波風立男氏の生活と意見

老人暮らしのトキドキ絵日記

高貴な心

2020年04月04日 | 新聞感想

ルテガは、ドイツとイタリアでフアッシズム台頭し、ロシア革命が起きた時代の人。全くの聞きかじりだが、彼の言う「貴族」とは自分と異なる他者と対話し共存できる我慢や寛容の人。その対極が「大衆」。階級的な意味と違う。一匹なら愛らしいバッタが大群だと全てを食いつくすイメージ湧く「大衆の反逆」。

ぜ「大衆」は暴走するのか、相反する民主主義と立憲主義、指導者と支持者、死者の役割・・・・「こうでないかなあ」の世界観がオルテガの言葉でところどころだがくっきりしてくる。
コロナウィルスに対する指導者の「不要不急の外出は自粛」は、公的助成が無いなら客商売には公的営業妨害ではないのか。店側は文句一つ言えず指導者の暴走は放置され続ける。客の方も店を何とかしてやりたくても「もし・・・」もの時に、検査さえ困難だから言われなくても外に出られない。最高指導者から「この国では誰一人死なせない」という貴族の言葉はまだ一度もない。

こ最近、医療関係の人から「マスクがもうすぐ無くなりそうだ」、自営小売店の人から「このままなら自殺人がたくさん出る」、飲食店アルバイトから「もう罹かっているかもしれない」、地域のサークル会員が「マスクがないから行けない」という話。
背伸びであっても自らに強く迫る人、自らを後回しに奮闘する人、その人たちの身を案じて行動する人・・・・高貴な心が試される世界。


公式裏ブログを『エイリアンでなく』で更新 牛丼つくる。隠し味に赤ワイン、いける。温野菜冷やしウドン久しぶりに。生姜とにんにくで炒める茄子とピーマンは最強だね。今度、これに牛肉も入れて・・・絵と工作関係の材料やスケッチブック等、今週いっぱい使って片付け。仕事量に比べものすごく疲れた。

コメント

コメの学習帳 最終回【34頁目】

2020年04月02日 | 【知人協力】こめの学習帳

売っているものは作れる~稚内の暮らしを振り返る【下】~

祖父は作る人だった。動物が好きで、犬・鳩・チャボ等飼っていたが、その小屋は祖父の手作りだった。祖母はいつも木目込み人形を作っていた。作品は今でも実家の玄関を飾ることがある。父から定年間際に、近所に売ってないからネットで買ってくれと頼まれたのは木工に関する本だった。その後、実家に帰るたびに椅子やベンチなどの作品が増えた。母は編み物の資格を持っており、仲間と展示会をして販売もしていた。そういえば、姉は家庭料理を習いに、極短期間だが単身イタリアに渡っていた。今は高校で歴史を教えている。

・・・・・・・・・・・・・■

タイトルは私の言葉ではない。稚内で聞いた言葉だ。納得しつつ困惑するような、しかしとても魅力的なことだと思った。売っている物は誰かが作った物なのだから、自分でも作れると思った方が楽しいはずだ。出来合いのものを消費するのもいいのだが、自分で作ることも魅力あることだと感じた。自分も何か作ってみたいと考えた時に、冒頭の家族のことが思い出された。それまでに家族が何かを作っていることに意識的でなかった。

■・・・・・・・・・・・・

4歳になる息子も、よく何かを作っている。通っている幼稚園の影響も多大だが、テレビや図鑑で見た恐竜を描いたり作ったりしているのを見ると、自分が見た物を再現するということが彼にとって心地よいなことなのかもしれないと思う。子どもが夢中でやっていると、何か人間の根源的な欲求に基づくものなのかもしれないと感じる。必要だから作らざるを得ないこともあるだろうが、作ることで心の安定や安心感も得ているのではないかと思う。作るって素敵だ。自分はこの先、何を作りたいと思うのだろう。長期にわたる短いこのコラムヒントを得られたような気がする。


【波風氏談】コメさんから「ママヨさんの言葉(「売っているものは作れる」)をお借りしました」、「ケイコさんからの学びもあって『身構えないけど向き合う』ような書く姿勢を得られ・・・・・・「文章を作る」ことを自分のブログでもやっていきたい」と本記事送信時にコメント。長い間のご協力、ありがとうございました。

