11/02/12 ル テアトル銀座歌舞伎「お染の七役」亀治郎奮闘公演!

続けて12日に観たル テアトル銀座歌舞伎の昼の部の感想を書くことにする。
この間、亀治郎はTVの嵐やTOKIOの番組にこの公演の宣伝のために連続して出演していたが、その度に映し出された公演のポスターやチラシの写真撮影は蜷川実花さんのもの。父の蜷川幸雄が「NINAGAWA十二夜」で歌舞伎の演出を手掛けた後、坂田藤十郎襲名披露公演で実花さん撮影の写真が使われて、なるほど父娘で歌舞伎界とのご縁が深まったのだなぁと思ったものだった。そして今回、染五郎×亀治郎の二枚看板の花形歌舞伎でまた実花さんの写真ということになったことにニヤリ。「NINAGAWA十二夜」で亀治郎を面白いと思った蜷川幸雄が亀治郎をヒロインにオールメールの「じゃじゃ馬馴らし」を生み出したことともつながったんだろうなぁと。

実花さんは雑誌などにグラビアページももっているし、吉原を舞台にした漫画「さくらん」の映画で監督業にもデビュー。親の七光りじゃないかという映画の現場の雰囲気の中で苦労しながら立派に仕上げて話題になった人でもある。とにかくその作品は実に現代的で色使いが大胆。紙衣姿の伊左衛門に扮した藤十郎の写真にも花が散っていた。今回の亀治郎のお染の写真も花の枝から顔を出したお七という大胆な構図が実にいい。

ル テアトル銀座はこれまでも何度も観劇している劇場だが、1月の繭玉飾りに鬼などの面をつけて2月用にアレンジされた飾りで華やかになったロビーがなんとなく嬉しい。定式幕を初めてつけた記念にそのイメージで短冊状に並べたマシュマロもお土産売り場に並び、気分を盛り上げる工夫を感じた。


「お染の七役」は平成15年=2003年10月の歌舞伎座で玉三郎で見たのが初見。福助の舞台も観ている。正直、面白い物語というものではなく早替りを楽しむ演目だと思っていた。
今回の澤瀉屋版はさにあらず、早替りを楽しませる部分もさらに手がこんでいるし、物語としても十分面白かった。猿之助が1991年に演じたものを今回は奈河彰輔と猿之助の改補・演出で練り上げてくれている。猿之助が亀治郎には自分以上に適した演目だとプログラムに言葉を寄せているので、“猿之助四十八撰”を亀治郎に本格的に芸を継承させる意欲も伝わってきて、この伯父と甥のタッグの仕事にも大いに期待をかけているところだ。

【於染久松色読販(おそめひさまつうきなのよみうり)】市川亀治郎七役早替り相勤め申し候
以下、公式サイトよりあらすじをほぼ引用。
宝永年間(1704~1711)に、大坂で起こったお染と久松の心中事件は世間を賑わし、すぐに歌舞伎や人形浄瑠璃に取り上げられた。文化十年(1813)三月、江戸森田座において、大南北と称される四世鶴屋南北の作により初演。主要人物七役を早替わりで演じるという趣向が受け、大人気となった作品。
 質店油屋の娘お染と山家屋清兵衛の縁談が進められているが、お染には久松という言い交わした相手がいる。しかし、久松にもお光という許嫁があり、元は武家の子息で、紛失した御家の重宝の短刀と折紙を捜している。姉の竹川も久松の身を案じ、短刀の探索の金の工面を土手のお六に頼む。お六と亭主の鬼門の喜兵衛は、油屋で金を騙し取ろうとしますが、あえなく失敗します。一方お染は、久松の子を宿しながらも、母親の貞昌の説得にあい、ついに家を抜け出して...。
今回の主な配役は以下の通り。
お染/久松/竹川/小糸/土手のお六/貞昌/お光=亀治郎
鬼門の喜兵衛=染五郎 油屋多三郎=宗之助 番頭善六=錦弥
山家屋清兵衛=友右衛門 庵崎久作=門之助
油屋太郎七=秀調 髪結亀吉=亀三郎 
船頭長吉=亀鶴 女猿廻しお作=笑也

