goroの徒然なるままに・・・

日々の記録と言うか自分の日記や備忘録として書き連ねるつもり。

今日のAS1赤1(5月31日)

2015年05月31日 | オートバイ

ヘッドライトのバルブを確認しようと思ったら・・・





シールドビームにでも改造したかったんだろうか?


ソケットが半田付けしてある?


出先でバルブが切れたら、交換できないんですが・・・


最近、悩むことが多すぎる気がするなぁ
コメント

んでミニトレ君はどうなったか?

2015年05月31日 | オートバイ

夕方に少し走らせてみたけど、まったく問題はなかった。


って言うより、エンジンが気持よく回りたがっているので、右手を制するのが大変!


これでこそミニトレだよね!


ショートストロークって気持ちいいなぁ


おっと!


気をつけないと、ナラシ中だもんね!




ここからは、オーナーさんへの業務連絡です。






これが例のキックペダルです。


新品なのでメッキもピカピカですが、横方向への張り出しが大きいです。


乗車時に足への干渉はありませんでした。









おそらくGR君から外したキックペダルでしょう。


サビも出ていますが、横方向への張り出しは少ないです。


もちろん足への干渉はありません。




どちらでもお好きな方をお付けしますよ。


コメント

ここ数日の下手人達!

2015年05月31日 | オートバイ

なんだか久しぶりに頭を抱えてしまった!


まぁ、もともとたいした経験値もないわけだから、ちょっち難しいことになると無限ループに入り込むみたい?


さて・・・


悩んでいたのはミニトレのセッティングに関して。


もともと去年の暮に納車したミニトレ君にトラブルが発生した。


オーナーさんが、後期型のマフラーに交換してまもなく、焼き付くと言うトラブルだった。


0.5ミリオーバーサイズのピストンを組み込んで仕上げたつもりだったが、とにかくパワー感に乏しかった。


まぁ、組み込んですぐだったので、無理はできなかったのも確かだけど・・・


自分的には、後期型のマフラーに交換したからといって、大きくセッティング変更なんて不要だと思っていた。


だって、ポートをカリカリに削ってるわけぢゃぁないしね。


でも、確かに#95だとプラグの電極は真っ白くなる。


う〜ん

#100にすると、ある程度綺麗に焼けるようになるけど、「濃い!」


間違いなく「濃い!」


だからといって、トルク感も薄いんだよなぁ


んで、本当に悩んでいた。


一昨日の夜なんかは、布団の中で悶々としていたし・・・


「こんなセッティングが出せないなんて、オートバイ屋やめちゃうか?」


なんて考えも・・・


土曜日になって、とにかくセッティングをやり直してみようと、ジェットの交換なんぞをやってたんだが。


ミニトレ君の場合、キャブレターを外すのに、毎回マフラーも外さないとダメ!


これってとにかく面倒!


日本一ミニトレのマフラー脱着が早くなったと思い出した頃・・・


相変わらず薄いトルク感で走らせていると、妙にマフラー周りが加熱していることに気がついた。


シリンダー周りの通常より温度が上がっている気がする。


この時点で、メインジェット:#105、パイロットジェット:#40


まさか!


店に戻って手持ちの初期型マフラーに交換してみると・・・


ばいぃぃぃん!


あれ?


ムチャクチャ元気ぢゃん!


こうなったら焼けだ・・・いや、本気になっちゃう!


倉庫から後期型のマフラーを持ってきて交換すると、やはり元気いっぱい!


ここでオーナーさんへ電話をかけてみる。


マフラー交換に関して、入手したマフラー内をクリーナーで洗浄して、十分乾燥させてから取り付けたとのこと。


もしかしたら、取りきれていなかった「なにか」が、元気になった排気圧で剥がされ、排気口に蓋をしたのか?


またまた面倒な作業だけど、キャブレターのセッティングを元に戻してみよう。


んで


メインジェット:#95、パイロットジェット:#34


ばいぃぃぃん!







元気よく走るし、プラグも綺麗に焼けてる!


マフラーが詰まった可能性は大きいね!


だって、サイレンサーは、そのままでマフラーだけ交換してこの結果だもん!





