goroの徒然なるままに・・・

日々の記録と言うか自分の日記や備忘録として書き連ねるつもり。

「バイオニックジェミー」とスカイセンサー

2005年11月21日 | 僕とSONY
先日、テレビ埼玉で「バイオニックジェミー」を放映していた。
僕のような年齢(60年代生)には非常に懐かしいテレビ番組だ。

テニスプレイヤだったジェミーがスカイダイビング中の事故で右手、両足、右耳の機能を失ってしまい、ゴールドマン局長(ある機関のえらい人)によってサイボーグとして生まれ変わって事件を解決するという、非常にシンプルなアメリカ映画だ!

残念ながら途中からだったので、導入部分は不明だが、海外に持ち出されるところだった、何か重要な「基盤」(電子部品)を取り返すために、ミス・USにエントリーしているジェミーが主催者(悪者)から基盤を取り返す内容だった。

ジャンルとしてはSFに属すると思う。

ストーリー展開に多少の無理があったりしてするが、個人的には楽しんで見ていた記憶がある。
どのへんが無理?ってことに関しては、機会があったら書きたいと思う。

仕事の疲れも忘れて見入ってしまった。

・・・と、ここまでは単純なテレビ番組の評価のようだが、本題はここから!!!

ストーリーの終盤、ジェミーの状況を知るために、ゴールドマン局長は部下にラヂオをもってこいと指示するのだが・・・

ここんところが、まず最初のビックリ!!!

サイボーグを作れるような機関の局長が情報を知るために「ラ・ヂ・オ?」ですか?

でも!

なんと!

局長の机の上に置かれたラヂオを見てビックリ!!!

SONYのスカイセンサ・5500ではないか!!!

さすがは! 局長!

書類の横にスカイセンサですよ!

なんだか非常に懐かしくって満足した気持ちでいっぱいのgoroでした!
コメント (1)