ラムの大通り

愛猫フォーンを相手に映画のお話。
主に劇場公開前の新作映画についておしゃべりしています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

『幸せのちから』

2006-12-13 10:12:03 | 新作映画
(原題:the PURSUIT of HAPPYNESS)

----これって実話ニャんだよね。
ウィル・スミスが実の息子と共演しているんだって?
「そう。彼の名前がまた長いんだ。
ジェイデン・クリストファー・サイア・スミス。
ね、舌を噛みそうでしょ」

----どう?似ていた?……。
「どちらかと言うと、
お母さん役のタンディ・ニュートンに似ていたかな。
プレスの写真を見ても、目元がそっくり」

----ふうん。でも実の父と子じゃ
演技もしづらいだろうね?。
「ところが、
ウィルの息子と言うよりも
主人公クリスの息子のような錯覚に陥ってしまうほど、
彼は役になり切っていた。
映画は、ホームレスから億万長者になった男クリスの話。
クリスは医療機器のセールスマン。
ところが仕事ははかどら顧客はつかず、
家族を養うこともままならない。
家計を支えてきたパートナーのリンダも
とうとう家を飛び出してしまう。
そんなある日、学歴無用で高給取りへの道が開けると聞いた彼は、
一流証券会社の株式仲介人養成コースへ。
しかし半年の研修期間中は無給。
家賃滞納で、ついには家を追い出されてしまう。
かくして始まるクリスの奮闘の日々。
ホームレスであることを隠しながら厳しい研修をこなす一方で、
日々のねぐらの確保にも奔走しなくてはならない。
そんな彼の心の支えは愛する息子の笑顔だった…」

----うわあっ。大変だね。
日本ではホームレスは多いけど、
さすがに子供を抱えてと言うのは
あまり見かけないよね。
「この映画の中で印象的なのが、
トイレにカギをかけてふたりで寝るシーン。
『ライフ・イズ・ビューティフル』でのロベルト・ベニーニと同じく、
ある<嘘>の物語を作って息子に話して聞かせ、
生活の悲惨さを彼に実感させまいとするんだ」

----原題は『幸せの追求』か。
ニャるほどって感じ。
でも、こういう映画って、最後は心温まるんだろうけど、
あまり、観たくないようなシーンが多いんじゃニャい?
「それはあまりなかったね。
観客を泣かせようとするんだったら、
悲惨なエピソードの積み重ねでいくんだろうけど、
子供のかわいそうな描写は、
彼が大事にしていた人形のエピソードくらい(詳しくは観てね)。
どちらかと言うと、
クリスが体験する苦くて重いエピソードが軸になって展開していく。
セールス商品である医療機器(骨密度計測器)を盗まれたり、
自分の置かれている状況=ホームレスを
研修先に知られまいと必死に隠すという風にね。
でも、この映画の救いは
それらがテンポよく進み、
あまり後を引かないと言うところにあるんだ」

----へぇ~っ。監督はだれニャの?
「日本初登場となるガブリエレ・ムッチーノ。
彼は言う。『アメリカン・ドリームの真髄を理解するには、外国人でなきゃ』。
その一方で、彼はこの話を普遍的なものとして捉えている。
『ホームレスの人は世界中にいる』……と」

----そうか。この映画、日本でも人ごとではないわけだ。
「あと、興味深かったのは撮影。
これはあえてだと思うんだけど、
色が少しくすんでいて、画もザラつき気味。
時代が1981年と言う設定だからか、
その時代の映画のテイストなんだね。
同じホームレスを素材にした映画としては
マット・ディロン主演『聖者の眠る街』と並ぶ作品かも」



                 (byえいwithフォーン)

フォーンの一言「ぼくもニャくかも」悲しい


※いいお父さんだ度
人気blogランキングもよろしく

☆「CINEMA INDEX」☆「ラムの大通り」タイトル索引
(他のタイトルはこちらをクリック→)index orange
猫ニュー

コメント (17)   トラックバック (60)   この記事についてブログを書く
« 『エラゴン 遺志を継ぐ者』 | トップ | 『Gガール 破壊的な彼女』 »
最近の画像もっと見る

17 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんばんは~ (にゃんこ)
2006-12-14 00:53:05
予告観たのと、試写会で既に観た友達の感想聞いて
期待してるんですが・・・やっぱり、よさそうなこと
えいさんのレビューで確信しちゃった(笑)
楽しみです♪
■にゃんこさん (えい)
2006-12-14 11:17:29
こんにちは。

