘りした後、
ゼッケン(毛布のようなもの)と鞍を 付けます。







ハミ(写真)は最後に付け、
終わったら最初に取ってあげるそうです。

鉄を 口に入れるので当然 嫌がり、
こどもにとっては難しい作業です。







準備が出来たら馬に乗り、
それから引き綱を 外して馬場へ行きます。

練習時は プロテクターと ヘルメットを 着用、
チャップスを 足に付けて。







コスモス&Julian 牧場での仕事

2011-09-01 14:00:00 | about MIYAZAKI&HOKKAIDO


浜頓別の クッチャロ湖畔キャンプ場から、
こどもたちが 15日間お世話になる「まきばの宿」へ移動した、
足して 100歳の御一行様。
ここから 3日間、ここで毎晩 飲んだくれて出発しそこないます。
なので、しばらくは娘達の牧場生活についてです。
どうぞ お付き合い下さい。





その日の日程によって、
朝起きる時間は 5時半だったり 5時だったり。
家に居る時のように、寝たいだけ寝るなんてことは、
勿論 出来ません。
仕事の始まる 30分前に起きて目を 覚まし、
着替えて厩舎へ行きます。

Julianの仕事は、馬房に 20ある、馬の飲む水桶を 取って洗い、
新しい水を 入れること。
これだけでも Julianだと 2時間かかるとのことです。



バケツを 持ち上げて水を あける、
大人なら当たり前に出来ることも、小さな体では大変。



1つ 10ℓのバケツに、新しい水を、
自分が持てるだけ汲んで運びます。
水を あけて戻って来るまでに、
次の バケツが丁度いっぱいになるよう、
水道から出しておく水量を 調整することも
厳しく言われていました。
決まったことを 決まった時間、少人数で こなすので厳しいです。











私たちが到着した翌日、捻挫している コスモスは、
仕事が出来ないので、同じ時間に起きて勉強。
コスモスの仕事は Julianがしましたが、
翌日は コスモスがしていました。









牛と言えば、放牧場に近付いても、
人間を ジロっと見るだけの無表情な動物、
という印象しか無かったのだけれど、
世話を する人が、近くに行くだけで喜んで クルクル回ったり、
長い舌を 出して ペロペロ舐めようとしたり・・・
犬と同じで、ものすごく表情豊かな動物だということを、
生まれて初めて知って感動しました ★



私も一頭 ミルクを あげさせてもらいましたが、
すごい力で吸います。



人間の赤ちゃんのように、
哺乳瓶の空気を途中で上手に抜きながら飲むことが出来る子と、
上手に出来ない子がいるそうです (。・・。)



最初は このように哺乳瓶が斜めでも大丈夫ですが、
色々な栄養を 混ぜたミルクを 最後まできちんと 飲むよう、
最後は真直ぐにします。









約 2時間。
仕事が終わると、母屋へ戻って美味しい朝ごはん。
朝食の前に体を 動かすって、
なかなか出来ないけど いいですよね。

   

お借りしている ジャージの大きさ加減が、
とても可愛い Julianでした。







新燃岳現地速報2

2011-02-03 18:08:28 | about MIYAZAKI&HOKKAIDO


OKYOおかかえの現地記者 Tetsuyuki.M氏から、
先程 写 mailが届いた。
今また爆発したとのことで、mailには、
「今日これで何回目かな」とあり、
「毎日 回数が増えるように感じる」とも書いてありました。
心配です...



写真提供 Tetsuyuki.M氏

17:48分頃撮影





鶏インフルエンザや灰に負けるな、頑張れ宮崎!







新燃岳現地速報

2011-01-27 18:18:05 | about MIYAZAKI&HOKKAIDO


OKYOおかかえの現地記者、Tetsuyuki.M氏から写真が届いた。
氏は おやぢの高校の同級生。
OKYOとは 23年弱の付き合いで大の仲良し。
OKYOは大の仲良しだと思ってるけど、
おやぢと一緒で性格 悪いから、きっと、
「俺は仲いい覚え無いけど」って言うだろうな (-"-;)

鶏インフルエンザに噴火、
次から次へ、自然相手の大変なことが続いている宮崎なので、
心配になって mailしたところ、写真を 送ってくれた。
氏の住まいがある えびの市は、風向きの関係で、
灰が飛んで来ていないとのことだったけれど、
都城市では 3cmも積もったらしい。



写真提供 Tetsuyuki.M氏

16:35分頃 撮影



驚いたのは この明るさ。
日没までに まだ 30分程 時間が あるとのこと。

17:18分頃 撮影








鶏インフルエンザや灰に負けるな、頑張れ宮崎!





