goroの徒然なるままに・・・

日々の記録と言うか自分の日記や備忘録として書き連ねるつもり。

2007年最後のLittle Twin

2007年12月31日 | オートバイ
2007年最後に触ったリトルツインはHS1だった!

お客さんが購入したHS1で、エンジン始動等の確認がしたいとのことだったので今日の午後に
遊びに行ってきた。

バッテリーがないとのことだったので、とりあえず手持ちの電源と配線を持ってお邪魔したのだが、
いとも簡単に始動してしまった!

手入れが行き届いていた車両と思われ、程度の良い綺麗な車両で、エンジンも軽やかに回って
いるので、一安心だ!

もちろんオーナーさんも満足そう!

来年はリトルツインの仲間が増えて楽しくなりそうだ!
コメント (1)

たてつづけに・・・

2007年12月30日 | オートバイ
年末も押し迫ったこの時期に、信じられない修理が続いた。

最初はホンダのDioで、時々エンジンが止まってしまうとのことで、プラグが素敵に劣化していたのが原因だった。

問題は店に入れようとフロントブレーキを握ったとき!

スカッ!???

あれ、まったく効いていないぢゃんか!

オーナーさん曰く、しばらく前からこの状態とのこと!

このDioはフロントディスクのモデルなので、マスターシリンダのカップを開けてみると・・・

まったくオイルが入っていなかった!

「あんまりフロントはかけないからなぁ」と

えっえっえっ???

パッドも風前の灯火(死語?)

とにかくパッドとブレーキオイル・・・いやエア抜きも是非物だった。

次のお客は、昨日の午後のこと。

時々店の前を歩いているのを見かけるおじさんだったが、昨日はリード90に乗ってきた。

「前のブレーキが全然効かないんだけど」と・・・

これもまったく同様にオイルがスッカラカン!(死語?)

パッドはあったので、オイル交換とエア抜きで復活した。

それにしても皆さん、どうして平気なんだろうか?

「二人とも時々は効いていたんだよねぇ」と言っていたし、店まで乗ってきている!

良いのか?

時々で?

ブレーキだぞ!

ブレーキ!

走らなくっても怪我しないけど、止まらないと怪我するぞ!
コメント

今度はアクセルワイヤーだ!

2007年12月28日 | オートバイ
どうにも一つのことに執着する癖があるようだ。

いつぞやはキャリアやブーツに・・・

また、あるときはインシュレータと・・・

最近のブームはワイヤー!

問合せもあるのだが、一番の原因はHX90のアクセルとクラッチが重いと言うこと!

やっぱり自分が困るのが一番の着火材になるようだ。

先日の書き込みのようにブレーキワイヤーは何とかなりそうで、クラッチはAS1の整備時にめどがついた。

今度はアクセルワイヤーを模索中!

少しでも時間が出来ると手持ちのワイヤーをゴソゴソ探すのだが、純正品が見つかっても既に入手でき
ないので、長さを調べて対応品を検討する方向にしている。

今日の作業で何とか対応可能なワイヤー類の情報が揃ってきたと思う。

問題はインナーの長さを調整する等の加工が必要なこと。

加工が増えると販売価格に反映されてしまう。

部品の入手も明日が今年最終日!

何とか集めて年明け早々には新品ケーブルでの試走を行いたいと思う。

コメント (3)

きっと嬉しかったんだろうなぁ!

2007年12月27日 | オートバイ
何気なくネット検索していたときに見つけたんだけど。

どこの国でも苦労している方はいらっしゃるようで・・・

きっと嬉しかったんだろうなぁ!

それにしても客観的に見ると、すっごい煙だ!
コメント

つい、何となく・・・

2007年12月26日 | 徒然なるままに・・・pika
東京駅のそばを通ったとき、何となく吸い寄せられるように行ってしまった。

毎年正月のプレゼント欲しさに並んだ思い出もあるしなぁ・・・

寒かったしなぁ・・・

なんだかチョット寂しい気持ちになってしまった。



コメント

2008年もショートムービーはないの?

