トルコのトピックス

トルコの新しい話題をご紹介しています

7月20日、地下都市が一部公開される

2020年07月12日 | 観光
7月12日 2014年、ネヴシェヒル県で都市改革プロジェクト中に発見された世界最大の地下都市が、7月20日、一部公開されます。

 Hurriyet

5000年昔のものと思われる地下都市は、ネヴシェヒル城周辺に位置し、隠された教会も発見されました。地下都市内のトンネルは農作物を運ぶのに使われたと思われます。また、トンネルの一つはネヴシェヒルの地下を通って、遠い水源に達していたと推測されます。「この居住地内に、眺めの良いテラスや、土産物店、博物館、歩道などができます」と、ネヴシェヒルのラシム・アル市長は言いました。

Hurriyet

「将来は、空中から城や居住地を眺めたいツーリストのために、市はケーブルカーを設置します」と市長は言いました。発掘作業も、市と文化観光省と多くの大学の研究者の貢献によって、6年間つづいています。

ネヴシェヒルの地下都市周辺のエリアは、カッパドキアの奇岩「妖精の煙突」によって、世界に知られています。カッパドキアはすでにユネスコの世界遺産に登録されています。


森林火災の対応が早くなってきた

トルコの農林省は、森林火災の対応時間を12分から10分に縮める新しい目標を定めました。

 Hurriyet

2002年には、森林火災の対応時間は40分前後でした。しかし、消防隊の装備の改良が進んで、チームはこの5年間で対応時間を短縮することができました。政府はさらに装備を改良し、2023年には対応時間を10分にすることを目標にしています。

トルコは、いまはサーマル・ドローン(温度検出ができるドローン)その他、無人航空機やヘリコプターを使うことによって、より効果的な方法で森林火災に対処できるようになっています。

現在、1万8000人のチームと、約2600台の車両、1000台以上の水トラックが用意されています。10トンの水陸両用機2機とヘリ6機も、地上で消防チームを支援します。昨年は約2700件の火災が、11,000ヘクタールの森林を破壊しました。


   「ときどきダイアリー」ヘ
コメント

「モスク改装後のアヤソフィアはすべての人に開かれる」大統領

2020年07月11日 | 国内
7月11日 トルコは7月24日、アヤソフィアを金曜礼拝のためにオープンすると、7月10日、エルドアン大統領が言いました。

 Hurriyet

大統領は国民へのスピーチで、アヤソフィアの地位に関する見解を説明しました。アヤソフィアはこの何十年間、博物館として使われてきましたが、7月10日の布告後は、モスクとして使われることになりました。大統領は、アヤソフィアの扉は他のモスクと同様、トルコ人、外国人、ムスリム、非ムスリムのために開かれると言いました。

「私はアヤソフィアについて、法的決定を尊重するよう、皆さんにお願いします」とエルドアン大統領は言い、この歴史的建物群をどのように使うかは、国家主権の問題だと強調しました。トルコはこの問題に関するあらゆる意見を歓迎すると、エルドアン大統領は言い、アヤソフィアの新しい地位に言及し、また、これ以上の意見や表現はトルコの“独立性”の“侵害”とみなされるだろうと付言しました。

「私たちは人類の共通の文化遺産を守るために、アヤソフィアをモスクとしてオープンすると、私は言いたい」と大統領は力説しました。「いま、アヤソフィアは博物館でなく、モスクになったのですから、訪れる人々は入場料を支払わずに、この歴史的な宝を見学することができます」

「征服以来、イスタンブルはムスリムも、キリスト教徒も、ユダヤ教徒も、平和に暮らしてきました」と、大統領は言いました。アヤソフィアはビザンティン帝国治世の何百年も教会として使われ、1453年の征服後は、モスクに変えられました。1935年、アヤソフィアは博物館に変えられました。


トルコの失業率は4月、わずかに減少した

トルコの失業率は4月、12.8%に減少したと、10日、統計局が発表しました。

 Hurriyet

この数字は昨年同月に比して、0.2%の減少だと統計局は言っています。4月の失業率は、13.2%だった前月からも減少しています。15歳以上の失業者数は、4月、380万人でしたが、年間ベースでは、42万7000人減少しています。非農業失業率は0.1%減少して、14.9%になりました。