コメント

言葉のケイコ【その廿拾柒(にじゅうしち)】

2020年03月31日 | 【知人協力】言葉のケイコ

「バカと天才は紙一重」というセリフをとある漫画で見つけた。当時私は小学生。この、「紙一重」という言葉の意味がわからず、母に尋ねるも、「わからない言葉は辞書で調べなさい」と。そこで私は素直に辞書を引いたのだが、結局「紙一重」という言葉の意味はわからなかった。その後言葉の意味はいつの間にか理解したが、この言葉と初めて出会ったのが漫画の中なのは覚えている。私は漫画が大好き。子どもの頃からたくさん読んできた。ここ数年どっぷり小説漬けになっているが、そもそも私の本好きの原点は漫画だ。料理のうんちくは『美味しんぼ』で学び、バスケのルールは『スラムダンク』で覚えた(別に私はバスケをやらないけれど笑)。そして、難しい漢字の読みも慣用句も四字熟語も、漫画で得た知識が多い。私の母は私に漫画を読むことを禁じることはしなかったし、本を読むことの楽しさは、活字ばかり読んでいても培われないのだろうと理解してくれた。私が子どもたちに国語を教えることを仕事にできたのは、私にたくさんの本を読む機会を与えてくれた母のおかげでもある。


図書館が閉館中のため、久しぶりに押し入れから漫画を引っ張り出して読む。やはりいくつになっても漫画は面白い。だが困ったことが。漫画の字、こんなに小さかったっけ。数年ぶりに目にしたそれは、老眼が始まっているらしい私の目には辛い。若さと老いも紙一重?どうも私は紙を一枚めくってしまったようだ。


ブログ上の読書交流をお願いしたらSNさんとケイコさんが速攻で送ってくれた。MSさんから「(開催されたら)感想だけの参加にしようと思っていました」というメールSNさんから森友自殺職員の遺書全文掲載の週刊文春(3/26号、4/2号)見せて貰う。人間最後の言葉、嘘をつく人間たちの言葉、人間は何を守る生き物なのだろう。

コメント

『戦時期日本の精神史』を読む。

2020年03月30日 | 読書

戦時期日本の精神史 1931~71945年』(鶴見俊輔著:岩波現代文庫)を、コロナ、コロナと騒がれ始めた頃に読み始め、その話題が一日一杯TVで流れ、有名なコメディアンが亡くなった今日読み終わる。図書館に買ってもらった『鶴見俊輔伝』で、この哲学者をもっと知りたくなって読む。

               ・・・・・

読むのをためらわせる題名と、この著書の原本が40年前のカナダの大学での講義ノート(全て英語による授業)、加えて「岩波書店」に怯むが、「鶴見さんなら、自分でも理解できるように書いてくれているだろう」と思って約300頁めくる。
近代と現代の境目、標題の15年間の意味、転向、鎖国、国体、アジア、朝鮮、玉砕、戦時下の(庶民)の日常生活、原爆の犠牲者、戦争の終わり・・・・読みながら、近現代史を知らなくても、これらのキーワードで「15年戦争」時の知識人の事実と意味をもとに「文化の鎖国製」という特質を推理小説のように明らかにしてくれる。予備知識無いカナダの学生が対象というのも、わかりやすさの理由だろう。同時に、「名文とはわかる文章のこと」であり鶴見さんはその筆頭だと今回も思った。

                       ・・・・・・・

加藤周一さんの日本文学史も独自の日本文化論で強烈に刺激的だが、7年前に手にして難しすぎていつ読了できるかわからない。それに比べ鶴見さんのこの日本文化論は頭に素直に入る。前者が上から目線とは言わないが、後者が庶民の立場から離れず門外漢にも親切だ。加藤さんが足場を国外に置いた理論に比べ、鶴見さんが国内で実践的に理論化しているせいもある。今回、日本の精神とは何か、近現代史の骨格をなす思想とは何だったのか、哲学の内容と方法とは何か、のような普段の暮らしとかけ離れた問題を身近に感じた。知らなくても困らないが知ったこと、考えたことで少し幸せになれる感じがする。


この本を誰か読まないかなあ、語り合いたいなあ、腹ペコさんの近現代史の講義で目を開かれたママヨさんに頼んでみようかなあ 明後日久々に図書館再開が嬉しい。同じ日に2階から港の見える温泉が閉鎖し実に悲しい。

コメント

中止のお知らせ

2020年03月26日 | ご連絡

月29日(日)に予定していた読書交流会を中止します。たぶん、きっと、いつものように開催して何でも無いような気がしますが、そういう中での交流は落ち着きません。不要不急の外出自粛の今、今までに無く読書生活は豊かになっているかもしれませんが。

の代わりと言ってはなんですが、このブログ上で交流を行います。次の内容で、今月中をめどにメール送信していただければありがたいです。投稿はこの読書交流会の参加経験有無を問いません。よろしくお願いします。
①投稿者名(ブログではイニシャル表記)
②書名と著者名(3冊以内)
③感想(イチオシは長く。これまでの読書交流会記録参照)
④自己評価(全然ダメ『★1』~素晴らしい『★5』の5段階で)
 ■メール発信先namikazetateo@gmail.com

回は、4月26日(日)14:00~。このぐらいまでには状況が落ち着いていることを願ってやみません。また、皆さんが無事でありますよう心から祈っております。波風氏は本日をもって68歳となり、ママヨさんと映画『パラサイト』を観に行く予定でしたが辞めました。誕生日に肝試しもないだろうと。

コメント