トルコのトピックス

トルコの新しい話題をご紹介しています

タクシム公園の抗議すわりこみは4日めに

2013年05月31日 | 国内
6月1日 ゲジ公園を取り壊しショッピングモールを建てるというプロジェクトに反対して公園に寝泊りしている抗議者たちを追い払おうと、早朝、警察が襲撃したことは昨日の頁にアップしました。
イスタンブールの医療会議所によると、7人が重傷、6人が頭に重い外傷を受けました。1人の教師は足を骨折しました。

 Hurriyet

公園の取り壊しを阻止するために、抗議者たちは5月26日以来、公園を占拠しています。
抗議者たちは催涙ガスに追われて、近くの道路に逃げました。彼らが登ろうとした塀が崩れて、多くの人が負傷しました。
ソシアル・メディアによると、警察は逃げた抗議者たちを追いかけつづけたそうです。

現政権公正発展党(AKP)のシリン・ウナル議員はツイッターで抗議者たちを嘲笑し、高圧的な警察のガス使用を支持しました。
「ガスの使用はある人々には必要だ」とウナル議員は書いています。「広場を去れば、よいことではないか。制度には従うべきだ」多くのツイッターたちがこれに激しく反駁しました。

 Hurriyet

ポスタ紙とビルギュン紙の記者アフメット・シュクさん(写真)は催涙ガス弾が頭に当たって入院しました。ヒュリエット紙のカメラマン、エムラー・ギュレルさんも脚に負傷しました。

国際アムネスティは“イスタンブールの中央公園での平和的な抗議者たちに対するペッパー・スプレーを含む、ゆき過ぎた力の使用”を非難しました。

・・・なぜショッピングモールをつくらなければいけないのか、そのへんの理由はわかりませんね。


パリ・オートクチュールでも活躍のデザイナー、ディレキ・ハニフ

トルコ文化とオスマン文化をブレンドしたデザインで、トルコのファッション・シーンはもちろん、世界のセレブにも顧客を持つトルコ人ファッション・デザイナー、ディレキ・ハニフをご存知でしょうか。

 Hurriyet
ハニフさん自身がモデルみたいにステキですね。


「ル・フィガロ」のジャック・ピカールは、ディレキ・ハニフを、トルコとトルコ人の文化を包括し表現するコレクションで絶賛を博しているユニークなデザイナーと評しています。
トルコのファッション界をリードするハニフはいま、その企業家としての手腕、デザイナーとしての才能、エネルギー、創造性で、現代のトルコ女性の憧れの的になっています。

1990年代、彼女はオートクチュールと既製服コレクションのブランドを立ち上げました。
彼女のデザインは東洋と西洋、オスマンとトルコの文化の巧みな結合と言われます。

2002年に行なわれた最初のファッションショーの後、彼女はエイヴォンの「最も成功した女性デザイナー」賞を受け、2004年にはオリフレームの「最も成功した今年の女性」に選ばれました。
ハニフはパリ・オートクチュールのカレンダーに入った最初のトルコ人デザイナーです。

Hurriyet
魅惑的で洗練されたハニフのコレクション


彼女がオスマン文化とトルコ文化からインスピレーションを得ていることは、彼女のコレクションにもはっきりと現れています。彼女のコレクションのすばらしさは精巧なディテールと豊かな色使いにあるといわれます。

彼女の魅惑的で洗練されたスタイルは、大統領夫人ハイルニッサ・ギュルさんを初め多くの有名人の高く評価されています。
ハニフ・ファンは世界のセレブにも多く、ジェーン・フォンダ、ソフィア・ブッシュ、ケリー・ブルック、フローレンス・ウエルチその他大勢いるそうです。


「ときどきダイアリー」ヘ
コメント

タクシム広場を占拠したデモ隊と警察の攻防戦

2013年05月30日 | 文化
5月31日 イスタンブール・タクシム広場近くの公園がショッピングモールを建てるために取り壊されるのを阻止しようというデモ隊のすわりこみが3日目に入った昨早朝、警察隊がペッパーガスを使いました。

 Hurriyet

タクシム・ゲジ公園で3日目の夜を過ごした若者たちは、午前5時頃、催涙がスを吸い込んで目覚めました。デモ隊の1人は病院に運ばれました。
警察は公園のデモ隊を追い払うために、彼らのテントを襲い、いくつかのテントは燃やされました。公園取り壊しのために入ってきた車の前に立ったデモ隊の1人は警官に排除されました。