そうですね。
にゃんこさんの
うたた寝指数が楽しみです。
ぼくの予想は……5分かな?
こんばんは☆ (きらら)
2006-12-21 22:20:19
ウィル親子がとっても自然でよかったです。
トイレのところと、ラストと、ウィル・スミスの泣きにやられてしまいました。
でもこの映画は押し付けがましくなかったですね♪
それがまたよかったです!
■きららさん (えい)
2006-12-22 13:45:09
こんにちは。

トイレのシーンは切なかったです。
恐竜の作り話がたまりませんでした。

こんな中から、立ち上がるなんて
並たいていの精神力じゃないですよね。
タイトル (悠雅)
2007-01-27 21:18:30
こんばんは。
コメント欄の「タイトル」のところに「タイトル」って書いたのは間違いじゃないです(笑)
原題の文字が洒落ててよかったですね。
原題で検索かけたら「もしかして」とスペル訂正されました。

クリストファーくんの笑顔のためなら、
そして自分のためにも、弱みを見せないでがんばったお父さん、
切ないひたむきさに泣けてきました。
(また、「泣ける映画」とか言われちゃうんでしょうか…)

ウィルパパ、今この時期にしかできない父子共演ができて、
それが何より幸せなんじゃないかしら。
■悠雅さん (えい)
2007-01-28 23:32:32
こんばんは。

なるほど「もしかして」ですか……。
それはgoogleですね(笑)。

この映画、ぼくは泣けませんでした。
結果が分かっていたからと言われればそれまでですが…。
もし、結果を知らないで観ていたら、
それはそれで
けっこうキツい映画だったと思います。
こんにちは! (由香)
2007-01-30 10:14:45
TBさせて頂きました^^・

ウイル・スミスの演技が良かったですね。あんな表情が出来る役者さんだなんて知りませんでした。オスカーにノミネートされていますが納得です。

タンディ・ニュートンの演技も良かったと思います。彼女の絶望して不幸になった様に共感して、妻の行く末が気になりました。
■由香さん (えい)
2007-01-30 23:38:37
こんばんは。

ウィル・スミス、オスカー・ノミネートされましたね。
あの一筋の涙のシーンは、
ほんとうに切なかったです。

タンディ・ニュートンも
一見、損な役回りを見事に演じていました。

飲み残しのジュースをコップから戻すところは、
さすがに驚きました。
コメント&TBありがとうございました♪ (テクテク)
2007-01-31 15:49:41
こんにちは
私もクリスがトイレに鍵を掛けて一晩過ごすシーンが、
とても印象的でした
会社の中や子供の前では決して見せなかったはずの涙には、
実は不安で情けなくて…
今にも挫けそうな自分がいたのかもしれませんね

こんなに頑張ってるのに、どうして報われないのか

そう思いながら生活している人も少なくないと思いますが、
振り返って、そこに理由を求めている人よりも、
クリスのように純粋に頑張っている人の事を
やっぱり私は応援したくなります
■テクテクさん (えい)
2007-01-31 21:16:02
こんばんは。

う~ん。なるほど。
“純粋に頑張る人”か……。
この映画は、我が身を振り返って、
いろいろと自省させられます。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

