goroの徒然なるままに・・・

日々の記録と言うか自分の日記や備忘録として書き連ねるつもり。

外したエアスクリュー・・・

2009年09月30日 | オートバイ
なんとか体調も復活(完全復活とは思えないが)したので、先日抜き取ることが出来た、
XLのエアスクリューを良く観察した。


抜けなかった原因かどうかは不明だけど、かなり素敵なことになっていた。

なにやら金属っぽい物質が付着しているようにも見えるぞ!


ウエスでは拭き取れない汚れだったので、クリーナ風呂に入浴いただき、キレイになって
いただいた。

ただ、長期間劣悪な環境にいらっしゃったようで、お肌が荒れている感じがする?


そのままでは心配なので磨いてみた。

まぁ完璧ではないけど、なんとか使用には耐えるだろう。

今週末にはエンジン音を聞きたい!

コメント

Sなオートバイ!

2009年09月30日 | オートバイ

お客さんがマメタンに乗ってきてくれた。

当初の整備依頼は走っているとき、妙な振動を感じると言うことだったが、フロントタイヤを
見てビックリ!

マメタンのフロントタイヤはGRシリーズと同じイノウエの250-15なんだが、バルブと反対側
のミミが異様にリム内に沈み込んでいた。

対してバルブ側は妙にミミが出ている?

と言うか、たぶん何も考えないで空気を入れたんだろう。

タイヤの劣化から判断しても、長期放置車と思われ空気が全く入っていない状態で、バルブ
自体もリムに押し込まれた状態のまま空気を入れたため、本来ならばミミの内側に入るべき
バルブ部分が入らず、タイヤの中心がずれてしまったと思われる。

なんとも恐ろしい・・・

もちろんタイヤのゴムも限界を超えている感じなので、手持ちの新品を付けることにした。

フロントホイールを外すと、今度はブレーキシューにべっとりとグリスのようなものが付着して
いる。

グリスを入れすぎたのか?

なんともいえないけど、スピードメータギアの部分のオイルシールに一部変形が見られた。

残念ながら手持ちにスペアのブレーキシューがないので、クリーナーで洗浄し、ペーパーを
かけて処理した。

オーナーさんの話では、出品者はショップのような感じとのことだが、どう見ても改修してきた
車両をキレイに(確かに外観はキレイ)仕上げただけと言う感じ?

ノークレームも良いけど、ダメなところはダメと説明しないとまずいでしょ?

「エンジン始動確認」

「実働」

「元気に走ります」

なんて、書くと一般の人はそのまま乗れると思うんだからね!

お客さんにも良く言うんだが・・・

「調子が良い」と「程度が良い」は意味が違います!

程度が悪くても調子の良い車両はあるし、そのような車両に限ってエンジンを開けると素敵な
ことになっているモンです!

それにしても、ここ大泉町はまさに70年代!

チャピイにマメタンにGRだもん!
コメント

エアスクリューは取れたけど・・・

2009年09月26日 | 徒然なるままに・・・
エアスクリューは取れたけど、微熱が取れない。

キャブレターが気になって店には行ったけど、どうにもビット落ち
しているようで、なんとなく仕事が遅い。

エアスクリューが無事に取れたので、エンジン始動までとキャブレター
を組み始めたけど、この体調ではミスをおかしそうなので、早々に
帰宅することにした。

帰宅して体温を計ると36度5分

でもボ~としている・・・

ダメだ! 早く寝よう!
コメント

遅い連休?

2009年09月25日 | 徒然なるままに・・・
喉の痛みはなくなったが、微熱が残っている感じ?

もともとの平熱が35度後半と低いので、6度5分の発熱(一般的に発熱と言わん?)でも
結構こたえてしまう。

毎度のことだけど、体調が悪くても食欲だけは人一倍ある。

昨晩は久しぶりにご飯おかわりしたしね!

まぁ、連休中も仕事をしていたので、今日までお休みしよう。


先日映画を見に行った板橋サ○ィーに貼ってあったポスター!

