Fish On The Boat

書評中心のブログです。記事、それはまるで、釣り上げた魚たち ------Fish On The Boat。

『黄色いマンション 黒い猫』

2018-07-31 14:46:01 | 読書。
読書。
『黄色いマンション 黒い猫』 小泉今日子
を読んだ。

アイドルとして一世を風靡し、
その後もずっと活躍されている小泉今日子さんのエッセイ。
こういうエッセイは、
人生が濃くて、そしてその濃さになんとか負けなかったから書けるんだと思いますよ。
面白くてしょうがないくらいです。
人生の苦味、雑味、辛味、甘味。
いろいろな人生の味わいのどれかに目をつむることなく、
正面から受けきって生きてきたからこその言葉たちがここにはありました。

チャラチャラした世界として見える芸能界の中心にいて、
自分を見失わずにいることって、難しいことだと思うのですが、
自分の言葉を失くさず、
思いや考えや過ぎ去っていく出来事を言葉として表出させることを諦めず、怠けず、
自らぐいぐい向かっていく人だからこそ書ける文章だと思いました。

著者の人生にとって重要な土地、それが原宿。
本書でもたびたび、原宿で遊んでいたり住んでいたりした頃の思い出が語られていました。
まるで原宿に憧れたまま愛するというか、そんな眼差しを感じる。

僕は子どものころ、テレビでキョンキョンが歌っているのを見ながら、
いい気持ちになっておどけながら一緒に歌ったりしていました。
親戚が集まる祖母の家で、
おじさんといっしょに「なんてたってアイドル」を歌ったりもして。
元気でキュートで弾けてましたからね、好きになる。

著者はNHK朝ドラの『あまちゃん』でヒロインの母親・春子役をやっていました。
『あまちゃん』はすごくおもしろかったですよねえ。
朝ドラって、はじめてちゃんとみたのがこれでした。
春子が娘のアキ(能年玲奈)を守るためカッとなって啖呵を切ったりするところが、
まるで若い頃にスケバンでもやっていたかのような堂に入った態だったんですけども、
若い頃はアイドルでしたしね、どこでそんなのをと思いましたが、
彼女が中学生の頃の時代が時代だし、
このエッセイを読むと、
なんとなくその頃の周囲の雰囲気が
彼女の体にも沁みているんだろうなあと慮られるのでした。

と、ちょっと逸れましたが、
とても好い読書時間を提供してくれるエッセイでしたよ。
発刊されてから二年くらいたってますが、
実は初版の段階で購入していて、ずっと積読だったんです。
そういう本、部屋には山のようです。宝の山。


ジャンル:
ウェブログ
Comment   この記事についてブログを書く
« 『脳内麻薬』 | TOP | 『かもめ・ワーニャ伯父さん』 »

post a comment

Recent Entries | 読書。