トルコのトピックス

トルコの新しい話題をご紹介しています

バレーボール女子世界選手権でトルコが決勝進出

2018年06月30日 | 文化
7月1日 トルコの女子バレーボールのナショナル・チームが、6月30日、FIVAバレーボール女子世界選手権の中国・南京で行われた準決勝で、ブラジルを3-0で下しました。

 Hurriyet

トルコの女子バレーボールのナショナル・チームが決勝に進んだのは初めてです。チーム“スルタンズ”は7月1日、アメリカ=中国戦の敗者と戦います。アメリカ=中国戦は6月30日、午後2時(トルコ時間)に行われます。トルコのナショナル・チームはヨーロッパ唯一の代表として残っています。


トルコ南部で外国人学生らがFETO関連で拘束された

 南部メルシン県で、16人の外国人学生がフェトフラー・テロリスト組織(FETO)関連で検挙されたと、6月30日、アナドル通信が報じました。16人の中、10人はソマリア人、3人はジブチ人、2人はギニア人、1人はシリア人でした。

 Hurriyet

検挙された容疑者の1人は、メルシン県内のFETOに関与する学生たちの連絡係だったそうです。警察は県内の10か所のアジトを手入れして、メルシン大学の学生だった容疑者たちを拘束しました。警察はさらに7人の容疑者たちを探しています。トルコ政府は2016年の未遂クーデターはFETOが企てたものと見ています。

これとは別件で、現役の兵士を含む29人の容疑者が、FETO関連で全国で逮捕されたと、アナドル通信が、6月30日、報じました。


トルコはギュレン送還のための新しい証拠をアメリカに送った

ペンシルヴァニアに住むギュレニスト運動の指導者フェトフラー・ギュレンの送還を要求する証拠を強化するために、トルコは新しいファイルをアメリカに送ったと、6月30日、アナドル通信が報じました。2016年の未遂クーデターはギュレン運動が企てたと考えられています。

 Hurriyet
アブデュルハミト・ギュル法相


不特定の情報源によると、新しい証拠には、ギュレンとハカン・チチェキの電話の会話が入っているそうです。チチェキはギュレニストのリーダーたちと軍の将校たちの間の仲介者だったとして告発されているビジネスマンです。

新しい書類にはまた、ペンシルヴァニアにいるギュレンの補佐役とケマル・バトマズのEメールの通信文も入っています。バトマズはギュレニストの“民間のイマーム”だったとして告発されています。トルコ当局によると、2つの証拠は、ギュレンがクーデターの前と最中に、組織のメンバーに個人的に指示を出していたことを示すものです。

トルコ法務省による度重なる正式な要請にもかかわらず、アメリカ当局がギュレンを送還しないことに、トルコ当局は批判しつづけています。トルコ当局がフェトフラー・テロリスト組織(FETO)と呼んでいるギュレンのネットワークと、その指導者のギュレンは、2016年のテロを企てたと考えられています。

ギュレンのネットワークはトルコの組織、とくに軍と警察と司法に浸透し、国家転覆のキャンペーンを長期にわたって密かに行なってきたとして、トルコ政府に告発されています。


   「ときどきダイアリー」ヘ



コメント

イスタンブル市がアラビア語の看板を除去

2018年06月30日 | 国内
6月30日 商店の看板は少なくとも75%はトルコ語でなければならないとする新規則に従って、イスタンブル市は商店のアラビア語の看板を除去しはじめたと、6月29日、デミルオレン・ニュースが報じました。

 Hurriyet

エセンユルト区はイスタンブルで最もシリア人移民が多い区のひとつです。シリア内戦が始まってから、多くの難民がエセンユルトに住みつき、シリア式の商売を始めています。シリア人の商売に対する地元民の苦情を受けて、エセンユルト区は新しい対策をとることになりました。

エセンユルトのアリ・ムラト・アラテペ区長は最近、シリア人商店の衛生検査に自ら立ち合い、基準を満たしていない何軒かの店を閉鎖させました。6月29日には、トルコ語が75%に達していない商店の看板は、区当局によって除去されました。

