goroの徒然なるままに・・・

日々の記録と言うか自分の日記や備忘録として書き連ねるつもり。

アルト君にドライブレコーダーを付けてみた。

2019年02月06日 | 徒然なるままに・・・



自分以外の全車が付けてくれると、自分はいらないか?

なんて思ってたんだけどね。

だってアルト君は小さいのでカメラが目立っちゃう!

できるだけ小型のタイプを選んだけど、標準で付いてくる吸盤ステーが異様に目立つ!

んで・・・





転がってたアルミ板を加工して安直ステーを製作した。

とりあえず両面テープで固定したが、画角は問題なさそうなのでボルトで固定しよう。

って言うか、ここ以外に良さそうな固定位置が見つからない・・・



コメント

嫌な夢は続いている・・・

2018年12月13日 | 徒然なるままに・・・

今朝も嫌な夢を見た。

自分に危険が迫ってくるわけではないんだが、ちょっと書くのをためらう内容だった。

オートバイには無関係な内容だったけど・・・

なんでこんな夢ばかり見るんだろうか?

精神的に疲れているんだろうか?

そんなに弱い男だったんだろうか?

今日は寝るのが怖くなっている・・・
コメント

今朝見た夢が気になってたんだよなぁ

2018年12月12日 | 徒然なるままに・・・

地震がきて津波から逃げる夢だったもん。

仲間数人でビルの外階段的な場所で話をしてた時、階段の手すりが金属ではなくコンクリートっぽかった。
そのコンクリートが妙に薄くって弱々しく感じたことをハッキリと覚えている。
(みんな見覚えのない顔ぶれだったと思う)<それって仲間ぢゃないだろう?

そのビルは2階か3階程度の低い建物で、仲間の一人が手すりに寄りかかってたので
「おいおい、この手すりって弱そうだから壊れたら落ちちゃうぞ」って僕が言って、何気なく手で手すりを揺らしてみた。
そうしたら、共振したように妙にユサユサし始め、それがだんだん大きく揺れ始めた。
ここまま揺れが大きくなると、手すりが崩壊するくらいになり、ビックリしたとたん!

地面まで大きく揺れ始めた。
ええええ!
地震か?
俺が原因なのか?

そのうちビルの床(コンクリートっぽかった)に亀裂が入り始め、左右から押されるように亀裂からコンクリートの破片が噴き出してきた。
このままだと建物ごと崩壊するぞ!
みんな急いで階段を下りて地上へ避難したんだけど、揺れはどんどん大きくなっていく。
ふと周りを見ると、土石流か津波のような流れが迫ってくる。

左右と後方から迫ってきたので、逃げる方向は前方のみ!
とにかく走りだすと、目の前に小高い丘のようなものが見えてきた。
なんとなく城壁みたいな造りで、上の方にすでに避難しているような人影が見えた。
あそこへ上がれば助かるかもしれない!

みんなで登り始めたが、仲間の一人が腰を抜かしたようにフラフラ登っていく。
おいおい 間に合わないぞ!
とっさに彼の背中(なんとなく腰辺りだったかも)を両手で押して一緒に丘を登って行った。
・・・と、ここで目が覚めた。

足元まで迫ってきた津波が冷たかったこと。
両手で押している仲間の背中が温かかったこと。(間違いなく両手で押していた)
丘を登るルートが砂か泥のようで足が滑ってなかなか登れなかったこと。

などなど

文章で表現するのが困難なくらいにリアルな感触が残っていた。
周りに海や川がなかったこと以外、不思議なくらい違和感のない夢だった。
まるでスペクタクル映画のようなシーンだった。
僕自身は、ビルの倒壊や津波に遭遇した経験はない。

それにしてもリアルな夢だったもんなぁ

いやだなぁ

疲れてるのかなぁ
コメント

久しぶりのチーズパスティ!

2018年11月28日 | 徒然なるままに・・・

昨晩は、大阪から先輩が出てきてたので、久しぶりにチーズパスティ!


コメント

malfunction!

2018年10月15日 | 徒然なるままに・・・

2週間ほど前のこと・・・

自宅で写真のバックアップ用として使用していた外付けのハードディスクが壊れた!

まったく認識しなくなってしまい、リカバリーソフト上にも表示しなかった。

う~ん

困った・・・



相当昔からの写真が保存してあったのになぁ

3年ほど前にも同じような経験をしているが、そのときリカバリーソフトからは存在が見えた。

そのおかげで、なんとかリカバリーできたんだけど、今回はダメだなぁ

データ復旧サービスをしてくれる業者さんもいることは知っているが、ちょっち頼める金額ではない。



そこで!

