goroの徒然なるままに・・・

日々の記録と言うか自分の日記や備忘録として書き連ねるつもり。

歳の差なんて!!!

2007年09月30日 | オートバイ
仕事が終わってオートバイ達を店内に仕舞ったときに、なんだか並んだ後姿が可愛くて撮った写真だ。

画面中央のAT125は1972年生まれの35歳!
画面左のRZ125は1985年生まれの22歳!

歳の差は13歳!

でも両方とも56mmボアのピストンを使用したエンジンを搭載している。
エンジンの冷却方式は空冷と水冷だが、なんだか面白い組み合わせだと思う。

AT125はメイカーの工場から出荷され、何人のオーナーを乗せたのか?
2007年まで走れて隣に13歳も年下の水冷エンジン搭載車が並ぶことは想像出来たろうか?

RZ125も気が付くと既に22歳になっていて、同じボアストロークエンジンを搭載した13歳年上のAT125と
並ぶことを想像できただろうか?

モトプランニングの店内は非常に狭く、思いっきり車両を近接させないとシャッターを閉めた後で店の奥
まで行くことができない。

この二人は毎晩写真のように寄り添って休んでいる。

もちろん帰るときは電気を消すので真っ暗になる。

夜通し何かを話しているかも知れないなぁと、ちょっと考えたりして。

・・・と言う文章を書きながら、ウルっときてしまった僕は感受性が強すぎるのか?

ところで、何でRZのナンバーが「ピ・・025」かって?

そりゃぁ わかる人にはわかるのさっ!
コメント

IMEの学習能力

2007年09月29日 | 徒然なるままに・・・pika
「歩毛門」

OSのインストール後に「ポケモン」と入力すると「歩毛門」と変換される。(確か?)

「ピカチュウ」も変換がおかしかった!

でもすでにIME殿も学習してくれたようで(仕方なくか?)驚くほどの変換能力を見せる!

不思議だね > フシギダネ
ぽっちゃ間 > ポッチャマ
ロケット段 > ロケット団

なにしろ、頭が悪いと評判のポケットIME(WindousCE機)までもが正常に変換してくれる!

なんと素晴らしいPCライフ!?

ちなみに・・・

ぽっちゃ間
苗とる
非小猿

なんだか落書きみたいだ? 夜呂死苦(だったっけ?)

面白くなってしまったのでシツコクやってみると↓

舞難
サボね亜
ハブねー苦

IMEの学習機能を消去すると結構楽しめる!(俺だけか?)

でも、実は一番驚いたのは携帯電話の予測変換だ!

購入してすぐに「ぽけ」まで入力したら「ポケットモンスター」が変換リストに入っていた!

ノキアなのに・・・
コメント

金曜大工のその後・・・

2007年09月29日 | オートバイ
金曜大工のおかげでそれなりに店内の部品が片付いたと思っていたのだが・・・

気が付くと棚のスペースが不足し、すでに棚が追加されている!

追加したその棚も・・・すでに満員の兆しが!

どうしたものか?

って言うか、すでに単なる物置にも見えてきたぞ!
コメント (1)

都会の雑踏から逃げ出して

2007年09月28日 | 徒然なるままに・・・
今日は目白で仕事をしていたので、昼頃に仕事場を抜け出してお気に入りの公園に行ってきた。

「おとめ山公園」

目白駅から歩くと10分ちょっとだろうか? まさに都会の中のオアシスという表現があてはまる公園だ!

湧き水があり小さなせせらぎとなって池に注ぎ込んでいる。

ホタル、カルガモ、カメ、コイ、メダカ(カダヤシ?)やザリガニまでが住んでいる自然の宝庫?

実は公園は道路をはさんで二分されているので、運がよければカルガモのお引越しが見られる!

道路にはカルガモ横断注意のカワイイ標識が立っている。<ちょっと嬉しい!

管理人さんとしてカワイイネコ(キジトラ君)もいる!

コメント

サトシとピカチュウ

2007年09月27日 | 徒然なるままに・・・pika
毎週木曜日のポケットモンスターを見るたびに、うれしくなるシーンがある。

オープニングでサトシ達が川にかかっている倒木をわたるとき、先頭を行くピカチュウが一度立ち止まり、
振り返り次に渡ってくるサトシの足元をちょっと見るシーンだ!

アニメーションの制作者はサトシとピカチュウとの関係をきちんと理解し、何気なくサトシを気遣うピカチュウ
を描いたのだろうと思う。

振り返ったピカチュウは間違いなく少し下の方を見ている・・・つまりサトシの足元!

本当にチョットした一秒にも満たないシーンだが、僕にとって毎回感動させられる!

たぶん制作者は、アニメーションを見ている視聴者が気が付かなくても良いので、どうしても描きたかった
シーンではないだろうか?

ピカチュウのサトシに対する何気ない愛の表現!

言い換えれば、制作者のポケットモンスターに対する愛だろう!

誉めすぎかもしれないが、しょうがないぢゃん! 好きなんだから!

いつか書きたかったんだ、これ!
コメント (3)

苦戦したフォークのメンテナンス

2007年09月26日 | オートバイ
先日試乗して快調だったAS-1だが、エンジンが快調になると気になるのが足回り!

もともとフォークのシール類は交換するつもりでいたので、分解しようとしたら・・・

あれ? こんなに硬かったっけか?

オイルシールが固定されているリングが緩まない。

いままで何本ものフォークをメンテナンスしてきたが、これは手ごわいぞ!

でも速度が上がるとダンパーの劣化が気になるので、どうしても交換したい部品だ!