「トルコ市民はアラビア語の看板は理解できません。トルコ政府は、看板の文字は75%以上トルコ語でなければならないという新しい規則を設けました。区として、新しい規則を実行しているだけです」とアラテペ区長は言っています。

Hurriyet

エセンユルト区は、レストランは空気清浄器を使用しなければならないという新しい規則を加えました。空気清浄器は、シリア食品に使われるスパイスの強い匂いが街中にひろがるのを防ぐのが目的だそうです。「シリア人からも積極的な意見を聞いています」とアラテペ区長は言い、衛生面と、看板の言語の検査はつづけていくと明言しました。

エセンユルト区は新しい対策で、最も取締りの厳しい地域になりましたが、イスタンブルのファティフ区や、シリア人のコミュニティのある諸都市では、まだ多くのアラビア語の看板が見られます。


エルドアン大統領がテロとの戦いはつづけると誓約

エルドアン大統領が、今後もテロとの戦いはつづけると誓い、今後の作戦のために、特殊部隊にコマンド隊を増員する必要があると言いました。

 Hurriyet
左端がエルドアン大統領、中央はゼイベクジ経済相


「今後、テロは最大の戦いになるだろう。われわれはテロを撲滅させることによってテロを終わらせ、わが国に平和をもたらす。われわれは何者にも、わが国を敵対視させない」と、エルドアン大統領は、6月29日、アンカラの「憲兵隊・沿岸警備隊学校」のモスクの開館式で語りました。

式典で、エルドアン大統領は、今後はコマンド隊が必要になるだろうと言いました。「わが国はコマンド隊を早急に育成する必要がある。特殊部隊内にコマンド隊を増やせば、それだけわが国はテロとの戦いで勝利することができる」と大統領は言いました。

エルドアン大統領はシリア諸都市での越境作戦に言及し、学生たちに「われわれはジャラブルスやアフリンで、トルコ軍の勝利を見てきた」と言いました。「シリア北部アフリン県で2018年1月に始まった“オリーブの枝作戦”は、3月18日にアフリンを支配下に入れたが、まだ続行中で、トルコ軍と自由シリア軍は捜索作戦をつづけている」とトルコ軍は29日、公式声明で言いました。


「CHPは選挙で敗北したとは言えない」CHP党首

最大野党・共和人民党(CHP)のケマル・クルチュダルオール党首が、6月24日の選挙でCHPが敗れたという評価を否定し、「だれもわが党を敗北したなどと言うことはできない」と言いました。

 Hurriyet

クルチュダルオール党首は、Hurriyet紙に、「来週、CHPの大統領候補ムハッレム・インジェ氏に会う」と言いました。「国会に多くの議席を確保しているわが党を敗北したなどと、だれも言うことはできない。わが党は強力な大統領候補を立て、彼は他の候補の及ばない進撃を見せた。今度の選挙でわが党が敗北したなどとは言わせない」

クルチュダルオール党首は野党に対するメディアの報道を批判し、選挙結果の評価はCHPの集中し、敗北と評されていると言いました。「AKPの敗北についてはメディアは書きたてない。これはメディアが政権政党に依存していることを示すものだ。エルドアンの党はこのあいだの選挙で敗北したと言うべきだ。AKPは49%から41%に落ちたのだから」


   「ときどきダイアリー」ヘ
コメント

エ大統領に関して「ひと言では言えない」とギリシャ首相

2018年06月29日 | 国際
6月日 ギリシャのアレクシス・ツィプラス首相が、トルコのエルドアン首相を信頼するか否か尋ねられて、「ひとことでは言えない」と答えました。

 Hurriyet
ギリシャのツィプラス首相(左)と再選されたエルドアン大統領


ツィプラス首相は6月28日、ロンドンを訪問中、ブルームバーグTVに「24日に再選されたトルコのエルドアン大統領を信頼するか否か」尋ねられました。「ひとことでは答えられない。エルドアン大統領は経験豊かな、重要な政治家だ。しかし、彼はなにをしでかすか予想できない」とツィプラス首相は答えました。

