ラムの大通り

愛猫フォーンを相手に映画のお話。
主に劇場公開前の新作映画についておしゃべりしています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

『百円の恋』

2014-11-11 15:16:39 | 新作映画
----この映画って、
東京国際映画祭で話題になった作品だよね。
安藤サクラの演技がスゴイって…。
「そうだね。
共演の新井浩文が激賞していることでも話題に。
実はぼくはこの前に『0.5ミリ』という、
やはり安藤サクラ主演の映画を観ていて、
ここでの彼女の演技ですでに打ちのめされていただけに、
前もっての心の準備はできていたんだけど…
いやあ、その予想をはるかに超えたね。
クライマックスのリングでの戦いでは、
ほんとうに、涙が出てきたもの…」

----えっ、リングって?
「うむ。
では簡単にストーリーから。
この映画のヒロイン一子は、
32歳にもなって家に引きこもり。
働きもせず実家に閉じこもって自堕落な生活を送っている。
そんなある日、子どもを連れて出戻ってきた妹の二三子とついに掴みあいの大げんかに。
とうとう、家を出ることになった一子だけど、
思いつく仕事と言えば、
夜に買い食いのために入っている100円ショップくらいしかない。
そこで、彼女はさまざまな人間と初めて接近遭遇する…」

----ニャるほど。
じゃあ、新井浩文が演じているのはそこの店員?
「いやいや、
彼は近くのボクシングジムでストイックに演習に励む中年ボクサー・狩野。
つまりは、彼も100円ショップのお客さん。
まあ、物語の流れ上、
一子と狩野は、付き合いを始め結ばれるようになる」

----分った。
その出会いを通して、
彼女は自分の生き方を振り返り、
再生へと目覚めていくわけだニャ。
「そう。
実を言うと、
このどん底からの再生というのは、
日本の青春映画おなじみのパターン。
取り立てて珍しくはない」

----だよニャあ。
でも、これって
第一回「松田優作賞」グランプリ脚本。
どこがよかったの?
「それはたとえば、
100円ショップで働く店員たちの描き方にある。
うつ病を抱えた店長、
ギャンブル好きのバツイチ、
売り上げを盗んで100円ショップをクビになった元ソープ嬢…。
いまの時代を表しているというか、
そのだれも明日を信じているようには見えず、
ただ、いまを流されて生きている。
ここには、たとえばメジャー作品では目を向けないような
現実直視、そしてその向こうに社会に対する批評精神
が見えるんだ。
でもね、それでもこの映画は、
ぼくにとってはかなり“歪”」

----イビツ?
「映画って、
普通は、役者が演じた主人公の生きざまが観客の心を揺り動かし、
感情移入したり、反発したりするもの。
ところがこの映画では、
一子の生き方よりも
彼女を演じている安藤サクラに胸揺さぶられるんだ

ダラダラと無為な一子、
可愛い子ぶりっこして見せる一子。
そして、どう見てもリングには上がれないくらいに
下手なシャドウボクシングをする一子。
これで大丈夫?と思ったら
素人目にもその上達ぶりが分かるくらいに
シャープになっていく。
そしてリング上。
とても特殊メイクには見えない、
実際に殴られているのではないかと思うほどに
<痛み>を感じさせるファイト。
観たとき、頭をよぎったのは『あしたのジョー』
レベルが全然違う」

----ニャるほど。
「よく演技派だのアクション俳優だの言うけど、
役者たるもの演技ができるのはあたりまえ。
その上に、これだけのアクションができる…
その自らに課した鍛錬ぶりを考えると、
もう頭が下がるほかない。

役にではなく役者に泣ける、
これっていいことなのか悪いことなのか。
ただ、映画にはいろんな楽しみ方、感動があっていいと思っているぼくにとっては、
これもまたあり。
いまは、そう思っているんだ」




フォーンの一言「映画は、物語の内容がすべてというワケじゃニャいのニャ」身を乗り出す

※ユーモアもほどよい度

コトリ・ロゴこちらのお花屋さんもよろしく。
こちらは噂のtwitter。
ツイッター
「ラムの大通り」のツイッター



blogram投票ボタン

ranking.gif人気blogランキングもよろしく

☆「CINEMA INDEX」☆「ラムの大通り」タイトル索引
(他のタイトルはこちらをクリック→)index orange
猫ニュー

コメント (4)   この記事についてブログを書く
« 『真夜中の五分前』 | トップ | 『バンクーバーの朝日』(一... »
最新の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんばんは (ノラネコ)
2014-12-31 19:06:32
会う人会う人が絶賛するので、これを観るまではまとめ記事を書けないぞと思ってましたが、期待に違わぬ作品でした。
ボクシング映画のカタルシスを邦画で感じたのはいつ以来だったでしょうか。
本当に今年の安藤サクラは凄い。
主役でも脇役でも、ノリっぷりは洋画のマシュー・マコノヒーと双璧ですねw
来年もよろしくお願いします。
今年もよろしくお願いします (rose_chocolat)
2015-01-04 13:31:43
えいさん、今年もいい映画ご紹介楽しみにしています。

これは暮れぎりぎりに鑑賞したんですが、
あまりの凄さに年間myランクに入れちゃいました。
ここまでできる女優、今の日本じゃ彼女しか考えられないような気がします。
そして新井くんもまた、対比するかのようなダメっぷりが最高でもありまして。
よく考えられた映画だなと思いました。
Re:こんばんは (du-rhum)
2015-01-06 20:52:53
こんばんは。
いつしか年があけてしまいました。
今年もよろしくお願いします。
この映画、
監督が『イン・ザ・ヒーロー』の人と知ってビックリ。
まさに役者に牽引されたような映画でしたね。
「キネ旬」オールタイムベストにも選ばれるんだから…。
久びさの大物女優の出現ですね。
Re:今年もよろしくお願いします (du-rhum)
2015-01-06 20:56:57
いやあ、とんでもない演技でしたね。
リングに上がってからの動きは
これまでの日本女優の概念を覆すほどのもの。
デ・ニーロ・アプローチを体現したという感じ。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

新作映画」カテゴリの最新記事