新作映画」カテゴリの最新記事

60 トラックバック

映画~幸せのちから (きららのきらきら生活)
 「幸せのちから」公式サイトキャッチコピーからも分かるように"ザ・感動系"映画ですが、、、これがすっごく良かった!おススメの1本です全財産21ドルから立ち上がった、父子の、実話に基づいた感動作-。骨密度を測る新型医療機器のセールスマンとして生計 ...
感想/幸せのちから(試写) (APRIL FOOLS)
ウィル・スミスが実子と共演したことでも話題の『幸せのちから』1月27日公開。妻にあいそをつかされ、アパートを追い出され、人生のドアマットに成り下がってもなお愛息クリストファーだけは守り抜いた男の実話ベース感動サクセスストーリー。フツーにいい話です。 ...
「 幸せのちから /THE PURSUIT OF HAPPYNESS (2007) 」 (MoonDreamWorks★Fc2)
監督 : ガブリエレ・ムッチーノ 出演 : ウィル・スミス/ジェイデン
幸せのちから/The pursuit of Happyness (我想一個人映画美的女人blog)
"全米が泣いた実話に早くもアカデミー賞が動き始めた!" なぁんて謳っちゃって、またぁ。って感じなのですが。。。 泣かせようというわざとらしい感動作だったら嫌だなーと 全く期待せず観て来た{/hikari_blue/}{/hikari_blue/} 地味~なタイトルが、あんまり「 ...
幸せのちから<試写会> (お萌えば遠くに来たもんだ!)
観てきました。 <東京厚生年金会館> 監督:ガブリエレ・ムッチーノ 脚本:スティーヴン・コンラッド サンフランシスコで高額な医療機器のセールスマンをしているクリス。折からの不況で思うように機械が売れず、妻と息子との生活は困窮を極めていた。この ...
息子に食われたウィル・スミス【幸せのちから】 (犬も歩けばBohにあたる!)
所持金たった21ドルのホームレスから億万長者になり、アメリカン・ドリームを実現さ
「幸せのちから」を観る (紫@試写会マニア)
全米で興行収入も絶好調、実話に基づいた実の親子共演が話題のウィル・スミス主演、「幸せのちから」を観てきました。 この作品は全財産が21ドルから億万長者になった、という実の話を映画化したもので、この話の映画権を巡っては、かなりの激戦だったのをウ ...
「幸せのちから」試写会 (ミチミチ)
「幸せのちから」 監督 ガブリエレ・ムッチーノ CAST ウィル・スミス、ジェイデン・クリストファー・サイア・スミス、タンディ・ニュートン・・・story 骨密度を測る新型医療機器のセールスマンとして生計を立てるクリス(ウィル・スミス)は、大儲けを見込ん ...
映画「幸せのちから」 (いもロックフェスティバル)
ウィル・スミス主演の映画『幸せのちから』の試写会に行った。
幸せのちから (C'est Joli)
幸せのちから’07:米 ◆監督:ガブリエレ・ムッチーノ◆出演:ウィル・スミス 、ジェイデン・クリストファー・サイア・スミス 、タンディ・ニュートン 、ブライアン・ホウ 、ジェームズ・カレン 、カート・フラー ◆STORY◆81年、サンフランシスコ。5歳の息子クリス...
「幸せのちから」 (しんのすけの イッツマイライフ)
  先週、試写会で観てきました。   「幸せのちから」     全財産21ドルから立ち上がった父子の、 実話に基づいた感動作。   …チラシの宣伝コピーですが、 本編もそのままズバリそうです。   予告編そのまんまともいいますけども…。  
幸せのちから(2006年) (勝手に映画評)
ウィル・スミスの最新作。妻が出て行き、家もお金も失い、ホームレス生活から億万長者になったと言う実話を下に描かれた映画。初めて親子競演も果たしています。 ウィル・スミスが日本にプロモーションに来たときに「これまでは、エイリアン(MIBやインデペンデンスデー...
幸せのちから (悠雅的生活)
 君がいるから。君と生きていきたいから。
『幸せのちから』 (試写会帰りに)
とにかく、リアル! 実話がベースという事もありますが、観ていて痛々しいとかではなくて、クリスの貧乏、挫折や度重なるアクシデントが、まるで自分の事のように胸に刺さってきて、 身につまされてしまいます。 クリスのような貧乏生活に、いつか自分がそうなるかもしれ...
「幸せのちから」 試写会のちから (ノルウェー暮らし・イン・ジャパン)
すごく感動作だと思い込んでいた。 めっちゃ泣くのかな?と・・・・・ 実話であるだけに、淡々と。 しかし、作られたネタ話でないだけに、よく考えたらすごいことなのだ。
「幸せのちから」 The pursuit of Happyness  (俺の明日はどっちだ)
