トルコのトピックス

トルコの新しい話題をご紹介しています

トルコの生鮮フルーツと野菜の輸出がのびている

2021年04月14日 | 経済
4月14日 今年の第1・4半期の生鮮フルーツと野菜の輸出が、7億7450万ドルに達したと、「地中海地方生鮮果実・野菜輸出協会」のネジュダト・シン会長が、4月13日、言いました。

Hurriyet

シン会長は、この分野の輸出は、昨年同期に比して22%増加したと発表しました。2020年のこの分野の輸出量は、21%増加し、27億333000万ドルだったと、シン会長は言い、「この数字は効率的で、適格、安全な生産プロセスの結果です」と付言しました。

ロシアはトルコの生鮮フルーツと野菜のトップ輸入国で、2億2900万ドルの産物を購入しました。次がイラクで7600万ドル、その次がルーマニアで6920万ドルでした。


トルコはラマザン中の部分的ロックダウンを宣言した

コロナ感染者数が記録的数に達しているため、政府は感染阻止のために、ラマザンの最初の2週間中のロックダウンを発表しました。

 Hurriyet

エルドアン大統領は、4月13日、3時間の閣僚会議後の記者会見で、政府は都市間移動の禁止、65歳以上18歳以下の人々の公共交通機関使用の禁止、公共分野の労働時間の再調整、スポーツセンターとレジャーセンターの閉鎖、夜間外出禁止時間の延長などを再施行すると語りました。

新しい規制下では、週日の外出禁止は午後9時からが午後7時からになり、午前5時まで続きます。この間、都市間の移動は必要緊急の場合以外は禁止。65歳以上18歳以下の人々の交通機関使用禁止も再び実施されます。

カフェ、レストラン、茶店もデリバリーとテークアウトのみの営業となり、結婚式場、スポーツセンター、ゲーム場も、ラマザンが終わるまで閉鎖されます。

エルドアン大統領は、混みあうイフタル(ラマザン中の断食明けの食事)も不許可とすると言いました。学校は、高校と大学の入試のためクラス以外は遠隔授業に戻ります。


   「ときどきダイアリー」へ



コメント

コロナは零細企業に大打撃を与えている

2020年06月14日 | 経済
6月14日 6月11日の調査によると、コロナ危機は零細企業に大きな打撃を与えています。

 Hurriyet

この調査を行った組織「ゴール・プラットフォームのためのビジネス」(B4G)のユミット・ボイネル会長は、「コロナ危機で最も打撃を受けたのは、零細企業の69%と小企業の49%だと、私たちは見ています」と語りました。ボイネル会長は、ビジネスへの危機的影響は、3月から5月に、わずかながら和らいでいると力説しました。

わずかでも不利な影響を受けた企業は、3月には85%でしたが、5月には78%になったと、彼女は言いました。この調査によって、女性労働者がコロナ危機の影響をより多く受けていること、また、半数以上の企業がコロナの第2波に備えて準備していないことがわかりました。

ボイネル会長はまた、零細企業の33%が支払いに苦労しているが、大企業の場合は、この数字は2%に過ぎないと言いました。「従業員の数でみて、小規模の会社がコロナ危機の影響を受けています」

この調査に参加した企業は、パンデミックを財政的危機と見るより、国内外の需要の危機と見ていると、ボイネル会長は言いました。「企業が最大の危機と考えているのは、国内外の需要の不足です」


蛇を掴まえて金を稼ぐ男

中央アナトリアのカイセリ県に住むイスマイル・カラさんは、素手で蛇を捕まえて、お金を稼いでいます。料金は蛇の長さによって変わります。

 Hurriyet

“スネーク・ハンター”と呼ばれているカラさんは、蛇を怖がる住民たちのお助けマンです。この地方では、夏になって気温が高くなると、蛇が家や庭に入ってきます。カラさんは蛇を捕まえ、自然に返してやって、蛇の長さ1メートルにつき、300リラ(44ドル)の料金を受け取ります。

