トルコのトピックス

トルコの新しい話題をご紹介しています

「アジア側チャムルジャの丘に巨大モスクを建てる」と首相

2012年05月31日 | 国内
5月31日 イスタンブール征服559年記念日の5月29日、エルドアン首相は、アジア側カンディリの伝統工芸センターの開館式でのスピーチ中、巨大モスクの建設を発表しました。

 Hurriyet
この丘のテレビ塔の隣りに巨大モスクを建てるんだって


「チャムルジャの丘のテレビ塔の隣りに、15000平米のモスクを建てます。計画はほとんどできました。この巨大モスクはイスタンブール市内のどこからでも眺められるように設計されます」とエルドアン首相は言いました。
モスクのキュリエ(建物群)には、“ハット”(トルコ・カリグラフィー)や金箔細工のような伝統工芸のための施設も入るそうです。「昔、モスクの隣りにメドレッセ(イスラム学校)があったようなものです」

この日の午前中、首相は、新たに修復されたファティフ・モスクとマフムート1世図書館の再開式に出席しました。
これら歴史的建物の修復には4年半の歳月と2400万リラ(約12億円)の経費がかかったそうです。「われわれの仕事はまだまだ終っていない」と首相は言っています。

巨大モスクまで建てちゃう首相、まさか「エルドアン・モスク」なんて名づけないでしょうね。


  イスタンブールのマクドナルドで爆発物発見

今日、イスタンブール・ファティフ区のマクドナルドの女性トイレで、従業員が爆発物を発見しました。

 Hurriyet

爆発物は瓶に入れて置かれていたようです。通報を受けて、爆発物処理班がただちに到着し、爆発物を処理しました。
無効にされた爆発物は詳しい調査のため、犯罪研究所に運ばれました。

ファティフ区のマクドナルドなんて、私がいてもフシギない場所。爆発したら、被害者は一般市民です。一般市民を殺傷することになんの意味があるのか。
夏に向かって、テロが活発化してきたようで実に不愉快です。


  「ときどきダイアリー」ヘ
コメント

イスタンブール征服559年は華やかなイベントで祝われた

2012年05月29日 | 国内
5月29日 今日はコンスタンティノープル陥落すなわちイスタンブール征服559年記念日、イスタンブールでは多くのイベントが行なわれました。

 Hurriyet

今年の祝典の中心はハリーチ(金角湾)です。歴史家によると、オスマン帝国の征服王スルタン・メフメット2世は1453年5月28日、金角湾からボスフォラス海峡に船を進めました。
今日は1万発以上の花火が打ち上げられ、ヒット映画「征服1453年」が大スクリーンに映し出されます。オスマン軍楽隊「メフテル」のショウも式典を盛り上げます。
96個のロボット・ライトと56の照明装置がステージを浮かび上がらせ、「愛、寛容、平和」などのメッセージが空に描かれます。

今夜のイスタンブール、見たかったです。


  ギリシア正教の総主教さまがカッパドキアでミサを主宰

カッパドキアのユルギュップ地区ムスタファパシャにあるギリシア正教のアギオス・ニコル修道院と教会が最近、修復され、再オープンされましたが、その教会で、イスタンブール・フェネルのギリシア正教会総主教座のバルトロメウ総主教がミサを挙げました。

 Hurriyet

新装なった教会で、バルトロメウ総主教は聖書を読み、祈りと聖歌を捧げて2時間のミサを終えました。ミサにはイスタンブールやアテネから400人の人が集まりました。

「カッパドキアは重要な聖職者や聖人が生まれ、初期キリスト教が始まった場所です。アギオス・ニコル修道院の修復はこの地方の観光に寄与するでしょう」と、バルトロメウ総主教は語りました。
「私はムスタファパシャのレヴェント・アク町長が、この歴史的修道院のオープンに私たちを招いてくださったことに感謝します。また、この修復作業にかかわった方々にも感謝します」


   「ときどきダイアリー」ヘ
コメント

首相の発言で人工中絶が激しい論争に

2012年05月29日 | 国内
5月28日 人工中絶と帝王切開を非難するエルドアン首相の発言(昨日の頁)が、中絶は法的に認められた権利だとする人々と、首相の発言を支持する人々の間で論争になっています。

 Hurriyet
50人の女性グループがイスタンブールの首相オフィスの前に集まって抗議


ファトゥマ・シャヒン家族・社会政策相はエルドアン首相の発言を強く支持しています。
「政府は中絶の権利を変更するなどとは言っていませんが、家族計画の手段として、人工中絶にたよる必要はありません」
「帝王切開は苦痛のない出産のように思えるが、外科手術です。母親の健康にリスクがあります」と、シャヒン大臣は言っています。
エルドアン首相は5月25日、「私は人口中絶は“殺人”と考える」と言い、帝王切開にも反対を唱えました。