朝8時、クルド系政党BDP(平和民主党)のスルル・シュレイヤ・オンデル議員がブルドーザーの前に立ったため、取り壊し作業はストップしました。
また、最大野党CHP(共和人民党)は、5月30日、「同党は取り壊しを阻止するため、毎日、少なくとも1人の議員を送って公園の警備に当たらせる」と発表しました。

CHPのウムト・オラン議員はイスタンブールのカディル・トプバシュ市長に、この場を訪れ、住民の声に耳を傾けるよう要求しました。
市長が地元民を納得させられなかったら、このプロジェクトは変更されなければならないと、オラン議員は、公園に集まった記者団に言いました。

活動家や俳優たちも、この日は1日、公園のデモに参加し、有名なトークショーのホスト、オカン・バユルゲンさんは、公園で夜の警備に立つと宣言しました。

ヴェイセル・エルオール森林・水道相は、他の場所に“切った木の100倍の木”を植えると誓いました。政府はイスタンブールに500万本の木を植えることにしているとエルオール大臣は言い、公園にある歴史的美術品も搬出し保管すると付言しました。
CHPのケマル・クルチュダルオール党首は29日、予告なしに公園を訪れ、CHPは議員を公園の警備に当たらせ、ブルドーザーを阻止すると約束しました。


 ヒュッレム・スルタンがテレビドラマ「壮麗なる世紀」を下りる


 人気のテレビ・シリーズ「壮麗なる世紀」でヒュッレム・スルタンを演じてきたメリエム・ウゼルリが、ベルリンのクリニックで過労の治療を受けるためトルコを去るということです。

 Hurriyet

このシリーズのプロデューサー、ティムール・サヴジュさんは、ウゼルリ抜きでつづけることにしたと言っています。
「ウゼルリは精神的な問題を抱えています。彼女は以前、自分は過労シンドロームだと言っていました」とサヴジュさん。
しかし、助監督のブルジュ・アルプテキンさんは、ウゼルリは週5日働いているだけだったと言っています。

ウゼルリがシリーズを下りて以来、彼女について、さまざまなことが書かれています。彼女は金の問題で下りたとか、働きすぎだったとか。しかし、事実は精神的な問題のようです。

最近の話では、「壮麗なる世紀」はもっと歳をとった、新しいヒュッレム・スルタンでつづけられるということです。シリーズは15年間のストーリーだから、ヒュッレムだって歳をとると、プロデューサーは言っています。

ウゼルリのボーイフレンド、ジャン・アテシュさんは、ウゼルリはとても忙しい日々を送っていたとHurriyet 紙に語りました。
「メリエム・ウゼルリは金が理由でシリーズを下りたと言われていますが、健康上の理由です。ウゼルリは他の重要な俳優より少ない出演料で働いていました。彼女は金を問題にするような人間ではありません」

プロデューサーは、ウゼルリは5月31日までにホテルを出るだろうと言っています。
彼はウゼルリに会えないため、「私はウゼルリが受け取るべき金を払っていないと言われているが、これをあなたはどう思うか」というEメールを送ったそうです。
「私はできる限り早く、この問題を解決したい」とサヴジュさんは言っていますが、結局、真相はよくわかりませんね。


「ときどきダイアリー」ヘ
コメント

第3ボスフォラス橋の名は“ヤウズ・スルタン・セリム橋”

2013年05月30日 | 国内
5月30日 イスタンブールのボスフォラスに架かる新しい橋は、オスマン史上、悪名も高いが傑出したスルタンの1人を記念して、“ヤウズ・スルタン・セリム橋”と名づけられるでしょう。

 Hurriyet
5月29日、ボスフォラス第3橋の着工式が、イスタンブールのヨーロッパ側ガリプチェで行なわれました。


「ヤウズ・スルタン(冷酷王)」と呼ばれるセリムは、東方世界を征服したことで知られます。1514年、セリムとサファヴィ朝のシャー・イスマイルとのチャルドゥランの戦いで、現在のトルコ・イラン国境が定まりました。