ボスニアの乳児がトルコで治療を受けて明るい未来を

先天的に心臓に問題のあったボスニアの赤ちゃんが、トルコの医師と看護師の力で明るい未来を獲得しました。

 Hurriyet

生後7か月のヴィンコちゃんは、ブルー・ベイビーと呼ばれる稀な心血管の病気「ファロー四微症」にかかっていました。医師たちはヴィンコちゃんの両親に、赤ちゃんには、肺への低血流や、心室の間に穴があること、動脈の場所が悪いことなど、いくつかの問題があるから、手術の必要があると話し、ボスニアには医療施設が整っていないからトルコに行くよう勧めました。

救急機で運ばれたヴィンコちゃんは、イスタンブルのアジバデム・バクルキョイ病院で治療を受けました。ヴィンコちゃんは生後1か月で手術を受けていましたが、トルコで受けた手術で完全に回復し故国へ帰りました。

ヴィンコちゃんは普通の子のように生きられる
ヴィンコちゃんの手術を行った病院の心血管手術のスペシャリスト、ユスフ・ケナン・ヤルチンバシュ医師は、100人に1人の赤ちゃんが心臓に欠陥を持って生まれるが、ぜんぶがすぐに手術が必要なほど重症ではないと、アナドル通信に語りました。


   「ときどきダイアリー」ヘ


コメント

「ヘアサロンはカフェより安全です」ヘアサロン協会会長

2020年07月10日 | 国内
7月10日 コロナ・パンデミックのために約3か月間休んでいたヘアサロンは、5月中旬に再開しましたが、まだ訪れる顧客が少なくて困っています。

 Hurriyet

イズミルのヘアサロン協会の会長セザイ・アバイドゥンさんは、「女性たちはコロナを怖がって、密閉された場所に入りたがらず、ヘアサロンを避けているようです」と言いました。「皆さんはオンラインでヘアカラー剤を買って、自宅でカラリングしているようです。私たちの商売は上がったりです」

理髪店とヘアサロンは、コロナ拡散予防対策の一環として、3月21日から5月11日まで休業していました。しかし、再開しても、顧客たちは密閉された場所に入るのを躊躇しているようです。「私たちはお客さまの収容量を25%にしてやっています。家賃やスタッフのサラリーも支払えなくなっている店もありますよ。ドライヤーとエアコンの使用も禁止されています。これらの禁止が解除されるのを待っているのですが」と、彼は言いました。

「ヘアサロンはウイルスに対する予防策はすべて行っています。ヘアサロンはカフェやレストランやショッピングセンターより安全ですよ」と、彼は明言しました。「結婚シーズンはもう始まっています。花婿さんたちはヘアサロンを訪れる必要がありますが、私たちはメークすることも許可されていないのです」

ヘアサロンを訪れていた顧客の一人ジャンス・トゥルさんは、「今日はヘアカットのために来ました。ヘアカラーはまだウチでやります」と言いました。


「アヤソフィアはつねに世界遺産に属する」大統領府報道官

イスタンブルのアヤソフィアを礼拝のために使いたいという声はだいぶ前から上がっていましたが、大統領府のイブラヒム・カルン報道官が、アヤソフィアを礼拝のために再開することで、そのアイデンティティが失われることはない、とアナドル通信の独占インタビューで語りました。

 Hurriyet

「アヤソフィアを礼拝のために再開しても、見学をさせないわけではありません。わが祖先たちがキリスト教の価値あるものを守ってきたように、アヤソフィアにあるキリスト教の肖像画などは保存されます」とカルン報道官は言いました。

礼拝のためのアヤソフィア再開
「ブルー・モスクやファティフ・モスク、シュレイマニエ・モスクのような、わが国の大きなモスクはみな見学者と礼拝者双方のために開かれています」と報道官は言いました。彼はまた、フランスのノートルダムやサクレ・クール寺院のような世界の有名な教会も、礼拝者とツーリスト双方に開かれていると言及しました。

「アヤソフィアを礼拝のために開くことは、国内外のツーリストの見学を妨げるものではありません。従って、世界遺産から外されるようなこともあり得ません」とカルン報道官は強調しました。