山岳部で暮らしてきたカラさんは、蛇の種類や名前に精通しています。県外から依頼がくることもあるそうです。「私は結構稼いでいますが、人々の大きなトラブルの解消もしているんですよ」とカラさんは言っています。


コロナによる死者数は4,792人に達し、快復者は150,000人を超えた

トルコの確認された感染者は、この24時間で1459人増え、14人が死亡し、死者総数は4792人に達したと、ファフレッティン・コジャ保健相が、6月13日、言いました。

 Hurriyet

コジャ保健相がツイッターにシェアしたグラフィックによると、トルコの確認された感染者総数は176,677人になりました。この24時間で、985人の患者が快復したとコジャ保健相が付言しました。快復した人の総数は150,087人になりました。

保健相はまた、昨日、45,092人がコロナのテストを受け、テストを受けた人の総数は2,586,995人になったと言いました。現在、集中治療室で治療中の患者は684人、人工呼吸器を使っている人は284人になったと、保健相は付言しました。


   「ときどきダイアリー」ヘ

コメント

コロナ規制のために、茶摘み作業員がジョージア人からセネガル人に

2020年06月12日 | 経済
6月12日 トルコの茶摘み作業は、毎年、隣国ジョージア人の仕事になっていましたが、今年はコロナ規制で国境が閉鎖されたため、茶葉生産地リゼ県では、トルコ在住のセネガル人、アフガン人、ウズベク人たちが茶摘み作業をしています。

 Hurriyet

およそ4万人の外国人労働者がリゼに来たがっていますが、国境ゲートからの入国は禁止されています。しかし、2万人、主としてイスタンブル在住のリゼ出身者が、6月初めリゼにやってきました。あらゆる年齢と職業の人たちが茶葉の収穫作業を手伝っています。

例年はトルコ北東の国境から1時間でリゼにやってくるジョージア人がコロナで来られなくなったため、トルコに住み、労働許可を持っているセネガル人、アフガン人、ウズベク人がジョージア人にとってかわりました。これら移民作業員たちは、よく働くと、トルコ人作業員にも評判がよいようです。茶畑のオーナーたちも外国人作業員を歓迎しています。

セネガルからリゼへ
リゼの広大な茶畑で人気者になっている3人のセネガル人作業員がいます。リゼ県ギョンドードゥ村の茶畑のオーナー、ハリム・スルタン・ダルさんは、イスタンブルで出会った3人のセネガル国籍のジブラル・ガイエさん、ムサ・シシさん、ムハムメド・ドラミさんをリゼに連れてきました。

3人は茶摘み作業で1日に約250リラ(37ドル)を稼いでいます。2020年の最低日給は98.10リラ(15ドル)とされていますから、セネガルの移民労働者にとってはよい収入でしょう。「アフリカ人たちはとても上手に茶葉を摘みます。政府もわが国に住むアフリカ人を知って欲しい」とダルさんは言い、よい働き手には高級が支払われると言いました。

ガイエさんは茶摘みは今年で3年目、あとの2人は今年初めてです。ガイエさんは「リゼは美しい。私はトルコが大好き」と言っています。

オスマン人は140年昔、茶の木を導入しました。アブデュルハミド2世の治世に、茶の木はブルサからアレッポーまで、アイドゥンからエルズルムまで、オスマン帝国全土に植えられましたが、多くの土地はこの植物に合いませんでした。まもなく黒海地方が茶の木を育てるのに最も適しているとわかり、1947年、リゼにトルコ初の茶の工場が建てられました。


外国在住市民の帰国時の14日間隔離が廃止された


外国在住トルコ市民が故国を訪れた際の14日間の自宅隔離を廃止すると、6月11日、政府が発表しました。

 Hurriyet

「われわれは夏の休暇で故国を訪れる外国在住市民を支援します」と、トルコ大統領府の「外国在住トルコ人と関連コミュニティ局」(YTB)のアブドゥラ・エレン局長が、声明で発表しました。YTBの発表によると、正常化のためのステップによって、トルコは、外国から来るトルコ市民に科していた厳しい規制を緩和しはじめました。