Comments (2)

懐かしい富良野の夕日

2010-09-11 15:56:06 | about MIYAZAKI&HOKKAIDO





これは、2006年8月、
富良野にある星に手のとどく丘キャンプ場で撮影した。
2007年に行ったきり、もう 3年も行ってない・・・
行きたいなぁ北海道・・・







北海道のキャンプ場③ ~星に手のとどく丘キャンプ場~

2009-09-23 08:00:00 | about MIYAZAKI&HOKKAIDO


20年も行ってれば、好きな キャンプ場は いくつかあるんだけど、
なにせ、デジカメで撮った写真が あるのは '06& '07のみ。
今年も北海道へは行けそうもないしね~。

昔の写真を デジカメで撮る得意の戦法、
あれ、イイ考えだったけど、きれいに撮れないのよね。
下手くそなりにも こだわりがあるのだ。

なので、北海道は、デジカメ写真のある分から
書き残しておく事にしよう。
次は、新しく出来たばかりだったけど頑張っていたここ。


星に手の とどく丘キャンプ場

車 !? どこでも置いて下さいよってくらい広い サイト。
牧場そのまんま、って感じは、さすが北海道 ♪

ただし、新しい=木陰になる木もない、という場合が多々あり。
ちなみにこの日は、北海道とは思えないほど暑く、
死ぬかと思った。

木陰の無い キャンプ場は、昼間の避難場所、または、
そうでなくとも、予定が無いと、ずっといるのは厳しい、
昼寝も できない。


・      ・      ・      ・      ・


翌日、朝ごはんを 食べていると羊が ゾロゾロ...
人間は きょと~ん

真ん中ら辺で飛んでる ↓ 羊に注目



テントの そばまで来ちゃうどころか、
こ~んな風に触られても知らん顔 ♪



中富良野の町まで車で スグ、
町中の銭湯も風情があって Goodだったし。。。
日中は暑くて本当に大変だったけれど、天気が良かった分、
夕景は、20年 北海道に通っていても滅多に見られない程の
素晴らしいものだった。



それって、雨女の あたしのせい !?
だよね...



この夕陽が見られて、人も素晴らしいのだから、
また行かない手はない。



早く、日陰になる木が育つといいと思うけど、
そうもいかないか...
頑張れ『星に手の とどく丘キャンプ場』


・      ・      ・      ・      ・


馬が好きなら、少し足を延ばして、
フラノ トレッキングサポート遊馬へ。



小さな こどもでも馬に乗れて楽しい ♪










北海道のキャンプ場② ~古平家族旅行村~

2009-09-22 08:00:00 | about MIYAZAKI&HOKKAIDO


~フェリーターミナルから アクセスの良い キャンプ場 その2~


新潟 ⇔ 小樽航路を 利用し、新潟から東京へ帰る時などは ここ。
小樽から積丹半島方面へ ROUTE 5を まっすぐ。
たらこの生産でも有名な古平にある、我が家のお気に入りの


古平家族旅行村


テントサイトからの眺望は この素晴らしさ!



*      *       *      *      *


ちょっと足を 延ばせば、
素晴らしい景色を 見せてくれる神威岬がある。



夕陽の中を 航行しているのが、
新日本海フェリーの小樽 ⇔ 新潟便。


*      *       *      *      *


そして、もし晴れた日に小樽を 通りかかったら、
そして、もし時間が あったら是非立ち寄ってほしい
小樽天狗山


眼下に広がる素晴らしい景色を 思う存分楽しんだり、



リス公園に放し飼いの リスと遊んだり、



大人も こどもも楽しめる ♪