幅59メートル、世界で最も幅広いこの橋は、イスタンブールのアジア側とヨーロッパ側を結ぶ第3の橋となります。

ボスフォラスに架かる第2橋は「ファティフ・スルタン・メフメット橋(征服王メフメット橋)」と名づけられています。彼はビザンティン帝国と戦って、1453年5月29日、この都を征服しました。
スルタン・ヤウズはメフメットの祖父になります。第2橋は1988年に架けられました。

イスタンブール征服の560周年の今日行なわれた着工式には、ギュル大統領も、エルドアン首相も出席しました。
第3ボスフォラス橋の建設は、トルコのICイチタシュ社とイタリアのアスタルディ社の連合で行なわれることになりました。
このプロジェクトでは、私企業が橋を建設し、一定期間、橋を運営し、車の通行料を徴集する権利を持った後、国に譲渡されるというものです。
契約が調印されれば、45億ドルの総工費で、2社による橋の建設が始まり、36か月で完成するでしょう。

「橋は2015年末までに通行できるようにしたい」とビナリ・ユルドゥルム運輸相は言っています。
運輸省によれば、橋は6車線で、長さ1.3キロ。2つの橋の北、ヨーロッパ側のガリプチェとアジア側のポヤラズキョイの間に架けられます。
トルコの銀行7社が、10年間24億ドルの資金提供に合意しています。

ヤウズ・スルタン・セリムは、16世紀のオスマン帝国の領土拡大に貢献したとして敬愛する人もいますが、アレヴィたちは、セリムはアレヴィの祖先を何千人も殺したとして彼を嫌っています。

また、第3橋の建設によって、イスタンブールに残る黒海岸の緑地が破壊されると懸念する人も少なくありません。


「ときどきダイアリー」ヘ
コメント

イスタンブールの「スタバ」ベベッキ店の女性トイレに隠しカメラ

2013年05月29日 | 国内
5月29日 世界的コーヒーショップ・チェーン「スターバックス」のイスタンブール・ベベッキ店の女性トイレに、カメラつき携帯電話が隠し置かれていたのが見つかりました。トルコにも日本にも似たようなヘンタイがいるんですね、ハハハ。

 Hurriyet

カメラが発見されてすぐ、この店で働くスタッフの1人が、トイレ内の女性を撮ろうとカメラをセットしたことが明らかになり、同社はすぐにこの男を解雇しました。知らせを受けた警察は、すぐに調査を始めました。

同社は事件を認め、“まったく個人的な事件”のために、深い遺憾の意を表明し、すぐに必要な処置を行なうと言いました。

ヨーロッパ側ボスフォラス沿いにある「スタバ」ベベッキ店は、イスタンブールでも最も人気のある店のひとつとして知られています。

・・・私、この店、大好きで2度も行ったんですよ~。サリエルに住む友人のハサンが「ベベッキのスタバ、いいよ~。ボスフォラスの眺め最高だし、おいしいサンドイッチとかいろいろあって、よく朝食に寄るんだよ」と言うので、あっちのほうに行ったとき、寄ってみました。
窓辺の席にすわって、ボスフォラスをゆきかう船を眺めながら、お茶したら最高。それと、おいしいボレッキとかサンドイッチとが、いろいろあります。オシャレなお客もいて、スタッフも感じよかったけど・・・


アルコール規制法への批判に「家で飲みなさい」とエルドアン首相

エルドアン首相は厳しい新アルコール規制法に動転する人たちに、「わが家でくつろいで酒を楽しめばいいでしょう」とアドバイスしました。

 Hurriyet
エルドアン首相は最近国会を通過したアルコール規制法を弁護した


「このところ、“トルコで酒が禁じられた”と国内外で宣伝されているが、そんなプロパガンダを言ったり、書いたりしているのはだれなのか。だれが國内外に嘘を広めているのか。わが政府はなにも禁じていません」とエルドアン首相は、5月28日、公正発展党(AKP)の集会でスピーチしました。

首相はスピーチの大半を、アルコール規制法に対する政府批判に費やし、厳しい禁令が制定されたわけではないし、人々の生活に介入しているわけでもないと言いました。

「アルコールをアイデンティティの問題にすりかえてはいけない。この規制はだれのアイデンティティにも、イデオロギーにも、ライフスタイルにも介入してはいません。そのように感じる人は誤解です。そういうことを言う人には裏に意図するものがあるのです」とエルドアン首相。

「飲みたければ、家で飲めばよい。われわれは反対しません。だが、われわれは、ある場所で、あるときに、またモスクや学校から100メートル以内で飲むことは許可しません」