序幕第一場「柳島妙見の場」での早替りが多いことにすぐ気がついた。この冒頭の場で七役全部を登場させて早替りを見せるのが澤瀉屋版の特徴とのこと。開幕してすぐの「つかみ」の工夫ということだろうと納得。
さすがにお染の時はチラシ写真のようなくらくらする可愛さはない。双眼鏡で観察すると眉を描くお役は早替り用の伸縮性の羽二重で眉のところを装着しているということもある。
奥女中の竹川、後家貞昌、土手のお六は安心して観ていられる。芸者小糸、田舎娘の許嫁お光ももよい。予想以上によかったのは久松。元は武家の跡取りで今は手代になっているという風情があり、お染が惚れるのも無理はないという感じがした。一番難しいのがお染だろう。初めての恋に一直線の初心なお嬢さんというのは作って演じるのではクサくなる。このあたりは玉三郎のお染が実によかった。亀治郎の七役の演じ分けは演じ分けるだけでまだまだ手一杯というところだと思ったが、この難しい演目も上演を重ねるうちによくなっていくだろうという期待がもてる初役の舞台だったと思う。
お染久松ものの狂言は他にもいろいろあって昨年5月には文楽の「新版歌祭文」を観ている。久松の乳母の里が野崎で、兄妹のように育ったお光と結婚させるということにしているので許嫁のお光がヒロインとなる「野崎村」は歌舞伎の見取り上演でもよくかかるが、こちらの「於染久松色読販」にはそのあたりは出てこない。しかしながら夜の部の「女殺油地獄」とは野崎つながりであり、油屋つながりというのも狂言立てとして面白い。

土手のお六は元は千葉家の家来石津の女中で、同じ家中の鈴木弥忠太の家来だった鬼門の喜兵衛と不義となり、処罰されるところを竹川に救われている。その恩義で竹川のお役に立とうと奮闘する。ここでも主の許可をえない色恋沙汰はご法度という「不義」で死ななくてすんだことへの恩義で動くという江戸時代の価値観をきちんと踏まえると、土手のお六がよく理解できると思う。歌舞伎の「悪婆」は男への心中立てやら忠義やらで実を通すところが魅力。

その奮闘のひとつが竹川のために大金を用立てるための「瓦町油屋の場」での強請である。夫の鬼門の喜兵衛とともに強請をはかるが、嫁菜売り(久作)の死体とみせかけた丁稚が生き返り、大失敗して四手駕籠を二人では担いでのひっこみも可笑しい。
ここがチャリ場となるだけに、お店の者も張り切って当世のギャグもてんこもり。「楽しんご」の「ドドスコスコスコ、ラブ注入」はなんとかTVで知っていたのでついていけた(笑)

強請に失敗した喜兵衛が実は久松の家の重宝を盗んだ犯人で、質草となっている刀が油屋にあるのを土蔵から盗み出し、元の弥忠太を殺したと思ったら、久松の手にかかってあえなく絶命。ここでも夜の演目と殺し殺される者を逆転して配役してある妙に悦に入る。

大詰、向島道行の場。お染は久松と一緒になれないならば大川に身を投げようと家を出、その駕籠を久松が追っていく。お染に横恋慕する番頭善六が駕籠かきに頼んでさらおうという企みもあるようだ。
久松の心が自分にないと知ったお光が正気を失った態で久松を追ってきて、通りかかった船頭長吉と女猿廻しお作がお光をなだめる。ここが所作立て。亀治郎の狂女の踊りが実にいい。大詰は前半と違って早替り用の伸縮性の羽二重は眉落としのお六のところで装着。お光のところでたっぷりと表情を楽しませてもらえる。4月の新国劇と共演しての「保名」もいいだろうなぁと思いを馳せる。
最後は土手のお六が折紙を手に入れてきて久松に届け、御家再興を促し、追い手から久松とお染を逃がしての立ち回り。
四天との立ち回りで「おもだかや」と大書された傘が広がる中で極まり、亀治郎のお六が手をついて「昼の部はこれぎり~」と口上を述べて幕。
猿之助歌舞伎の3S(ストーリー、スピード、スペクタクル)が楽しめた舞台だった。満足。