ツィプラス首相は、ギリシャがトルコの隣国であることに不満を言いました。{わが国はトルコに関して、あなた方イギリス人とは異なるアプローチをしている。あなた方はフランスやアイルランドという隣国を持っているが、わが国はトルコと国境を接している。わが国は多くの予想できない状況を抱えている」とギリシャ首相は言いました。

ツィプラス首相はまた、トルコで拘束されている2人のギリシャ兵の問題についても語りました。「エルドアン大統領に選挙の勝利を祝う電話をしたとき、私はこの問題にも触れた。私はつねに善意をもって建設的な対話をしようと努めている。両国の意見の相違はあるが、わが国はエルドアン大統領と話し合うチャンネルを持っている」


エルドアン大統領と安倍首相が原発建設の促進に関して討議

エルドアン大統領と日本の安倍首相が、28日、電話で、黒海岸のシノップに予定されている原発建設のスピードアップについて話し合ったと、トルコ大統領府の情報源が言いました。

 Hurriyet

必要なエネルギーを輸入に頼っているトルコは、現在、2件の原発を計画しています。トルコのエネルギー省のウエブサイトによると、2件の原発建設には200億ドルかかるそうです。

2011年、ロシアのロサトム社が、南部メルシン県に予定されている4800メガワット(MW)の原発の建設と運営を契約しました。これはトルコの初の原発になる予定ですが、契約後、着工は遅延しています。今年4月、プーチン大統領はアンカラを訪れたとき、エルドアン大統領と原発建設の開始について話し合い、2023年には操業を開始できると言いました。

シノップの原発は、2013年に、日本の三菱重工と伊藤忠商事、フランスのGDFスエズの借款団と契約が行われています。トルコのエネルギー省によると、総計4480MWの、4基の原子炉が計画されています。借款団は2023年までに原子炉を用意すると言っています。


   「ときどきダイアリー」ヘ
コメント

エルドアン大統領は新たな組閣に着手

2018年06月27日 | 国内
6月28日 エルドアン大統領と彼の補佐官たちは、新しい大統領制下の新政府の結成と組閣の草案つくりを始めました。大統領は7月8日、宣誓を行ないます。

 Hurriyet

7月8日、ユルドゥルム首相、閣僚たち、公正発展党(AKP)の幹部たちが参加し、エルドアン大統領が主宰して、イスタンブルの大統領執務室で会合が開かれます。AKPの政策決定組織も、6月29日、イスタンブルで会合を開きます。

エルドアン大統領は6月24日の選挙で、52.6%の票を得て、大統領に再選されました。最高選挙委員会(YSK)が7月5日、最終選挙結果を発表します。選挙結果に従って、トルコ国会は、7月8日、600人の国会議員と大統領の宣誓式を行います。新制度による新しい政府機構は、7月8日までに結成され、エルドアン大統領が副大統領と16人の閣僚、9委員会と4局の長を指名します。

「われわれは能率的に政策決定を行なえるメカニズムを持った、明瞭で、柔軟性のある制度を採用する」と、AKPのマヒル・ウナル報道係は、7月26日、TRTのインタビューで語りました。


トルコは価格抑制のため、ジャガイモをシリアから輸入し始めた

トルコは高騰する物価を抑制するために、シリアから一定量のジャガイモの輸入を許可したと、6月27日、ニハト・ゼイベクジ経済相が発表しました。(6月22日の頁参照)

 Hurriyet

「政府はトルコ軍が作戦を行なっているシリアの地域から、一定量のジャガイモの輸入を許可した。輸入量はトルコのジャガイモの需要の1%(約4000トン)のみとする。わが国はシリアからジャガイモをトルコリラで輸入する。この対策は国内市場の価格を下げるのに大きく役立った」とゼイベクジ経済相はアンカラの記者会見で言いました。