エルドアン大統領は、トルコには少なくとも400の教会とシナゴーグが、現に礼拝のために開かれていると言いました。「非ムスリム社会は何百年もトルコの一部になっています。トルコのマイノリティに対する圧力もありません」


   「ときどきダイアリー」ヘ
コメント

世界の人口は増えているが、トルコの出生率は減少

2020年07月08日 | 国内
7月8日 7月11日の「世界人口デー」をまえに、トルコ統計局が、2019年のトルコの出生率は、女性1人に対して子供は1.88人に減少したと発表しました。

Hurriyet

統計局によると、トルコの合計特殊出生率、すなわち1人の女性の産む子供の平均数は、一昨年は1.99人でしたが、昨年は1.88人に減少しました。

世界の人口問題への関心を喚起する日「世界人口デー」は、1989年、国連開発プログラムによって設立されました。この日は、家族計画、性の平等、貧困、母体の健康、人権といったさまざまな人口問題に人々の関心を促すことを目的としています。

トルコでは、2018年の総出産率は、女性1人に対して子供1.99人でしたが、2017年には2.07人でした。これは出産率が人口置換水準を下まわっていることを示しています。出産率の漸進的減少は、都市化、高等教育を受ける女性の増加、働く女性の増加が、間接的に出産を後回しにさせているためだと、専門家は言っています。

しかし、トルコの出産率はヨーロッパ大陸では最高です。2019年、最高出産率の南東部シャンルウルファでは、1人の女性が3.89人の子供を産んでいます。最低出産率の北部ギュミュシュハネ県では、1人の女性が産んだ子供の数は1.33人でした。

トルコの総出生率はEU加盟27か国の出生率を上まわっています。2018年、EU27か国で最も出生率が高かったのはフランスで、子供は1.88人、最も低かったのはマルタで、子供は1.23人でした。最新の世界銀行のデータによると、2018年の世界の総出生率は2.3でした。

トルコ統計局によると、トルコの人口は2018年末、8,310万人で、年間成長率は1.43%でした。統計局は、トルコの総人口は2040年には1億人を超えるだろうと予測しています。


ガラタ塔の修復作業が鳥たちのために、しばらく中止

イスタンブルの象徴的存在であるガラタ塔の修復作業が、塔の内部に巣をかけた鳥たちのために、しばらく中止されています。

 Hurriyet

「私たちはアメツバメたちに 非情になることはできませんでした。鳥たちが移動するまで、塔の外部の修復作業は中止します」と、メフメト・ヌーリ・エルソイ文化観光相が言いました。「博物館内に、ガラタの鳥たちのための場所をつくります」

672年の歴史あるガラタ塔は財団総局に譲渡され、いまは市が運営しています。修復活動は塔のてっぺんに巣をかけていた鳥たちを驚かせたようです。鳥たちはいま産卵期にあります。修復作業は、アメツバメたちが9月末に南へ移動したら再開されるでしょう。

イスタンブルで最も高い塔の一つであるガラタ塔は、14世紀、ジェノアの植民者たちによって、コンスタンティノープルの対岸のベイオールのガラタ地区を囲む防壁の一部として建てられました。

この塔の数百メートル下では、巨大プロジェクト「ガラタ港」が進行中です。イスタンブル・カラキョイ地区の、1200メートルの海岸線に沿って行われているこのプロジェクトは、イスタンブル観光を盛り上げ、観光収入を増やすでしょう。


コロナによる死者数は5260人に、1日の感染者は1053人になった

トルコの確認されたコロナウイルス感染者は、この24時間で1,053人増え、19人が死亡し、死者総数は5,260人に達したと、7月7日、ファフレッティン・コジャ保健相が言いました。

 Hurriyet

コジャ保健相がツイッターにシェアしたインフォグラフィックによると、トルコの確認された感染者総数は207,897人になりました。保健相はまた、この24時間で2297人の患者が快復したと言っています。快復者総数は18529人になりました。

保健相はまた、昨日、50,545人がテストを受け、テストを受けた人の総数は3,733,218人になったと言いました。トルコでは、現在、1,152人の患者が集中治療室で治療中で、400人が人工呼吸器を使っているそうです。