無一文のホームレスから株式仲介人になり、やがて独立起業して億万長者になった男の実話を描いた映画というと、いかにもアメリカンドリーム! サクセスストーリー! といった感じで、しかも舞台は80年代、何をいまさらという気がしないでもなかったのだけど、これが思っ...
「幸せのちから」 (ナナシ的エンタメすたいるNet)
日比谷スカラ座で昨日公開した「幸せのちから」を観て来ました。 ホームレスから億万長者となり、アメリカンドリームを実現させた 実在の人物、クリス・ガードナーの半生を基に描いた感動作。 ウィル・スミスが人生の最も困難な時期を愛する息子とともに 切り抜けた主人...
映画「幸せのちから」 (don't worry!な毎日)
 ウイル・スミス主演の、実話をもとにしたストーリー「幸せのちから」を見た。  骨密度をはかる医療機械に全財産を投資した男(ウイル・スミス)。 しかし、高額なその機械はちっとも売れない。生活は苦しく、 そのことで妻は家を出て行ってしまう。 あるとき、証...
幸せのちから (八ちゃんの日常空間)
父親としての不甲斐無さを感じ地下鉄のトイレの中で涙を流すシーンはウイル・スミスのアクションスター脱却への第1歩を感じさせる名場面。しかしながら主人公に感情移入できずに涙がこぼれなかった…。意外。
「幸せのちから」試写会 (着物アロハ・茅kaya日記)
友達が当てた茅ヶ崎マイカルの 試写会でひと足お先にみて参りました~~。 って、わたしもよく応募するんですが、 当たったことないんです。 めざましTVで、めちゃかっこいい ハイテンションのウィル・スミス見たあと この映画の役におさまっている、彼の演技...
『 幸せのちから 』 (My Style)
土曜日は 『 幸せのちから 』 を観た。 ホームレスから億万長者となり、アメリカンドリームを実現させた 実在の人物、クリス・ガードナーの半生を基に描いた感動作。  骨密度を測る新型医療機器のセールスマンとして生計を立てる クリス(ウィル・スミス)は、大儲け...
幸せのちから (★しゃべりば ★)
1981年、サンフランシスコ。全財産21ドルから立ち上がったクリス・ガードナーの実話。どうやら彼は初めから貧乏だったわけではなさそうだ。彼の物語の初めの章はなんていってたか忘れたけど「失敗」または「読み違い」ってことなんだろうな・・。 売れると踏んで大量に...
幸せのちから (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
「暖かいベットも、パンを買うお金も、ママもなくしたあの日。」幼かった僕と父は、まだ見ぬ“幸せ”を求めて走り出した。悲劇は突然やってきた。81年、サンフランシスコで医療機器のセールスをしていた僕の父。努力家で知能指数が高いうえに、誰からも好かれる性格で...
「幸せのちから」観ました。 (Cinema Chips ブログ版)
「幸せのちから」を観ました。この映画は1980年代のサンフランシスコでホームレス状態から億万長者となり、アメリカンドリームを実現させた実在の人物、クリス・ガードナーと言う人のエピソードを基に描いた作品です。もちろん映画的にドラマチックに脚色がされていて...
【劇場映画】 幸せのちから (ナマケモノの穴)
≪ストーリー≫ 81年、サンフランシスコ。5歳の息子クリストファーを何より大切に思うクリス・ガードナーは、新型医療機器を病院に売り込む日々。しかし大量に買い込んだ機器は滅多に売れず、家賃も払えない生活が続いていた。そんなある日、彼は高級車から降りた男に成...
The Pursuit of Happyness (幸せのちから) (アリゾナ映画ログ - 砂漠から...)
2006年12月31日鑑賞Tagline:  N/Aストーリー1981年、サンフランシスコ。クリス・ガードナーは高級医療機器のセールスマン。5歳になる息子クリストファーは彼にとって何より大切な存在。実の父を知らずに育ったク
幸せのちから (★YUKAの気ままな有閑日記★)
超セレブの父子が、全財産21ドルの父子を演じるのか。。。普段エイリアンやロボットと闘っているウイル・スミスが貧乏と闘うなんて想像もできないけれど、オスカーの主演男優賞にノミネートされているという事はレオ君のライバルだし。。 チェック~【story】サンフラン...
幸せのちから (Diarydiary!)
《幸せのちから》 2006年 アメリカ映画 - 原題 - THE PURSUI
ポジティブ思考の成功例。『幸せのちから』 (水曜日のシネマ日記)
実話をベースにした、ひとりの男性のサクセスストーリーです。
幸せのちから - アメリカの光と影 (Lost in Australia)
Top シェアブログ1571に投稿 走れ! 息子のために・・・ 実際にホームレスを体験して 今は富豪となったクリス・ガードナーの実話を元にした 映画を いつもはヒーローを演じる ウィル・スミスが 実子のジェイ
