トルコのトピックス

トルコの新しい話題をご紹介しています

エルドアン大統領がイスタンブル運河に関するCHPの批判を非難

2019年12月28日 | 国内
12月31日 エルドアン大統領は、12月27日、イスタンブル運河プロジェクトを実現する政府の決定をくり返し、最大野党・共和人民党(CHP)の批判を非難しました。(12月20日と27日の頁参照)

 Hurriyet

「CHPのクルチュダルオール議長は科学的、論理的な説明もせずに、プロジェクトが始まるまえに止めさせようとしている」とエルドアン大統領は言いました。大統領は27日、カーペットで知られるコジャエリ県の町ヘレケの織物工場を訪れたとき、この発言をしました。
CHPは、この工事は国際条約に反し、環境を破壊し、大地震のリスクを増すだろうと言って、イスタンブル運河に反対の声を挙げています。大統領はクルチュダルオール議長の発言を非難し、契約者を脅迫するとして彼を告発しました。「“”このビジネスにかかわるな、われわれが政権を握ったら、プロジェクトはキャンセルすると、彼は言っている」とエルドアン大統領は言いました。

“クレージー・プロジェクト”として知られるイスタンブル運河は、2011年以来、政府の議題になっていますが、財政問題と環境上の懸念から、何度か見送られてきました。環境保護主義者たちは、この水路はイスタンブルの地下水源にダメージを与え、社会的都市化のリスクへの脅威となるだろうと主張して、人工水路に懸念の声を挙げてきました。


警察がトルコ国内でISIL容疑者11人を拘束

警察がエーゲ海地方バルケシル県で、ISILテロ・グループと関連していると思われる11人の容疑者を拘束しました。

Hurriyet

バルケシルの検察は、11人に、イラク西部アンバル県でテロ活動をしていた容疑で拘留状を出し、彼らは拘留されました。彼らはイラク国籍者で、11人の中にはアンバル県のISILのリーダーと、戦闘員2人、兵站管理者1人、爆発物の専門家1人がいました。

トルコは2013年、ISILをテロ組織と認定しました。それ以来、トルコは何度となくISILのテロリストによる攻撃を受けてきました。自爆テロ10回、爆破7回、武力攻撃4回で、315人が死亡し、何百人もが負傷しました。


   「ときどきダイアリー」ヘ
コメント

貨物船がボスフォラス海峡で係船柱に衝突した

2019年12月28日 | 国内
12月29日 イスタンブルのボスフォラス海峡を通行中の貨物船が、12月27日、アシヤン墓地の隣りの係船柱に衝突しました。

 Hurriyet

リベリア船籍の貨物船ソンガ・イリディウム号はウクライナのオデッサ港を出て、ボスフォラス海峡に入り、25分後、ルメリ・ヒサルの岸辺を航行していました。沿岸治安総局の救助船が現場に送られました。事故による死者はありません。

貨物船は長さ191メートル、23,500トン。「19人の乗組員と水先案内人1人を乗せた、リベリア船籍の貨物船は、ボスフォラス海峡に入り、12時13分、ルメリ・ヒサルの岸で、機械故障信号を出した」と、知事室が、12月27日、声明で発表しました。「タグボートによる救助作業が始まったが、いまのところ、事故による海洋・環境汚染は認められない」と声明は言っています。

事故のため、海峡の通行は一時停止されました。「岸に衝突した船は、沿岸治安総局のタグボートによってイスタンブル港に運ばれるだろう」と声明は言っています。


「シリア北西部の“炎上”で、約23万5000人が逃げ出した」国連

反体制派の最後の砦が攻撃される中、この2週間で、23万5000人の人々がイドリブ地方から逃げ出したと、12月27日、国連が言いました。

 Hurriyet

12月12日から15日の間に、大量の難民が、暴力がひろがる南イドリブのマアレト・アルヌマン地方を去り、この地方はほとんど無人となったと、国連が声明で言いました。ロシアが支援している体制側軍が地上から侵攻する一方、空爆もつづいています。