先週、政府は価格の高騰を抑制するために、特定の国から一定量のジャガイモと玉ネギを輸入することを決めました。


イスタンブル裁判所がジャーナリスト、アルタン氏の釈放を命令

イスタンブル地方司法裁判所が、ジャーナリスト、メフメト・アルタン氏の釈放を裁決しました。

 Hurriyet

憲法裁判所は1月11日、ジャーナリストのアルタン氏とシャヒン・アルパイ氏は釈放されなければならないという判決を下していました。憲法裁判所の判決は下級裁判所より法的に権限を持っていますが、イスタンブル第26高等犯罪裁判所とイスタンブル第27高等犯罪裁判所は今年初め、アルタン氏の釈放を拒否しました。

アルタン氏の弁護士は上級裁判所のイスタンブル地方司法裁判所に上訴し、同裁判所は6月27日、アルタン氏の釈放を裁決しました。欧州人権裁判所(ECHR)は、3月20日、ジャーナリストのアルパイ氏とアルタン氏の表現の自由が侵害されているという判決を下しました。2人のジャーナリストは犯罪を犯しているという根拠が見つからなかったと判決文は言っています。

欧州人権裁判氏はまた、トルコはアルパイ氏とアルタン氏の非金銭的損害に対して、それぞれ2万1500ユーロを支払うよう求めています。アルタン氏はフェトフラー・テロリスト組織(FETO)に関与していた容疑で、2月16日、終身刑の判決を受けています。


「ときどきダイアリー」ヘ
コメント

103人の女性国会議員が誕生した

2018年06月27日 | 国内
6月27日 24日の選挙で、600議席中の103議席を女性議員が占める結果になりました。

 Hurriyet

2015年6月の選挙では、550議席中、97議席(17.6%)、2015年11月の選挙では81議席中、81議席(14.7%)を女性が占めていました。

24日の選挙では、エルドアン大統領の公正発展党(AKP)は295議席を獲得し、52人の女性候補を当選させました。最大野党・共和人民党(CHP)は、24日の選挙の結果、19人の女性を国会に送ることになりました。CHPは22.6%の票を得て、146議席を獲得しました。親クルド政党・人民民主党(HDP)は女性議員24人を誕生させました。


「トルコ人は命より車を大切にする」と専門家が批判

6月26日、イスタンブルは車軸を流す豪雨とヒョウに見舞われましたが、気象学と災害の専門家ミカダト・カドオール教授が、イスタンブルの住民たちの多くが悪天候の警告を無視してマイカーを守ろうとしたと批判しました。

 Hurriyet

「なんということだ。私は豪雨やヒョウや嵐、雷、竜巻の警告をしているのに、人々はヒョウで車が傷つく心配ばかりしている。洪水で溺死したり、雷や竜巻にやられるかもしれないのに、人々は命の心配をしない。命より車が大切なのか」とカドオール教授は言っています。

Hurriyet

ニュース局は、ヒョウに備えて車の被害を最小限にするために、車を屋根のある場所に移動したり、シートで車を蔽っているいる人々のビデオを流しました。昨年の7月、イスタンブルでは、激しいヒョウのために、15万台の車がダメージを受けました。


「ときどきダイアリー」ヘ

コメント

デミルタシュ氏が“不正な”状況下でのHDPの健闘を賞賛

2018年06月26日 | 国内
6月26日 親クルド政党・人民民主党(HDP)の大統領候補セラハッティン・デミルタシュ氏が、HDPが“不公正な”状況下で議席を獲得したことを賞賛しました。

 Hurriyet

HDPは6月24日の選挙で、国会が必要とする10%以上の票を得て、600議席中の65議席を獲得しました。デミルタシュ氏はテロ関連容疑で、2016年11月以来、拘束され、公判を待っていますが、エルドアン大統領に挑戦する5人の候補者の1人になって、刑務所内から選挙運動を行なってきました。

6月25日、デミルタシュ氏はツイートで「他の候補者たちは集会を100回も開けたが、私は100回ツイートを送ることができた」と言いました。「私が拘留状態で選挙運動を強いられたのが、最大の“不公正”だ」と、彼は付言しました。デミルタシュ氏は大統領選で8.4%を獲得しました。