ほしかったなぁ・・・

コメント (2)

今日の雑記(9月24日)

2009年09月24日 | 徒然なるままに・・・
***強固なスクリューだ!***

XL250Rのキャブレターだが、エアスクリューが外れなくって困っている。

元々キャブレターの下なんて、妙な場所にあるんだから・・・

んなもん力でとも思ったんだけど、新品部品があるとも思えないしなぁ

万が一あっても素敵な金額だろうなぁ

この時代のホンダ車で良く見る形状なんだけど、クリーナー攻撃をやるには困った形状(位置)?


仕方がないので短くカットしたフューエルホースを使っても即席一夜漬攻撃!

エンジンの調子も見たいんだけど、お客さんの車両で無茶はできないしね。

アルミと真鍮だから、温めてもだめだろうなぁ

ペンチで強引に回すと頭が取れちゃいそうで怖い・・・

最悪のケースを想定して、中古キャブレターの捜索も依頼済み!

まぁ、なんとかなるでしょう

***オーバーヒート?***
今朝起きても喉の痛みは取れず、なんだか体も熱っぽい?

久しぶりに体温計なんぞをつかってみると、36.7度だった。

どうりでダンパーが抜けてると思った。

あっ! これって「足回りがフラフラするってことね。

普通は大丈夫なんどろうが、僕の場合平熱が低いので結構こたえたりするんだよね。

朝飯食ってクスリ飲んで布団に入り気がついたら昼過ぎ・・・

症状的には例の新型でわないと思うが、今日はおとなしくしていよう。

XLのキャブレタに一夜漬攻撃をしているけど、二夜漬攻撃になりそう?

コメント

風邪かなぁ

2009年09月23日 | 徒然なるままに・・・
朝から 喉が痛かった

体が動き出したらなんとかなるだろうと店に向かったけど、なんとなく調子が出ない。

お客さんが部品をとりに来るので店にいないと申し訳ないし、お金も入ってこない。

部品代は立て替えて払っているので、月末の入金は大切!

とりあえず無事?に引渡が終わったので、早めに切り上げて帰宅して布団に入った!

う~ん、まだ18時だぞ!  zzz

気が付くと夕飯の時間!!!

体調が悪いときこそご飯!ご飯!

いつもの倍は食べたかなぁ

さて、薬飲んで寝よっと!
コメント

基本中の基本なんですが・・・

2009年09月22日 | オートバイ
本日ご来店いただいたお客様のオートバイも、感動するくらい空気圧が低かった。

すでに低いとか言うレベルではない・・・

相談内容は、ハンドリングが不安定とのことだったけど、スッゴク当然!

電話ではステムベアリングの劣化かなぁと思っていたけど、空気圧を調整しておしまい!

お金は取れないねぇ・・・

さて、みなさん!

自分のオートバイの空気圧を見たのはいつですか?

高すぎる空気圧も危険だけど、低すぎるのはスッゴク危険!

ハンドリングがどうこう言う前に・・・空気圧の点検を!

スピードが出ないなどと言う前に・・・空気圧の点検を!

せめて1ヶ月に1度は確認しようよ!

空気圧を気遣わないオーナーさんの車両は、かなりの確立でチェーンも乾いている。

そのくせ妙な知識だけは沢山持っているみたいだね

すぐに・・・ネットではとかね!

別に何を信じるかは自由だけど、自分の身が危険というだけではなく、周囲にも迷惑を
かけることになるので、基本は押さえようね!

いかん、ちょち過激になっているなぁ

だってキチンと説明したのに、不服そうな顔されたんだもん

もう来なくていいよ!

たぶん来ないと思うけど

コメント (4)

The Pokemon should be Nito-shin?

2009年09月21日 | 徒然なるままに・・・pika


ずいぶんと遅くなっちゃったけど、今年の劇場版ポケットモンスターの映画を見てきた。

今週の金曜日には終わってしまうとのことで、思っていたよりも入場者数は多くちょっと安心?