ここで、突然オーナーさんが登場!


これで電話ではなく、直接詳細情報が聞けるぞ!


記憶を呼び起こしてもらったんだが、焼き付く少し前にパワーが落ちた気がしたらしい。


どの程度のパワーダウンかはわからないけど、マフラーに何かが起こった可能性は大きい!


んで、オーナーさんに試乗して頂く前に、パイロットジェットを#38に変更した。


#34でも十分走るんだけど、もう少し走り出しでトルクが欲しかったから。


ところが!!!


「これが暗黒街へ出入りするきっかけとなったんじゃ」


ぢゃぁなくって!


これが、次のトラブルの始まりだった!


パイロットジェットを#38に交換して、オーナーさんの前で意気揚々とエンジン始動!


あれ?


あれ?


あれ?


ボコボコいって全くアイドリングしないし、回転も上がっていかない!


えええ?


なんでやねん!


またマフラー外すんかい!


平静を装いながら淡々とマフラーを外し・・・


キャブレターを外し・・・


「油面かなぁ」


でも、突然変わるわけないので、フロートが引っかかったのか?


すべて確認して、店内でエンジン始動!


ばいぃぃぃん!


おゝ!


意気揚々と外に出して、エンジン始動!


ぼぼぼぼ


えええ???


勘弁してくれぇぇぇ


スロットルを開けても、回転は上がっていかない。


まさかと思って、フューエルコックをオフにして、しばらくボボボボってやってたら、急に回転が上がるようになった。


やっぱり油面かなぁ


またマフラー外すのか?


かなり意気消沈して、ブツブツいいながらマフラー外して・・・


キャブレターを確認したけど、フロート周りに問題があるとは思えない。


ま・さ・か!


パイロットジェットを外して覗いてみると・・・


バカみたいに大きい穴が!!!


やられた!


以前もメインジェットでやられたんだよなぁ


もう一つの#38を比べても・・・って言うか、比べる必要ないくらいに大きい穴だった!


メインジェットより大きい気がするくらい?


すでに精神的に限界に達していたけど、がんばってパイロットジェットを交換!


キャブレター取り付けて・・・


マフラー取り付けて・・・


ばいぃぃぃん!


あいや!


オーナーさんにも試乗していただき、満足してもらえた。


もういやだ!


まぁ、中古のパイロットジェットを使った僕にも責任があると思うけど・・・


ジェットの穴を大きくした場合は、番手の刻印を削りとっておけ!







最後の最後で楽しませてくれた「下手人!」


#38の皮を被った#100以上のパイロットジェット?







もう、お腹いっぱいです!


コメント

ピカカピカ

2015年05月30日 | オートバイ




もうお腹いっぱいなんですが・・・


いろいろなことが続きすぎるよ!


不思議だねぇ


まぁ、今日は気持ちよく寝られそうだけどね!


体力と精神力を使い果たしちゃったので、詳しくは明日!
コメント

今日のAS1赤1(5月29日)

2015年05月29日 | オートバイ

ミニトレはメインジェットが届くまでお待ち・・・


RD125角タンクはバッテリーが届くまでお待ち・・・


と言うことで







AS1赤1の電装系の作業を進めていた。


メインハーネスは既に取り付けてあるので、各部の端末作業が中心だった。


大きな問題はなかったんだが、小さな問題はいろいろとね・・・







あんまり気にしていなかったんだが、整流器のコネクター部分は見て見ぬ振りはできないレベルだった。







まずハウジングのサイズが妙に短い?


切り取ったわけではないだろうに・・・


もちろん交換しないと安心できそうにないね。


んでもって、端子も作り直してフレームに固定した。


今回はフレームの塗装もしているので、アース周りの強化もかねて、追加でアースラインを新設した。







飛び込みの作業依頼もあって、なかなか進まなかったけど、イグニッションコイル周りも接続できた。


AS1のハーネスは初めてだったので、長さの確認を行いながらの作業だった。


そのおかげで? 思いのほか時間がかかってしまった。







気になっていたテールランプ系の配線も、一度抜き取って全て作り直した。







先日の環境整備のおかげで、こんなに余裕のスペースで作業ができるようになった!




