トルコのトピックス

トルコの新しい話題をご紹介しています

「重兵器がシリア・イドリブから撤去されつつある」反体制派

2018年10月07日 | 国際
10月8日 シリア北西部イドリブの反体制派グループは、10月6日、トルコ=ロシア協定に従って、重兵器を前線から撤去しはじめたと発表しました。

 Hurriyet

自由シリア軍(FSA)と合併した「シリア自由のための国民戦線」のナジ・ムスタファ報道係は、反体制派グループは、ロシアとトルコが非武装地帯を設置することで合意したソチ協定に従って、重兵器の撤去を始めたと、アナドル通信に語りました。

「軽兵器は残す。シリア体制側の攻撃に対する対策として塹壕を掘りつづける。重兵器の撤去はトルコと協力して実行されつつある」と、ムスタファ報道係は言いました。

トルコのエルドアン大統領とロシアのプーチン大統領は、先月、ソチで会談し、シリアの反体制派最後の砦のイドリブに非武装地帯を設置することで合意しました。トルコとロシアは合意の覚書に調印し、イドリブの非武装地帯の“安定”を要請しました。この地帯内では、攻撃行為は明確に禁止されます。この協定の下に、イドリブの反体制派グループは、彼らがすでにいる地域にとどまります。ロシアとトルコは、新たな戦いを防ぐために、地域内の共同パトロールを行います。

シリアは、いまようやく、2011年に始まった惨憺たる紛争から脱しはじめました。2011年、アサド体制は想像を超える残忍さでデモ隊を厳しく取り締まりました。


300年昔の橋が消え失せた

北西部ギュミュシュハネ県で、長さ5メートルのアーチ型の石橋が、1週間内に文字通り消え失せました。村人たちはだれかが分解して盗んだのではないかと疑っています。

 Sabah
300年昔の歴史的な橋が・・・


アルスランジャ村の村人たちは、金曜、バラホル川にかかる300年昔の橋が消え失せているのを見て呆然としました。村人たちは羊を追って高地へ行くとき、この橋を使っていました。村人が最後に橋を見たのは月曜でした。彼らは村長のジョシュクン・ドーアンさんに知らせました。

Sabah
・・・あら、なくなっちゃった


水曜木曜は雨だったが、橋が壊れるような雨ではなかったと、村人たちは村長に話しました。村長と村人たちは、橋があった場所に行き、アーチの両端の橋台だけが残っているのを見ました。川が橋を壊したのだろうと言う者もいましたが、下流の堤にも橋の石はありません。村人たちは、橋が壊れたとしても、川の流れが、組み合わさった石を押し流すほどの力あったとは思えないと結論づけました。

村人たちは地元の憲兵隊に知らせ、憲兵隊は事件の調査を始めました。村人の1人、ビラル・ドーアンさんは、宝探し屋か歴史的美術品の密売屋が橋を盗んだのではないかと疑っています。「村人たちは羊を連れて、この橋を渡っていました。宝物や金めの品を探す連中が橋を壊して持って行ったのでしょう」と、彼はデミルオレンニュースに話しました。

もう1人の村人、ユルマズ・アクユルドゥスさんは、橋といっしょに子供時代の想い出が消え去ったと言いました。黒海地方東部は山々と深い谷の地域で、1年中、雨が降ります。この地方には、ビザンティン時代、セルジュク時代、オスマン時代の歴史的な石橋がたくさんあり、地元民はいまもその橋を使っています。


PKK関連容疑で137人が拘束された

トルコ当局が非合法組織PKKを対象にした2日間の全国的作戦を行い、137人を拘束したと、10月6日、アナドル通信が報じました。

 Hurriyet

13県で行われた作戦は、何十人もの死傷者を出したコバネ抗議集会の4周年に起こるかもしれない攻撃を防ぐために行われたと、内務省が声明で言いました。トルコ、EU,アメリカがテロリスト集団と認定しているPKKは、治安部隊が定期的に手入れを行なっています。

10月4日、南東部で、PKKの即製爆発物による攻撃で、トルコ兵8人が殺害されました。エルドアン大統領は10月6日のテレビ演説で、この攻撃のために、少なくとも800人のテロリストが報復を受けるだろうと言いました。


   「ときどきダイアリー」ヘ
コメント

仏領アルプスでトルコの登山家の遺体が26年ぶりに発見

2018年10月07日 | 国際
10月7日 フランス・アルプスで行方不明になっていたトルコの登山家ハサン・タルムさんの遺体が、26年ぶりに発見されたと、10月5日、デミルオレン通信が報じました。遺体が身につけていたネックレスで家族が身元確認しました。

 Hurriyet

タルムさんは1992年、21歳のとき、行方不明になりました。今年8月、ある登山家グループが彼の遺体を発見し、イタリア当局がドイツに送り、いま、トルコへの途上にあります。

カイセリ県のサルズ地区に住むタルムさんの家族は、葬儀の準備をしています。タルムさんの従兄アリ・タルムさん(53)は、家族は彼を見つけようと努力をしてきたと語りました。「彼は1992年、ドイツ人の友人とアルプスに登りました。その後、私たちは2人が、頂上へ上る途中で、氷河から滑落したという情報を得ました。それ以来、音沙汰はありません」

このニュースを聞いたハサンさんの父親は、200人の登山家とヘリコプターを雇い、捜索に参加しました。父親は息子を見つけるために、ほとんど全財産を使いました」と、アリ・タルムさんは言いました。