爆撃と戦闘に脅え、南イドリブ地方のマアレト・アルヌマンと、その近くの町サラケブから、人々は逃げ出しました。

反政府デモが治安部隊に手ひどく痛めつけられたときから始まったシリア内戦は、37万人を殺し、何百万人もの難民を発生させました。


   「ときどきダイアリー」ヘ
コメント

オスマンの遺産のマーチングバンドが南アフリカに生きている

2019年12月26日 | 国際
12月28日 “オスマン・マーチング・バンド”として知られる楽団が、アフリカでオスマンの文化と歴史の遺産を守っています。

Hurriyet

1949年にマレーシアの移民が結成したこのバンドは、ほとんどがムスリムの南アフリカ人からなり、演奏中のメンバーが被る赤いフェズ帽が注目を集めています。財政的に苦しいこのバンドは、国際的コンテストに参加するために、トルコの支援を待っています。

「オスマン・マーチング・バンドは南アフリカで発見された、もうひとつの文化・歴史遺産です」と、エリフ・チョムオール・ウルゲン駐南アフリカ・トルコ大使は言いました。「南アフリカに残るオスマンの足跡は、オスマンの宗教学者エブーベキル・エフェンディの力によるところが大きい」と大使は言いました。エブーベキルは1860年代、スルタンに派遣されてケープタウンに来ました。

南アフリカの宗教上の争いを解決するために、イギリスの要請で、オスマンのスルタン・アブドゥルアジズがオスマンの学者エブーベキル・エフェンディを派遣しましたが、エブーベキルは今もこの地方のムスリムに影響を与えつづけています。

ウルゲン大使はケープタウンの“オスマン”という名のクリケット・クラブについても話しました。“オスマン・クリケット・クラブ”はエブーベキルの弟子たちによって結成されたクラブです。

マーチング・バンドのメンバーたちが自分たちのシンボルとして、赤いフェズ帽を選び、その制服を今日まで守ってきたことは注目に価します。南アフリカの150万人のムスリムの先祖は、ほとんどがオランダによって追放されたマレイ人と、イギリスによって南アジアから連行されたインド人です。


「赤い藻はマルマラ海の汚染のサイン」専門家

イスタンブルのアジア側の海岸に浮かぶ赤い藻は、マルマラ海の汚染が進んでいるサインだと、専門家は言っています。

 Hurriyet

「投棄されたゴミの影響によって酸素レベルが低下して堆積している藻は、マルマラ海の汚染が進んでいることを表わしています」と、イスタンブル大学水生科学部のメリチ・アルバイ学部長は言いました。「これはゴミがまだ海に投棄されていることの証です。今年は海温が通常レベル以上に上がり、海水の循環が悪くなった。窒素やリンなどの汚染物質と、これらのファクターの影響で、藻が増殖したのです」

研究室で調べるために、赤い藻のサンプルを採取したと、彼は言いました。イスタンブル市のチームは急遽、海岸に押し寄せた藻の除去作業を始めました。「腐った赤い藻は、地域的な酸素不足を起こすこともあり得る」とアルバイ学部長は言いました。

南方から吹いてくる強いロドス風は、しばしばイスタンブルのアジア側の海岸に吹きつけ、3メートルもの高波が海岸の公園や歩道を水浸しにします。そして、強風がおさまると、藻が海岸を蔽いますが、赤い藻は、カドキョイ地区やマルテペ地区の海岸近くの住民たちを驚かせました。

「毎年11月から3月は、ロドス風が吹きつけます。年に2,3回は来ますよ。風速が100メートルになると、この辺りは藻でいっぱいになります」と住民のザフェル・カラボーアさんは言いました。「私はいつもここを散歩していますが、こんな状況は見たことがありません。ロドス風はいつも藻を運んでくるが、緑色の藻です。赤い藻を見たのは初めてです。匂いも違いますね」と、ギョズテペ近くに住むディレキ・セイハンさンは言いました。


   「ときどきダイアリー」ヘ
コメント

イスタンブル市長がイスタンブル運河に反対する15の理由を挙げた

2019年12月26日 | 国内
12月27日 イスタンブルのエクレム・イマムオール市長が、12月25日、イスタンブル運河プロジェクトに反対する15の理由を挙げました。

 Hurriyet

「12月22日、私は、イスタンブル市として、イスタンブル運河計画への協力を撤回すると発表しました。科学者たちと話し合って、イスタンブル運河は背信プロジェクトにとどまらず、殺人プロジェクトであることが明らかになったからです。このプロジェクトはイスタンブル1600万人の存在と、8200万トルコ市民の安全に対する災害プロジェクトです」と、イマムオール市長は記者会見で語りました。