約600万のトルコ市民が、ヨーロッパ諸国に住んでいます。YTBによると、近年は、70万の海外在住市民がヨーロッパからトルコへ車でやってきます。

トルコは6月11日、トルコ市民と外国人の出入国に関して、イラン国境経由を除いて、規制を排除しました。この規制解除は、エルドアン大統領主宰の閣僚会議後に実現しました。

空路での到着に関しては、保健省、外務省、運輸省の協力で調整されます。トルコに入国するトルコ人と外国人は、ヘルス・チェックを受けます。出入国に関しては、内務省、保健省、運輸省の対策が対策を決めます。新しい法令はトルコ全県に送られます。


   「ときどきダイアリー」ヘ
コメント

昨12月、産業生産高が8.6%アップした

2020年02月14日 | 経済
2月15日 トルコの産業生産は、2019年12月、前年に比して3.6%増加したと2月13日、トルコ統計局(TUIK)が発表しました。

 Hurriyet

昨12月、主要な産業3分野、鉱業と採石、製造業、電気・ガス・蒸気・空調は、それぞれ、9.8%、9.1%、0.3%アップしました。産業生産は経済力を示す重要な指針であり、GDPの基準になっています。昨12月、この数字は前月に比して1.9%アップしました。また、昨10月~12月の産業生産は、前年同期に比して5.8%増加しました。

ムスタファ・ヴァラク産業・技術相は、ツイッターで、産業生産指数は、昨12月、21か月ぶりの高値を示したと言いました。産業・技術相は、この実績と生産ベースの成長を維持することに焦点を絞ると語りました。「資本財、中間財、高技術の分野での強力なトレンドが、われわれは未来に向けて正しい道を進んでいることを示している」と大臣は付言しました。


トルコ国防相が英仏の国防相と会談した

トルコのフルシ・アカル国防相は、2月13日、イギリスとフランスの国防相と、それぞれ別個に会談しました。

 Hurriyet
NATO国防相会議に出席したトルコのフルシ・アカル国防相


アカル国防相は、NATO 国防相会議の2日目に、NATO本部を訪れました。アカル国防相は、防衛・抑止・負担分担に関する会議に出席する前に、イギリスのベン・ウォーレス国防相と会談しました。アカル国防相はその後、フランスのフロランス・パルリ軍事相と会談しました。

国防相らは会談で、軍事、安全保障、防衛産業における協力について意見を交換しました。国防相らはまた、中東情勢、とくにリビアとシリア、最近のイドリブの状況、北西シリアのデスカレーション地帯、この地域の人道的危機を終わらせるのに必要な活動について話し合いました。


   「ときどきダイアリー」ヘ
コメント

ヴァレンタイン・デーを前に、トルコは6000万本のバラを輸出した

2020年02月08日 | 経済
2月9日 2月14日のヴァレンタイン・デーを前に、トルコの生花生産者は6000万本のバラを、オランダ、イギリス、ドイツ、ウクライナなど50か国に輸出しました。

 Hurriyet

バラの船積みは20日前に始まったと、「中央アナトリア観賞植物輸出業者協会」のイスマイル・ユルマズ会長がアナドル通信に語りました。昨年は寒かったため、バラの生産は今年より少なかったと、ユルマズ会長は言い、今年は昨年より600万本多く輸出したと付言しました。

「バラの輸出はこれまでで650万ドルに達しました。2月14日まで、新しいオーダーが来るでしょう」と会長は語りました。「トルコはまた、他の花、とくにカーネーションを多く輸出していて、トルコの生花輸出の90%はカーネーションが占めています」


天災を防ぐための迷信で、2001本のパンが野生動物に与えられた

東部エルズルム県で、商人たちが、2001本のパンを野生動物に与えるために、宗教学者ピル・アリババの社のある山に置きました。彼らはそうすることによって、最近トルコで起こった地震や雪崩や飛行機事故のような災害が防げると思っています。

