花がいっぱい。     
どんな花も無心に
咲いているから素敵なんだって。
無心になんかなれないよ。
どれもこれも気になっちゃって
 



最近古い動画がUP? 消えちゃうかな?

James Barbour as the Beast in "Beauty and the Beast" on Broadway Singing "If I Can't Love Her"


"If I Can't Love Her" Sung by James Barbour in "Beauty and the Beast" on Broadway



Beauty and the Beast Concert on Ice 1996 - Part 3



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




6月19日金曜日 渋谷のエレクトローンシティ渋谷で開催された「イチラス」に行きました。
14:00の回 この公演は3回あり、そのうちの真ん中の回でした。
チケット発売を知った時には、この回のみのチケ扱いでした。
出演者は井料瑠美 さん、樹里咲穂さん 、坂元健児さん、一和洋輔さん
特別出演ということで 光枝明彦さんのお名前がありました。

劇団四季出身の方が4名、宝塚出身の方が1名と
劇団四季の方が多いライブって初めてかも・・・と思いながらも一和洋輔さんを知ったのは
この日が初めてでした。

それでも最初に登場してきた時は、歌上手いけど最近の人気ミュージカル俳優さんかしら?
と思っておりましたところ、四季に6年所属して、坂元さんと似ている点が多いという
MCを早々にしてくれたので、そうっか・・・と。嵐の中の子供たち でボブを演じたことや機械体操をやっていたと。

今後どんな場面で活躍されるのでしょうか?一和さん


さて「イチラス」というタイトルは
 第一幕ラストの略称。
 第一幕の最後に歌われる楽曲、及びそのシーン。ミュージカルの業界用語。
ってことで今回は第一幕の最後に歌われる楽曲を
メイン4人が交互やコンビを組んで宮誠さんのエレクトーン演奏で歌ってくれました。

その「イチラス」コンサートで選曲からはずれた曲がオープニングでエレクトーン演奏されました。

そのあとで4人が登場しで、I Got Rhythm・・『クレイジー・フォー・ユー』からって言ってたけど
うん「イチラス」なら、そうかもだけど「巴里のアメリカ人」が出てきちゃう私だったりするのです
「An american in Paris」先日トニー賞のときのパフォーマンスで踊られてたけれど・・日本でもあるのかしらん?
ガーシュウィンのミュージカルみたいな・・・と話がそれましたが

今回「アラジン」の自慢の息子(Proud Of Your Boy )を日本語で初めて聞きました。
一和さんが歌われましたが、動画で井上芳雄くんが歌っているのが検索できましたが、
一和さん井上くんに被るなあ・・・なんて思ってると「モーツァルト!」の影をのがれてを聞かせてくれて。。
ますます。。。今後この方はどのくらいのポジションなのかなあ?っと。

一方さすがはやはり特別出演となっていた光枝明彦さん。
雰囲気があるんですよね~。「マイ・フェアレディ」から「君すむ街角」いいですねえ~
あの曲ヒロインのイライザにお金持ちのぼちゃんフレディーが恋してしまって想いを歌い街をあるくって若い子のうただけど・・・
いいですね~。もはや「マイ・フェアレディ」を越えていた!!

今までの経験ってものでしょうか。

そして今回女性陣も良かったんですけど・・・やっぱり坂元さん目当てに行ったので
この方高い音が出るゆえ、女性の曲を歌いましたけど・・
やっぱりレミゼ「ワンディモア」このアンジョパート。聞き惚れました。
アンジョルラスはこの人だわ。って・・
私の中のアンジョはこのアンジョなの・・って(笑)

でもこれまた、このアンジョだと舞台は回り舞台なのね。って(苦笑)

一方初生で聞いたのが、「ライオンキング」の「ハクナ・マタタ」。
いままで聞いたのはNHKの紅白に出た時のシンバ場面。
良かったです。 日本オリジナル初めて聴かせていただきました。感動(笑)

