Fish On The Boat

書評中心のブログです。記事、それはまるで、釣り上げた魚たち ------Fish On The Boat。

『問題解決ラボ』

2018-09-18 23:19:04 | 読書。
読書。
『問題解決ラボ』 佐藤オオキ
を読んだ。

世界中の一流ブランドやメーカーから依頼の絶えることのないという
デザイナーの佐藤オオキさんのエッセイ。

文章は軽やかながらも、
そこに含まれている内容をしっかり見つめてみれば、
自分の骨や肉とすることで基礎体力があがるものばかり。
ちょっと謎な言い方になりますが、頭の体幹トレーニングとでも言えばよいでしょうか。
それも、リラックスしてゆるやかな感じでできるトレーニング。
詳しい感覚を説明すると、
楽しい文章を享受しながら、
でもしっかり頭を使うことを誘引する文章ですかね。
なので、一章一章が3ページとか4ページとかなのですが、
5,6章読むと疲労感を感じたりします。
でも、それだけ、はっきり意識はさせられずに、
しかし、頭を働かせられる内容なんです。

デザイナー思考について何も知らない人でも、
本書によってそれがどんな感じなのかを知ることができると思います。
デザイナーたるもの、
まず「整理」と「伝達」そして「ひらめき」と続く3つの能力を養うものだと書いてありますが、
その説明それこそがよく「整理」された思考であり、
くだけた文章表現という上手い「伝達」なのでした。
そして、半歩前にでてみる、など独特な「伝達」の仕方で語られる、
アイデアつまり「ひらめき」の出し方のヒントが、
それ以外の角度などから語られたり、別の言葉で語られたりします。
著者は論理的で、かつ人あたりの良いタイプのデザイナーですから、
ソフトなのになぜかぐっと背骨にくるような感覚で鍛えられる読書になります。

物事を考えているときは、先送りせずに今でしょ!とすぐに答えをだそうとせず、
遅いほうがでる答えに深みとが出るし、
そこから広がる可能性の広さやレンジの長さは大きくなるとする考えには膝を打ちました。
「先送り」というアバウトに使える言葉で、
全部同じ意味でくくってしまうと出ない考えですよね。
トイレ掃除しなきゃとか、買い物行かなきゃとか、暗記しなきゃとか、
そういうのは「先送り」せず今やんなさいでいいかもしれないですが、
アイデアを出したり、もやもやしたものを言葉などでかたちにするときは、
「先送り」しないことは性急さを意味します。

また、その考えに付随するものとして、
アイデアの硬度、という著者なりの考えにも共感を覚えました。
僕だったら、言葉になる前のふわふわどんよりした状態に言葉を当てはめることは、
言葉によってその輪郭でそのもやもやした言葉以前のものを便宜的にくくってしまう行為だ、
と言ってしまいます。その輪郭でくくるときには、そこからはみでるものがあり、
そのはみでたものは切り捨てられるんです。
そうやって情報量が少なくなっていく。
そこを著者は、アイデアは最初すごく柔らかいもので、言葉にしたり絵にしたり、
だんだんはっきりさせることでアイデアは硬くなっていくといいます。
僕の考えとはちょっとニュアンスが違いますが、似ているんですよね。
著者はさすが、アイデアの魔人みたいなひとですから場数もかなり踏まれているし、
そのあたりの洞察と表現に深みがある。

まあ、そんなわけではありますが、
でもまだまだ言い尽くせない良さが数多くあり、
おすすめして恥ずかしくない良書です。
デザイン思考が大事と昨今よく言われているようではありますが、
デザイン思考の解説すら今回すごくうまくデザインされているような、
つまり一回ぐるっと回ってこなれた形で客観的にも捉え直してから
伝えてくれているような、デザイン思考を教えてくれる本だと思いました。


Comment

『つくし世代』

2018-09-12 13:28:31 | 読書。
読書。
『つくし世代』 藤本耕平
を読んだ。

若者分析の本です。
とくにマーケティングに活かすべく研究された内容から若者を解説しています。
2015年に30歳を迎えるよりも若い世代、
そして、さらに若い2015年に23歳を迎えるより若い世代の二段階に若者を分け、
分析しています。