「26年後に、アルプスに登った登山グループが、私の従弟と友人の遺体を発見したという知らせを受けました。彼の遺体は、ドイツ人の友人の遺体とともに、イタリアからドイツに送られました。遺体は氷河の下にあったので、あまり腐敗していなかったそうです。彼が見つかったというニュースを聞いて、私の弟のユスフは、ドイツへ行きました。彼のネックレスで身元が分かったのです」と、アリ・タルムさんは言い、遺体は来週カイセリに帰って来るでしょうと付け加えました。


トルコがギリシャ・キプロスの一方的な行動を非難

トルコは、東地中海でのギリシャ・キプロスの炭化水素の探査に関する一方的な行動を非難しました。

 Hurriyet
ギリシャ・キプロスが一方的に行っている炭化水素の探査活動


ギリシャ・キプロス政府の行動は、島の共同所有者であるトルコ・キプロス国民の天然資源に関する権利を無視していると、トルコ外務省は声明で言いました。「ギリシャ・キプロス政府がトルコ・キプロス人の権利を無視して一方的に定めた、いわゆる許可水域に、国際的な企業を招くことを、わが国は懸念している」

10月3日、ギリシャ・キプロスは、島の天然資源に対するトルコ・キプロス人の権利を無視して、水域を探査する“認可”の入札のために、石油会社を招きました。「ギリシャ・キプロスのこの姿勢は、東地中海の安全と平穏を危うくしかねず、過去半世紀にわたるキプロス交渉がまとまらない、裏のほんとうの理由である」と,トルコ外務省の声明は言っています。

スイスのクランス・モンタナで行われた昨年の会議でも、ギリシャ・キプロスはまたしても、政治的平等をベースにした、トルコ・キプロスとの協力に合意する意志がないことを表明しました。会議は成果がないまま終わりました。

「ギリシャ・キプロスの活動は、国際法からみて、この水域の大陸棚に対するトルコの権利をも侵害している。ギリシャ・キプロスの、いわゆる“許可エリア”は、東地中海のトルコの境界内になる」と、声明文は言っています。ギリシャ・キプロスはトルコ・キプロスの権利を無視し、また、東地中海の大陸棚に対するトルコの権利も侵害しています。

北キプロス・トルコ共和国は、トルコとともに、キプロス島周辺の権利を守るために、天然資源に関する活動を促進します。北キプロス・トルコ共和国とギリシャ・キプロスは、国連の仲介によって何度となく話し合いをくり返してきましたが、再統合問題は未解決のままです。

1974年のギリシャ・キプロのクーデター後、島のトルコ系住民に対する暴力が頻発し、トルコが保障国として介入した1974年以来、キプロス島は分断されたままです。2017年、保障国トルコ、ギリシャ、イギリスの支援でスイスで行われた会議など、近年、断続的に平和へのプロセスは進んでいます。


   「ときどきダイアリー」ヘ
コメント

「トルコはテロとの戦いを決してやめない」アカル国防相

2018年10月07日 | 国内
10月6日 「トルコはテロとの戦いを決してやめない。最後のテロリストを“無効にする”まで戦いをつづける決意だ」と、フルシ・アカル国防相が、10月5日、言いました。

 Hurriyet

国防相はアンカラのオズギル・ジャン・インジェ憲兵軍曹の家族を弔問しました。軍曹は10月4日、南部バトマン県で非合法組織PKKの攻撃を受けてなくなりました。「トルコは最後のテロリストが無効になるまで戦いをつづける。待つことも、休むこともしない」とアカル国防相は言いました。

トルコ当局は、敵が投降すること、敵を殺害もしくは捕虜にすることを“無効にする”と言っています。「トルコ軍はテロリストがはむかう限り、決意を持ってテロと戦いつづける」と国防相は言いました。

トルコ参謀総長は、週間声明で、9月28日から10月4日の間に、トルコ軍はトルコ南東部シュルナク、シールト、ディヤルバクル、アールの各県と北イラクで、対テロ作戦を実行したと言いました。この作戦で、トルコ国内ではテロリスト12人が無効になり、北イラクでは50人が無効になったと、声明は言っています。

バトマン県の住民たちは、10月5日、デモ行進を行って、最近のPKKの攻撃を非難しました。


“ロッカー・イマーム”を宗教庁が解雇した

“ロッカー・イマーム”として有名になった説教師が、ミュージック・バンドを結成したため、職を解雇されました。イマームはモスクで人々にお説教をする聖職者です。

 Hurriyet

アンタリヤのイマーム、アフメト・ムフシン・テュゼルさん(47)は、2015年頃からロック・シンガーとしてメディアの注目を集めていましたが、宗教庁(ディヤネット)はこの3か月、彼の活動を調査していました。7月、宗教庁は、テュゼルさんが妻の祖国ルーマニアでステージに立っていたことを突き止めました。

結局、宗教庁の任命委員会は、テュゼルさんを免職にすることにしました。宗教庁は“イマームの信条、宗教上の務め、態度、行為は、イスラムの習慣に合致していなければならない”と規定しています。宗教庁は、以前はテュゼルさんのバンドが国内やアメリカでコンサートをすることを許していましたが、“ロッカー・イマーム”の名が世界的に知られてきた2016年には、ポルトガルでのコンサートを不許可にしました。

テュゼルさんは友人のギタリスト、ドーアン・サキンさんとドラマーのイドリス・テュブジルさんと“FiRock”という名のバンドを結成したため、解雇されました。


   「ときどきダイアリー」ヘ
コメント