幸せのちから (Alice in Wonderland)
今日は1日の映画の日、いつもはがらがらの劇場も多くのお客さんが入っていていつもの指定席である丁度真ん中の席に座る事は出来ませんでしたが、ウィル・スミスと息子の熱演に観ている私も力が入りました。  81年、サンフランシスコ。5歳の息子クリストファーを何よ....
「幸せのちから」 スミス主人 (『パパ、だ~いスキ』と言われたパパの映画日記)
結局、株かよ! 「この子には、父親が必要なんだ~!」とウィル・スミス親父が力説しますけど、母親も必要なんとちゃうんか~~!! このお母ン、虐待母でもないし、家事放棄母でもないし、むしろ稼ぎの悪い父親のため過労の被害にあってるやん! 支払いをきちんとしてと...
幸せのちから(映画館) (ひるめし。)
この手は、離さない―――
幸せのちから (古谷千秋の食い倒れ日記)
最近起業した友人にすすめられていた映画『幸せのちから』を観てきた。
「幸せのちから」 (映画雑記・COLOR of CINEMA)
ホームレスから億万長者へとアメリカン・ドリームを体現した男、クリス・ガードナーの実話の映画化「幸せのちから」物語・セールスマンのクリス(ウィル・スミス)は仕事が思うようにいかず、妻に出ていかれアパート
★「幸せのちから」 (ひらりん的映画ブログ)
今週の平日二本立て鑑賞の2本目。 1本目は「愛の流刑地」。
「幸せのちから」を見ました。 (ランチママの徒然日記)
ウィル・スミスの子供が可愛かった!実の息子ということもあるのだろうが、お父さんに向ける表情がとても自然。実はもっと、泣けてそして最後は息子のためにライバルを蹴落とし、のし上がっていく映画かと思っていたら、そうでもなかった・・・。(^_^;)前半、クリスのダ...
『幸せのちから』頑張るお父さんにエール♪ (銅版画制作の日々)
これは主人公クリス・ガードナーのサクセスストーリーではないクリスが子どもとともに全財産21ドルから立ち上がった、実話に基づいた作品である。。幸運の女神から見離され、すべてを失ったガードナーが唯一愛する息子を手離すことは出来なかった。サンフランシスコの片隅...
幸せのちから (ケントのたそがれ劇場)
★★★  妻に愛想をつかされた黒人男性が、幼い息子と二人で貧困を乗り越えてたくましく生きてゆく姿を描いたお話である。そして実在の証券王クリス・ガートナーのサクセス・ストーリーでもあるのだ。 主演のウィル・スミスがアカデミー主演男優賞にノミネートされているた
幸せのちから (まぁず、なにやってんだか)
実話だというので、公開前から「観たい~」と思っていた「幸せのちから」を観てきました。 うっかりネタバレしちゃってるかもしれないので、これから観る人は要注意です。とはいっても、CMとか予告とかでうっすらとストーリーはわかっちゃってるとは思いますが・・・。...
「幸せのちから」 (ヨーロッパ映画を観よう!)
「The Pursuit of Happyness 」2006 USA 巷で話題のこの作品。観に行くつもりはなかったのだが、なんとなく数人の友人たちと観に行ってしまった。いや観て来て良かった... 主演のクリス・ガードナーにウィル・スミス「最後の恋の始め方/2005」。妻リンダ役は「クラッ...
ガブリエレ・ムッチーノ監督「幸せのちから」 (詩はどこにあるか(谷内修三の読書日記))
監督 ガブリエレ・ムッチーノ 出演 ウィル・スミス  おもしろい(といっても、楽しいという意味ではない)シーンが1つある。語りはじめるなら、このシーンから語りたいというだけのことである。  主人公は売れない医療機器を販売している。その機器をヒッピーが「...
幸せのちから(06・米) (no movie no life)
ただのサクセスストーリーとはとらなかった。 サンフランシスコで医療機器のセールスをやっていたクリス(ウィル・スミス)だが、機器が売れず、働けど働けど貧乏な生活。ある日、家賃が払えないためにとうとうアパートを追い出され、妻も出て行った。そこから、クリス...
【2007-25】幸せのちから(THE PURSUIT OF HAPPYNESS) (ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!)
全財産21ドルから立ち上がった父子の、実話に基づいた感動作。 この手は、離さない──
『幸せのちから』 (京の昼寝~♪)
この手は、離さない   ■監督 ガブリエレ・ムッチーノ■脚本 スティーブン・コンラッド■キャスト ウィル・スミス、ジェイデン・クリストファー・サイア・スミス、タンディ・ニュートン、ブライアン・ハウ    □オフィシャルサイト  『幸せのちから』 1...