「ゆとり世代」「さとり世代」と呼ばる彼らですが、
著者は「つくし(尽くし)世代」という視点からも彼らを眺めることができる、と
新たな光の当て方をしています。
押し付けを嫌い自分で選ぶ感覚、ノット・ハングリー(脱根性論と言えると僕は思う)、
せつな主義など、まず2015年に30歳を迎えるより若い世代の特徴から僕なりに見えたことは、
他律性を嫌うところに幸せがあることを知っているということをとっかかりに、
彼らにはロック以降の音楽の影響ひいてはミュージシャンたちの影響が
多大なのではないかということです。
押し付けを嫌うのも、ノット・ハングリーも、せつな主義も、
70年代以降に浸透してきたロックなどをやるミュージシャンの歌詞や生きざま
(生きざまはあくまでイメージ戦略だけの場合もあるでしょうけれど)に
感化された親たちや、混ざり合った社会の空気を幼少時から吸って育ってきたがために、
こういう人間になってきた、と言えるような気がしてなりません。
「ゆとり」「さとり」そして指示待ちだとか批判もされる彼らですが、
そんな価値観や考え方をもった彼らが世代として出てきたのは、
わかりやすいところでさきほどは音楽だけに絞りましたが、
もっと考えてみれば、彼らの存在は、
音楽や映画、漫画などのサブカルチャーの勝利としての発現なのかもしれない。
そう考えてみると、
彼らへのイメージから悲観性が消えていきます。
おもしろいじゃない、と思えてくる。

2015年に23歳を迎えるより若い世代の特徴を読んでいくと、
さらにおもしろいです。
大体の若者が、ぬるヲタで、
シェアが当たり前のような感覚、
そして自分だけの得というより、
友だちの得や友だちといっしょの得を考え、GIVEする。
まるで、上の世代ではきれいごととされがちだった価値観が現実と混淆し、
現実離れしないひとつの新しいスタイルとしてできあがっている。

ただ、コスパを追求するだとか、ケチ美学だとかという点においては、
経済学の面から考えてみると、
市場が縮小して賃金も安いままになってしまう起点になると思われるので、
そこは若者にもいろいろ考えてみてほしいかなあと思いました。

おもしろかったです。
もう一度言いますが、やはりロックの勝利の権化のような世代でしょうか。
柔らかなかたちで結実したロックやサブカルの精神の根付き、と
僕には感じられます。


Comment

『銃』

2018-09-10 20:50:36 | 読書。
読書。
『銃』 中村文則
を読んだ。

社会の中の自分というものは、
どちらかといえば「点」として存在しているもののように
僕なんかには感じられていて、
それは孤独とか孤立とかとも関係があると思うのだけれど、
まあ、人とは線でつながり、
周囲からの情報は「摂取する」つまり
「点」の中に受け入れ取り入れて消化するものだと思っている。

しかし『銃』の主人公は、
自分について考えるのを拒んできたのもあるし、
施設に預けられてから現在大学生になっても
ずっと良い子として生きてきて人並みにうまくやってる
一見典型的な若者という体なんだけど、
性欲はしっかりありながらも自分というものが薄く、
社会や環境と自分自身がグラデーションで結びつく存在のようだった。

昨日見たドラマの影響かもしれなかった、それは見た映画の影響かもしれなかった、
だとかそのときの感情の理由を描写している箇所があるのだけれど、
それが中村文則氏のこの文体だと、
確固とした点としての個が影響を受けてしまった感じというより、
そのドラマなり映画なりといったものが彼を染め上げてしまう、
つまり内部まで浸食しているような影響といった印象。

『銃』主人公は社会や周囲や環境と均質な色として存在していて、
外界を遮る自分の壁というか膜というかが薄いあるいは無い感じすらする。
そして、それは社会や周囲や環境の色をすぐに通してそれらの色になってしまう感じ。

作品内で主人公はヒロインに
「何考えてるかわからない」「ふわふわ」と言われている。
周囲から自分を区別する壁が薄いから、
というかあえて壁を作らないのだろうから、
そのために自分というものが育まれていない。
フィーリングだけが比較的強くある感じのタイプだ。
だから銃を手にして面白い素材。