「新政府には各界からの人材が入った」AKP報道係

新しい大統領制の内閣には、生え抜きの政治家だけでなく、さまざまな経歴を持つ人々も入閣するだろうと、公正発展党(AKP)のマヒル・ウナル報道係が、6月26日言いました。

 Hurriyet

「新内閣にはビジネス界、文化界、スポーツ界出身の人々や、外国で暮らしてきた人なども入閣するでしょう」と、ウナル報道係は、国営テレビTRTで語りました。新内閣にはだれが入るのかという質問には、ウナル報道係は「それはエルドアン大統領の胸三寸だ」と答えました。

「インジェ氏はトルコ政界の新しい重要な役者だ」ウナル報道係
「CHPのムハッレム・インジェ氏は30%を獲得して、自ずからCHPのリーダーになったと、ウナル報道係は言い、大統領選での最大野党・共和人民党(CHP)についてコメントしました。

ウナル報道係はまた、選挙でインジェ氏自身が同党よりよい結果を出したことに触れ、現在のCHP議長ケマル・クルチュダルオール氏の指導力に疑問を呈しました。CHPは22.64%を取りましたが、インジェ氏は5900万票の中の30%を獲得しました。

「クルチュダルオール氏は人々を熱狂させられなかったが、インジェ氏は人々を熱く湧かせた。トルコの政界に、新しい重要な役者が登場したと言える」と報道官は語りました。


欧州首脳たちがエルドアン大統領の勝利に祝辞を送った

ドイツのアンゲラ・メルケル首相を初め、ヨーロッパの首脳たちが、6月25日、エルドアン大統領に勝利の祝辞を送りました。

Hurriyet

エルドアン大統領に送った祝辞の中で、メルケル首相は、両国が中東の紛争によって同様のチャレンジに直面していることを力説しました。「中東の動乱と、その結果による難民の流出は、両国に重大な影響を与えているが、トルコは大きな責任を果たしている」と彼女は言いました。

メルケル首相は、トルコとドイツは昔から友好的な関係にあったことを強調し、トルコの安定と民主主義を支持する意向を表明しました。「両国の協力をより強化するために、トルコとともに努めたいと思っている」

ドイツのヴァルター・シュタインマイアー大統領もエルドアン大統領に拍手を送り、両国の関係を加速するためのハイレベルの訪問の実現について語りました。

トルコ大統領府の情報源によると、イギリスのテレサ・メイ首相はエルドアン大統領に電話し、トルコとイギリスの関係をより強化したいと話しました。エルドアン大統領とメイ首相は、7月、ブリュッセルのNATOサミットで話し合うことで合意しました。

ギリシャのアレクシス・ツィプラス首相もトルコのリーダーたちに、電話で祝辞を伝えました。ロイターによると、アメリカのトランプ大統領もエルドアン大統領に電話で祝辞を述べました。両大統領は7月のNATOのサミットで会談することになりました。


   「ときどきダイアリー」ヘ

コメント

大統領選は現職エルドアン大統領が過半数を獲得

2018年06月25日 | 国内
6月25日 大統領選の結果は、最初から現職エルドアン大統領がリードし、大統領が新たな権限を持つ新憲法の下に、エルドアン大統領の続投になりそうです。


公正発展党(AKP)は600議席の過半数を取れませんでしたが、AKPと愛国者運動党(MHP)が結成した“国民同盟”は342議席を得るとみられています。
 
  2018年大統領選挙結果
  レジェップ・タイイプ・エルドアン 52.6%
  ムハッレム・インジェ 30.6%
  セラハッティン・デミルタシュ 8.4%
  メラル・アクシェネル 7.3%
  テメル・カラモラオール 0.9%
  ドーウ・ペリンチェク 0.2%