最後に灯油漬けのマフラーを確認したんだけど・・・


いや、何も言わないでおこう・・・


もう少し頑張らないとなぁ





YA0004
コメント

今日のジェッティング(ミニトレ)

2015年05月28日 | オートバイ

スモールエンドベアリングも届いたので、シリンダーを組み付ける。





これはお約束と言うことで・・・




まずはメインジェットを#100に、パイロットジェットを#44にした状態でエンジン始動!


普通に始動たけど、スローが濃い感じがした。


んぢゃぁ、試しに当初のセッティングに戻してみる。


う~ん


確かに薄い気がするけどなぁ


軽く走らせてみるか!


・・・確かに薄い。


危ないからゆっくり店に戻ることにするか・・・???


あれ???


やな感じ???


うまく表現できないけど、嫌な感じがしたので、店の近くでエンジンを停止させた。


そのときの感じなんだけど・・・エンジンが完全に停止するまで短かった気がする。


心配なので、惰性で店まで戻りシリンダーを外すと・・・







吸気側に擦れたような跡が付いていた。


危ない!危ない!


抱きつく一歩手前?


プラグの電極は、白っぽくなっていた。


薄いんだなぁ







シリンダー側は、特に気になる傷はなかったので、ピストンだけ軽く研磨して組み付けた。


んで、今度は、メインジェットを#100で、パイロットジェットを#40に変更した。


同時にニードルクリップ位置を一段上げた。




このセッティングで走らせて見ると、危険な薄さはなくなって、普通に走るようになってきた。


軽く走って店に戻りプラグを確認したら、いい感じに焼けている。


もう少し高速域を濃くしてもいい感じだけどなぁ


と言うことで、メインジェットを準備して再度セッティングを行うことにした。




それにしても、後期もマフラーってこんなに違うんだなぁ





YF0001
コメント

今日のRD125角タンク(5月28日)

2015年05月28日 | オートバイ

最終的な試乗は、オーナーさんからバッテリーが届いてからにするつもり。


んでもって、キャリアを取り付けただけ・・・



なんて「だけ」って言う感じで終わらなかった気がする?




まずは、ウインカーの配線をボルト内に変更しないとだめ。




加工自体簡単なんだけどね。


穴あきボルトを探して交換して・・・


端子を切り落として・・・


ボルト内を通して・・・


端子を付けて・・・







さてキャリアを取り付けてみると、なんとなくリアフェンダーの固定ボルトと干渉する。


まぁ、キャリア自体も多少変形していると思うし、フレーム側も曲がってたんだから、問題になるレベルかもしれない。


でも、やっぱり「干渉」は嫌だ!


よくわかんないけど、このボルトってなんだか妙に長いのが使われてる感じがする。


しかもスペーサっぽいのも入ってるし・・・







ウインカー固定ボルトをしっかり固定しようとすると、この隙間を何とかしないとダメ。


思いっきり締めこむと、何とかなるみたいだけど・・・







最終的に、妙なボルトをしかるべき長さのボルトに交換して、キャリアは問題なく固定できた。




これで、バッテリーが届けば最終確認ができるなぁ


コメント

今日のAS1赤1(5月25日)作業環境改善編

2015年05月25日 | オートバイ

RD125角タンクが一段落したので、本格的にAS1赤の作業を進めるつもり。


そのためには、作業環境を改善しないとね!


どうせ今日は外出できそうにないので、コソコソと奥の作業スペースを片付けていた。


まずは・・・







ここにあった、キングスロード君に移動していただいた。


通路としては特に問題はなかったが、AS1赤1の作業をしていると、背中にペダルが刺さるんだよね・・・







こんなに広々しちゃった!


んで、どこに移動していただいたかと言うと・・・







こんなところに逆さまに・・・





片づけをしながら頼まれていた部品を探していたんだが、なかなか見つからないもんだ・・・







最後にAS1のテールレンズを新品に交換した!