  「ときどきダイアリー」ヘ
コメント

ヴァン湖で不法移民の乗った船が沈没した

2020年07月06日 | 国際
7月7日 先週、トルコ東部のヴァン湖で、不法移民55~60人が乗った船が沈没しましたが、救助・捜索チームがさらに2人の遺体を見つけました。

 Hurriyet

これまでに総計11人の遺体が見つかり、2人がこの事件関連で逮捕されました。憲兵隊、警察隊、トルコ災害緊急管理局(AFAD)が捜索活動を行っています。活動は悪天候で難航していると、ソースは言っています。

また、少なくとも42人の亡命志願者が、ヨーロッパへ不法に渡ろうとして、西部トルコで捕まったと、治安ソースが7月6日、アナドル通信に語りました。内報を得て、イズミル県メンデレス地区の県憲兵隊コマンド・チームが、ギリシャに渡ろうとしていた36人のコンゴ人、4人の中央アフリカ共和国人、2人のアフガン人を拘束しました。

地理的位置と近隣地域の紛争のために、トルコは、ヨーロッパで新しい生活を始めようとする亡命志願者たちの主要なルートになってしまいました。シリアの果てしない紛争が、ヨーロッパへの大規模な移民の引き金のひとつになっています。約400万のシリア人を受け入れているトルコは、世界最大の移民受け入れ国です。


「ドイツ人はまもなくトルコで休暇を過ごせる」ドイツ観光部長

ドイツのツーリストたちは、まもなく夏の休暇にトルコに旅行できるようになるだろうと、ドイツのトーマス・バレイス観光部長が言いました。

 Hurriyet

「どの国も公平に扱われるべきです。私たちはトルコとドイツのツーリズム活動がまもなく再開されると信じています」と、ベレイス部長はドイツのNTV放送に語りました。

ベレイス部長はまた、先週、トルコのメヴリュト・チャウシュオール外相とメフメト・ヌーリ・エルソイ文化観光相と、ベルリンで実りある話し合いが行われたと言いました。彼はまた、両国のツーリズム活動を再開するためにとるべきステップを考えていると付言しました。

ベレイス部長は、コロナとの戦いに対するトルコの努力を賞賛し、トルコのパンデミック状況がもっと良くなれば、われわれはツーリズム活動の再開のための準備を強化すると語りました。

トルコはドイツ人が休暇を過ごす旅先として最も人気のある国のひとつです。昨年は約500万のドイツ人がトルコを訪れています。


   「ときどきダイアリー」ヘ

コメント

ギリシャは欧州人より気前のいいトルコ人ツーリストを待っている

2020年07月05日 | 観光
7月6日  ギリシャは正常化フェーズに入り、トルコを除く14か国に門戸を開きましたが、ギリシャの観光業者は、ヨーロッパ人より金を使うトルコ人ツーリストの来訪を待っています。

 Hurriyet

「旅行禁止令はすぐに止めて、ヨーロッパ人ツーリストより貴重なトルコ人ツーリストに来てもらうべきだ」と、ギリシャの観光業者は言っています。「島々では、マリーナも、居酒屋も、ビーチも、商店も空っぽで、悲惨な状況です」

ギリシャの観光業者はトルコ人ツーリストを待ち望んでいます。「早くトルコ人が来てくれないと・・・。私はシミ島で居酒屋からパン屋まで11軒の店を持っていますが、ぜんぶ閉めています」と、シミ島の有名な居酒屋「マノス・マンゴス」のオーナーは怒りを込めて言いました。

シミ島のレフテリス・パパカロドゥカス町長も困惑しきっています。「去年は7000隻のトルコの船が港に入り、7万人のトルコ人が遊びに来ました。旅行禁止令は止めるべきです。経済の問題だけでなく、両国の関係のためにも」と町長は言いました。

去年は3300万人のツーリストがギリシャを訪れ、190億ユーロを落としてギリシャ経済を潤しました。ツーリストの中の200万人はトルコ人で、3億3000万ユーロを消費しています。トルコ人は1人が1日に82ユーロを消費する、最も気前のいいツーリストだそうです。

ロードス島のクロノス・ヨット社のオーナー、サキス・ペトゥルさんは、「トルコ人はドイツ人の3倍のお金を使います。魚レストランでトルコ人はイカやタコを食べますが、ドイツ人はサラダだけですよ」と言いました。