・・・選挙結果に関する私見は差し控えておきますね。


エルドアンの支持者たちは街に出て勝利を祝った

6月24日夜、全国で、エルドアン大統領の支持者たちは街頭に出て、勝利を祝いました。

 Hurriyet

Hurriyet

Hurriyet


  新議員の中の興味深い顔ぶれ

収監中のジャーナリストから元サッカー選手まで、多彩な顔ぶれの中から数人をご紹介・・・。

Hurriyet

国際的なサッカー選手だったアルパイ・オザラン氏も、外部から政界入りした1人。公正発展党(AKP)のイズミル県候補として出馬しました。オザラン氏は2000年から2004年、アストン・ヴィラのプレミア・リーグでディフェンダーとしてプレイしていました。Euro 2004年でベッカムを嘲笑して悪名を高めました。

 Hurriyet

元モーターサイクルのチャンピオン、ケナン・ソフオール氏もスポーツ界のスター。サカリヤ県から、AKP議員として国会入りしました。ソフオール氏はスーパースポーツ世界選手権で5回勝利していますが、今年初め、スポーツ界を引退しました。

 Hurriyet

ジャーナリスト、エニス・ベルベルオール氏は、機密情報を新聞に漏らしたとして、2月15日、5年10か月の禁固の判決を受けましたが、イスタンブルから立って、共和人民党(CHP)の議員に選ばれました。まもなく釈放されるでしょう。ベルベルオール氏は、2016年に国会議員の特典が廃止された後、収監されました。

 Hurriyet

著名なジャーナリスト、アフメト・シュク氏は、数回収監されていますが、イスタンブルから親クルドの人民民主党(HDP)の議員に立候補しました。シュク氏は、不法テロリスト組織PKKに助力したとして、ジュムフリエト紙の他のジャーナリストたちとともに有罪とされ、7年半の禁固判決を受けていました。

 urriyet

憲法学者のイブラヒム・カブオール教授は緊急事態令によって、マルマラ大学の職を解雇されていましたが、イスタンブルから立って、CHPの議員に選ばれました。

 Hurriyet

大学生のリュメイヤ・カダクさんは、イスタンブルのAKP議員として選ばれました。22歳の彼女はトルコ最年少の国会議員になりました。

 Hurriyet

元CHP党首だった79歳のデニス・バイカル氏もアンタリヤ県でCHPから立って、最高齢の国会議員になりました。バイカル氏は昨年、脳血栓で倒れ、現在、アンカラで治療中です。


   「ときどきダイアリー」ヘ
コメント

CHPのインジェ候補が“異なる明日”を約束した

2018年06月24日 | 国内
6月24日 共和人民党(CHP)の大統領候補ムハッレム・インジェ氏は、23日のイスタンブルでの集会で、“異なる明日”をもたらすことを誓約して、選挙運動を締めくくりました。

 Hurriyet

インジェ氏はイズミルとアンカラで大集会を開いた後、選挙運動最終日はイスタンブルのアジア側マルテペで集会を開き、多くの人を集めました。CHPによると、政府当局はフェリーを休航にしたり、バスを減らしたりして集会を中止させよとしましたが、インジェ氏によると、500万人がマルテペに押し寄せました。

Hurriyet

インジェ氏は集会で、「エルドアン大統領が勝利したら、通貨は弱いまま、物価は高いまま、350万人のシリア難民問題もすべて現在のままだろう」と、暗い未来を語りました。「しかし、私が勝利したら・・・それはインジェだけの勝利ではありません。8000万の人々の勝利です。トルコは勝利するでしょう」

Hurriyet

インジェ候補は50日間で107回の集会を開きました。インジェ氏はスピーチで勝利をくり返し、司法の独立性とトルコのEU加盟交渉の促進を誓いました。インジェ氏は支持者たちに感謝し、「広場を埋め尽くしてる皆さん。希望を新たにしてください。明日は大きな変化の日になるでしょう」

評論家たちは、やはり勝利はエルドアン氏だろうと見ていますが、エネルギッシュなインジェ氏の出現と、野党の広範な結束で、選挙戦は緊張しています。


ギリシャの沿岸警備隊がトルコの“人間運び屋”を銃撃

「6月23日、トルコ人船長が南エーゲ海で、ギリシャの沿岸警備隊の銃撃を受けた後、拘束された。彼のスピードボートには、7人のシリア人移民が乗っていた」と、ギリシャのメディアが報じました。