メディアのスタンスにも問題があると、首相はメディアも批判しました。
「イスラムはアルコールを禁じているから、この規制に反対する人たちもいます。つまり、彼らはイスラムの教えに反対なのです」

・・・私、7月初めからイスタンブールです。この規制がどれだけ守られるのか、興味あります。わがキベレホテルと近くのミニ・モスクの距離は何メートルだろ、とか。
それより、チチェキ・パサージ裏の居酒屋街のそばにはモスクも学校もなかったわよね?
ウチで飲めと言われても、お酒って、飲めばいいというものではないでしょ。とくにツーリストはね、夜はグラス片手にワイワイが楽しいのですよ、それがヴァカンスでしょ。今年の観光収入86億ドルというイスタンブールにとって、ツーリストは大切なはず。ツーリストは大目に見てもらえると思うのですが・・・


   「ときどきダイアリー」ヘ 



コメント

弁護士が英国女王にハリカルナソス霊廟の一部の返却を要請

2013年05月28日 | 文化
5月28日 トルコの弁護士で映画プロデューサーでもあるレムズ・カズマス氏が英国のエリザベス女王に手紙を送り、ハリカルナソスの有名な霊廟の1部分の返却を要請しました。

 Hurriyet

カズマス氏は駐アンカラ英国大使を通じてエリザベス2世に手紙を送って、2か月以内に届くはずの返事を待っているそうです。
女王から満足のいく返事がこなかったら、カズマス氏は30人の弁護士とグループで、「欧州陣間裁判所」に申し出ると言っています。

古代世界の7不思議の2つがアナトリアにあります。そのひとつはエフェソスのアルテミスの神殿で、もうひとつが、いまはムーラ県ボドゥルムになっているハリカルナソスの霊廟です。

「ハリカルナソスの漁師」というペンネームで知られるトルコ人作家ジェヴァト・シャクル・カバアーチル氏が、英国博物館と手紙をやりとりして、オスマン時代に英国に持ち去られたハリカルナソスの霊廟の1部分を返還するよう要請したこともあります。

彼は「霊廟はボドゥルムの青空らの下でこそ価値を持つ」と書き送りましが、これに対し英国博物館は、霊廟の1部が展示されているホールをブルーにしました。
カズマス氏はそんなことでは引っ込みそうもありません。

・・・エリザベス女王が直接、手紙を読まれるのでしょうか。女王陛下には博物館に命令する権限はないと思いますけど。


イスタンブールは世界第6位の人気観光スポット

「マスターカード」の調査によると、イスタンブールは2013年には1040万人の観光客を迎え、86億ドルの観光収入を得るだろうということです。1040人という観光客数は世界の第6位です。

 Hurriyet

132都市中で第6位になったイスタンブール。観光収益86億ドルは昨年の5.5%増です。

バンコク、ロンドン、パリ、シンガポール、ニューヨークがトップ5で、イスタンブールがこれに次ぎ、その後はバルセロナ、ミラノの順です。
しかし、ヨーロッパからの訪問者数で見ると、イスタンブールは最高の増加を示しています。パリが減少しつづけ、イスタンブールが増えつづけると、2016年にはイスタンブールがパリを凌ぐでしょう。

イスタンブールの86億ドル観光収益はヨーロッパで4位、世界では11位になります。
2013年の世界トップの観光スポットはタイの首都バンコクが、僅差でロンドンを凌いで1位になっています。

今年の調査で注目される傾向は、アジア・太平洋地方ののびです。132都市のうち、42都市がアジアです。
アジアでは、バンコクに次いで、シンガポール、クアラルンプール、香港、ソウル、上海、東京の順です。


   「ときどきダイアリー」ヘ
コメント

イスタンブール金角湾の奥に広大なテーマパークができた

2013年05月27日 | 国内
5月27日 ディズニーランドに触発されたようなテーマパークがイスタンブールにできました。パークの広さは60万平米。

 Hurriyet
「ヴィアランド」のオープニングにはエルドアン首相(中央)も出席


イスタンブール最大のエンタテイメント・パーク「ヴィアランド」の開会式にはエルドアン首相も出席しました。
「ヴィアランド・イスタンブール」は金角湾岸のエユップにつくられた大きなショッピングセンターで、100万平米のエリアに公園、アクアパーク、テーマパークがあります。
このプロジェクトは2011年9月に始まり、建設のために4000人が働きました。

