goroの徒然なるままに・・・

日々の記録と言うか自分の日記や備忘録として書き連ねるつもり。

アルト君に水温計を取り付けた

2018年05月20日 | オートバイ

いくら年式が古いといっても、平成3年式のアルト君。


水温計くらい標準装備している!


でも・・・


すこし前から、水温計の針が上がったり下がったり・・・


もちろんダンパーは生きているようなので、気が付いたら「C」になってる程度。


問題は水温センサーが死んでるのか、水温計が死んでるのかわからない。


調べれば何とかなると思ったけど、この際だから温度が表示されるタイプをつけちゃう!







運悪く?遊びに来た友人に手伝ってもらい、無事に取り付けることができた。


それにしても、四輪車のエンジンルームって、メチャクチャ整備性が悪いと思う。


自動車の整備をやってる友人に言わせると、まだまだ楽な方なんだってさ。


純正の水温センターを取り外して、社外品(スクーター用?)の水温計のセンサーを取り付ける。


一番苦労したのは、新しいセンサーの締め付けで、狭いので工具を振り回せない。


しかも、センサーケーブルが付いてるので、ラチェットでの作業ができない。


仕方がないので、メガネレンチを切断して、特殊工具を作成!


なんとか取り付けることができた。







水温計が信用できなかったので、しばらく乗っていなかったアルト君。


やっと走らせることができた。







どうやら、88度くらいでサーモスタットが開き始め、80度くらいで閉じている感じだった。


まだ取り付け位置は決めてないので、適当に両面テープで貼り付けただけ。


どうやら、動作的には問題なさそうなので、固定方法を考えないとなぁ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今日のHS1青5(5月20日)

2018年05月20日 | オートバイ

今日は公道再復帰!


昼頃から来客予定があったので、午前中に細かい作業をやって・・・







まずは近所を軽く走らせてみた。


予想はしてたけど、フロントブレーキのフィーリングがよろしくない。


他は、なかなかスムーズで気持ちよく走ることができた。





午後に来客が続き、夕方頃からコソコソとフロントブレーキの手直し作業。


ブレーキシューのライニング面を確認して、当たりの強そうな箇所を削る。


当然だけど、一回でうまくいくわけない。


んで、ひとまず試乗することにした。







これが、なかなかよろしい感じ?







レバーのタッチは、まだスポンジーだけど、ブレーキの効きは相当良くなってきた。


もう少し調整すれば、かなりのレベルまで持っていけると思う。





オーナーさん、お待たせしました。


もう少しで完成です!







YH0015
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

指先が痛い・・・

2018年05月18日 | オートバイ



お客さんから頼まれていた、CB93のシートを仕上げた。







苦労したけど、かなり綺麗に仕上がったと思う。(自分比)







なんと言っても、シートベースがないので、もんげー大変だった!


スポンジはスプリングと表皮の間なので、採寸が大変!


もちろん表皮を被せるのも大変だった!


もう、やりたくないなぁ


指先が痛くなっちゃうし・・・





あっ! メッキのモールを付けなきゃ!





コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今日のHS1青5(5月18日)

2018年05月18日 | オートバイ



カチカチに固まってたブリーザを、加工して使えるようにしてみた。


ミッションの錆って、ここから水分が浸入したのが原因だったと思う。


地味な部品だけど、もんげー重要な役目なんだよね。


内圧を抜くと言うより、水を浸入させないため?







カチカチになってるパイプを切り取り、旋盤でオーリングの溝を加工する。


これでシッカリ勘合するようになった。


オーリングを交換すれば、ずっと安心して使えるもんね!







切り取ったパイプの穴をすこし広げ、アルミパイプを圧入する。







すっごく気持ちよく固定できるようになった!


もちろん「ブリーザーキャップを抜けないように押さえちゃうぞ金具」は使うけどね。









フューエルタンクやシートを取り付け、公道復帰の準備を進めている。


あっ!


ステップ付けてない!







YH0015
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

業務連絡(5月19日の営業に関して)

2018年05月18日 | オートバイ

5月19日(土曜日)は、所用があって午後からの営業となります。


13時頃には開店できると思います。


モトプランニング 山本
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ここ数日のRD125角タンク赤2

2018年05月18日 | オートバイ



エンジン周りで苦戦したいたのが、クランクの抜き取り。


今まで、あまり苦労した記憶ってないんだけど、この子のクランクは抜けてくれない。







腰下の作業に入る前に心配していたのは、この部分の錆。









なんとなく嫌な予感はしていたけど、ここまで頑固だとは・・・


あとは、ヒートガンでケース側を熱して、ベアリングごと抜くしかないなぁ


ベアリングごとでも、抜ければ内燃機屋さんで外してもらえるから。







ミッション周りは、とっても綺麗!







