木工旋盤 専科・Woodturning・ウッドターニング・EBONY BLOG

   ‥‥ Woodturning三昧・木工旋盤専科・ウッドターニング・季節の中で ‥‥

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

焚き付け

2005年12月29日 | 木工旋盤
 堅くて太い薪は火力があって 火持ちが良いが これだけでは火が着かない。
 便利な着火剤も売っているがそれを使わない時には 焚き付けがいる。

 杉や桧木などの柔らかい木を細く割って焚き付け作り。
 
 今日は作業小屋に お客さんが来た。何の御構いも出来ないけど、せめてストーブだけは フル稼働。細かい焚き付けを 沢山 くべると勢い良く燃えて温度があがる。換気扇を回しても 遠赤外線効果で小屋の中が暖かい。

 晴天続きで湿度が下がり過ぎると生木丸太に割れが入りやすくなるので心配だ。
コメント

溜まった丸太の処理

2005年12月25日 | 木工旋盤
 大雪の地方には申し訳ないような日差しが眩しい晴天が続いている関東南部。
Kさんの工房で作品製作用に貯まりに貯めた丸太を お正月を前に整理することになった。
 半分雲に隠れた富士山が見えるKさんの材木置き場。


使えそうもない木をストーブの薪にとトラック一杯いただいてきた。
ここのところ寒い日が続くので薪の消費が多くなったが、これだけあれば今年の冬はもう安心。乾いているので割るのに少し苦労するけど即 使えるのがよい。
左側の大きなひびの入っている木は葡萄の木。葡萄の木ってこんなに太くなるんですねー。

コメント

切り株

2005年12月21日 | 木工旋盤
幾分、寒さの弛んだ21日の陽だまり。径80cmを越えるシデの切り株でチェーンソーの目立てをする須田さんと川口さん。
 誤解のないようにお断りいたしますが、お二人はこの切り株と直接関係はありません。勿論、このチェーンソーで伐ったのではありません。
少し関係があるとすれば、須田さんがこのシデで大鉢を挽いたことです。
 残念ながらここでは材木は得られませんでしたが、他の場所で生丸太を手に入れることができました。よかった!
 顛末を説明すると、とても長~くなるので割愛します。(-_-;)
コメント (2)

電動彫刻刀

2005年12月17日 | 木工旋盤
が酷使に耐えかねて あえなくダウン。
 修理に出したら5,800円の見積もり。
別売りで買えば1本750円の刃先が4本付いて6、850円で購入した物。
 このメーカの製品は欠陥が多いので、あまり好きではなかったが、安い値段に釣られて買ってしまった。安く売って修理代で稼ぐつもりなのかな。
 何とか元は取れたと思ったので廃棄処分にすることにした。
 バラして見たら一寸した小さい部品の磨耗でその部品を交換すればすむことなのに、もったいない! このメーカーやっぱり駄目ですね。
コメント (4)

「三人展」が終わった

2005年12月14日 | イベント・行事
 6日に作品搬入をして8日から13日まで開催されたウッドタナー三人による「木のおくりもの・三人展」が終わりました。
 ギャラリーでの展示会は初めてだったし共催の藤沼さん・川口さんのお二人は私とは比較にならないほどの技術・創造性をお持ちの方々なので 作品を一緒に並べて展示することについては かなりプレッシャーがあったのですが思い切ってやらせて頂いて 本当によかったと感謝しております。
 期間中、寒い日もありましたが天気には恵まれ、想像していたよりずーっと沢山のお客様にお越しいただきました。
 ウッドターナー三人の熱い思いがお越しいただいた皆様に少しでもお伝えできたのかなー、と思っています。
 
 ウッドターニングについて質問された方々も多くおられて、返答に もたもた している私に代わって「坂」のオーナー中川さんには大変なご協力をしていただきました。
 今回の「三人展」は とても微々ではありますがウッドターニングの普及に役立ったのではないか と考えています。
 素晴らしい経験をさせていただきました。
コメント (2)

千客万来

2005年12月09日 | 木工旋盤
今日は当番の展示会2日目。会場到着が少し早かったので途中の赤城神社に千客万来の願掛のお参りに。普段は無信心なのにこんな時だけは神頼み。(-_-;)
 本殿の前で 可愛い園児の掛声で お餅つきをしていた。
赤城神社は商売繁盛の神様(かな?)。
霊験あらたかで 今日も沢山の方がお見えになりました。
中でも所沢方面の美女集団の来廊は華やかで賑やかでした。
本当にありがたいことです。
お越しいただいた皆様には心から御礼申し上げます。<m(__)m>
コメント

作品の搬入

2005年12月07日 | 木工旋盤
8日から13日まで開催される3人のウッドタ-ナーによる「木のおくりもの・3人展」の作品搬入を6日の夕方に完了しました。
少し緊張しながらの荷解き。ギャラリー「坂」のオーナーの中川さんが作品を見て喜んでいただいたよう(?)で一安心。
 やっぱり藤沼さん・川口さんの作品は素晴らしい。
 気軽な贈り物にという設定なので価格も低く抑えられており、それぞれお互いが相手の作品の値付けが低すぎるとクレームの付け合いがありました。(笑)
 ウッドターニングの認知が少しでも広がれば嬉しいと思います。

 皆なさーん ぜひ来てくださーい <m(__)m>

 DMといしょに送らせていただいたご挨拶に 日付けを間違えてしまう大失敗をしてしまいました。正しくはDMの通り12月8日(木)~13日(火)です。
 お詫びして訂正させていただきます。
コメント