昼は亀治郎に染五郎がつきあって、夜はその反対というのがまた実によい組み合わせ。気心がしれた二人の舞台はこれからも楽しみだ。

そうそう、「お染の七役」という演目としては、前進座の國太郎でも観てみたいと思っている。元々5代目の國太郎の当たり役でもあり、玉三郎も初役の時に教えを乞うているので、昔ながらの演出を前進座で観てみたいということだ。当代國太郎も「切られお富」がよかったので、土手のお六も観てみたいという思いが強くなった。

2/18昼の部「女殺油地獄」の記事はこちら
澤瀉屋版「お染の七役」についての補足の記事はこちら
コメント ( 10 ) | Trackback ( 1 )


« 11/02/18 ル ... 11/02/12 澤瀉... »


 
コメント
 
 
 
Unknown (玲小姐)
2011-02-20 19:24:19
染ちゃんの小悪党ぶりもよかったです^^。

少々くどい印象の亀ちゃんと、あっさり系の染ちゃんは、ちょうどいいコンビになると思いますねえ。今後も、このコンビで成長してほしいです。
 
 
 
★玲小姐さま (ぴかちゅう)
2011-02-20 21:42:16
ご一緒できてよかったです。次回、このコンビは明治座の5月歌舞伎ですね。日程調整してまたご一緒しましょう!
 
 
 
七役早替り (六条亭)
2011-02-20 21:52:11
ぴかちゅう さま


澤瀉屋版「お染の七役」は亀治郎丈の意欲的な取り組みですが、私が観劇した二日はまだ十分こなれておらず、七役の早替りで精一杯という印象でしたね。私は拙感想記事に書きましたように土手のお六が不満でした。やはり玉三郎丈の七役と比較してしまうので止むを得ないでしょうね。

染五郎丈とのコンビはよく、私は第二部『女殺油地獄』の方が総合的には面白かったと思いました。

TBをうちました。
 
 
 
★六条亭さま (ぴかちゅう)
2011-02-21 00:46:47
TB&コメントを有難うございますm(_ _)m
しばらく、観劇感想がまともに書けていませんでしたが、ようやくル テアトル銀座歌舞伎2月公演の夜と昼を2日続けて連続アップできました。
今回の澤瀉屋版「お染の七役」は、亀治郎が猿之助の芸を継承する取り組みの一環で、プログラムに寄せた猿之助丈の言葉に伯父の意欲も感じました。
亀治郎の七役の演じ分けも荒削りながら頑張っていたと思います。
昼は亀治郎に染五郎がつきあって、夜はその反対というのがまた実によい組み合わせで、気心がしれた二人の舞台は呼吸もあっていてよかったです。5月明治座公演では残念ながら共演する演目がないようでちょっと寂しいですが、これからもこの二人が組んだ舞台を楽しみにしようと思います。
 
 
 
ご質問です (茲愉有人)
2011-02-23 11:58:35
東京の芝居は見られないので、本で演目関連内容を少し読んでみて興味を持った点でのご質問です。おわかりになるようでしたら教えてください。

手許の本の情報では、「お染の七役」は南北が美貌の女形半四郎のために筆をとったものということですが、戸板康二氏によれば、「前進座の[五代目]國太郎という女形のために、渥美清太郎氏が復活した台本をずっと使っている。こんどの児太郎[現九代目福助]まで、たしか、あいだに四人の女形が演じた。」(昭和58年9月記)とあります。
今演目が「奈河彰輔と猿之助の改補・演出」ということは、台本が別に作られたものだということですよね。
また、改補という言葉から派生的に、猿之助丈が1991年に演じた際の台本も奈河彰輔氏のものだったということでしょうか。それをさらに改訂した・・・・


2つ目、別の本に、南北は屏風1枚と吹き替えを使うことで三役を早替わりで演じさせるという場面を組み込んでいるとのことですが、今回も演じられているのでしょうか。見ていたら面白い場面だろうなと思うのですが。


3つ目。戸板氏の平成2年8月「お染めの五役」への文の中に、こんな記載があります。
”「七役」では、半二の「野崎村」で、けなげに自分を犠牲にして、お染と久松の仲を甘んじて見送ったお光の本心が、狂おしいほどの嫉妬の炎を持っていたというふうに解釈している。”
今回は、お光はどんなふうに演じられているのでしょうか。やはり戸板氏の記述のような情感の溢れるような演出ですか。