実は最後に見た劇場用映画は、ルカリオ部長が登場するヤツだったと記憶している。

とにかく最初の作品「ミュウツーの逆襲」のイメージが強すぎて、2作目以降が記憶に残ってくれない。

残っているのは、同時上映の短編だけ?

もちろん最初の「ピカチュウの夏休みは」最高傑作だと思う。

あのピカチュウとライチュウのシーンが、いまのテレビシリーズエンディングに続いているのは間違いない
だろうね。

ピカチュウとライチュウが、ピカチュウカラーのピチュウとギザミミピチュウになっただけだもん!

「おどるポケモンひみつ基地」も良かったなぁ・・・

閑話休題

上映開始前に、ニャースがアルセウスゲットの方法を説明するため登場したけど、僕的にはあれを見た
時点で満足してしまった気がする。<単純なヤツ?

もちろんアルセウスはいただきました! 謝々

次はピカチュウが湖の水を飲んでいるシーン(ほとんど冒頭?)で、大満足大満足!

ここで、映画館を出てもきっと後悔しないだろうと、心の中で思っていた。

映画に関してだけど、今回は号泣するほどのシーンはなかったが、僕的には良い出来ではないかと思う。

もっともポケモン同士が戦うことの無意味さは「ミューツーの逆襲」でハッキリと描かれていたけど、やはり
戦いはあるんだね・・・

まぁ、それなりに理由あっての戦いだとは思うけど。

冒頭、湖畔でくつろいでいたサトシたちの目の前に現れたなぞの水柱(竜巻?)に、ピカチュウが10万ボルト
で攻撃するシーンがあった。

もちろんサトシの指示だったんだが、なにが原因で発生したかわからなく、まだ攻撃をしてきたとは思えない
状況での10万ボルトはちょっち気になってしまった。

残念なのは誰が主人公かがちょっち不明瞭に感じてしまったこと。

もちろんサトシやピカチュウは良いけど、アルセウス(いままで登場した劇場版の主人公と思われるポケモン)
が人間の言葉を話してしまうと、ちょっちね・・・

ニャースは話してもらわないと困るし、ニャースが話せることがストーリ展開にものすっごい効果を出しているん
だからね。 <ほめすぎ?

ミュウツーは話したけど、彼?はなんとなく許せる? <自分勝手な・・・

デオキっちゃんも話さずに、フォルムが変わって感情を表していたっけ。

そうそうシェイミは話していた気がするなぁ  <映画を見てないけど

今回の主人公はきっとシーナさんだったと思うけど、アルセウスに食われてるね。

牢屋の番人親父はいい味出してたね。(最後に柱の影から見ている姿も良かった!)

ストーリーとして全体的には安心して見ていられたのが良かったかなぁ

言い換えれば大きなどんでん返しもなかったので、ドキドキも少なかった感じはする。(上映時間も短かった?)

サトシとピカチュウの行動パターンを理解(熟知)していることも理由の一つかも?

僕的にはギザミミピチュウは、もっとピカチュウたちとカラむと思っていたんだけど、以外にさらっと流している
ように感じてしまった。

ポケモンバトル(正式なヤツね)も最初の一回(ダブルバトル)だけ?

やっぱりポケモンバトルは見ていてワクワクするので、もう少しやってもいいんぢゃぁない?

原点なんだから!

アルセウスたちの戦いはポケモンバトルぢゃぁないからね! だって野生のポケモンだから。

登場するポケモンも、ラッタが登場するのに、カイリュウも出てこないし、ゼニゼニもダネダネも・・・

ピカチュピも出てこなかったなぁ・・・

そうそうロケット団の活躍が今ひとつだったことも残念だったかも?

偶然拾った宝玉を何とかすればいいのに!と思ったっけ!