 Hurriyet

イスラムの聖書コーランを初めから終わりまで1001回読むことを“1001ハティム”といいますが、これは487年前、ピル・アリババがエルズルムを天災から守るために始めたと言われています。“1001ハティム”は、多くのモスクで1か月間つづけられます。当時、ハティムの日々に、1001本のパンが野生動物に与えるために、ピル・アリババの墓のある山に置かれました。

いま、トルコは、地震や雪崩、飛行機事故、さらに最近のシリアの衝突など災害がつづいているため、今回は2001本のパンが置かれました。パンを山中に置いた1人、ムヒッティン・オルチュンさんは、人間は野生動物の世話をすべきだと言いました。「自然の中で食物を見つけられない野生動物は里へやってきます。植えたオオカミは村へ来て犬を襲います。ブルサ県ではイノシシが市中に現れました」とオルチュンさんは言いました。

「動物に平和を与えられない社会に、平和はあり得ません。自然の中で生きている動物は私たちを信じています。だから、 私たちは動物の世話をしなければならないのです」とオルチュンさんは言いました。


   「ときどきダイアリー」ヘ
コメント

「2020年、インフレは1桁になる」エルドアン大統領

2019年11月17日 | 経済
11月17日 エルドアン大統領は、11月16日、2020年には金利率は減少しつづけ、インフレは1桁になると期待されると言いました。

 Hurriyet

「残念ながら金利は40%になった。なにが起こったのか。われわれは中央銀行総裁を解任し、新しい総裁によって金利を13.5%に下げた。金利率の下落は今後もつづくだろう」とエルドアン大統領はイスタンブルで行われた、あるイベントのスピーチで言いました。 

中央銀行の前総裁ムラト・チェティンカヤ氏は、大統領令によって解任されました。前総裁の4年間の任期は2020年まででしたが、副総裁だったムラト・ウイサル氏が新総裁になりました。「2020年にはインフレは1桁になり、失業率も減少する」と大統領は強調しました。

公正発展党(AKP)が政権を得たとき、トルコのIMF(国際通貨基金)への負債は235億ドルでした。「しかし、わが国はこれを弁済し、いま、IMFにはなにもない」と大統領は言いました。雇用と生産も、同様に増加するだろう。つまり経済が成長するということだ」と、大統領は力説しました。

「わが国はまた、観光でも実りあるシーズンを迎える。ツーリスト数は5000万を超すと思われる。トルコは旧家を過ごすための重要な観光地になった」とエルドアン大統領は言いました。


トルコが逮捕したISIL戦闘員の送還が始まった


ドイツ当局は、11月15日、帰国したISILメンバーをテロ容疑で拘束したと、ドイツの検察が発表しました。

 Hurriyet

11月15日、トルコから送還された2人の外国人女性戦闘員の1人ナシム・A.(21)は、テロリスト・グループに所属したこと、銃法違反、戦争犯罪で告発されました。彼女は2014年、シリアに渡航し、夫とともにイラクに移動したと思われます。夫もISILのメンバーでした。

同じく11月15日にトルコから送還されたISIL容疑者ヘイダ・R.は、ドイツ警察が指紋とDNAサンプルを採った後、釈放されました。先週から今までに、トルコは他にドイツ人容疑者8人とイギリス人容疑者1人を送還しました。

トルコ=ギリシャ国境で立ち往生していたISIL容疑者の1人は11月15日、アメリカに送還されました。アラブ・オリジンでアメリカ国籍の彼は、ギリシャへの送還を求めましたが、入国を拒否されました。彼はトルコとギリシャの間の緩衝地帯で4日間、進退窮まっていました。

今後も、アイルランド、フランスその他、主としてヨーロッパ諸国に容疑者たちが送還されると、トルコ当局は言っています。ソイル内相はかつて、「トルコは外国人戦闘員や容疑者たちの“ホテルではない”」と言いました。