ずっと気になっていたしね。


気になるといえば、各部を再塗装して綺麗になったのに、リムやスポークが酷すぎる・・・


僕的には交換したいんだけど、部品代もバカにならないからね。


それと、灯油漬けにしてあるマフラーの中身なんだけど、あんまり綺麗になっていない感じ・・・


作戦を変えるかなぁ





YA0004
コメント (2)

今日のRD125角タンク(5月25日)

2015年05月25日 | オートバイ

気になっていたカムも交換したんだから、走らせたいと思っていたんだが・・・


今日は、届く荷物もあったし、大きな荷物も発送しなければならなかったので、ずっと店内作業ばっかり。


まぁ、事務的な作業って感じだった。


でも!


でも!


あることを思い出したので、通勤途中で倉庫へ行ってきた。


「あること」とは、数年前にある車種のキャリアが欲しくって、知人から箱いっぱいのキャリアを購入した。


どうしても欲しかったキャリアがあって、巨大な箱いっぱいのキャリアを、珍しく巨大な金額で購入!


まぁ、そのキャリアも採寸したかっただけなんだが・・・


んで


もしかしたらRD125角タンク用があるかも?


なんて期待しながら箱の中を引っ掻き回すと・・・







あった!


まぁ、巨大な箱だったので、このキャリアだけ持ってきたんだけどね!


店に戻ってきてから・・・「違ってた」ぢゃぁ悲しいもんなぁ


もちろん事前にパーツリストでキャリアの形状を頭に叩き込んで行った!







仮付けするとこんな感じ?


まぁ、純正部品だから当然なんだが、シートカウルのラインを上手に逃げてる。


手の込んだ構造をしているけど、強度的にはどんなもんだろうか?


意外と華奢に見えるもんなぁ







取り付けはこんな感じになる。







実は、このRD125って、リアウインカーが他車種のモノに交換されている。


まぁ、違いは配線がボルトを通過しているかだけ?


穴あきボルトぢゃぁないから、フレーム側に配線用の穴を追加して対応してた。


キャリアに穴を開けるのもねぇ


オーナーさん、いかがですか?


って言うか、早いところ走らせないと!





YA0001
コメント

今日のRD125角タンク(5月24日)

2015年05月24日 | オートバイ

午前中から来客続きの日曜日だった。


まぁ、土日に重い作業はやらないようにスケヂューリングしているので、精神的には楽なんだけどね。


RD125角タンクも、もう少し走っておきたかったので準備していると・・・


あれ?


オーナーさんご来店!


絶妙なタイミングだなぁ


さっそく近所を走っていただいたて、ものすごく乗りやすくなったと、嬉しい評価をいただいた。


現状の説明をさせていただき、納車スケジュールに関してもお話ができ、有意義な時間だった。


さて・・・


お客さんもいなくなった夕方。


そう言えば、腹減った・・・


昼飯食べてなかった・・・


もう17時近いんだよなぁ


いまからカップ麺コは重い気がする?







と言うことで、試乗ついでにカフェで軽食!







帰り道の大泉中央公園で一休み。


じつはこの時点で、微妙な異変を感じていた。


普通に走るんだけど、なんとなく左側の点火系?に違和感を感じた。


うまく言えないんだけど、コンタクトブレーカのギャップが狭くなっているような、火花が弱くなっているような?







店に戻って点火系を調べてみると、左側コンタクトブレーカの接点ギャップが、半分近くになっていた。


いやだなぁ


なんとなくだけど、接点ギャップの異変を感じちゃうなんて・・・


ある意味・・・変態だなぁ





もちろんギャップ調整をするだけでは意味がない!


なんで狭くなったのかが重要!







原因はこれだね!


一番右側がRD125のカム!


カムの表面が荒れているのはわかっていたので、研磨して組みつけてあった。


でも完全には取りきれないので、コンタクトブレーカのヒールが磨耗したんだろう。


外したカムを研磨したんだけど、やはり心配が残る?


ここは思い切って交換しちゃおう!


んで、写真真ん中のカムに交換した。







点火系を組み上げて、ギャップと点火時期の再調整を行った。


明日にでも走らせてみよう。





YA0001
コメント