反対派の人々はエルドアン首相の発言を激しく非難しています。
「首相の発言にはたいへん失望しました。首相は女性のからだにまで政治を持ち込むのはやめて欲しい。要するに、首相が女性の膣まで見張ることはないと言いたいのです」と、最大野党・共和人民党のアイリン・ナズルアカ議員。
「ヨーロッパの国で中絶を禁じているのはマルタだけです。トルコは世界16,7位の経済力を持つ国になったのに、マルタといっしょにしたいのですか」
コメント

またも東南部で軍とPKKの衝突。戦死者1名

2012年05月28日 | 国内
5月27日 PKKの動き、夏に向かってまた活発になってきたようです。ほんとに嫌ですね。また、戦死者が出ました。

 Hurriyet

今日、東南部のシュルナク県で、またテロリスト集団PKKと思われる連中と軍の衝突があり、憲兵中尉1名が銃撃戦で戦死しました。

この地域で治安部隊による捜索作戦が行なわれていましたが、部隊とテロリスト集団がばったり出会い、治安部隊が投降を呼びかけたところ、テロリストたちは銃撃で応じてきたそうです。
テロの頻発はオリンピックにも影響してくるでしょう。ほんとにいい加減にして欲しいものです。


  人工中絶は“殺人”だとエルドアン首相

エルドアン首相は26日、「私は、人工中絶は“殺人”と考える」とアナトリアニュースに語りました。

 Hurriyet

エルドアン首相はさらに、「人工中絶を許す権利はだれにもない。子供を母親の子宮にいるとき殺すか、生まれてから殺すかに違いはない」と言っています。
トルコでは妊娠10週間以内の中絶は合法とされています。女性の同意が必要で、既婚女性は夫の同意も必要です。

エルドアン首相の公正発展党はイスラムをベースにしていますか、首相は女性に少なくとも3人の子供を持つようくり返し訴えています。
2004年、エルドアンの政府は姦通を犯罪とする法律を支持しましたが、EUからの激しいプレッシャーで放棄しました。



   「ときどきダイアリー」ヘ
コメント

テロリスト集団PKKメンバーの半分は子供

2012年05月27日 | 国内
5月26日 アメリカ国務省の人権リポートによると、山中にいるPKK(クルド労働者党)のメンバーのほとんど半分は18歳以下の子供だということです。PKKは子供を集めて、テロをやらせているんですね。

 Sabah

2011年のリポートでは、治安部隊との戦闘による死傷者数は、前年の2倍以上になっているということです。
市民の死傷者数も2010年来、増えつづけています。

トルコ治安部隊のリポートでは、2010年の1月~10月の間に、31人の市民が死亡、53人が負傷しました。
同じ時期、治安部隊員は220人が死亡、475人が負傷しています。
テロリストは同時期、303人が死亡、5人が負傷。

・・・いまのトルコの最大の悩みのタネであるPKKの半分が子供だなんて、なんだかバカらしくなってきますね。でも、だれもが、いつ洗脳された子供に殺されるかわからないのです。
コメント

テロリストPKKが東南部で10人を誘拐

2012年05月26日 | 国内
5月26日 23日のことですが、東南部のディヤルバクル県リジェ地区で10人の人々が非合法テロリスト集団PKK(クルド労働者党)と思われる連中に誘拐されました。

 Hurriyet
東南部でPKKと戦う兵隊さんたちにも多くの犠牲が出ています。


誘拐されたのは男性9人と女性1人。詳しいことはわかりませんが、一般人のようです。
このところ、また激しくなってきたPKKのテロ、ほんとうに嫌ですね。PKKとしては軍の掃討作戦をやめさせようと政府に圧力をかけているつもりのようですが、エルドアン首相は、テロとの戦いに躊躇するところはないと言っています。

PKKはトルコもEUもアメリカもテロリスト集団と認定しています。
コメント

オリンピック最終候補になって、トルコ喜んでいます

2012年05月26日 | 国内
5月25日 2000年、2004年、2008年、2012年と立候補して落選してきたトルコ、今度こそと喜んでいます。「ときどきダイアリー」にも書きましたが、イスタンブールに譲ってあげましょうよね。日本、まだほかにしなきゃいけないことあるでしょ。

