goroの徒然なるままに・・・

日々の記録と言うか自分の日記や備忘録として書き連ねるつもり。

More than ten years ago "Episode-3"

2008年03月29日 | 銀塩写真館
モトプランニングの開店当時は改造を中心に活動したかった。

特に実用車をベースにして改造に興味があり、いろいろと製作した経緯があった。

写真はホンダCD125Tをベースにした改造車で、オリジナルのバックステップやダブルシートを装備したタイプだ。

バックステップは自分でも出色の出来だと思うもので、純正部品とオリジナルの部品を組み合わせ、ノーマル然とした
デザインで違和感なく装備されていると思う。

微妙に仕様は違っていたが、3台を販売した。

この写真の車体は都内在住の女性が購入したのだが、今でも乗っているのだろうか?

YB125ベースも検討したのだが、どうしてもカフェレーサにいってしまうので、CD系統のホンダ車ベースが多かったと
記憶している。

CD125Tはスポーツ車としても通用する走行性能があり、仲間のツーリングでの峠では大排気量車を追い回すほどだった。
(もちろん下り坂限定だが・・・)

でもバンク角がなく、コーナーでは常にセンタースタンドを擦りっぱなし!

コメント

More than ten years ago "Episode-2"

2008年02月28日 | 銀塩写真館
マランカは?

と言う問合せが多いので、店の奥から引っ張り出そうと試みたのだが、簡単には出せそうにない。

しょうがないので、先日発掘した昔の写真をスキャナーで取り込んだ。<逃避?

写真に焼きこまれた日付は95年6月4日になっているので、14年は経過している。

それにしてもバッチイオートバイだなぁ・・・

とりあえずは室内保管なので、今でも特に変わらずこのままの気がする。

左側に写っているRZ250も懐かしいオートバイだ。

手放してしまったのだが、元気で走っているだろうか?

コメント (1)

More than ten years ago "Episode-1"

2008年02月27日 | 銀塩写真館
旧いカタログを探していて写真箱を見つけた。

それはそれは懐かしい写真がたくさん入っていた。

思い出が走馬灯のように・・・

写真はたぶん1995年くらいだと思う。

FS50がお立ち台に上がっていたんだねぇ

消耗品以外に新品部品を使うのが嫌いで、意地になって磨いて仕上げた。

乗るたびに降ろしていたのだが、今考えると若かったんだねぇ。

高回転型の良いエンジンで80kまで余裕で引っ張れた!

お立ち台には、現在U7君が乗っている。

それにしても綺麗だなぁ

あっ! FS50のことぢゃなくって店の中のこと!

何気なくスカイセンサ5800が棚にあったりする。

FS50の下にある緑の物体はウルトラマンAS-1のサイドカバー。

現在河っ○さん所有の機体に再塗装して取り付けたもの。



コメント