Fish On The Boat

書評中心のブログです。記事、それはまるで、釣り上げた魚たち ------Fish On The Boat。

対バーレーン

2005-03-30 21:52:30 | スポーツ
勝った!代表チームおめでとう!

ゴール前で混沌をつくりだせば、あーゆー結果にも繋がるってこったな。
後半、あれだけ良い形ができていれば、何度か繰り返すたびにゴールができる。
次戦まで期間が空くけれど、第一タームの終わり方としては良かったよね。
Comment

空想冒険

2005-03-29 23:46:43 | days
手術間近の人といろいろ話をしてきた。
大半がくだらない話。
恐竜が実際にいたんだってことを、お互いなんとかリアルに感じようとしていたのが面白かった。
1mのトンボがぶーんと飛んできて、何かをもぐもぐしてる。
ティラノサウルスがどしんどしんと歩いてくる。
空を見れば、とがったアタマのプテラノドンがギャーギャーいいながら翼を広げて滑空している。
大笑いしましたね。
一日だけでも生き延びる自信はないなという結論。

やっぱりね、1mのトンボがもぐもぐしている様子は怖い。
プテラノドンの宿り木ってのも笑えた。
そして、想像の中で、アンモナイトを七輪で焼いてみました。
まったく、俺らは何やってるんだか。

そういう日を経て、その人は手術されるわけです。
頑張れよ。

Comment

不純ノススメ?

2005-03-28 23:22:35 | 考えの切れ端
僕は歩く人だ。
走るのも、乗り物を使うのも、本当のところ性に合わない。
せいぜい自転車だと思っている。

歩くのだから、よく景色が見えているだろう、だとか、
息があがることはないだろうだとか、足腰が丈夫なのだろうだとか、
イメージされるかもしれないけれど、そんなことはないし、思ってもみない。

確かに、景色をみようとする時間は十分ある。
歩くペースを緩めれば、呼吸もすこやかになる。
客観的には、足腰は丈夫かもしれない。

しかし、それも、「そうしたなら」という場合に近い。

脇目をふりたくない何かがあり、
ペースを緩められない何かがあり、
足腰は疲労する。

それって何なのだろう。
たぶん、「繋がり」を感じ、思い、考えるからなのでしょう。

関係性やコミュニケーション。
言葉以前からあるものだと思います。

だとすると、知性が繋がりを遮断していくのか。
independentな存在などあるわけがないのだけれど、
まるで自らが独立した存在のように、周囲をみてしまうヴィジョンは存在すると思う。

知性を積み立ててなお、繋がりを見出すことや、新たな位相の繋がりを発見すること。
これって実は、純粋と反対のことなんじゃないでしょうか。
それでいて、真っ当なような。
「pure」という言葉は、けっこう怪しくないですか。

純度の高い水なんかよりも、混じりけのある水のほうが美味しいっていうことを
昨日、ラジオで聞いて思い出したのを、ちらと思い返したので、最後こう繋げて書いてみました。

Comment

対イラン(試合終了後)

2005-03-26 00:42:56 | スポーツ
負けた・・・。
フィニッシュまでのイメージが足りなかったのかなぁ。
4-4-2だと、何やったらいいのか、明確じゃなくなるのかもしれない。
攻撃するときのアクションがシンプルというよりも単純で、かつ飛躍している。
各々についてもっと知らなくちゃいけないんだわ。
それで一つずつ組み立てていくことを忘れちゃいけない。
でっかい「シンプルな攻撃」の中にちっちゃいシンプルさを積み重ねて欲しいね。
時間をかけるって意味じゃなくてさ。
Comment

対イラン(後半開始前)

2005-03-25 23:41:49 | スポーツ
負けそう・・・。
有機的なパスの繋ぎ方がまだまだ少ない。
3-5-2のワンボランチなんて良いんじゃないのかな。
今のチームに中田は合わせなきゃなんないよ。
Comment

Good Night

2005-03-25 00:00:26 | 一言。
最近は、このくらいの時間に寝る。
Comment

ポツリ。

2005-03-22 23:21:03 | 一言。
いやー、年度末だねー。何かが終わるぞーっていう今日このごろ。
一年半ぶりの大仕事をやるかなぁと考え中。あんまり努力しないことにした。

Comment

ヒントハ食品表示ニ

2005-03-21 01:20:53 | 考えの切れ端
この間、ある人に聞いた話。
食品表示のことなんだけど、
「このゼリーには寒天を使っておりません」という表示を出したところで、
別段なんてこともないんだ、と。
昔はあったんだと。そう表示することで、ゼリーとしての正当性をアピールできるようなことが。
今だったら、そんな表示をだしたところで「なんなの?」って感じだと。