「だれが約束しようとも、イスタンブル運河は断念されるべきです」と市長は言いました。「プロジェクトに反対する理由のひとつは、イスタンブル運河が水不足を招くかもしれないことです」

「このプロジェクトが実現したら、8500年、存在したイスタンブルが、地下の水源も地上の水源も失うでしょう。他の14の理由を言うまでもなく、この理由だけでも、このプロジェクトは棚上げにするべきです」とイマムオール市長は言いました。

市町によると、イスタンブル運河は、懸念される干ばつの可能性のほかに、地震の引き金になるかもしれないそうです。「科学者たちは、イスタンブル運河プロジェクトは、地下と地上の圧力バランスをくつがえすだろうと言っています」

イマムオール市長はまた、この建設工事は市民への経済的圧力となり、税の増額につながるだろうと言っています。


900万年昔の化石がトルコで見つかった

トルコ南西部デニズリ県で、120万年から900万年昔に生きていたマンモスやサイなど、8頭の動物の化石が出土しました。

 Hurriyet

メフメト・アキフ・エルソイ大学人類学部の研究者アフメト・イフサン・アイテク氏をリーダーとする、エーゲ大学とパムッカレ大学、パリ自然史博物館の原始人類学者と地質学者のチームは、デニズリで地表調査をつづけてきました。

異なる場所で発見された、8頭の異なる動物の化石は、120万年から900万年昔に生息していた動物と推測されます。900万年から700万年と思われる3本の角と1頭のキリンの化石は、地質時代の中新世で、馬とシカとサイトマンモスの化石は更新世で見つかりました。

2002年にアナトリアで発見された最古の人間と同時代の化石は、人間と動物の関係を知るうえで重要だと、科学者たちは指摘しています。アイテク氏は2017年以来、多くの化石を発見してきたと、アナドル通信に語りました。調査中に、種の数が増え、新しい種が動物相に加わったと、彼は言いました。

hurriyet

「われわれは、これらの化石を、2つの異なる時代のものと考えています。第1は、われわれが中新世と呼ぶ900万年から700万年昔の化石です。今年、われわれは4頭の動物の化石を。タワス地区とチャル地区で見つけました。そのうちの3頭は角を持つ動物で、1頭はキリンです。

第2は、氷河期として知られる更新世です。われわれは更新世で馬、シカ、サイ、マンモスの4頭の動物の化石を見つけました。今年の最も重要な発見は、マンモスとサイの化石です。サイの化石はこの時期のアナトリアでは非常に珍しい。これらの化石はアナトリアの動物相を豊かにしました」

「われわれは、デニズリに自然史博物館をオープンするのにじゅうぶんんなだけの化石を持っている」と、アイテク氏は言いました。


   「ときどきダイアリー」ヘ
コメント

トルコのクリスチャンがクリスマスを祝った

2019年12月25日 | 国内
12月26日 キリスト教徒の聖日のひとつ、クリスマスが、トルコ各地で祝われました。

 Hurriyet

フェネル・ギリシャ正教総主教座の庭にある聖ヨルギ教会のミサは、バルトロメウ総主教の主宰で行われました。ミサにはギリシャのニコス・デンディアス外相ほか、キリスト教徒市民やギリシャからの訪問者も参列しました。ミサでは聖書が読まれ,聖歌が歌われました。

イスタンブルのイスティクラル通りにある聖アントワーヌ教会は、ミサの前、市民とツーリストでいっぱいになりました。教会を訪れた人々はみな、ツリーの前で写真を撮っていました。信者たちは教会内でキャンドルに灯をともし、クリスマスと新年を祝いました。

ディヤルバクル県の歴史的なアッシリア処女マリア教会では、ユスフ・アクブルト牧師の主宰でミサが行われました。ディヤルバクルに住むキリスト教徒市民のほかに、NGOの代表、外国からの賓客たちも、キャンドルに灯をともし祈りました。


アゼルバイジャンがトルコのEU加盟の遅延を非難

 “同胞”トルコがEU加盟を待っているのは“大きな不公正だ”と、アゼルバイジャンのイルハム・アリエフ大統領が、12月23日言いました。

 Hurriyet

「トルコがEUとの合意に調印してから、何年もたっている。しかし、次の対策がとられたか? もちろん、ノーだ。これは大きな不公正だ」とアリエフ大統領は国営テレビで語りました。