   「ときどきダイアリー」ヘ
コメント

トルコは11カ月で26万2000トンのヘーゼルナッツを輸出した

2019年08月05日 | 経済
8月5日 トルコのヘーゼルナッツの輸出は、昨9月から今年7月までで、26万2000トンに達したと、8月2日、「黒海ヘーゼルナッツと製品輸出業者組合」が言いました。

 Hurriyet

トルコはヘーゼルナッツの輸出で、11カ月に、15億4000万ドルを稼いだということです。全輸出量の75%の輸出先であるEUは、トルコのヘーゼルナッツ輸出のトップ市場です。トルコのヘーゼルナッツ輸出の42.7%(6億5500万ドル)は加工製品で、その他は生まのヘーゼルナッツです。

世界最大のヘーゼルナッツ輸出国トルコは、前シーズンn2017年9月から2018年8月には、28万7000トンのヘーゼルナッツの輸出で、17億8000万ドルを稼ぎました。


トルコのトラックの入国を拒否していたサウジがようやく許可した

サウジ当局は、7月21日、トルコの商品を積んだトルコのトラックの入国を,なんの正当性もなく拒否し、12日後にようやく許可しはじめたと、トラックの運転手たちが、8月2日、アナドル通信に語りました。

 Hurriyet

彼らは、夕方、サウジの紅海岸のドゥバ港を出て入国しているところです。60台のトラックはようやく港を出ましたが、他のトラックは明日になるだろうということです。運転手たちは12日間、トラックの中でサウジの猛暑に耐え、辛い時間を過ごしたと語り、仲間の1人は暑さで気を失ったと言いました。

トルコはこの一件を厳しくフォローし、トルコのルフサル・ペクジャン貿易相は、今週、サウジの貿易相と電話で話しました。リヤドのトルコ大使館とジェッダのトルコ総領事館も、できるだけ早くドライバーたちを、税関を通過させるよう懸命に努力しました。

・・・とにかくサウジは、わけのわからないことを平気でする国ですからコワイですね。


警察が1500万ドルの偽札を押収した

トルコ警察が、8月1日、イスタンブルで1500万ドルの偽札を押収したと、治安ソースが言いました。

 Hurriyet

警察は偽札を使った容疑者4人を逮捕しましたが、彼らはその後、釈放されました。容疑者らは貿易業者と名乗って、あるビジネスマンをだましたそうです。彼らはイスタンブルのカフェでビジネスマンと会い、ドルを安いレートで売ると持ちかけ、5000ドルを担保として巻き上げたそうです。

警察はカフェの設置されていた防犯カメラの映像から捜査し、アタセヒル区の容疑者の住居と車を手入れしました。


   「ときどきダイアリ―」へ
コメント

トルコはトマト輸出10億ドルを目標にしている

2019年06月07日 | 経済
6月8日 温室の普及で、トルコは1年を通じてトマトを生産し輸出できるようになったと、「エーゲ海地方生鮮フルーツ野菜輸出業者組合」のハイレッティン・ウチャク会長が言いました。

 Hurriyet


新鮮なトマトのほか、トルコはペーストや乾燥トマト、冷凍トマト、トマトジュース、トマトソースのような付加価値をつけた製品もつくっています。2018年、トルコはトマト製品の輸出で、6億360万ドルを稼ぎました。

新鮮なトマトの輸出が最も多く、収益は2億9200万ドル、次がトマトペーストで1億6400万ドル、乾燥トマトが8800万ドル、冷凍トマトが3940万ドル、トマトソースが1630万ドルでした。 昨年のトルコのトマトの最大市場は、4370万ドル輸入したルーマニアでした。次がロシア(3060万ドル)、ウクライナ(2560万ドル)。2018年、トルコは新鮮なトマトを55か国に輸出しました。

トルコのトマトペーストのトップ市場はイラクで、売り上げは1億1100万ドル。次がサウジアラビアで860万ドル、第3位はドイツで820万ドル。トルコのトマトペーストは、昨年、103か国に輸出されました。 乾燥トマトは、昨年86か国に輸出されましたが、トップ市場はアメリカで1950万ドル、次がイタリアで1330万ドル、ドイツが950万ドルでした。


