花がいっぱい。     
どんな花も無心に
咲いているから素敵なんだって。
無心になんかなれないよ。
どれもこれも気になっちゃって
 



IFFJ2014で木曜日 「友情」 Yaariyan をみたんですけどね。
むむっ・・・・これは、どうなの?
ってくらい最後はまさに「友情」で今年日本ですでに上演された
「スューデント・オブ・ザ・イヤー 狙え!No.1!!」にな〜んとなく似て、さらに音楽だけはばんばんかかって
昨年IFFJでかかった「 愛するがゆえ Aashiqui 2」に曲風が似てるなあって思うわけですが、
我が家に帰ってYaariyanで検索していくつか見てみると
音楽会社制作ゆえに曲がいいのはAashiqui 2であたった「 T-Series」ゆえってことでさらに
学園ものということで「スューデント・オブ・ザ・イヤー」とも比較があったらしい。
でやはり(?)作品の作り方に難ありも。

でも改めてそんな作品なんでIFFJ2014にかけたんだろ?って疑問。

まずストーリーが、ことのほか唐突すぎるのね。
切り刻み過ぎというか、そこでそんなになる??と突っ込みどころ満載。
この物語の背景は、2009年頃からの
オーストラリアでのインド人に対する「カレーパッシング」「カレー狩り」問題っていうのがあるらしい。
インド人留学生に対して100件以上の襲撃が行われたんだそうだ。
オーストラリアの若者による襲撃なんだそうな。襲うだけではなく、被害者たちのアパートから家財道具をすべて盗むという事件も起きていたんだそうな。

今はどうなんだろ?オーストラリアの永住移民者の出身国別人数、インドが前年比12.9%増加 なんて記事もありましたので関係はよくなっているのかも?

そんな問題も引っ掛けて撮影場所が、インドといってもカルギル地方(インド北西部のジャンムー・カシミール州の一部)にある高地)チベットっぽい雰囲気とオーストラリアでの撮影もあっったり
つめこんだ〜的作品で、まとまりがいまいち。
歌は。いいけど、映像がこれ?となんとなくあっていなかったり。

さらにイマイチ度を増したものに、日本語は字幕ありがたいけれど、語彙がいまいちなのね。

以前「レ・ミゼラブル」の字幕で
USA から購入したブルーレイの日本語字幕と、NHKがBSで放送した日本語字幕を比較して
さすがNHKだわ。って思わず訳し方のうまさに感心しました。
直訳でも語彙の選び方でかわりますが、さらに直訳と意訳の違いもあって伝わる日本語の会話。歌詞になっておりました。
が、今回のこの作品の日本語選択はちょっとね。
若者ゆえに青春期の若者用語ってことなのかもしれませんが、なにかいい語彙、言い回しなかったかなあ?って思いました。
日本語でも「萌え〜〜〜」なんて英語に訳すの大変そうですものね。

まあ、完全否定の作品ではありませんが、IFFJで何押しでこれを上映したんだろ?
ほかになかったのかあ??と疑問が残る作品でした。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




今回の邦題『若さは向こう見ず』
Yeh Jawaani Hai Deewani は、全米の映画ランキングでも
2013年5月31日の1週だけだったようだけれど
「スター・トレック イントゥ・ダークネス」や「アイアンマン3」「華麗なるギャツビー」が上映されてるときに
第9位であるものの「Yeh Jawaani Hai Deewani」がランクインしていた。
今、日本で人気の出てるインド映画「マダム イン ニューヨーク」が
Internet Movie Databaseっていうサイトで
全米で観客が映画館で払った入場料の額っていうのみると
1週間で$1,670,773( (USA) (21 October 2012) )88スクリーン上映だったのに対して
「Yeh Jawaani Hai Deewani」は
$3,827,466( (USA) (21 July 2013))162 スクリーン上映ってことでしたから、人気度はこちらのほうが上?