トルコは1987年にEU加盟を申請し、2005年に加盟交渉が始まりました。しかし、ギリシャ・キプロスとドイツ、フランスの反対によって、2007年、交渉は失速しました。

「元ソ連諸国は未開発で、EU加盟の準備もできていないのに、EUに加盟している」とアリエフ大統領は言いました。「なぜEUは彼らを受け入れ、トルコを受け入れないのか? 理由は明らかだ。トルコがムスリム国だからだ。いま、彼らははっきりと、そう言っている」

EUはアゼルバイジャンもメンバーとして受け入れないだろうと、アリエフ大統領は強調しました。


   「ときどきダイアリー」ヘ
コメント

「トルコはこれ以上、シリア移民の流入に対処できない」公正発展党

2019年12月25日 | 国際
12月25日 トルコはもう、シリアからの新たな移民の流入に対処できないと、現政権・公正発展党(AKP)が12月23日言い、難民危機にあたって、トルコだけにゆだねておく国際社会を非難しました。

 Hurriyet

AKPの中央執行役員会の会合後、オメル・チェリキ党報道係は、トルコはもう、恐るべき移民の流入の“重荷に耐えられない”と言い、シリア北西部イドリブの市民に対する激しい攻撃に懸念を表明しました。「新たな移民の波がイドリブからやってきます。トルコはもう、これ以上の移民の流入に対処できません」

チェリキ氏は、世界、とくにヨーロッパ諸国は、問題の処理をトルコに任せて、約束を果たさないと力説しました。彼はまた、トルコにいるシリア人のための安全な居住地を含む安全地帯計画に支援を提供するよう諸国に勧告しました。

トルコはすでに360万以上のシリア人を受け入れ、世界最大の難民受け入れ国になっています。エルドアン大統領は、12月22日、トルコはもう、新たな難民の流入を処理できないと言い、ロシアにイドリブでの攻撃を止めるよう促しました。


トルコはカショギ氏殺害の真実を究明しつづける

トルコはサウジアラビアのジャーナリスト、ジャマル・カショギ氏殺害に光を当てるための努力をつづけると、サウジの“スキャンダラスな”裁判所が12月23日、このケースに判決を下した後、トルコのファフレッティン・アルトゥン通信局長が言いました。

 Hurriyet

「サウジの裁判所は、ジャマル・カショギ氏の暗殺に関して、何か月も秘密の審問を行った後、スキャンダラスな判決を下した」とアルトゥン局長はツイッターで言いました。

サウジの裁判所は、12月23日、裁かれた11人のうちの5人に、カショギ氏の殺害に関与したとして死刑判決を下しました。サウジの副検察官でもあるシャラアン・アルシャラアン報道官は、3人が犯罪を隠し、法を犯したとして禁固24年の刑になったと語りました。


   「ときどきダイアリー」ヘ
コメント

サウジがジャマル・カショギ氏殺害の5人に死刑判決

2019年12月24日 | 国際
12月24日 ジャーナリスト、ジャマル・カショギ氏殺害で、5人が死刑判決を受けたが、殺人容疑で調べられていたトップの2人は無罪になったと、サウジアラビアの検事が、12月22日、発表しました。

 Hurriyet

ワシントン・ポストの寄稿家ジャマル・カショギ氏(59)は、昨年10月、イスタンブルのサウジ領事館内で殺害されました。サウジ政府はこれを、悪党たちがモハムメド・ビン・サルマン王子の名誉を汚すためにやったことと言っています。

トルコ当局によると、サウジ消息通からサウジの批判者に変わったカショギ氏は、サウジ領事館内で、15人のサウジ人チームによって絞殺され、その遺体はばらばらに刻まれたということです。遺体は見つかっていません。

「アフメド・アルアッシリ情報副部長が、カショギ氏殺害を監督した。彼は王室メディアの独裁者サウド・アルカフタニの勧告を受けて殺人を行なった」とサウディ検察は言いました。しかし、カフタニは調べられましたが、“証拠不十分”で起訴されませんでした。

アッシリは調査され告発されましたが、結局、無罪になり、いまも同じ地位にいると、検事は声明で言っています。ヨーロッパの情報源によれば、2人はモハムメド王子の緊密な側近者であり、形式的に解任されたにすぎないということです。アッシリは法廷の審問に現れただけです。