ストーリーも面白かったけれど、
それはやっぱりそのストーリーを流れさせた
主人公の思考やフィーリングの流れが面白いわけで、
そうすると『銃』は人物造形が
はっきり作品の起点となっていることがわかる種類の小説だったなと思った。
そしてそんな人物と銃との組み合わせで起こった化学反応の記述ですよね。

併録の『火』も面白かったです。
『銃』より数年後に書かれた作品ですが、
心理分析や文体に著者の成長を十分に感じました。
書いたものに成長がドカンと反映されているのは相当なことだと思います。
僕も書きものをするし、いろいろ読んだりしてますが(まあまだ少ないでしょうけど)、
ここまでボンと飛び出る感じで成長を感じることってなかなかない。

才能を感じながらの読書でした。
純文学でも、すごくおもしろい。

著者 : 中村文則
河出書房新社
発売日 : 2012-07-05

Comment

通信障害が復旧

2018-09-09 09:55:20 | days
地震の影響で、金曜の朝から通信障害。
ネットに繋げませんでした。
今朝になって復旧していました。よかった。

金曜の朝は事務所へ行って今後の話し合い…と思いきや、
うちの観光施設の担当者一人きりでしかも道外に出張をふられて話にならずでした。
いやいや、こういうときなんだから、出張をキャンセルしても不義理にはならないよ、
と思ったんですけど、トップが、これで状況は好転すると読んだのかもしれない。
でも、ついていけない話でした。

生鮮野菜や肉・魚などが手に入らない状況で、
その状況もいつ打開されるか見通しもつかなかったんですけども、
さっき地元の生協(コープさっぽろ)で
魚以外を買い物することができました。
たまごや牛乳、食パンなんていういつも口にするような食品も買えた。
でも、あれじゃ早い者勝ちだよなあという感じでもあって。
僕個人としては、開店20分前から並んだ甲斐があったというもの。

明日、月曜日には会社や学校などが始まるでしょうし、
そのときに電力がダウンしないかという懸念があります。
うちの施設も一応明日から再開ですし。

余震も頻発しています。
すごく大きいのはうちの土地ではまだないですが、
揺れで夜中に戸がガタガタいって目が覚めることがあります。

でもまあ、ガスと水道が使えたのはよかった、ほんとうに。
地震当日はガスで米を炊きましたよ。

明日は通院日で札幌へ行かなきゃならないんですが、
札幌の被害もひどいようで。
道路規制はないようですが、
さきほど書いたように、電力がダウンした場合は困るなあ。

Comment

大きな地震に見舞われて。

2018-09-06 20:54:40 | days
平成30年北海道胆振東部地震という名前がついたのですね。

たまにラジオを聞いてたくらいで(災害への準備や備蓄を怠っていたから)、
情報が無かったです。
ケータイは電池が14%くらいからがんばっていたところでさきほど電気が復旧。
ほくでんさん、がんばってくれました。ありがとー!

夜中の3:08。
緊急地震速報と同時くらいに揺れまして、
僕はいつしか布団からでて立ちつくして
波乗りサーフィンみたいに揺れを体感していました。
崩れてくる本の山、下敷きになるめがね。
しかし、奇跡的にめがねは無事でした。
震度4表示でしたが、僕の市は東京23区より広く、
あの揺れだと震度5弱はあったんじゃないのと思っています。
戸棚では丼類などが倒れ、
今にもあふれだしそうなのを菜箸を挿入して抑えながら扉を開き直す。
ものもところどころ所定の位置からずれていたり。
というか、家が崩れるんじゃないかとちらっと思いましたね。

職場のカフェでは湯飲みなどが床にたたきつけられていました。
他は大事には至らなかったですが、
停電中なので午後からお休み。
それでも、午前中、何組かお客さんがきたんですよ。
そういうものなんだなあ。

亡くなられた方もいらっしゃるし、
震度7だった厚真町のことを考えると、
再度余震で同程度の揺れの可能性があるとのことで、
まだ警戒の気持ちをゆるめちゃいけないなあと思っています。

しかし、デマもやっぱり流れましたね。
ケータイがあと4時間で使えなくなる、というやつ。
さらに断水もあるかもしれないというのも。
善意がひねくれかえって害悪になっちゃいますから、
情報には慎重にならないといけないですよね。
いちばん難しいです。

とりあえず、僕は無事です。
怪我もないです。
ご心配おかけしました。
Comment