逆に災難が重なって可哀想に思えるね。

根は良いヤツらなんだから、もう少し活躍の場を作ってあげないと、テレビ版では毎回遠くまで飛ばされるのに
耐え忍んでいるんだから。

そうそう、ニャース大先生の語学力も活躍しなかったなぁ

最後に「ポケモンは巨大であってはいけないってこと!」を再認識させられた! <僕的にネ!

個人的には2頭身や3頭身であってほしい、どんなに大きくてもリザードンまででしょう?

ミュウツーもそれほど大きくなかったし、ルギアやエンテイのサイズはいかがなものかと・・・

だいいち、連中の目は怖いぞ!

サトシとピカチュウのことを思い出したあとでも、怖いぞ!

余談だけど、思い出すシーンは何気にデジタルチックな映像表現に感じてしまった。

ロボットぢゃぁないんだから、もう少しアナログ的な「グネグネ」や「ウニョウニョ」でもいいんぢゃぁない?

それとコンピュータグラフィックに関して、今回はあまり目立って感じなかったのが見やすかった。
(カミサンもそう思ってたみたい)

技術的に向上したのかは不明だけど、これくらいだったら「許してつかわす!」って感じ? <偉そう?

「ときわたり」の表現はやはりスタンリーキューブリックさんの影響ですか?

全然関係ないけど、「ときわたり」は「まっくろくろすけ」を思い出すねぇ
  って、あっ! あれは「すすわたり」か!

来年も劇場版を作るらしいので、どんな作品になるのかが、いまから楽しみ!

映画を作る側は最新技術を駆使し、壮大な作品を作り上げたいと思うことも十分に理解できるけど、もっと
単純に楽しめる(心配なく)本編作品を作りませんか?

「ピカチュウの夏休み」は最高傑作なんだから!

湯山監督ぅ


最後に映画館へ

最近の映画館(シネマコンプレックス)は館内に餌を持って入ることを良しとしていることが大問題!

楽しんで鑑賞することは大事だと思うけど、映画は「作品」なんだからボリボリとポップコーンなんか食べ
ないで鑑賞しようよ!

昔は文句行ったもんだよ! 食べてるやつに!


う~ん、久しぶりに思い切り書いてしまった!

文章が長くなると、脈絡がなくなる気がするぞ! <文才がない

でも好きなんだね、ポケモンが
コメント

実験君が行く!(カフェへ?)

2009年09月20日 | オートバイ
実験を続けているツイン系用の整流器だが、現在試作したもので走行テストを行う
ことにした。


どうせ僕が運転するんだし、せっかく実際に走行をおこなうので、テスターをタンクに
固定して電流を確認しながら走れるようにした!

固定といっても、ゴムひもで縛っただけなんだけどね。


ヘッドライトオフでアイドリング時は、2アンペア弱だった。


ヘッドライトオンでアイドリング時は、4アンペア強といったところ。


ちなみに整流器本体は先日のケースから取り出し、裸でHS1の工具ケースにボルトで
固定した。(もちろん穴を開けて)

工具ケースが金属製でアースの配線もいらないため、楽だったから?

放熱効果も多少は期待できるしね


実はついでに例のフィルターを取り付けて、外付けのフィルターを外した。

ガソリンを抜いちゃったんで、近くのスタンドでガソリンをいれ、ついでにライダーにも
コーヒーを入れた <<< これが本来の目的?


連休の影響か、いつものド○ールもガラガラだった・・・


んでもって肝心の実験結果だが、走行時に高回転まで回しても7アンペアに達すること
はなく、走行後の整流器本体温度も思っていたよりも低かった。

この程度の発熱だとケースを金属製(アルミ?)にし、車体に固定できるようにすると
充分な放熱効果を得られそうとの結論に達した。

って偉そうに説明するほどの実験ぢゃぁないんだけどね!

ただ残念なことに、連休なので秋葉に行ってもかなりの店が休んでいるんだろうなぁ
コメント

安易だなぁ・・・

2009年09月18日 | 徒然なるままに・・・pika
新しい仲間って「コトネ」と「カズナリ」ですか・・・

う~ん、いらないってコトネ

コメント