「パトモス島のマリーナにはヨットが100隻入りますが、昨日は地元のヨットが1隻だけでした」と観光専門家のヤニス・カマレトスさんは言いました。「トルコ人が来なければ、レストランは開けません」


「コロナ感染はイスタンブルとアンカラで増えている」保健相

この3日間、コロナ感染が急増している7県の中に、トルコ最大の都市イスタンブルと首都アンカラが入っていると、ファフレッティン・コジャ保健相が言いました。

 Hurriyet

その他の急増している都市は、東部のガジアンテプ、マルディン、ディヤルバクル、中央アナトリアのコンヤ、北西部のブルサだと、保健相は言いました。保健相は以前、「トルコ全国のコロナ発生のほぼ54%は、イスタンブルで発生している」と言いました。

コジャ保健相提供のデータによると、集中治療室にいる患者数は、7月3日は1082人、7月4日は1093人、7月5日は1121人だということです。


厳しいウイルス対策の下に、学校再開

トルコの学校は、8月末、保健省が発表したガイドラインに従った厳しいルールの下に再開されます。

Hurriyet


8月31日、新学期が始まる前に、校舎は完全に洗浄されます。教育施設は、コロナ拡散防止対策の一環として、体温を計るのに必要な機器、マスク、手洗い用の消毒液、コロンなど完備します。学校は1人の生徒に4平方メートルのスペースを与えるよう調整しなけれななりません。教室、研究室、食堂では、生徒は互いに1メートルは離れます。

保健省のガイドラインでは、熱や咳、鼻水、下痢の症状のある生徒や、呼吸器に問題のある生徒の登校は許可されません。親は車で生徒を送り迎えするとき、ソシアル・ディスタンスを厳守する必要があります。保健省はまた、できれば、毎日、同じ親が送り迎えをし、65歳以上の祖父母が送り迎えしないよう勧告しています。

親は学校の構内に入ることは許可されません。教師、学生、職員はすべてマスクを着用し、学校はマスクを持っていない人にマスクを提供し、教室はい1日中、定期的にチェックされます。各学校には、ウイルス対策が実施されているか監視するスタッフが1名おかれます。ウイルス対策は学校のウエブサイトに発表され、両親にはEメールで知らされます。


   「ときどきダイアリー」ヘ
コメント

トルコの学生チームが小型衛星を打ち上げる

2020年07月05日 | 国内
7月5日 トルコの工科系学生のチームが、年末、小型化された衛星を宇宙に送ります。

 Hurriyet

「私たちは新しく開発された小型衛星PocketQube について、2016年から学び始め、トルコ最初のPocketQube 衛星Grizu-263Aを開発しました」と「Grizu-263A宇宙チーム」のリーダー、アイタチ・ドゥルスンさんがアナドル通信に語りました。「衛星は12月に、アメリカの“カナヴェラル岬宇宙打ち上げ場”から、スペースXのFalcon 90ロケットによって宇宙に送られます」

2016年、ゾングルダク県のビュレント・エジェヴィト大学で結成されたGrizu-263チームの目標は、宇宙と衛星技術を研究し、国際的コンペに参加することにあります。「小型衛星は私たちにとって、とてもエクサイティングな研究です。ゾングルダクから宇宙への旅です」とドゥルスンさんは言いました。

チームの名は、1992年、263人の炭鉱夫がなくなった炭鉱ガス爆発から取りました。Grizuとはトルコ語で「爆発ガス」を意味します。小型衛星PocketQube はロケットの打ち上げ費用と制作時間を最小化し、また衛星が受けるダメージを小さくすると、ドゥルスンさんは言っています。

「衛星を完全に自分たちでつくったことで、私たちは多くのものを得ました。私たちは衛星技術を縮小し、5×5×5センチの立方体の小衛星に詰め込みました」と彼は言いました。「この衛星制作のプロジェクトで私たちが得た最も重要なことは、学部の学生でも宇宙に衛星を送れるということです」

「学部の学生のグループが、このような大きなプロジェクトを実現させ完成させたことは、わが国が熟練したマンパワーを得たたことになるでしょう」とドゥルスンさんは言いました。