 Hurriyet
最終候補に残った喜びのポーズ。バスケットボール選手ヒダイエト・テュルクオール(左)とバレーボールのネスリハン・ダルネル。


2013年9月7日、国際オリンピック委員会はブエノスアイレスで、2020年オリンピック開催都市を最終投票で決定します。あと15か月が勝負。

イスタンブールは2020年の「ヨーロッパ・サッカー選手権」の開催地としても立候補しているので、同じ年に大きなスポーツ大会に立候補するのは好ましくないという話もありましたが、イスタンブール・チームは「オリンピックを最優先するから問題ない」と答えました。
イスタンブール・チームのメンバー、ハサン・アラト氏は喜びの涙を浮かべて、最終候補に残ったことをエルドアン首相とギュル大統領に報告したそうです。

日本オリンピック委員会は「初のイスラム国開催になるというのがイスタンブールの強み」として、イスタンブールを強力ライバルと見ているようですが、ヨーロッパIOCの票がマドリードとイスタンブールに割れることを期待しているようです。

コメント

トルコは数珠も外国に輸出しています

2012年05月24日 | 国内
5月23日 トルコの男性がよく手にしている数珠(テスピ)。1度でもトルコを訪れた方ならお気づきと思います。お土産屋で売っている安いのもあれば、素材に凝ったお高いものまでいろいろあります。

 Hurriyet
数珠の製作者や数珠商人たちが顧客のイズミルのコーヒーハウス


トルコに限らず中東諸国にもギリシャにも、あの数珠の愛好家は大勢います。ときどき器用に指を動かしてつまぐっています。

あの数珠の生産で知られるのはシャンルウルファ県なのだそうです。「シャンルウルファ数珠製造業協会」のオスマン・イエシル会長によると、全国の数珠生産量の半分以上はウルファ市内に25あるアトリエで作られているんですって。

数珠はほとんど素材でお値段が決まります。トルコは中国、インド、韓国その他から、亀甲やラクダの骨のような素材を輸入し、加工して、国内外に売っているのです。黒玉(ジェット)製の数珠はストレス解消によいとされ、忙しいビジネスマンやアーティストに人気なんだとか。

数珠のメーカーや数珠商人が集まるコーヒーハウスも各地にあって、数珠つくりが売り込みに来たり、収集家や小売商、卸売商が買いに来たり。数珠の世界にもいろいろあるようです。
お安いのは5リラ(250円くらい)からお高いのは1万リラ(50万円くらい)。女性の愛好家は見ませんね。


 「コーヒーを飲む人は死亡率が低い」という調査結果

トルコの「国立ガン研究所」の調査によると、カフェイン入りでもカフェイン抜きでも、コーヒーを飲む中高年は飲まない人より死亡率が低いという結果が出たそうです。

 Hurriyet

コーヒーを飲んでいる人は、心臓疾患、呼吸器疾患、脳卒中、怪我、事故、糖尿病、感染症など、ガンと関係ない要因でも死亡率が低いという結果が出ました。

しかし、コーヒーを飲むことが寿命をのばすことになるかどうかは確かではないと、研究所は注意しています。

・・・濃いトルコ・コーヒーはほどほどにしないと胃を悪くするでしょうね。



   「ときどきダイアリー」ヘ
コメント

トルコ北西部で、今日早朝、記録的豪雨

2012年05月21日 | 国内
5月21日 マルマラ地方が今日早朝、豪雨に見舞われたため、イスタンブールの一部では日常生活が一時停止状態になりました。

 Hurriyet

トルコ北西部のエディルネ県ウズンキョプリュ地区の雨量は、42年間の記録を破りました。
ウズンキョプリュではこの24時間で13.6センチの雨が降りました。マルマラ地方の雨量は今年第1位、これまでの記録では第3位になりました。

今回より激しい雨は、第1位が1981年の18.1センチ、第2位が1997年の14.0センチです。これまで豪雨はいずれも秋でした。

・・・昨夜。イスタンブールの友人からいただいたメールには、「毎日、曇天がつづき、5月下旬とは思えない肌寒い日がつづいています」とありましたけど、今度は大雨、この頃、世界中異常気象のようですね。
























コメント

当局が男女混合レスルングを検討中だって。すご~い!

2012年05月21日 | 国内
5月20日 黒海岸のサムスンでは、19日の「青年とスポーツの日」の祝典の一環として、男女混合レスリングの試合が行なわれたそうです。

 Hurriyet

当局は男女混合レスリングを正式に検討しはじめたという話です。
「昔のスポーツにはなかった男女のアスリート間でたたかうレスリングについて、検討が始まっています」とサムスン県のヒュセイン・アクソイ知事は言っています。

いやあ、すごいですね。女子レスリングならいいけど、男女混合とは! 写真の女性レスラーは男性に背負い投げかけようとしているんでしょうか。
コメント