エルドアン首相は「私がイスタンブール市長をしていた1994~1998年は、この辺りは石切り場でした。ボスフォラスにつながる金角湾は、海の動物の生息地という特性を失いましたが、いままた、自然を取り戻す努力をしています」と語りました。

「これは私にとって“愛のビジネス”です。10年前、ここが娯楽センターになるとはだれが思ったでしょう。ここには愛のすべてがあります」
ディズニーランドのように、乗物のほか、子供が歴史を学べるアトラクションも。昔のイスタンブール・スタイルのお店やオスマン様式の家などもあるそうです。

・・・おとなも楽しめるようなら、1度行ってみたいですね。


バルーン衝突事故の犠牲者のご遺体がまだ病院に

5月20日のカッパドキアで起こったバルーン衝突事故でなくなったブラジル人1人のご遺体が、親族と領事館員を待って病院に安置されているそうです。
衝突で重症を負った方4人はまだカイセリの私立病院で治療を受けています。

 Hurriyet

82歳のヘレナ・コベマンさんのご遺体は現在も病院で親族と領事館員の到着を待っています。
ブラジル人2人、ポルトガル人1人、スペイン人1人の重傷者は、事故後、ネヴシェヒルで治療を受けましたが、カイセリのアジバデム病院に移されました。

「4人のツーリストはウチの病院で治療しています。危篤状態からは脱しました」と病院の外科部長オメル・アクベヤズ博士は言っています。

5月20日のバルーン事故では3人のブラジル人ツーリストがなくなり、22人が負傷しました。

・・・私もカッパドキアのバルーンに乗ったことがありますから、他人事とは思えません。バルーンの数が多すぎるから衝突が起こるのだと思います。減らしたらどうですか? 商売より人命です。


   「ときどきダイアリー」ヘ
コメント

イスタンブールの美観を損なう高層ビルは取り壊される

2013年05月26日 | 文化
5月26日 イスタンブール裁判所は5月24日、イスタンブールの歴史的シルエットを損なっている3つの高層ビルは取り壊さなければならないという判決を下しました。

 Hurriyet
シュレイマニエ・モスクの後ろに聳える高層ビル、確かに不愉快な眺めですね


イスタンブールのヨーロッパ側ゼイティンブルヌ地区に立っている37階、32階、27階のビルは、建設後から論議の的になってきました。
3つのビルが歴史的半島に立つシュレイマニエ・モスクの眺めを損なっていることは明らかです。

この判決について、裁判所はこれら高層ビルは不法建築であり、“トルコ政府が守らなければならない世界遺産によくない影響を与えている”と説明しています。

一方、「オンアルトドクズ・レジデンス」という名のこのビルを所有する会社の代表メスット・トプラク氏は、控訴する道はまだあると言っています。
「これは行政裁判所の判決です。建物の認可は取り消されますが、控訴の可能性はあります。プロジェクトはいまも合法的です。まだ決定的ではありません」

エルドアン首相は先月、「トプラク氏に建物の“ヘアカット”をするようたのんだが、彼は実行しようとしない」と語りました。

「私はわが国の文化にふさわしい建物がよいと思う。イスタンブールとアンカラには市の特性に反する建物が多い。私は直立した建物は嫌いだ。水平の建物のほうが好ましい。地上4階でいいだろう。もう4階は地下につくればよい」とエルドアン首相は、4月17日、イスタンブールのAKP(公正発展党)の会合で演説しました。

トプラク氏は、上のほうの階は住居で、もう人が住んでいるから、修正は不可能だと言っています。
「わが社は認可にも地区制にも、なんの問題もありません。わが社のプロジェクトは地区計画に完全に従っています。
非合法な点はどこにもありません。わが社は創業42年、不法な仕事に関係したことは1度もありません」

・・・建てはじめたときに、ストップかけりゃよかったのよね。住んじゃってる人がかわいそうね。


アーティストたちが国立劇場の民営化に反対してデモ

 トルコの舞台俳優たちが国営劇場やオペラ座の民営化に反対して抗議デモを行ないました。
ゲンジョ・エルカル、エルカン・タシュドーエン、アイテン・ウンジュオール、レヴェント・ウズムジュ、ザフェル・アルギョズがタクシム広場のデモに参加、「アートを闇に閉ざすな」「私のオペラ座に手を触れるな」「AKPよ、私のアートに手を出すな」と叫び、アートをつくる権利を侵害する現政権、公正発展党(AKP)を告発しました。