2007年12月25日 | 徒然なるままに・・・pika
2008年ポケモン映画のタイトルが発表された!

「ギラティナと氷空の花束」(そらのはなたば)だが、同時上映のショートムービーはなさそうな感じ・・・

やはりポケモン映画の醍醐味は同時上映のショートムービーではないだろうか?

1998年の「ピカチュウのなつやすみ」に思い切りやられてしまったので、毎回のショートムービーが楽しみで
映画館に通っていたと言うのが正解!

「ピカチュウのなつやすみ」の出来は出色で今までのテレビシリーズの楽しさが思い切り凝縮されていたと思う。

特にピカチュウの百面相から始まってライチュウとの意地の張り合いなどは、ポケモン達それぞれの性格を良く
表していて、まさに大人向き!

でも残念なことに2003年の「おどるポケモンひみつ基地」を最後にショートムービーがなくなってしまった。

確かに「おどるポケモンひみつ基地」も文句の付け所がない出色の出来!

手放しで楽しめるストーリーだったのだが・・・

まだ発表したばかりで詳細は分からないが、同時上映でショートムービーがあることを望んでいる!

題名は・・・そうだなぁ・・・(真剣に考えてる)

「オオキドけんきゅうじょの一日」などはどうだろう?

どうせ大人がターゲットなんだから、戦いに疲れたサトシ達がオオキド研究所に帰ってきてすごす一日を描く。

何気ない一日なのだが、なつかしのメンバーが集まると何かが起こるって感じ?

んでもって、主人公はダネちゃん!

せっかくなので、リザフィック・バレーからリザードンを、消防団に休みをもらってゼニガメも里帰り?

やっぱり「ピピピ」もいたほうが良いので、カスミに連れてきてもらう。

もちろんピカチュウの百面相も是非モノ!

ピピピやタケシの物まねだけでなく、秘技「ダネちゃん」も見たいぞ!

お願いします!湯山監督!
コメント (2)

HS1にクリスマスプレゼント!?

2007年12月24日 | オートバイ
HS1にクリスマスプレゼント?

さすがに裂けていたフォークブーツが気になっていたので、思い切って新品へ交換した!

と言っても新品の在庫も残り少ないので、今回は某H社の代替品で我慢してもらうことにした。

でもなかなか良くできてるでしょう?

僕的にも結構気に入ってるんだけど・・・

ブーツのヒダ(山?)は3つばかり多いんだよね。

せっかくなのでフロント周りのメンテナンスをやった。

フォークはインナーに錆があったのだが、さすがに新品のスペアがあるわけはないので磨いて再使用することにした

オイルシールも交換して、オイルは毎度おなじみベルレイの#15を規定より5cc多めに入れた。

実際には固い粘度のオイルを使用したほうが効果が大きいと思うのだが、少し硬めにしてみたかったから。

一番驚いたのがボールレースの傷だ。

入手した車両はほとんど例外なくステムの締めすぎでボールレースがいたんでいるのだが、今回はかなりひどかった

このまま見なかった事にしようかとも思ったが(うそ!)、さすがに心配なので新品をプレゼント!

当然、ボール新品に交換した。

いままで気になっていたフロント周りが一気に快適になった・・・はず?

たぶん・・・

だってまだ試乗していないもの!

実はこっそりハンドルも交換してしまった!

最初についていたメーカ不明のものから、HX90の純正品へ交換した。

最後にブレーキワイヤーも新品へ!

これは加工が必要だが、流用可能なものを見つけたので近々発表予定!
コメント (2)

イカ君もサンタクロース!?

2007年12月24日 | 徒然なるままに・・・
カラマリのイカ君もサンタ帽子をかぶってハングオン!

さすがはクリスマス!

って、もう休みなんだ!
コメント

言い聞かせるのも修理だ!

