トルコのトピックス

トルコの新しい話題をご紹介しています

「冷蔵庫の所有率はトルコの豊かさを示す」エ大統領

2018年06月06日 | 国内
6月7日 エルドアン大統領が、各家庭に冷蔵庫があることは、わが国の豊かさを示すものだと言い、6月24日の選挙を前に、新たな政治論争を引き起こしています。

 Hurriyet

エルドアン大統領は6月5日、西部サカリヤ県の選挙演説で、公正発展党(AKP)の政権が始まった2002年と現在を比較しました。「2002年に売れた車は9万1000台だったが、昨年は72万3000台の車が売れている。これは貧しい人々がいなくなったことを意味する・・・各家庭に冷蔵庫があることは、あるレベルの豊かさにあるということだ」

エルドアン大統領のこの発言はソシアルメディアに反論の嵐を呼びました。トルコのほとんどすべての家庭には、数十年前から冷蔵庫くらいあったと、人々は言いました。

最大野党・共和人民党(CHP)の大統領候補ムハッレム・インジェ氏も、エルドアン大統領の発言を批判しました。「エルドアン大統領の最近の発言は、彼が市井の人々から遠いところにいることを示している。私たちは食物を木のうろにでも入れていたのか?」とインジェ候補は、6月5日、エーゲ海地方のアイドゥン県での選挙演説で言いました。「彼は冷蔵庫まで贅沢品と考えているようだが、彼自身は4500リラ(975ドル)もする白茶(福建省で生産されている中国茶)を飲んでいる」


CHP党首が政府に電話を盗聴されていると主張。内相が否定

最大野党・共和人民党(CHP)のケマル・クルチュダルオール党首とムハッレム・インジェ大統領候補の電話が政府に不法に盗聴されているというCHPの主張を、シュレイマン・ソイル内相が、6月6日、否定しました。

 Hurriyet

「スパイされているというクルチュダルオール党首とインジェ候補の声明は、芝居に過ぎない」と、ソイル内相は否定しました。クルチュダルオール党首はスパイされていると主張し、政府を不法盗聴で告発しました。「われわれを不法にスパイする精神構造は、フェトフラー・テロリスト組織と同じではないか」

盗聴しているのはだれだと思うかという質問に、クルチュダルオール党首は「公正発展党(AKP)以外に誰がいる?」と応え、AKPが野党メンバーを不法に盗聴していると非難しました。「彼らはわれわれの電話を聞いているから、われわれがどこでなにをするかわかっている」と、彼は言いました。

クルチュダルオール党首は、福祉党(SP)のテメル・カラモラオール党首も同じことを言っていたと言いました。彼はまた、選挙結果に関して、インジェ候補の票は29~32%だろうと言いました。


HDPのデミルタシュ氏は獄中から妻への電話で選挙スピーチ

親クルド政党・人民民主党(HDP)の大統領候補セラハッティン・デミルタシュ氏は、6月6日、エディルネの獄中から妻への電話を通じて有権者に訴え、選挙活動を行いました。

 Hurriyet

デミルタシュ氏は、毎週10分間許可されている妻への電話を使って、選挙活動の最初の音声メッセージを発表しました。彼のスピーチを配信するために、HDPはメッセージのビデオをつくりました。メッセージはディヤルバクルの彼の家にかかってくる電話から始まります。バシャク夫人の携帯電話が鳴り、彼女はそれをラウドスピーカーにつなぎます。

「こんにちわ、あなた。お元気?」と彼女が言い、短い会話の後、デミルタシュ氏が5分ほど、選挙スピーチを行います。「悲しいことに、トルコという国は半開きの刑務所になってしまった。彼らは恐怖を基盤にした社会をつくろうとし、恐怖によって支配しようとしています」と彼は宣言しました。

デミルタシュ氏は原稿を用意していたらしく、自信を持って、よどみなく語り、自身を“政治的人質”と言いました。「私は運が良い。私は妻との電話によって選挙活動ができる唯一の候補者に違いない」と彼は言いました。

スピーチの終りで、黙ってすわっていた家族たちが拍手し、「セロ(セラハッティンの短形)を大統領に」と叫びました。デミルタシュ氏は多くのケースの、さまざまな容疑によって、1年半、刑務所にいます。有罪判決が出れば、142年の禁固刑になります。彼は先月初め、HDPの大統領候補に指名され、刑務所の独房から大統領選に立候補しています。裁判所は選挙活動のための出所を認めませんでした。