 Hurriyet

デモ隊はまた、5月11日のレイハンルのテロ攻撃の犠牲者たちのために、1分間の黙祷を捧げました。

「国営劇場が閉鎖されたら、次はアート・スクールが閉鎖されるでしょう。政府はアメリカやイギリスの例を引いていますが、トルコは欧米とは事情が違います。エルズルムやヴァンの劇場に出演している仲間もいます。彼らが劇場を一歩出たら、ベルリンやロンドンとは異なる環境があるのです。それぞれの国に、それぞれの現実があるのです」と、ウズムジュさんは言いました。

女優のテュリン・オラルさんはトルコのアートを破壊しようという動きを感じると言っています。
昨年、エルドアン首相は、アートは“国家の手によって”つくることはできないと言い、国営劇場とオペラ座の民営化をほのめかせました。

民営化法はまだ草案の形だそうです。しかし、この法案は、内閣が任命する11人の委員会をつくることを提案しています。
この法案が通ったら、国家が資金を出す劇場、映画館、バレーやオペラ劇場の選択権をこの委員会が持つことになってしまうかもしれません。


   「ときどきダイアリー」ヘ
コメント

「若者の福祉のためにもアルコール規制は必要」エルドアン首相

2013年05月25日 | 国内
5月25日 飲酒およぶアルコール飲料の販売や広告に関する規制を強化する法案を、エルドアン首相はがっちり守り通すようです。
これは若者の福祉に配慮するという政府の憲法上の責任に基づくものだと、エルドアン首相は言っています。

 Hurriyet
イスタンブールの野外コンサートで、冷たいビールを楽しむ若者たち。アルコールに関する新しい規定は、多くの場所での飲酒やアルコール飲料の販売を制限しています。


「政府は飲酒を禁じているわけではありません」と、5月24日、エルドアン首相は言い、若者の保護に関する憲法58条をに言及しました。
「わが国は若者を、国民を、悪い習慣から守るのです。これを推進してもよいですね?

エルドアン首相はアルコールに関するこのような規制は欧米諸国にも存在すると主張しています。

政府は若者たちを飲んだくれにしたくないのだと、エルドアン首相は言いました。
「若者は活発で、活き活きとして、勉強するべきです。政府はそのための歩みを進めているのです」

アルコール飲料とタバコとドラッグの販売と広告を管理する法案は、5月24日の早朝午前7時の投票で決まりました。
驚くべきことに、現政権公正発展党(AKP)が現在占めている327議席の中の193人の議員が賛成票を投じ、4人が拒否しました。

「この法案は欧米にあるアルコール飲料に関する基準をトルコに導入しようというものです」と、ベキル・ボズダー副首相は法案を擁護しました。
「観光ビジネスにとっても、これは好ましい規制です。このために、観光ビジネスに悪影響が出ることはありません」とボズダー副首相は断言しました。

・・・7月、イスタンブールに行きます。観光客が夜遅くまで浮かれている真夏のイスタンブール、「この公園でビール飲んじゃダメ」なんてオマワリが来るわけ? 
  

   「ときどきダイアリー」ヘ   
コメント

不法入国阻止のため、シリア国境に2.5キロの壁を建設

2013年05月24日 | 国際
5月24日 政府はシリアからの不法入国を防ぐために、ジルヴェギョジュ国境ゲート沿いに2.5キロの壁を建設すると、ハヴァティ・ヤズジュ税関・通商相が5月23日、発表しました。

 Hurriyet
ハタイノレイハンルの爆発テロ後、シリアに帰るために、ジヴェルギョジュ国境ゲートに家財道具を運ぶシリア難民たち


ジルヴェギョジューバブ・アルハワ・ゲートは、5月11日の爆発で51人が死に、100人以上が負傷したレイハンルの町のちゅうしんから10キロもありません。
壁の建設に関して、トルコ陸軍と議定書に調印をすませたと、ヤズジュ税関・通商相は言いました。

「当省とトルコ陸軍は、一部はコンクリート、一部は鉄条網の壁を築き、監視カメラを設置し、軍用地の安全を強化するプロジェクトを決定しました」とヤズジュ大臣は語り、Xレイ装置の使用も拡大するとも言いました。
「車が国境を通過するとき、車の内部をスキャンします。Xレイ装置の数も増やします」

レイハンル爆破の主要容疑者N.E.は、トルコ・シリア国境を1年に400回出入りしていたことがわかりました。
ジルヴェギョジュ国境は2月11日の、2台の車による爆発テロのターゲットにもなっています。

トルコ当局は2つの爆発テロ以後、シリアの諜報機関「アル・ムクハバラト」を目の敵にしています。

・・・それにしても、アサドはいま、なにを考えているのでしょうか? 世界に味方なしで、ヤケクソになってる?