ちなみに
昨今、日本ののインドブームのきっかけともなった「きっと、うまくいく!」は
$6,523,137 (USA) (19 February 2010)って週があって、スクリーン数の多い時は156スクリーンってことですから
人気度はさらに凄かったんでようですけどね。

「Yeh Jawaani Hai Deewani」は、英語字幕のDVDは観てたものの日本語字幕まっておりました。
大きなスクリーンで日本語字幕上演。

1日前に「ヒーローは、つらいよ」も面白かったんですが、あらためて「Yeh Jawaani Hai Deewani」いいわあ。
『若さは向こう見ず』インド映画なんだけど、ストーリーとしては、日本でも青春期ものがたりとしてはあるある物語。

まじめな女の子でクラスでも優秀だった女の子だけど、友達がいない、青春謳歌してるまわりのコ達とのギャップ。
一方クラスの人気者だけど実は。。。みたいな男子とその友達とトレッキングにでかけるツアーにガリ勉一筋の彼女でかけることに。
  
って久々高校時代のクラスメイトにあって、その旅行に急参加ってあるんかい?って突っ込みいれたくもなるけど
そんな突っ込み箇所があるから成り立つこのストーリー。「若さは向こう見ず」
   
若い時は、こうだけどね。って
主人公はラスト爺婆でなく、まだまだ若いけど、
やはりそこにはいろいろ考える切り替えスイッチが人生にはあるってことで、
ってことでハッピーエンドを迎えるんだよね。

爽やか王道恋愛物語。音楽はあのおっちゃん!Pritam Chakraborty
インド音楽の作曲家といえば、A.R. Rahmanなんていってる人
Pritamも要チェエクですよ〜〜〜!!
ついでにShankar–Ehsaan–Loy、Vishal-Shekharなんてコンビというかグループもね

ってなわけで「Yeh Jawaani Hai Deewani 」は多くのスクリーンででもっとやらないのかしらん?
今回IFFJ でディーピカ・パドゥコーン(ネ?)とランビール・カプールの出演はあるものの、
あとはシャーヒド・カプールもあるけど、
私がやたらDVDを購入するシャー ルク カーンやアミール・ カーン、
サルマン・カーンにリティック・ローシャンの映画はないのね。
って思ってたらこのあと来るんですよね。

むむっ、すこし大手の配給会社が乗り出したのかしらね。

Balam Pichkari Full Song Video Yeh Jawaani Hai Deewani


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




日本語字幕のありがたさ。
今年のインド行き香港までのキャセイの機内でみた映画「Main Tera Hero」
「ヒーローはつらいよ。」って邦題になって上演。
テルグ語映画ののリメイクってことも最近知って、改めて面白かったインド映画です。
テルグ語版よりもスマートさがあるのが、ヒンディ語版。

主人公のSreenathは学力的にはおバカなんだけど、とことん明るく、体力勝負のところありきでの悪知恵においては。天下一品!
(といっても大学いって留年してしまったゆえに、学位とるためバンガロールの大学に編入するらしいから全くのおばかじゃない)
生まれ育った街から大学編入のため村をでていくことに、村民あげて大声援、もう2度と帰ってくるななんだけど、めちゃあかるい大声援。これは日本語でようやくわかったのよね。
そこまで明るいやんちゃ坊主が、村の迷惑小僧であることは、冒頭でもわかるだけど、
話の途中でなんで村人に声援うけたのかも話すところで、さらに納得。
イケメンだけどほんととんでもないやんちありそうな。
ガネーシャが、一番親しみやすそうな神様だわかり、会話もおもしろすぎ。

話は最初、大学でも花のある女の子にヒトメボレ。ただしその女の子には許嫁が。
だけどその許嫁が実にくせ者。警官でありながら、彼女の父親を脅して無理矢理許嫁に。
そのくせ者警官から、彼女をものにするか?が話の最初でありながら、話はそこからとんでもないことに発展してバンガロールの学校からバンコクに住むインド人マフィアのボスの豪邸に場面は変わって
やんちゃな彼に一目惚れしちゃったマフィアのボスの娘と結婚しなくてはならないはめになり。