2007年12月23日 | 徒然なるままに・・・
もう20年以上前だが、会社員時代の上司でみんなから「トオルさん」と呼ばれている方がいらっしゃった。

いろいろとお世話になったのだが、彼の修理が非常に面白い。

放送機器を海外から輸入している会社のサービス部門だったので、納品した機械に問題が発生するとすぐに
現場に行って修理しなければならない。

僕がサービス部門に籍を置いていたとき彼と一緒に仕事をしていた。

彼は修理に行く際、特に大それた工具は持っていかない。

「ツマドラ」と呼ばれる調整用に小さなマイナスドライバーを耳に引っ掛け、ポケットに手を突っ込んで出かける。

(風体はなんとなく刑事コロンボ?)

現場に到着すると、彼は不思議な行動にでる。

機械に話し掛けるのだ!

「トオルちゃんがきましたよぉ」

「どうしたのかなぁ?」と・・・

初めていっしょに仕事をしたときは、さすがに驚いた!

もちろん初めてのお客さんも驚くに決まっている!

前面パネルを開けると、内部の基盤を覗き込んだかと思ったら・・・

「おまえが悪いのか?」

「だめだぞ!」と・・・

今度は部品に話し掛ける。

「しばらくすると、こいつが原因だなぁ」とツマドラの先端をペロッと舐め、おもむろにトリマーを回しだす。

(トリマーとは半固定抵抗器のことで、平たく言うと基板上のボリュームのこと)

彼は調整のときにオシロスコープなどという無粋な測定器は使わない!

映像機器なので、画面を見ながら数箇所のトリマーを回したかと思ったら、急に考え込む。

何度か同じような動作を繰り返すと、機械は正常に動くようになっている。

まるで手品のようだったが、基本的な技術力がないとできない修理だと思う。

もちろんチップ(IC)が壊れているときは交換しなければ直らないのだが、当時の放送機器はアナログ回路の
塊で、温度特性も悪く簡単に設定がずれてしまうものだった。

つまり再調整で直ることが多いことは事実だった。

でも・・・

あまりにも不思議な修理!

彼は今も健在で僕が辞めたあとも技術屋として仕事を続けている。

毎年11月に行われる幕張の展示会は、会場をフラフラしている彼に会える楽しみもある。

(本当にフラフラ歩いているのだ!)

もちろん僕は「トオルさん」と声をかける。(彼はたぶん70歳近いはず?)

彼は「ヨッ! ゴロちゃん元気か?」と返す!

これは年中行事だ!

こんなことを書いたのも、先日HS1のセッティングを行っているとき、HS1に話し掛けている自分に気が付いた
からだ!

う~ん、トオルちゃんの教えを守っているのかも?

時々仲間と話すんだよね、技術屋は奇術屋だと!
コメント

保険の更新をした

2007年12月22日 | 徒然なるままに・・・
四輪車の任意保険の更新をした。

車両は平成3年式のアルトワークス

いつも頼んでいる保険屋のおじさんが店に来てくれたのだが、旧い車両は割引がまったく適応されないんだね!

保険屋さん:エアバックはついてますか?
goro:ハンドルにプチプチ巻きますから!
保険屋さん:だめ!却下!それはエアパッキンですっ!(冷たく)

保険屋さん:ABSは付いてますか?
goro:結構力いっぱい踏んでもロックしないので付いてるかも?
保険屋さん:だめ!却下!(冷たく)

保険屋さん:エコカーですか?
goro:もちろん!15K/Lは走りますから!
保険屋さん:だめ!却下!(冷たく)

保険屋さん:安全ボディーですか?
goro:はい!(力いっぱい!)、金属製ですから!
保険屋さん:だめ!却下!(冷たく)

更新なので分かっているのだが、確認しないといけないらしい・・・

つまり毎回行われる会話?

確かに最新モデルに比べると危険なのかもしれないなぁ

でも元気に走るからなぁ

それなりに速いし、燃費も良いんだけど・・・
コメント