映画 幸せのちから (よろず茶屋 )
遅くなりましたが・・・。久しぶりに家に居た休みだったので、前に観たこの映画の感想など。 がんばれお父ちゃん!!と叫びたくなるような、地味だけど、静かな感動を呼ぶ良品でした。 いちばん注目だったのはウィル・スミスの実の息子が子役デビューして 本物の親...
幸せのちから (映画通の部屋)
「幸せのちから」THE PURSUIT OF HAPPYNESS/製作:2006
幸せのちから (日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~)
最後をやや端折りすぎた気もしましたが、それでも、実話に基づいているというストーリーには説得力がありました。 モデルとなっているのは、証券王、クリス・ガードナー。 売れると思って無理をして買い込んだ医療機器が売れず、家賃の支払いや日々の生活にも困るク...
幸せのちから (大発狂!マッドシネマ-映画天国-)
ホームレスから億万長者になった男、クリス・ガードナーの実話を題材にしたサクセス・
Just the Two of Us (「小林克也のRadioBaka」  期限切れ遺失物移管所)
ここのところいろいろと話題の映画が目白押しのようで。  「硫黄島の手紙」は重かっ
「幸せのちから」★★★★☆ (JoJo気分で映画三昧!+α)
'06年製作、主演ウィル・スミス、ジェイデン・クリストファー・サイア・スミス、タンディ・ニュートン、ブライアン・ハウ他 医療機器のセールスマン、クリス・ガードナーの生活は苦しい。妻と共に毎日働いているが、借金は膨らむばかりだ。自分のふがいなさにイラ...
幸せのちから:映画 (ジフルは映画音楽札幌グルメ紹介)
今回紹介する映画は、ウィル・スミスと実の息子ジェイデン・クリストファー・サイア・スミスが競演したことでも話題だった『幸せのちから』です。 映画のストーリー 1981年サンフランシスコ、新型医療機器のセールスマンのクリスは妻と息子クリストファーの3人暮らし...
幸せのちから (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『この手は、離さない── 全財産21ドルから立ち上がった 父子の、実話に基づいた感動作。』  コチラの「幸せのちから」は、1/27公開になったウィル・スミス親子共演の実話をモトにしたハート・ウォーミングなサクセス・ストーリー映画なのですが、早速観てきちゃ...
幸せのちから THE PURSUIT OF HAPPYNESS("Y"なんです) (カブシキ!)
とてもいい映画でした。 少ない数の登場人物で、物語を表現し、派手なアクションは無いけど、場面の背景などにも気を遣ってあって良かったと思いました。 1980年、主人公のクリ...
映画評「幸せのちから」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆☆★(7点/10点満点中) 2006年アメリカ映画 監督ガブリエレ・ムッチーノ ネタバレあり
幸せのちから (Blossom Blog)
幸せのちから THE PURSUIT OF HAPPYNESS 監督 ガブリエレ・ムッチーノ 出演 ウィル・スミス ジェイデン・クリストファー・サイア・スミス アメ...
幸せのちから (Yuhiの読書日記+α)
ホームレスから億万長者となり、アメリカンドリームを実現させた実在の人物、クリス・ガードナーの半生を基に描いた感動作。監督はガブリエレ・ムッチーノ、主演はウィル・スミス。実の息子のジェイデン・スミスとの親子共演でも話題になった作品。その他のキャストは、タ...
幸せのちから (mama)
THE PURSUIT OF HAPPYNESS 2006年:アメリカ 監督:ガブリエレ・ムッチーノ 出演:ウィル・スミス、ブライアン・ホウ、ジェイデン・クリストファー・サイア・スミス、タンディ・ニュートン 1980年代、サンフランシスコ。妻と5歳の息子と3人で暮らしていた高級医療...
「幸せのちから」(The Pursuit of Happyness) (シネマ・ワンダーランド)
ホームレスから億万長者となり、アメリカン・ドリームを実現させた実在の人物、クリス・ガードナーの半生を事実に基づきながら描いた感動のヒューマン・ドラマ「幸せのちから」(原題=幸福の追求、06年、米、117分、コロンビア映画配給)。この映画は格差社会の米国...
「幸せのちから」 家族と一緒に感動しよう (ミカエル晴雨堂の晴耕雨読な映画処方箋)
「幸せのちから」 ウィルの泣き顔が感動を誘う。   【原題】THE PURSUIT OF HAPPYNESS 【公開年】2006年  【制作国】米  【時間】11...