栗山求/望田潤監修「パーフェクト種牡馬辞典2021-2022」

「一口好配合ピック」シルクから13頭ピック&7/28~8/1の血統屋コンテンツ推奨馬の結果速報

2021-08-03 08:04:56 | 共有クラブ

おかげさまで今年も好評をいただいている「一口馬主好配合馬ピックアップ(2021~22)」ですが、シルクホースクラブから栗山が6頭、望田が10頭、ダブルピックが3頭いるので計13頭のピックとなりました
http://miesque.com/c00077.html

現在シルクから13頭、ジーワンから10頭、東サラから12頭、ユニオンから4頭、ラフィアンから1頭、あと19年産ですがノルマン3次から1頭ピックしていますのでよろしくお願いします

----------

■『一口馬主好配合馬ピックアップ(2020)』で栗山求が推奨したルージュスティリア(牝2歳)が日曜新潟5Rの新馬戦(芝1800m)を勝ち上がりました。

★東京サラブレッドクラブ
父ディープインパクト
母ドライヴンスノー(Storm Cat)
牝 募集価格:5600万円
https://db.netkeiba.com/horse/ped/2019104982/
キズナ、リアルスティール、エイシンヒカリなど国内外で8頭のG1ホースを出している「ディープインパクト×Storm Cat」のニックス。母ドライヴンスノーは「Storm Bird≒Nijinsky2×3」なので、本馬はそのなかでもラキシス(エリザベス女王杯)とサトノアラジン(安田記念)の姉弟に配合構成がよく似ています。2代母Wandestaは米芝牝馬チャンピオンで、メイトリアークS(米G1・芝10f)など西海岸で3つの芝G1を制覇しました。Burghclere≒Height of Fashion3×4という3/4同血クロスはスピードの持続力を補強します。体形的にもパワフルなので、先行して粘り強い芝中距離タイプでしょう。(栗山)

■『一口馬主好配合馬ピックアップ(2020)』で栗山求が推奨したコラリン(牝2歳)が土曜函館1Rの未勝利戦(芝1200m)を勝ち上がりました。

★シルクホースクラブ
父ダイワメジャー
母モルジアナ(Dubawi)
牝 募集価格:2000万円
https://db.netkeiba.com/horse/ped/2019105476/
母モルジアナはダート短距離で4勝。母の父Dubawiは欧州を代表する名種牡馬の一頭ですが、パワーを帯びているので、日本ではダート向きに出るものが珍しくありません。2代母サマーハは、母方にアメリカ血統を豊富に抱えているため、シャケトラ以外の仔はダートでも実績を残しています。モルジアナがダート向きに出たのはそうした事情もあってのことでしょう。本馬はSadler's Wellsを抱えたダイワメジャー産駒なのでアドマイヤメジャー、レシステンシア、メジャーエンブレムといったG1ウィナーと同じ。とくにSingspielを持つタイプはアドマイヤマーズやミリッサが出ています。母の初仔ということもあり2月生まれで426kg。ただ、母は現役時代を通じて44kgも成長したので、これから背が伸びてくればもっと体重を増やしてくるでしょう。芝・ダート兼用のスプリンター~マイラー。(栗山)

■水曜門別8Rアンタレス特別 ウインレゼルヴ (一口・望田)
■土曜新潟8R新潟ジャンプS2着 サーブルオール(一口・栗山)

コメント (8)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする