トルコのトピックス

トルコの新しい話題をご紹介しています

クーデター裁判で2000人余の容疑者の刑期が決まった

2018年06月08日 | 国内
6月9日 トルコの裁判所は、2016年の未遂クーデターに関して、これまでに2000人以上の容疑者に刑期を言い渡したと、6月7日、アブデュルハミト・ギュル法相が言いました。

 Hurriyet
未遂クーデターの夜、抵抗する市民たち


「287ケースのうちの171ケースに判決が下った。2140人の被告が刑期を言い渡され、その中の1478人が無罪になった」と、ギュル法相がアナドル通信に言いました。「残りのケースも今年末までに終わると思う」

軍部や官僚、ジャーナリスト、民間団体の代表者、学者を含む何千人の人々が、非合法左派集団やフェトフラー・テロリスト組織(FETO)関連で告発され、逮捕されました。250人が死亡し、多くの負傷者を出したクーデターは、FETOが企てたとされています。


「諸問題解決にはエルドアンは疲れすぎている」インジェ候補

最大野党・共和人民党(CHP)の大統領候補ムハッレム・インジェ氏が、政府のせいでトルコは深刻な経済問題に直面していると言い、それを解決するには、エルドアン大統領は疲れすぎていると、付け加えました。

 Hurriyet

「彼は世界のリーダーと言われているが、彼ほ疲れて、大きな問題を解決できないでいる」とインジェ候補は、6月7日、キュタヒヤでの選挙演説で言いました。「この国の諸問題解決を、この男に期待するな。公正発展党(AKP)を支持する兄弟姉妹たちよ、皆さんは疲れている。政府は疲れている。新しい血に問題を解決させよう」と彼は言いました。インジェ候補は、この日、ウスパルタ、ブルドゥルと遊説をつづけました。

「私が大統領になったら、耐乏生活を強いられるのは市民ではない。政府が耐えるべきだ。エルドアンはアンカラに宮殿を建てるのに20億ドルを使った。いま彼は、マルマリスに新しい宮殿を建てている。私はこの新しい宮殿を身障者の市民への贈物にすると約束する」と彼は言いました。


エ大統領がイスタンブル運河を“戦略的プロジェクト”と言った

エルドアン大統領がイスタンブル運河の建造を“戦略的プロジェクト”と言いました。計画されているイスタンブル運河は、黒海とマルマラ海をつなぐ人口水路です。

 Hurriyet

エルドアン大統領は、6月7日、CNNトルコとDチャンネルのライブ放送で、デミルオレン・メディアグループのCEOメフメト・ソイサル氏と、ヒュリエト紙のアンカラ代表ハンデ・フラト氏の質問に答えました。アンカラの歴史的国会議事堂から中継されたこの番組は、Dチャンネルのキャスター、ブケト・サイグ氏が司会しました。

エルドアン大統領は番組中、実体のある計画とプロジェクトを提示しているのは公正発展党だけだと言いました。プロジェクトの一例として、エルドアン大統領はイスタンブル運河を挙げました。運河ができたら、ボスフォラス海峡を通過する船舶の交通量が減り、水辺の歴史ある邸宅に船が衝突する危険もなくなると、大統領は言いました。

「これは戦略プロジェクトであって、遊びではない。われわれはまた、イスタンブル運河の両側を、イスタンブル都市刷新のための予備地とする」とエルドアン大統領は付言し、市の中心に近い、古い危険な建物は取り壊し、新しい住宅地が運河の近くに造られると説明しました。

「CHPはこのようなプロジェクトを提示しているか? 幸福や平和を約束することはプロジェクトではない。希望に過ぎない。彼らは希望をいかに実現するかを言わない」と、エルドアン大統領は、共和人民党(CHP)の大統領候補インジェ氏を標的にしていました。


  「ときどきダイアリー」ヘ




コメント
この記事をはてなブックマークに追加