 Hurriyet

ギリシャのニュース・ウエブサイトによると、ギリシャの沿岸警備隊は、ギリシャ領のコス島の沖合で、トルコの船に警告を発したが、船は警告に応じず、コス島に向かって走りつづけた。ギリシャ軍は船を銃撃し、船長は負傷した。トルコ人船長と7人のシリア人移民は拘束され、コス島に送られた」と、ニュース・ウエブは報じています。報道によると、船長のけがは命にかかわるものではないということです。


   「ときどきダイアリー」ヘ
コメント

フルーツ食べながら、足で運転していた男が警察に捕まった

2018年06月23日 | 国内
6月23日 アブドゥルカディル・エルドアンは、5月、東部エルズルムで拘束されました。起訴状によると、籠に盛ったフルーツを食べながら、足で運転しているビデオをソシアルメディアにシェアした彼は、6年以下の禁固刑になるということです。

 Hurriyet

飲み屋でくつろいでいるような姿で運転している彼のビデオを見て、多くの人々が抗議の声を上げました。エルドアンはその後、釈放されましたが、運転免許証は警察に押収されました。彼は「私は犯罪などおかしていない。時速35キロで、くつろいで運転していただけだ」と主張しました。

エルズルムの主任検事は取り調べ後、起訴状を地方裁判所に送ったと、22日、ニュース・ウエブサイト「ディケン」が報じました。起訴状によると、エルドアンは運転中、だれも傷つけてはいないが、危険運転を行ったとして6年以下の禁固を求刑されています。

釈放後も、エルドアンは性懲りもなく運転をつづけ、水タバコを吸いながら運転しているビデオをソシアルメディアにシェアしました。

・・・近頃、人々をアッと言わせるために、ソシアルメディアに、オチャメというより犯罪もどきの写真をシェアする人が増えていますね。バカなことはおやめなさいね。


選挙テロ攻撃を計画していたIS容疑者14人が拘束された

6月21日、アンカラで、イスラム国(ISIL)のメンバー14人が、今週末の選挙を攻撃する計画を立てていた容疑で拘束されました。

 Hurriyet

14人は全員外国籍でした。当局はアンカラで、彼らのアジトを同時手入れしました。報道によると、大量の資料が押収されましたが、テロ攻撃の時間や場所、容疑者たちの国籍などの詳細は資料にありませんでした。

24日、有権者たちは投票所に向かいます。6人の候補者が立候補し、8政党が国会議員選挙に参加ししています。トルコではこれまでに、300人以上の人々がISの攻撃によって命を落としています。ISは自爆やロケット、銃撃で市民を標的にしてきました。ISによる、トルコでの最後の大きなテロは、2017年の新年早朝、イスタンブルのナイトクラブ「レイナ」で起こった、ウズベク人の男による大虐殺でした。このテロでは、39人がなくなっています。


「ジャガイモの価格高騰は裏に“闇の手”が働いている」農相

アフメト・エヒレフ・ファクババ食品・農業・家畜相が、「ジャガイモなど基本的食品の高騰には、裏に“闇の手”が働いている」と言いました。(昨日の頁参照)

 Hurriyet
3月23日、ニーデ県を訪れ、ジャガイモの種子を見るファクババ農相


「2か月前、生産者たちはジャガイモの価格について不満を言っていた。当時、ジャガイモは1キロ50クルシュだった。この価格急騰の裏には、闇の手が働いている。われわれはその闇の手を撲滅する」と、ファクババ農相は、シャンルウルファ県のAKP(公正発展党)本部を訪問中に語りました。「ジャガイモや玉ネギやヒヨコ豆などの価格は、また、もとにもどるだろう」と農相は付言しました。

政府は物価を抑制するために、ジャガイモと玉ネギを、一定の国から、一定の量、輸入することを許可しました。



「ときどきダイアリー」ヘ






コメント

「われわれは西洋を選ぶ」CHP大統領候補

2018年06月21日 | 国内
6月22日 共和人民党(CHP)の大統領候補ムハッレム・インジェ氏が、トルコとEUの緊張した関係を修復すると誓約し、われわれは“西洋を選択する”と強調しました。