「最近のウイルス感染者数は心配だ」と保健相

トルコのコロナウイルス感染に関する最近の数値には心配させられると、ファフレッティン・コジャ保健相は言い、正常化フェーズに入っても、衛生ルールを守るよう勧告しました。

 Hurriyet

「脅威と向き合っている私たちは、用心深くありつづけなければいけません。衛生とマスク着用とソシアル・ディスタンスに従う基本的なルールを守りましょう」と保健相は警告しました。

7月4日、イスタンブルのカルタル国立病院の落成式のスピーチで、保健相は、「コロナ発生の脅威はまだ終わっていません。わが国とわが国民は危険と向き合っています」と言いました。

コジャ保健相はまた、集中治療室にいる患者の数は増えていると、7月4日、ツイッターに書きました。コジャ保健相がツイッターにシェアした最近のデータによると、7月4日現在、集中治療室にいる患者は1093人です。保健相はまた、毎日の感染者数の減少がスローペースになっていることを指摘しました。


   「ときどきダイアリー」ヘ

コメント

コロナ感染者の半数以上はイスタンブル

2020年07月04日 | 国内
7月4日 保健 省が調査したコロナ状況報告によると、トルコのコロナ感染例の半数以上は、人口1,600万のトルコ最大都市イスタンブルで発生しているそうです。19万8,284人の感染者のうち、10万8,749人はイスタンブルで報告されています。

 Hurriyet

トルコでは6月末までに20万人の感染者が報告されていますが、最近、コロナ感染はトルコ東部・南東部で爆発的に増えています。2言語で書かれた報告書によると、トルコで見つかったコロナ感染者総数は19万8,284人ですが、そのうち5,097人が死亡しています。

パンデミックの中、10万5,000人以上の患者がコロナによって入院しましたが、そのうち7,775人が人工呼吸器を使用し、9万8,000人は退院しました。

イスタンブルに次いで感染者が多いのはマルマラ地方で2万Ⅰ626人、南東部が1万6,8Ⅰ3人です。ファフレッティン・コジャ保健相は、感染者が多いのは、イスタンブル、アンカラ、ガジアンテプ、コンヤ、ブルサの各県だと,くり返し言っています。コロナによる死者は、この24時間で17人が死亡し、総数は5,167人に達しました。


「トルコは138か国にウイルス支援を送った」エルドアン大統領

トルコはコロナ・パンデミックとの戦いに助力するために、138か国に医療支援を送ったと、7月4日、エルドアン大統領が言いました。

 Hurriyet

「われわれは宗教,言語、民族、地域を問わず、138か国に医療機器や物資を送りました」と、大統領はイスタンブルに新しくできた病院「カルタル国立病院」の落成式で言いました。

ウイルスに対するトルコの模範的努力は、医療ツーリズムの基礎づくりになるだろうと大統領は語り、「われわれはトルコを3大陸の保健センターにします」と付言しました。3大陸とはトルコを中心としたアジア、ヨーロッパ、アフリカ大陸を意味します。

「われわれが取った対策と開発した方法によって、わが国はコロナ死亡者の最も少ない国のひとつとして生き残りました」と、エルドアン大統領は言いました。「このカルタル国立病院は、年間、10万件の手術、とくにガン手術を行うと期待されます」


   「ときどきダイアリー」ヘ




コメント

エルドアン大統領のコロナ後初の外遊はカタール

2020年07月03日 | 国内
7月3日 エルドアン大統領は7月2日、カタールを日帰り訪問しました。コロナ・パンデミックが始まって以来、初の外国訪問です。

 Hurriyet

ベラト・アルバイラク財務相、フルシ・アカル国防相、ファフレッティン・アルトゥン通信局長、イブラヒム・カルン大統領報道官、ハカン・フィダン国家情報機構長官も同行しました。トルコとカタールは、とくに2017年の湾岸危機以来、強い関係を維持してきました。

湾岸危機以来、サウジアラビア、エジプト、アラブ首長国連邦、バーレーンは、隣国カタールとの外交・通商関係を絶っています。トルコは、諸国に科された封鎖に立ち向かうカタールを支持してきました。