このお芝居、違う役者により演じられた「七役」を観劇していれば、その芝居の演出や演技力の比較ができて、非常におもしろいでしょうね。早替わりというテクニカルな側面も含めて、役者の力量にすごく左右されるような気がします。
 
 
 
★茲愉有人さま (ぴかちゅう)
2011-02-24 00:31:08
1つ目のお答えは続けて補足記事を書きましたので、そちらをご覧ください。
2つ目について。澤瀉屋の演出はけっこう舞台装置を凝りますので、屏風を使った場面もありましたがもう少しいろいろな大道具も組み合わせていたと思います(「瓦町油屋二階の場」)。
3つ目について。半二の「野崎村」との関連の戸板氏の考察も面白いとは思います。ただ私は別物として観てしまいました。亀治郎のお光の狂乱の踊りはよいものでした。今回の七役の中で一番評価が高かったようです。
またしばらくして再演される際には、亀治郎ももっと成長していることでしょう。私は玉三郎、福助、亀治郎と観てきました。前進座の当代の国太郎の七役を早く観てみたいものだと思っています。
 
 
 
ご返事ありがとうございます (茲愉有人)
2011-02-25 13:50:20
この演目を主演者の違いによって、この舞台装置としての大道具などにも変化があるとすると、見ていて、比較検討できおもしろいでしょうね。

少なくとも前進座の当代国太郎の七変化は、私も見てみたいです。
ここしばらく、毎春、南座での前進座の芝居は見てきていますので・・・・

南北の原作での七変化のうち、鶴土手のお作という役が、現在では芸者小糸に変わった、とある文にありました。鶴土手からの推測は夜鷹なのでしょう。芸者小糸にすることで、役回りに少し華やかさを出そうとした改変なのかなと、勝手に想像しています。

 
 
 
★茲愉有人さま (ぴかちゅう)
2011-02-25 23:46:26
なるほど、「鶴土手のお作」の名残りが「女猿廻しお作」ということなんでしょうね。いろいろ調べていただき、有難うございますm(_ _)m
 
 
 
亀×染カップル (スキップ)
2011-02-26 08:12:02
ぴかちゅうさま
亀治郎さんの七役早替り、楽しかったですね。
ご本人も気持ち良さそうに演じていらっしゃいました。(裏にまわると走り回って大変だったのでしょうが)
早替り以外にも見どころの多い舞台でしたが、一番印象に残ったのは、お六と喜兵衛です。
亀治郎さんと染五郎さんのコンビを最初に意識したのはパルコ歌舞伎の「決闘!高田馬場」でしたが、竜馬とおりょうもよかったし、夜の部の「油」も含めて、バランス的にも実力の面でもとてもいいカップルだと思いました。
これからもこの二人でどんなドラマを見せていただけるのだろうと期待がふくらみます。
 
 
 
★スキップさま (ぴかちゅう)
2011-02-27 02:25:04
お染久松の世界は私も文楽であらためて面白いと思ったので、見取り上演の歌舞伎も楽しめるようになりました。澤瀉屋版は早替りのお楽しみ+御家騒動の筋立てもはっきりしているのが従来の「お染の七役」より面白いです。
染五郎丈は女形を封印されたということで、ますます低い声の鍛錬がすすんでいるのではないかと推測しました。線は細いけれど高麗屋や播磨屋の芸の継承にまっしぐらという感じですね。亀治郎丈も澤瀉屋の芸の継承の本格化を宣言していますから、このお二人の意気込みの高さが相乗効果を生んでいると思います。
夜の部の「油」(昼夜は油屋つながりでもありますね!)ではお二人で松嶋屋に教えを乞うてというのも芸の幅を広げていてすごくいいと思いました(お二人とも上方言葉頑張ってましたね)
これからもこのコンビの活躍を楽しみにしたいです。
 
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
『お染の七役』-二月花形歌舞伎第一部の簡単な感想 (六条亭の東屋)
花形歌舞伎第一部は猿之助四十八撰の内の『於染久松色読販』、いわゆる『お染の七役』である。立役の猿之助がこの女形が七役を早替りで見せる演目を四十八撰に入れたのは意外に感じたものである。しかし、ご本人なりの考えがあって、いわゆる3Sを標榜した猿之助歌舞伎に...