僕ね、この話を聴いたときは、かなり笑ったんです。
あったりまえじゃんって思えるようなことを、堂々と自信をもって表示するってことにね。
漫才みたいだ、ってね。この話をしてくれた人が面白い人なんで、余計。
また、僕もさ、こういう場だとかで、意図してあるいは意図せずにそういうことやるから、
面白かったのかもね。「意図せずに」の部分は自分で気づいてないことが山ほどあるかもって
ことを踏まえてだよ。
また、同じ文章でも読み手によって、「あたりまえじゃん」なことも「へえ、そうなの」
なこともあるでしょう。

でね、これって、「正義」の話に似てるなって思いました。
寒天を使ってないのも正義なんですよ。
だけど、正義なんて当たり前なわけでしょう。善意もそうです。
正義であることが当たり前になってるのに、いまさら正義を唱えても笑い話だ、と。

消費者は、その多様な正義の中から自分にあったモノを選びますよね。
選ばれたモノは各消費者に受け入れられた正義であって、その消費者が宿すことになる正義かもしれない。
そして、主観と客観の集合が出来ていくんだと思う。それはまぁ、今はいいとして。



言いたいことはね、正義ってのは大したこと無いってことだよ。・・・このままだと随分語弊があるかな。
イデオロギーでの正義のかち合い方ってあるけれど、マーケットの中じゃとっくにね、正義云々にほとんどを
内包させるようなことは無くなってきてるよなぁと思ったんです。

とはいえ、あるにはあるんだよね。きちんと作っていて旨くてってものが。
少量しかなくて、値が張るけれど、正義な感じがするものってのがさ。
その正義の定義っていえば、たとえば便利だとか美味しいとか楽しいとか美しいとか安全だとか、
他と比べて「より良い」感じなんだろうと思う。

ただ、その「より良い感じ」と受け止めているほうは、消費者でしょう。
それである意味、第三者なんじゃないのかな。第三者的に消費者になる人もたくさんいると思う。
それで、送り手が「俺んとこのは正しいんだから、買え」って押し売りしているわけじゃない。
そういう構造があって、だから広告ってのがあるわけで、選んでくださいとやんわり宣伝するんだよね。
強く言うような広告を出しても、消費者はやんわり受け取るだろうし。

話の本筋は「正義」でした。まとめがてら話を戻します。
国家同士で、「うちの正義が目に入らぬか」ってのがあるでしょう。
それで勝手にコミットしていったりするでしょう。
で、風潮として、善悪だけで決めるのは止しましょうみたいなのがあるでしょう。

甘っちょろい仮説かもしれないけれど、ナチスドイツが登場した揺れ戻しみたいな期間が
戦後ずっと今日まで続いてるんじゃないかと思ったわけ。
何故かというと、市場の様子をみてみて視点を戻すと、広告とかの前段階のように思えるでしょう、
正義を押し通そうとするのって。で、正義が当たり前になると、広告が大事になる。
実に巧妙なプロパガンダが、次にやってくるのかなぁと、ちょっと思えるんだよね。

そうすると、やっぱり試されるのが、広告を受ける側なんだよ。ライトサイドへいくか、
ダークサイドへ落ちるかは、受け手の力量次第。それも総量。
常識よりか、良識の問題なんだろう。ほんと、一番大事なのが一般人なんだよな。
実際、どれがライトサイドでダークサイドなのかってのは相当見えにくいと思う。

本当に旨い米だ、とかさ、素晴らしい酒だ、とかさ、
本物をみつけられて、それが本物だとわかる感じっていうの?経験かな。
そしてそれに対して第三者的な気持ちも少しだけ持っているっていうね、そういうスタイルって
大事なんじゃないかなぁと、たぶん以前考えていたよりも上へスパイラルしたところで、
感じたのだと思ったんでした。


まぁ、あれだね。
好きな人が「正義」って言葉を使うと、こういうことまで考えるってことかな。
わかりにくい話と文章で面目ない。
Comment

投資カ散財カ

2005-03-20 23:23:40 | days
BECKの新譜が欲しいと言っておきながら、去年でたU2のレイテストアルバムとJ-Loの新譜を買ってきた。
U2を歌詞を見ながら聴いてるんだけど、ボノの訴求力がすごい。
BECKは無かった。

久しぶりにニンテンドーDSのソフトも買ってきた。パックピクス。
なかなか、暇つぶしにはなるかも。って、暇なんてあるのか。

本は『海辺のカフカ』の文庫本を。

明日はこれを楽しむ日なのかなぁ。
Comment

ツブヤキ

2005-03-19 23:28:40 | 一言。
そういえば、BECKの新作が出たんじゃないっけ。
欲しいなぁ。
Comment