トルコの赤新月社が断食月中、1500万ドルの援助を行なった

トルコ赤新月社(クズライ)は断食月中、1470万の貧困者に援助の手をさしのべました。

Hurriyet

クズライは6月5日、断食月中、38か国の貧困者に援助を送ったと言いました。トルコはラマザンの1か月間に、食糧を含む支援物資40万包を160万人に送りました。クズライはまた、フィトル(ラマザン・チャリティ)の名のもとに、貧困者のための寄付金募集のキャンペーンを始めました。このキャンペーンで、トルコの15万家族が5000万リラ(約2600万ドル)の寄付金を受けとりました。

クズライはまた、トルコ全国で献血を受け付けています。断食月中、3500人のクズライ職員が全国300か所で、13万4756件の血液を集めました。これは昨年の断食月中に集められた量より9%の増です。クズライはまた、全国100万、世界4万の人々にイフタル(1日の断食の後の食事)をサービスしました。

トルコ赤新月社は国際的ネットワークを持った、トルコ最大の人道主義組織です。クズライは貧困者と災害の被害者のために支援を提供し、社会の協力を推進し、安全な血液を提供することを使命としています。クズライはウエブサイトで、そのビジョンはトルコと世界の人道的支援活動のモデルとなり、苦境にある人々とともにある組織になることと言っています。


「ときどきダイアリー」ヘ
コメント

国防産業の輸出が37%増加した

2019年06月05日 | 経済
6月6日 トルコの航空・国防産業は、1月~3月、年間ベースで37%まで輸出をのばしました。「トルコ輸出業者会議」(TIM)のデータによると、国の総輸出量は、同期、5.37%増加しています。

 Hurriyet

2019年の最初の5か月、航空・国防産業の輸出収入は、1年前の7億8400万ドルから10億ドルになりました。国防企業の主要輸出市場はアメリカでした。アメリカへの輸出は20.8%増加し、3億5300万ドルに達しました。カタールへの輸出は、1300%以上増え、1億2300万ドルになりました。

トルコ航空・国防企業は、今年の初めから5か月、1億800万ドルに相当する商品をドイツに輸出し、2018年同期に比して6.6%の増加を記録しました。オマーンへの輸出は40%増え、1億100万ドルに達し、アラブ首長国連邦はトルコの国防企業から6350万ドルに相当する商品を買いました。これは1年前に比して1800%の増です。

オランダへの輸出は年間ベースで1.39%増え、3370万ドルになりましたが、インドへの輸出は12.5%減り、3030万ドルになりました。英国への輸出は16.7%増えて2760万ドルに、サウジアラビアへの輸出は193%増えて2140万ドルになりました。アゼルバイジャンは、1月~5月、トルコ国防企業から1920万ドル相当の商品を購入し、1年前に比して19.3%増となりました。

外国貿易赤字は、2018年1月~5月、360億ドルだったのに対して、2019年は105億ドルにとどまりました。ベラト・アルバイラク財務相は、最近の貿易数値を歓迎し、「トルコは6月には、経済収支の黒字を出せるだろう」と言いました。

「われわれはすべての分野で、生産と輸出主導のモデルを強化し、経済収支問題を解決したい」とアルバイラク財務相は、6月3日、ツイッターで言いました。


女性裁判官と検事の数が最高になった

法務省によると、女性裁判官と検事の数が、ここ数年、急増しているそうです。

 HUrriyet

現在、在職している2万777人の裁判官と検事のうち、1万3284人が男性で、7493人が女性です。先週、エルドアン大統領が発表した司法改革戦略論は、人員募集では、性の平等を守ることを目標にしています。5月22日に行われた1446人の裁判官と検事の任命式では、758人が男性で、約47.5%の688人が女性でした。