と台詞いい加減でも面白いけどやっぱり日本語。ありがたい。

そして大きな画面でのダンスはやはりインド映画ならでは。
主役のヴァルン・ダワンくんかわいいしダンスがうまい。今後期待。

"Main Tera Hero" Palat - Tera Hero Idhar Hai Remix Song | Varun Dhawan, Ileana D'Cruz, Nargis Fakhri


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




『道化の瞳』は、玉野和紀さんが、品川で開催していた「CLUB SEVEN」時代に 笹本玲奈さん泉見洋平くんが出演したときにショートストリーとして上演されたときにみた作品。
その後シアタークリエで、作品をさらに膨らませて上演され、今回再演ということだそうな。

初演時は見に行きませんでしたが、今回は坂元健児出演ってことで気になっていましたが、
毎度ながら安いチケットあればいくけどね。ってかんじで希望は6000円代でしたが
7000円お土産付きチケットで行ってきました。

で・・・やっぱり正規料金では、高いな〜の感想。
作品として、泣ける作品ではありますが・・・「CLUB SEVEN」の時のほうがすっきりしていてストリートに印象に残りましたね。
クリエでは、楽しませようという振りもわかるんですが、STORYいろいろろ盛り込んみすぎて、ごちゃごちゃしてしまった作品
いい人が、自己犠牲で、誰かを救うみたいなお釈迦様の捨身飼虎思い出しちゃった(苦笑)
どうせなら壺坂霊験記みたいに最後はハッピーエンドにしてくれてもいいじゃん、と盛り込んだスト−リーどれかはハッピーエンドにしていただきたい私でした。
せめで最後涙でもほっこり終わる作品で主人公の少年と、少年の作った物語の主人公が、自己犠牲でも周りの者を幸せにしてくれたという思いを強くだして欲しかったりするんでね。

とまあ、作品には思うところありですが、
出演者、保坂知寿さん、最初誰?歌うまい!!って思ったら保坂さんだんですね。もっといろいろな舞台で活躍してほしいな。と
梶原善さんは歌は、そんなじゃないけどやはり役者でもっていくなあ・・・と医者の役でも大道芸の頭でもいいかんじ。
で見たかった坂元さん。いろいろやってるなあ。最近はアスリートね。と思いながら見ていたのですが、側転後、「無理!」っていって引き下がったんです。
最初は、芝居上のウケ狙いの冗談かな?って思ったのですが、その後、歩きづらそうで、移動はけんけん片足になり・・
足なにかやちゃったのね? ねんざ? 剥離骨折とか?
それが気になって、そのせいもあったかもしれませんね。芝居でなくて坂元健児さんの様子が何かと気になってしまいました。
役では、大道芸のジャグリングをするカールだったようですが、坂元健児さんが気になちゃって、
今思えば、最初お医者さんの鈴木さんの時にやたらスナック菓子の「カール」が出てたのは、役名もかねてかな。と思うのですが、舞台上けんけんで移動。最初どこか舞台そでにあった棒を杖代わりにして出てきたかとおもったら
その後は、急遽小道具さんが作ってくれたのか、T字の杖を使って片足でけんけんされておりました。
土曜日でしたが、どこか病院にはいけたのかしら?
見に行った日になんで?って思いです。

大阪もあれば、その次の公演もありとお忙しいようですから・・・じっとして治すのは大変でしょう。
といって休演も・・・
ねん挫かまたは剥離骨折程度というのもいけませんが、重傷でないことを願う次第です。

14日 重症でないことをと思っておりましたが、東宝から
左足アキレス腱を断裂ってことが発表され、休演となるとお知らせがでました。
完治させて、再びすてきな舞台への復活を願う次第です。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




2014年10月8日の皆既月食
月食は、太陽と地球、それに月が一直線に並び、月が地球の影に入って暗くなる現象

そして、見れた!見れた!赤い月
コンパクトカメラででにらめっこ













雲が出てきちゃいました



ほとんどがこんなぼけ(笑)



参考 国立天文台 天文情報センターの資料から東京での見え方



コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )


« 前ページ