Hurriyet
中央がCHP大統領候補ムハッレム・インジェ氏


「私は何人かの大使に会い、わが国の選択を変えるよう強いるべきではないと、彼らに言いました。私が大統領に選ばれたら、私はただちにヨーロッパの首都を歴訪します」と、インジェ氏は、6月20日、イスタンブルで開かれた会合で、新聞やテレビの編集長たちに語りました。

「私が早急に着手するのは司法制度です」とインジェ氏は言いました。「私はEUが言うことは気にしません。私はジェムエヴィを祈りの場として認めます。ジェムエヴィを持つことはアレヴィの市民の権利なのですから。学校の宗教クラスは必須でなくします」

「EUがわが国に望んでいることは、いくつかあります。しかし、EUが望もうと望むまいと、われわれには国民のために、なすべきことがあります。われわれは司法制度までEUに合わせなければなないのか?司法制度はEUと関係なく決めるべきです。私はEUの信頼も得ていると思っています」と、インジェ氏は、対外政策に関する問いに答えました。

「われわれは過去にもどりません。わが国の過去の議会制度はよくなかった。しかし、いまはもっと悪くなっています。われわれはこれを変えます。新聞の見出しさえ、1人の人物によって決められています。われわれはこれを変えます」とCHPの候補者は語りました。

・・・「ジェムエヴィ」はアレヴィ派の人々の礼拝の場です。トルコには多くのアレヴィ派の人々がいます。


政府は玉ネギとジャガイモの輸入を許可した

政府は最近の急騰する物価を抑制するため、一定の国から一定量のジャガイモと玉ネギの輸入を許可しました。


ジャガイモや玉ネギ、乳製品などの基本的食品の価格高騰はソシアルメディアでも論争を呼び、野党の批判を浴びています。

ニハト・ゼイベクジ経済相は、政府は種々の食品の価格高騰に注目していると言いました。「政府は玉ネギなどの食品の価格の急騰を防ぐ対策をとります。政府は一定の国から一定量の玉ネギとジャガイモを輸入することを許可します」と、ゼイベクジ経済相は、6月21日、テレビのインタビューで言いました。

イスタンブルでは、この1か月で玉ネギ1キロの価格が212%高騰し、6.5リラ(1.4ドル)になりました。昨年の6月、玉ネギ1キロは約1.3キロで売られていました。ジャガイモの値段も1か月で94%上がり、6月、6リラ(1.3ドル)になりました。昨年の6月、ジャガイモは1キロは約1.5リラでした。バターなど、ほとんどすべての乳製品も急騰しました。

最大野党・共和人民党(CHP)の大統領候補ムハッレム・インジェ氏も、21日、物価高騰を批判しました。「ジャガイモ1キロが1ドル以上になったのは、トルコで初めてだ。これは経済上の大問題だ」とインジェ氏は、トルコ最高のビジネス組織TUSIAD(トルコ産業・ビジネス協会)の委員たちとの会合で言いました。彼はトルコ経済は脆弱だと言い、経済問題の解決には、法の規定と民主的基本方針の維持が必要だと付言しました。


「過半数を取れなかったら連立でいくかも」エルドアン大統領

エルドアン大統領が、6月20日のインタビューで、「24日の選挙で公正発展党(AKP)が議会の過半数を確保できなかったら、連立制でいくかも」と語りました。

 Hurriyet

世論調査によると、選挙は予想以上に接戦かもしれず、エルドアン氏は大統領選で第2ラウンドの決選投票に追い込まれ、AKPは国会の600議席の過半数は確保できないかもしれないということです。「もし300議席以下なら、そのときは連立もあり得る」と、エルドアン大統領はクラルFMラジオ局のインタビューで言い、「だが、その可能性はきわめて少ない」と付け加えました。

しかし、大統領のこの発言は、彼自身の政治的予想の変化を示すものと言えます。


   「ときどきダイアリー」ヘ
コメント