コロナ・テスト・センターがイスタンブル空港に設立された

乗客のコロナ・テストを行うための特別のセンターがイスタンブル空港に設立されたと、空港を運営するIGAが、7月1日言いました。

 Hurriyet

乗客ののどや鼻から綿棒で取られたサンプルは、空港ターミナルにある研究所で検査され、結果は2時間以内に乗客に知らされると、IGAのファティフ・メレ運営管理部長が記者団に語りました。乗客は出発前と到着後にPCRテストを受けます。テストの結果は、外国に出かける乗客、またはトルコに帰国した乗客に、トルコ語と英語のEメールで送られるか、ハードコピーで渡されます。

テスト・センターは1日に3万8000人から4万人のテストができると、メレ氏は言っています。センターは保健省と文化観光省の共同要請によって設立されました。「サンプルを取る個室は50室設けられ、1時間に2000人がテストを受けられます」

PCRテストのための費用は110リラ(約16ドル)ですが、「IGAはマージンをとっていません。乗客の皆さんが、テストを受けて、安心して空の旅をしていただくためです」と、メレ氏は言っています。「われわれは乗客の皆さんが到着される前に、空港スタッフ520人のテストを行い、全員が陰性であることを確認します」

2018年10月にオープンした国際空港の第1フェーズは、年間1億人の乗客を扱える、世界で最重要かつ最大の空港のひとつです。6本の滑走路のある4フェーズすべてが2028年までに完成すれば、この空港は、年間、最大2億人の乗客にサービスできる予定です。


   「ときどきダイアリー」ヘ
コメント

「ドイツは旅行警告国からトルコをはずすべきだ」トルコ外相

2020年07月02日 | 観光
7月2日 ドイツは“客観的基準に基づいて”、トルコに対する旅行警告を再考すべきだと、トルコのメヴリュト・チャウシュオール外相が、7月2日、言いました。

 Hurriyet
ベルリンで会談したトルコのチャウシュオール外相(左)とドイツのマアス外相


「ドイツは旅行警告を見なおすべきだ。ドイツは客観的基準に基づいて状況を判断し、トルコを安全で危険のない国のリストに入れるべきだ。われわれの友人であるドイツ人たちは休暇をトルコで過ごしたがっている」と、チャウシュオール外相は、ドイツのハイコ・マアス外相との共同記者会見で言いました。

「わが国はドイツその他の国々からのゲストを歓迎する準備ができています」ト、チャウシュオール外相は言い、トルコはコロナ感染を防ぐために必要な対策を取っていると強調しました。

トルコとドイツの外相はベルリンで会談し、コロナウイルス拡大を防ぐために導入された観光と旅行の制約について話し合いました。メフメト・ヌーリ・エルソイ文化観光相も、ドイツの観光相と話し合いました。チャウシュオール外相は、空港、ホテル、移動手段など旅行に関するプロセスは、ドイツの会社が確認していると言いました。

トルコは6月11日、8都市へのフライトを開始し、ツーリストはゆっくりとトルコを訪れ始めています。トルコは、EUがトルコをアメリカその他の国々といっしょに、旅行を推薦する国のリストからはずしたことに失望し、“誤り”をただすよう求めています。


オルハン・パムクが文と絵でパンデミックを描いた

トルコのノーベル文学賞作家オルハン・パムクが、1900年代に起こったぺスト・パンデミックに関する小説「ペストの夜」(Veba Geceleri)を書き上げようとしています。

 Hurriyet

パムクは「ニューヨーク・タイムス」に記事を書き、また、彼が教えているコロンビア大学のインタビューで、「小説を書き上げようというときに、悲しいことに、巷にパンデミックが起こった」と言いました。そのために、小説の完成は遅れたが、書き上げる気が起こったと、彼は語っています。

パムクはまた、彼の中の視覚的アーティストが、小説「無垢の美術館」(Masmiyet Muzesi)のように、文学的プロジェクトにかかわりたくなってきたと語りました。この小説の取材のために、彼は医学書や、薬品のパンフレットや、当時の図版を検証しました。これらの資料をベースに、パムクは、小説の雰囲気を創作しながら、ノートに絵を描きました。

彼は最初、大学のウエブサイトにこれらの絵をシェアしました。「無垢の美術館」で、美術的側面を実証したパムクは、絵でも、この時代の雰囲気と精神を非常によく表現しています。


   「ときどきダイアリー」ヘ
コメント