だけどプロはいつまでも悩んでいない!

さっさと自分のAS-1からフォークを外してメンテナンス♪メンテナンス♪

良いのかって?

無理やり外すとろくなことがないので、これは保管しておくと、自分のAS-1に乗りたくなったら
きっと思いっきりやるって!

いまはキチンとメンテできるフォークを使うことが重要!

一緒にステムベアリングも交換するので、ステアリングも完璧!

出来ればリアサスももう少しダンパーの効いているタイプにしたいんだけど・・・
コメント (2)

TZR健在!・・・でもヨーロッパで

2007年09月25日 | オートバイ
最近の各オートバイメイカーのラインナップに悲しくなり、何気なくヤマハの海外サイトを見ていたら!

ヨーロッパの数カ国で「TZR」(水冷2スト50cc)の2008年モデルが紹介されていた。

でも日本円に換算して・・・\520,000強という素敵なお値段!

乾燥重量も114kgと立派な体格だ!

2ストエンジンが生き延びているが、他にはDT50のみだった・・・
コメント (2)

入手できない部品たち

2007年09月25日 | オートバイ
純正部品の入手状況は日に日に悪くなる一方だ!

特にインテークラバー等ゴム部品の入手困難は痛手だ。

部品の代理店に行った際に、各メイカーのパーツリストを確認しては形状の似ているものを注文は
しているが、あくまでもパーツリスト上での形状確認だ、サイズなどと言うものはわからない。

無駄に購入した部品の金額だけでも頭が痛くなる・・・(無駄ではない場合も稀にあるが)

もちろんピストンも同じなのだが、ピストンは中古を使用する選択肢があるのだが、インテークラバー
は例外なく硬くなっているので中古品は使用不可能だ!

シール類は工業規格にあれば入手できる可能性はあるのだが、特殊形状のものはちょっと・・・

ピストンも多方面に捜索願いを出しているものの、なかなか「身柄確保!」の知らせが届いてこない。
先週も何点かの消耗部品を注文したのだが、すでに生産中止品が8割・・・

どんどんと生産中止品も増えていくし、値段も年々上がっていくのはわかっているのだが多くの在庫
を持てるほど余裕はないし・・・

実は部品を探していたついでに少しばかり整理をしたのだが、もの凄い数のドレンボルトパッキンや
エキゾーストガスケットがでてきた。

基本的に在庫している部品で、使うたびに補充として複数個の注文をしていたので、使う度に在庫数
が増えていったことになる。(オイル交換の時に新品にするので結構な数を消費することも確か)

ガスケット類のように金額の手ごろな部品はこの方法で在庫を増やしていったと思う。

でも、本当に必要な部品がないことには意味ないぢゃん!

モトプランニングの場合、メイカーや車種がかなり狭い範囲に限定されているのだが、意外な部品が
共通ぢゃぁなかったりする。

コンピュータで在庫管理を目標にリストを作り始めたことはあるのだが・・・急ぎで使ったときなどに在庫
リストの更新を怠っていたのでリストと実際の在庫が合わない!

つまり、あると思っていた部品が??? どこだっ???

う~ん、仕事が止まるなぁ・・・

目の見える範囲に置いておくには数が多すぎるし、どうすれば良いんだ!

結局は管理能力の問題だってこと!
コメント

「カフェレーサ」だろAS-1は!

2007年09月22日 | オートバイ
AS-1は昨晩組みあがりエンジンも始動したのだが、時間の関係で走行テストまで行わなかった。

今日は入荷したバッテリを取り付け、気になっていたワイヤーハーネスの端子を交換し、電装系も元気になった!

さてと! 試乗♪試乗♪

ちょうど頼んでいたオイルシールが入荷したと言うことなので、引き取りついでに杉並までひとっ走り!

いやぁ! 元気元気!

こんなに元気で良いのだろうか?

いつもは悔しい思いをする例のスクータ連中も白煙の彼方へ!

ふっふっふ!

部品を引き取って笹目通りを北上し、外回りは空いているだろうと井荻トンネルへ・・・

学習能力のないヤツ!

混んでる・・・

このままではために高温のために、ライダーだけでなくAS-1君も熱射病になる可能性があったので、赤羽方面へ!

そのまま目白通りを通過して北上を続けたのだが、ふと気が付くとAS-1はカフェレーサだろ!

そうだ! カフェに行かねば!

でも腹へった・・・昼飯食っていなかったなぁ

そこへ「す○屋」の看板が!   左のウインカーを出してっと

キムチ牛丼くださいっ! サラダも!

なんと言う贅沢! 豪華絢爛!

う~ん キムチ牛丼を食べながら窓の外のAS-1を眺める!

まさに「ドン・レーサ」  <何だか遅そうな感じ?

ちょっと暑かったけど、40キロ弱の楽しいショートツーリングだった!
コメント (3)

空冷ツインは美しい!

2007年09月19日 | オートバイ
AS-1のシリンダを組む前に、せっかくだからと耐熱ブラックで塗装した。

あまりに丁寧に塗ると、クランクやヘッドまでブラストしたくなっちゃうので、それなりに適当に塗った。

適当と言うと聞こえが悪いが、適切に塗ったが正しいかなぁ・・・どうでもいいや!

組み上げると、やはり空冷のフィンが綺麗だ!

個人的にはむき出しのキャブレタは大好きで、これにファンネルをつけた状態で全開走行をしたい!

きっと良い音がするんだろうなぁ

と言うより、良い音になるようにセッティングしないといけないのだが!


コメント