先月の任命で、トルコの裁判官と検事の総数は、2万777人になりました。未遂クーデター前の2013年12月は総数1万3666人でした。女性裁判官と検事は急激に増えています。女性裁判官と検事の数は、2010年、2664人でしたが、2013年には3649人、2016年7月には3977人になりました。

2010年以来、女性裁判官と検事の数は3倍になっています。女性裁判官と検事の割合は、2010年22.8%でしたが、現在は36%まで増えています。裁判所で執務している女性裁判官は3947人。460人の裁判官が行政裁判所で働き、448人が地方司法裁判所で、118人が地方行政裁判所で働いています。

最高裁判所の女性裁判官の数は718人、女性検事の数は24人です。国家評議会には236人の女性裁判官と13人の検事がいます。憲法裁判所には4人の女性裁判官がいます。


   「ときどきダイアリー」ヘ
コメント

イスタンブル・スルタナメット広場に今年もチューリップのカーペット

2019年04月26日 | 経済
4月26日 25日、イスタンブル新市長エクレム・イマムオール氏の就任とともに、世界最大のチューリップのカーペットがスルタナメット広場に敷かれました。

 Hurriyet


イスタンブル市が毎年、チューリップ祭の一環として披露しているチューリップのカーペットは、今年、5年目になります。約144平米のカーペットは、64万本のチューリップでつくられ、トルコの伝統的な敷物の柄がデザインされていると、わが国最大の球根植物生産会社「アスヴァ・ラーレ」の報道係コルクト・イエトギンさんが言いました。

コンヤを拠点にする同社は、今年、カーペットに使われるチューリップすべてを供給しました。チューリップ・カーペットは、「アスヴァ・ラーレ」の従業員が市の職員を手伝って、花を1輪1輪植えて織りあげました。完成には2日半かかり、費用は120万リラかかったと、イエトギンさんは言いました。イスタンブル市はこれを、世界最大のチューリップ・カーペット費として計上しました。

チューリップ・カーペットは、ブルーモスクやアヤソフィアのあるスルタナメット広場で、4月30日まで一般に公開されます。イマムオール市長は、4月25日正午前の開場式に出席し、その写真をツイートしました。今回の選挙で、共和人民党(CHP)のイマムオール氏がイスタンブル市長の座を勝ち取ったので、新市長にとっては初のチューリップ祭となりました。

イスタンブルのチューリップ祭は4月1日から30日までです。チューリップ祭中は、市内の多くの広場や公園など、さまざまな場所でチューリップを満喫できます。


DNA研究でアナトリアにヨーロッパ人の痕跡が

中央アナトリア・コンヤ県の新石器時代の居住地チャタルホユクで発掘された出土物をDNA調査した結果、アナトリア人とヨーロッパ人の遺伝的類似性が明らかになりました。

 Hurriyet

ポーランド国立科学センターの支援で行われ、2人のトルコ人学者が関与したこの研究は、遺伝学雑誌GENESに掲載されました。「チャタルホユクを含む中央アナトリアのグループは、マルマラ地方の人々と最も近い類似性を有し、反対に、レヴァント地方(地中海東部地方)の人々との類似性は乏しい。われわれが発見した物は、新石器時代にアナトリア半島に出現し拡大した人々に関する仮説を裏づけ、その過程における中央アナトリアの重要な役割を強調している」と研究レポートは言っています。

ヨーロッパ文化の基盤はチャタルホユクにあると論じるメフメト・オズドーアン教授は、発見した物が考古学上の発見を強化してきたと言いました。「われわれはすでに、考古学的研究によって、この状況を確認している。移民や、文化的影響や、婚姻によって、ヨーロッパとの相互の影響があったことは明らかである。DNAの調査結果は、考古学的、科学的データを確認してくれた。移民はBC7400年代に始まり、何千年もつづいた」

また、人々が農耕を始めた新石器時代、人間社会は母権制で、地母神を崇拝してきたというのが定説で、チャタルホユクでも母権制社会が優勢だった言われていましたが、最近の研究ではこれが覆されました。


   「ときどきダイアリー」ヘ


コメント