元・人権弁護士のデミルタシュ氏はトルコの最も知られた政治家の1人で、2015年の選挙では、クルド人票を上まわる多数の票を獲得しました。検察は、彼と、他の収監されている多くのHDPメンバーたちを、非合法組織クルド労働者党(PKK)と結束しているとして告発しています。HDPはトルコ国会で2番目に大きい野党です。
 

   「ときどきダイアリー」ヘ



コメント

「私は第1ラウンドで勝利する」CHPのインジェ候補

2018年06月06日 | 国内
6月6日 最大野党・共和人民党(CHP)の大統領候補ムハッレム・インジェ氏が、大統領選の第1ラウンドで勝利すると予想していると言いました。

 Hurriyet

「最初、私は大統領選レースで、第2ラウンドに重きを置いてきた。しかし、いま、すべては変わった。私たちは第1ラウンドで勝利するだろう」と、インジェ候補は6月5日、アンカラのエリヤマンで語りました。インジェ候補は選挙運動の一環としてアンカラの数か所を訪れ、聴衆の反応のよさを賞賛しました。

「私は30年間、政治にかかわってきたが、このような変化を感じたことはなかった」とインジェ候補は言いました。彼は、現政権・公正発展党(AKP)とエルドアン大統領は“疲れて”いると批判し、トルコの政治に“フレッシュな声”を誓いました。

「一方に疲れた人がいる。他方には新しく、エネルギーに溢れた人がいる。一方には、この国の問題を16年間かけて解決できなかった人がいる。他方には希望を誓い、希望を与える人がいる」と、彼は言いました。「疲れた人は大きな問題を解決できない。大きな問題は、勇気と希望と新しい精神によって解決される。大統領は疲れている。新しい大統領に変えようではないか」

インジェ候補はまた、女性が労働力に加わるために、子供たちのためのデイケア・センターをつくると約束しました。


漫画家クルトジェベ氏が大統領侮辱で逮捕された

漫画家のヌーリ・クルトジェベ氏(69)が、6月4日、エルドアン大統領を侮辱したとして逮捕され、刑務所に送られました。

 Hurriyet

彼の弁護士アフメト・エルデム・アクユズ氏は、彼の描いたエルドアン大統領の絵によって、裁判所が1年2か月15日の禁固刑の判決を下したと言いました。判決を不服として高裁に訴えたが、拒否されたと、アクユズ氏は言っています。

クルトジェベ氏は北西部ヤロヴァの検問所で、憲兵隊によって逮捕されました。彼は地元警察での手続き後、刑務所に送られました。

彼の漫画はアイドゥンルク紙に掲載されてきました。ここ数か月、大統領侮辱で禁固刑を受けた漫画家はクルトジェベ氏だけです。4月には、フォーク歌手のスアヴィが、同じ容疑で11か月20日の禁固の判決を受けましたが、判決は後に、1万4000リラ(3415ドル)の罰金に替えられました。3月には歌手で女優のズハル・オルジャイも、エルドアン大統領侮辱で10か月の禁固の判決を受けています。


歴史テレビドラマで刀剣や盾に興味を持つ人が増えた

ガジアンテプ県で39年間、銅細工師として働いているシェフムス・カンルさんが、テレビの歴史ドラマのおかげで、古い様式の武器に興味を持つ人が増えていると語りました。

 Hurriyet

バクルジュラル・チャルシュス(銅細工師市場)で刀剣や盾などをつくっているカンルさん(55)は、テレビの人気歴史ドラマのおかげで、商売繁盛になったと言いました。彼は子供の時から銅細工師として働いてきたと、アナドル通信に話しました。

「ずっとこの仕事をしてきましたが、飽きたことはありません。若い頃は専門学校に行けなかったことを気に病んでいましたが、いまはラッキーだったと思っています。この仕事こそ私の情熱です」とカンルさん。

「刀剣、盾、くさび、かぶと、槍など、つくってきましたが、よく売れるというものではありませんでした。人々は工房を見物するだけで、帰って行きました。テレビドラマで人々は銅細工師という職業を知り、製品が売れるようになりました。人々は私のの店に来て、長時間話していくようになりました。私もテレビドラマを見て、イマジネーションを膨らませています」


   「ときどきダイアリー」ヘ

コメント