今回のライブで「チム・チム・チェリー」歌ってましたけどあの舞台。
舞台日本でやったらバートをサカケンでやってほしいな・・
でもブロードウエイ版とは違う演出になるんだったら。。いいや(苦笑)
なんてかんじで・・『愛せぬならば』If I Can't Love Her っていうと
ジェイムズ・バーバーっしょ。って
これは・・ってけっこうこの頑なさ。生は見てないんですけど(苦笑)

見ようと決意し。。たけど公演が中止になったレベッカ。ってずるずる想いが
湧いたひと時でもありました。

お客さんは、年齢高め?平日の昼ですものね。ミュージカルファンがいっぱいってところなのかな?
っとこのコンサートを聴き終えて私は歌舞伎座に移動した1日でした。




コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




14日 新国立バレエ「白鳥の湖」鑑賞日だったのにしっかり忘れて・・・・
開演時間に我が家を出発!
それでも気がついてよかった(苦笑)
14日のキャスト
オデット/オディール 長田佳世
ジークフリード王子 奥村康祐
ロートバルト 古川和則
道化 小野寺 雄

今回
米沢 唯 ワディム・ムンタギロフ
小野絢子 福岡雄大
という組み合わせ日を見ず、この14日1回だけだったのに・・忘れておりました
それでも3時前には到着。立ち見での鑑賞。小さい4羽の白鳥から見れました。

でもみながら、あ~前回みた白鳥たちに比べて小粒で可愛いなあ。と前回は?って
休憩時間になって思い出すと前回の「白鳥の湖」は、ボリショイ・バレエ。
新国立劇場バレエ団をみて可愛いなあ・・・って思ったのは、ボリショイのコールドの個性的?大きさ?に比べると
整頓された綺麗さ丁寧さが可愛くみえたのかなあ?と。
奥村康祐さんの王子と長田佳世さんのオデットも若い王子に若い姫でかわいい、初々しいっと。

休憩後予定の席に座っての鑑賞。
新国立劇場バレエ団の「白鳥の湖」をこれまでも何回かみているのですが、
なにか今までと違った感覚で「白鳥の湖」をみていた気がします。

「白鳥の湖」の結末が悲劇になるのか、ハッピーエンドになるのか、
今日の二人はハッピーエンドが似合うな。と思えたのは、ロートバルトの古川和則さんが
がよかったのかもしれません。クールで冷血、策略家。意地悪とは違った印象。

遅刻してしまったため、がっつりは見れなかった失態を犯した!って感じですが
よかったです。

鑑賞後、この日は今シーズンのエンディングパーティーがありました。

パーティーには、大原芸術監督やスタッフ陣、小野絢子さん、長田佳世さん、本島美和さん、米沢唯さん、
菅野英男さん、マイレン・トレウバエフさん、福岡雄大さん、奥村康祐さん、井澤駿さんのご参加で司会は守山実花さん

その時隣席になった方とお話ししつつ、ダンサーの方々との記念撮影やお話しもできあっという間のひととき
ドジな1日でしたが行けてよかった新国立劇場でした。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




今日は、思い立ったが吉日。とまではならないかもなのですが、鎌倉に出かけました。
水曜日。休日は混んでるだろう鎌倉、平日なら・・・と出かけたけれど。
人気の場所なんですね~と改めて感じた「鎌倉」。

横須賀線で鎌倉へ。。。と思ったものの、今日は、横須賀線保土ヶ谷での信号機故障で大船乗り換えで出かけた「鎌倉」。
鎌倉で発売されてる「鎌倉フリー環境手形」を購入してまず江ノ電にのって「長谷」へ
「鎌倉フリー環境手形」は、鎌倉地域内の観光スポットにを回る路線バスと
 江ノ電の長谷までが1日乗り放題の切符です。 購入したのは江ノ電での切符売り場ですが、
 何気にやはり。。江ノ電の窓口の方「長谷までしかのれませんよ」って。
 江ノ電でもう少し先まで行くということもありますが、鎌倉散歩に便利なのは「鎌倉フリー環境手形」
利用させていただきました。

まずは江ノ電で「長谷」へ
数年ぶりだと思うのですが・・・
こんなにお土産屋や飲食屋さんあたっけ??
っとむか~し、京都の嵯峨野にいろいろなお店ができたとき、その変貌に驚きましたが
「長谷」の変貌ぶりもびっくり。