ディスクキャリパーを仕上げようと作業をしていたけど、シールの溝の汚れが気になる。


毎度のことだけど、この溝って掃除しにくいんだよね。


綺麗にしないと、せっかくシールを交換しても、気分悪いし・・・







キャリパー本体に傷をつけないように、アルミで冶具作って綺麗にしてみた。


キャリパーシールとピストンは準備できてるので、これでブレーキ周りは完成かなぁ





クランクを頑張って抜かないと!







YA0011
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

暑いと思ったら・・・

2018年05月17日 | 徒然なるままに・・・



室温が28度くらいある!


22時なのに・・・
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今日のHS1青5(5月16日)

2018年05月16日 | オートバイ

無事にエンジンが始動したら、次は公道復帰!







クラッチレリーズは、しっかりクリーニングとグリスアップを行った。


注油して一晩吊るしておいたクラッチワイヤーを取り付ける。


いままでのワイヤーがゴジョゴジョだったので、気持ちよくクラッチ操作ができるようになった。


中古ワイヤーだけど・・・







準備しておいたフューエルコックに、フィルターを取り付ける。


このコックは、リザーブ側のフィルターがしっかり残っていたので、メイン系統への追加のみ。







イグニッションコイルからハーネスを追加しておく。


問題がなければ使わないけど、もしもコンデンサーが気になるようだったら、追加しやすいようにね。


先に配線しておかないと、フューエルタンクを外すことになるし・・・


使わなけりゃ、それにこしたことないけどね。







んなこと言っておきながら・・・コンデンサーユニットも準備中!







YH0015
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今日のHS1青5(5月15日)

2018年05月15日 | オートバイ

すでに結論をアップしちゃってるけど、エンジンを始動させた。






気になっていた動きの渋いスロットルワイヤーは、作り直すつもりで準備を始めていた。


採寸するんで古いワイヤーを車体から外してみると、インナーワイヤーは思いのほかスムーズに動く。


確かに、組み込む前にケーブル内を洗浄して、しっかり注油したもんなぁ


もしかしてハンドルのエッジにバリでもあるんぢゃないか?





おゝ!


ハンドルエッジに微妙に傷が付いてた。


そこを綺麗に処理してやったら、拍子抜けするくらいスロットルの動きが軽くなった。


これでいいぢゃん!


あえて、ワイヤーを新造することもなさそうだ。





と言うことで・・・


ドライブチェーンを取り付け、バッテリー周りの配線を準備しておいたハーネスに交換。





エンジンも無事に始動したので、公道復帰の準備作業を開始!





クラッチレリーズ部分は、すでに洗浄してあったので、グリスアップする。







もんげー不思議なんだけど、レリーズ部分にオイルシールが見当たらない。


ここって分解できないはずなので、オイルシールを外すのは粉砕するしかないと思うんだけどなぁ


新品のオイルシールも部品で持っているんだけど、交換することもできない。


分解できないから・・・







とにかく綺麗に洗浄して、グリスアップするしかないんだよね。







ブレーキワイヤーとクラッチワイヤーも、状態が悪くアウターの変形がひどかった。


んで、手持ちの部品で状態の良いワイヤーを選んで組み込んだ。(中古だけどね)


ところが、フロントブレーキは期待したほど良い感触にはなってくれなかった。


ブレーキシューが新品なので、なじむまでダメかも?


まぁ、すこし走らせてから、シューのあたりを確認してみよう。







ブレーキパネル側のアヂャスターボルトは、お約束で変形している。(写真下側ね)


ここは、ほとんどの場合変形している。







これで気持ちよく調整できる!







外装を取り付ければ、公道復帰ができそうだ!








YH0015
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

HS1 blue 5 start engine!

2018年05月15日 | オートバイ

HS1青5のエンジンを始動させた。




静かに回っているので、一安心というところ。


まだ始動したばかりなので、これからセッティングを詰めなくっちゃ


さて・・・コーヒータイムかなぁ







YH0015
コメント
この記事をはてなブックマークに追加