検事の声明によると、このケースで起訴された11人のうちの5人が死刑判決を受け、3人が禁固24年、その他は無罪になりました。

CIAとヨーロッパの何か国かは、モハムメド王子が殺害を命じたと信じていますが、サウジ当局は王子は関わりないと言っています。


“王子たちの島”で馬車の代わりに自動車が使われる

ビュユクアダで鼻疽(びそ)の流行のため、81頭の馬が殺されたため、イスタンブルのエクレム・イマムオール市長は、アダラル地区の馬車の数を減らし、島の“シンボル”として35台だけ残すと言いました。(12月19日、21日の頁参照)

 Hurriyet

「夏季から、島内の公共交通は、馬車の代わりに電気自動車が使われる」とイマムオール市長は、彼の6か月の執務が査定される記者会見で言いました。

「島民の要請で、観光とシンボルのために、35台の馬車を操業させることで話し合いがつづいている。これに反対するグループもある」と市長は言いました。「私は個人的には、35台の馬車を残すことには反対だ」と彼は付言しました。

王子たちの島では、約1500頭の馬が交通手段として使われています。馬車は、日帰りで島を訪れるツーリストには、とりわけ人気があります。


   「ときどきダイアリー」ヘ
コメント

ブルサのギョルバシュ・ダム湖が干上がって、農夫たちはびっくり

2019年12月23日 | 国内
12月23日 ブルサ平野の農地のための水源のひとつ、ギョルバシュ・ダム湖が90%まで干上がりました。

 Hurriyet

このダム湖は近代トルコの建設者ムスタファ・ケマル・アタテュルクが、1933年、トルコ北西部ブルサの農地のための灌漑用水の必要に応えて建造したものです。「ダム湖の誤った利用が農夫たちを困難な状況に追い込んでしまった。工場に農業用水が使われたのです。われわれは工場や工業が悪いとは言っていない。工業は必要不可欠なものですから、政府が農業用水を使わない解決法を見つけるべきです」と、地元農業会議所のエユップ・クルチュ会頭がデミルオレン・ニュースに語りました。

「農夫たちはこの水のために支払っています。なぜ灌漑用湖のために投資が行われないのか。私たちは世界に知られる桃やペアをづくっているのです。われわれにバケツで水を運べと言うのでしょうか」とクルチュ氏は言いました。「工場ができる前は、ダム湖の水は溢れそうでした。このダムはブルサにとって命の源です」


「8万人のシリア人がトルコに向かって移動中」エルドアン大統領

8万人以上の移民がシリアのイドリブからトルコ国境に向かって移動し始めたと、エルドン大統領は、12月22日、言いました。

 Hurriyet


「このような場合、この移民の重荷をトルコ1国が背負い込むことはない」と、エルドアン大統領は、イスタンブルのドルマバフチェ宮殿で催されたイベントのスピーチで言いました。

エルドアン大統領は、トルコはロシアとともに、イドリブの攻撃を終わらせるよう努力していると言いました。「トルコ政府はロシアと討議するため、モスクワへ代表を送る。その結果によって、わが国はとるべき対策を決める」

2018年9月、トルコとロシアは、イドリブを、攻撃的行動を禁じる“段階的鎮静地帯”にすることで合意しました。しかし、それ以来、休戦協定は破られつづけ、1万3000人の市民が段階的鎮静地帯で殺されました。

体制側とその同盟国による攻撃がつづけば、トルコとヨーロッパは、新たな難民の流入に直面します。激しい攻撃によって100万人のシリア人が、トルコ国境に向かって移動してきました。


   「ときどきダイアリー」ヘ
コメント

鼻疽発生で“王子たちの島”は3か月間、馬車の使用禁止

2019年12月21日 | 国内
12月21日 イスタンブルの“王子たちの島”で、馬の致命的な病気、鼻疽(びそ)が流行し、81頭の馬が殺されたため、イスタンブル知事室は、12月20日、3か月間の馬車の使用禁止を発表しました。(12月19日の頁参照)

 Hurriyet

12月19日、アダラル区役所は“王子たちの島”の馬たちが鼻疽と診断された後、殺されたと言いました。鼻疽はロバやラバにも感染します。鼻疽は治療法がないため、馬たちは法規に従って屠殺されました。病気の拡大を防ぐため、動物を島に出入りさせることを禁じ、検疫を行なったと、区役所は声明で言いました。