そんな中目立たぬ存在で、ガチャピン大仏もおりました。


まず出かけたのは長谷寺


すごい人、人、人
外国からの旅行者や、小学校や中学校の遠足、修学旅行で来てる子供達に
主婦ブループにシルバー夫婦、だけでなく今日平日なのに??って若者も多数。老若男女・・いるいるいっぱい。
それに長谷の紫陽花も番号待ちでぞろぞろ鑑賞・・だったんですが、このぞろぞろが嫌でそこはパスしてしまいました。
鎌倉の紫陽花といえば、明月院!!なんて思っていた私は古いよう。
ぞろぞろしなかったものの


こちらは紫陽花じゃないけれど

こんなかんじで見ること可能。
長谷寺は大きな観音様!!十 一面観音菩薩が、本尊どなりますが、可愛いおじぞうさまや観音様も




こちらはかわいいじゃないけれど紫陽花をお持ちで・・


のんびりゆっくりというには、人の多さにちょい疲れ、その足で鎌倉大仏の高徳院へ


お天気がいいから立派が映える!

この碑 あの有名な与謝野晶子の大仏さんを美男子とした句があるわけだけど
後ろを歩いてきた若者・・なんだろねえ~って。通り過ぎていった。
説明もかいてあるんだから読めべいいのに!!って思いながらも最近はこんなもの・・ってところなんですかね(苦笑)

そしてこにも紫陽花
        

その紫陽花のちかくにこんな木も


再び美男・・イケメン大仏さんを拝んで


こちら6体並んだお地蔵さんまで「鎌倉フリー環境手形」を利用してバス移動


そこから鎌倉駅にもどって
小町通を歩いて「鶴岡八幡」へ

あら~~綺麗になってる!! 色鮮やかに修復されてた!
  

そしてあのイチョウの木!!
公暁が、源実朝を殺害するために待ち伏し身を隠したイチョウの木。
というよりも樹齢1000年だったものの雪混じりの強風で倒れてしまった木!!が、今ではこんなかんじになっていたのね。っと


ここまで人、人、人!!
でもここ境内ながら人が少ない!
源頼朝公、実朝公がお祀りされてるという白旗神社


ここから、鎌倉宮へいったのですが、観光客おもいっきり減りました。

京都や奈良もですが・・・メイン観光地からちょいっとずれただけで人はいない(苦笑)


ここは護良親王が幽閉された土牢。
もうここは私一人!!
勝手に28歳で殺されてしまった護良親王に思いを馳せて、こうじゃなくっちゃ・・なんてね。

その後再び「鎌倉フリー環境手形」で鎌倉駅へ。

なんだか疲れた~~。
最近歩いてなかったなあ。と反省です。


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




最近は時々NHKの朝ドラを見てしまう。
ドラマの展開が気になるというのでなく、
実は今日は出てるのかな?と、気になるニャンコがいる。
名前は「にゃーにゃ」


このニャンコ、テレビ東京の「週刊ニュース新書」でスタジオ内番組中自由気ままに歩き回っているニャンコ。
このテレビ番組は、土曜日のランチタイムにお送りする 大人のため のニュースショー。
しかしその内容とは、関係なく猫が自由気ままに歩き回るという演出がされ初代には温厚な
ニャンコ雄のアメリカンショートヘアーが出演していたのだけれど、2014年10月に急死。
二代目として「にゃーにゃ」が登場
清掃局に捨てられているところを拾われ、獣医さんに届けられたネコ。
動物プロダクションの方がたまたま獣医さんに行ったときに出会って引き取ったネコなんだそうな。

そのにゃーにゃが気になって「週刊ニュース新書」を見るようになって・・
いろいろ面白いものですよ。



番組のアイドル「にゃーにゃ」がNHKの朝ドラにも・・
さすがに朝ドラでは脇役そのもので勝手に動き回るってことはないのですが・・・

【にゃーにゃ】田勢康弘の週刊ニュース新書:ハンちゃんと一息(2015.5.30)【猫】




コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


« 前ページ