「レイハンルの人々は反体制派の挑発に乗らないように」エルドアン首相

51人が殺された5月11日の爆破テロの衝撃が残るレイハンルの住民たちに、エルドアン首相が「反体制派の挑発に乗ることなく冷静に対処するよう」呼びかけました。
「反体制派はレイハンルの事件で人々の怒りをあおろうと努めているようですが、冷静にお願いしたい」と首相は要請しています。

 Hurriyet

「反体制派の挑発には乗らないように。わが国は30万人のシリア難民を抱えているのです」と首相は言い、この事件で難民を非難すべきではないと付言しました。
「シリア難民にはこの事件の責任はありません。シリアの兄弟たちを迎え入れてあげましょう」とエルドアン首相は言っています。

51人が殺された事件以後のレイハンルの地元民の難民に対する視線は厳しくなっています。シリアに帰っていった難民も少なくありません。

現在、約18人がレイハンル事件の調査のために拘束され、その中の12人は逮捕され、7人は釈放されたということです。

・・・戦争しているわけでもないのに、隣国からテロリストが入ってきて無辜の市民が大量に殺されるなんてジョーダンじゃないよと怒るレイハンル地元民の気持ちもわかりますね。


   「ときどきダイアリー」ヘ



コメント

レイハンルの爆発容疑者は犯行前アサド大統領と会っていた

2013年05月22日 | 国際
5月23日 51人が殺されたレイハンルの攻撃容疑者はすでに何人か逮捕されていますが、そのリーダーであるユスフB.は、犯行前にシリア大統領バシャル・アルアサドに会ったことを認めました。

 Hurriyet
5月15日のハタイ県レイハンル。シリア国境から2,3キロの町です。破壊された建物の周囲に人々が茫然と立ち、警官たちが瓦礫の中で作業しています。


容疑者ユスフB,はまた、彼らの攻撃目標はアンカラだったとも言いました。
ユスフB.は「われわれの司令官で、攻撃の計画者の、コードネームEthem という将軍とともにアルアサドに会った」と言いました。

「アンカラを攻撃する計画だったが、警戒が厳重でアンカラ攻撃は放棄した。レイハンルからアンカラまで道路を通って爆発物を運ぶことは危険と判断して、レイハンルで爆発を行なった」と容疑者ユスフは説明しました。

爆発物はシリアの諜報機関「アル。ムクハバラト」が攻撃前にトルコに運び込まれたそうです。

・・・やっぱりアサドの仕業だったのかと、今日、イスタンブールのトルコ人の友人にメールで「レイハンルの爆発はほんとにアルアサドがやったの?」ときいてみたら、「昨日、レッドハック・グループが“あれはシリア自由軍がやった”という声明を出したけど、まだわからない。多分、トルコとシリアの戦争を望んでいる連中がやったのだろう」という返事が来ました。


レイハンル爆破テロの主犯はトルコ・シリア国境を400回出入りしていた

レイハンル爆破テロ関連で指名手配中の主犯N.E.はトルコ・シリア国境を1年に400回も出入りしていたことがわかりました。
N.E.はハタイのヤイラダー国境ゲートを通ってトルコに入り、もう1人の容疑者D.O.とともにラタキアにいました。

 Hurriyet
ハタイのレイハンルの破壊された建物の周囲に立つ人々


他の容疑者たちも、N.E.が公然と出入国していたことを認めています。彼の出入国は4月になって、めだって増えています。

シリアで内戦が始まった2011年春以来、何千人ものシリア国籍の人々が、公的な登録を行なわずにトルコにもぐりこんでいます。その中には、シリアの諜報機関「ムクハバラト」のスパイも含まれています。


「ときどきダイアリー」ヘ
コメント