12月20日、アリ・イエルリカヤ市長代理は、島の馬の医療検査を行うために、3か月間、馬車の使用を禁じたと言いました。「鼻疽は伝染性の病気で、人間にも感染しうる。人間と動物の健康と環境のために、馬車の使用を禁じた」


2万5000人のシリア人がイドリブからトルコ国境へ向かっている


少なくとも2万5000人のシリア市民が、シリア体制側とロシアによる爆撃が激化する中、シリア北西部のイドリブから逃げ出し、トルコ国境近くへ向かっていると、12月22日、アナドル通信が報じました。

 Hurriyet


「対応調整チーム」の監督者モハメド・アルハラジ氏は、アナドル通信に、体制側とロシアとイランに支援された外国のテロ・グループが、市民の居住地を攻撃し、少なくとも2万5000人が逃げ出したと語りました。難民の正確な数字は、空陸の攻撃がつづいているため、わからないが、この2日間に2万5000人の人々が家から逃げ出したと、ハラジ氏は言いました。

逃げ出した家族たちは、シェルター、テント、毛布、寝床を緊急に必要としています。体制派軍は地上攻撃で、15の村を占領しました。

シリア反体制派の航空モニターは、ロシアの戦闘機がマアラト・アルヌマン市と、タルメネス、アルテフ、アルディエル・アルシャルキの町を攻撃したことを示しました。ハラジ氏によると、“段階的鎮静地帯”であるイドリブが集中的に攻撃を受けているため、11月初旬から約20万5000人の市民が難民となっているということです。


   「ときどきダイアリー」ヘ
コメント

CHP議長がイスタンブル運河でイスタンブルを“裏切る”政府を告発

2019年12月20日 | 国内
12月20日 トルコ最大野党・共和人民党(CHP)のケマル・クルチュダルオール議長が、12月19日、カナル・イスタンブル計画で、イスタンブルを“裏切る”政府を告発しました。

 Hurriyet

クルチュダルオール議長はまた、「このプロジェクトは実現しないだろう。なぜなら、次の選挙で政府は変わるだろうから」と言いました。

「われわれはイスタンブルの歴史と文化を守らなければならない。われわれはこの都市のあらゆる問題を解決しなければならない。だが、いま、イスタンブルに裏切り行為が起ころうとしている。みなが反対している。しかし、1人の人物が“やる”と言っている。“私は黒海とマルマラ海をつなぐ”と言っている。どんな理屈で? どんな金で、それが実行できるのか?」と、クルチュダルオール議長は、プロジェクトを推進するエルドアン大統領を非難しました。

イスタンブル運河は、ボスフォラス海峡と平行に、イスタンブルに船舶用の45キロの運河を建設しようという巨大インフラ・プロジェクトです。政府は、危険なものを積んだ船がボスフォラス海峡を通る危険を減少させるためだと言っています。イスタンブルのヨーロッパ側の、市の中心部の西に計画されている45キロの運河は、1日に150~160隻の船が通ることができます。


サンタクロースの故郷アンタリヤで、ロシア人正教徒が記念ミサ


トルコのアンタリヤで、ロシア正教会の信者たちが、正教会世界で聖者に認定されている聖ニコラスを記念するミサを行いました。彼の墓はアンタリヤにあると、信じられています。

 Sabah

聖者ニコラスはサンタクロースのモデルとして、国際的に知られています。モスクワの総主教座のトルコ代表ゲオルギ・セルゲフ師が、AD343年に亡くなった聖者を記念するミサを主宰しました。ロシアから来た正教の聖職者や、アンタリヤのロシア領事館員、国内外のロシア人250人が、「アジズ・ニコラス記念博物館」で行われたミサに出席しました。アンタリヤには亡命ロシア人の大きなコミュニティがあります。

記念博物館は、聖者がかつて奉仕していた教会の跡に建てられた教会でした。聖ニコラスはとくに子供に優しかったとされ、あらゆる宗派のキリスト教徒に崇拝されています。現在のサンタクロスにもそのイメージが受け継がれています。

聖ニコラスは、ビザンティン帝国南西部の都市パタラの裕福な家庭に生まれましたが、若い時、教会に入り、ミラ(現在のデムレ)の主教になりました。


   「ときどきダイアリー」ヘ




コメント