まずは、ハードディスクを取り出して、モデル名を調べてみた。

個人的に好きになれないメイカーのディスクだったりして・・・

まぁ 落ち込んでいても自然復帰はしなさそうなので、同じモデルを購入して基板を移植することにした。



制御系等の故障で、板自体は生きていることを望んでのことだけど・・・だめだった



どうせダメなんだから!





やっちまった!

かなり昔のことだが、この手の強引な手段でデータを取り出したことがあったから。





それぞれを開腹して、板を入れ替えてみる。

つまり、駆動系とヘッドを疑ってみた。





本来ならばクリーンルームで行う作業なんだろうね。

まぁ 結論から言うとダメだった。

4枚の板が入っていたんだけど、3枚目に酷く傷が付いていた。

見るからにダメと言う感じ?



あいや!

さて・・・困ったなぁ



現時点で一番困っていることは、RD125角タンク赤2の写真が見られなくなったこと。

作業を行う車両は、受け入れ時点でかなりの写真を撮影している。

レストア作業ではないので、オーナーさんが自分で取り付けた部品を復旧して納車するから。

特にRD125角タンク赤2は、USB充電ポート当の電装品が取り付けた合ったので、取付位置や配線が・・・



やっぱり定期的に工学ディスクにでも保存しないとダメだなぁ




コメント

なんか不調・・・

2018年08月29日 | 徒然なるままに・・・

いや

オートバイのことぢゃなくって自分のこと・・・

気温の変化がメチャクチャだったことは確かだけど。

昨日は、朝起きた時から頭が痛かった。

まぁ 仕事すれば忘れるだろうなんて軽く考えて店に出たんだけど、やはり痛みは消えなかった。

昼頃から微妙に良くなってきたので、作業を始めてある程度進んだ頃・・・ダメかなぁと

結局は昼飯も食わずに17時頃までゴソゴソ作業して、早めに店を出た。

ちょうど受け取る約束の部品もあったので、途中で引き取って帰宅。

珍しくコンピュータも立ち上げずにおとなしくしていた。

おかげで今朝はすっきりしてた。

どうも、「休む」ことに危機感を感じる性格のようで、働いているとなんとなく安心するみたい。

でも、冷静に分析すると・・・

急な体調不良で寝込むより、定期的に休息した方が作業効率は良いはずだよね。

スケジュール管理もしやすいし。

急に寝込んだりすると、かえってお客さんに迷惑をかけることになるもんなぁ

なんて、頭ではわかっていても月末になると、ドキドキがとまらない!


コメント

暑いと思ったら・・・

2018年05月17日 | 徒然なるままに・・・



室温が28度くらいある!


22時なのに・・・
コメント

lunchtime walk

2018年05月15日 | 徒然なるままに・・・

発送する荷物があったので、近所の郵便局まで出かけた。


ふだんならオートバイで、ぴゅーぅぅぅなんだけど、久しぶりに歩いて・・・


どうせ歩くんだからと、稲荷山憩いの森を抜けていくルートを選択!







まずは、憩いの森入り口にある豊楽園神社さんにご挨拶。


よこの湧き水を覗き込むと・・・







おゝ!


ザリガニ君が!







ここ!











憩いの森を抜けて、上のバス通りへ


郵便局で荷物を発送して、帰りがけにスーパーマーケットで昼の餌をゲット!


歩くという距離でもないけど、普段からあんまり歩かないので・・・


コメント

西武鉄道のコマーシャルに栗助が!

2018年05月12日 | 徒然なるままに・・・



さっきテレビ見てたらコマーシャルに知ってる顔が?


おゝ!


西武鉄道のコマーシャルに栗助が出演してるぢゃん!


我が家は大騒ぎ!


出演している芸能人はまったく知らないんだけど、栗助はすぐに気が付くんだなぁ


まぁ、それもすごいと思うけどね。


コメント

今日の鈴カステラ?(5月6日)

2018年05月06日 | 徒然なるままに・・・

今日の最終目的地は、目白駅そばの目白庭園!


毎年、この時期になると鈴カステラ達が園内の池を泳ぎまわるんだよね。


んが・・・


今日は、誰もいない?


時間的に、昼飯後の休憩時間だったのかも?


しかたがないので・・・





駅前のカフェでコーヒータイム!





ここのテラス席は電車の線路のすぐ脇なので、こんな風景が目の前に!


別に鉄道マニアではないけど、なんとなくうれしい!



さて・・・そろそろ昼休みも終わったかも?







おゝ!


ちっちゃ!





元気な鈴カステラ達が、12個も泳いでる!


4月29日生まれなので、ちょうど一週間?





ここのカステラ達は、本当にフレンドリーと言うか、恐れ知らずと言うか


すぐ目の前まで近寄ってきてくれる。


それはそれは


もんげー可愛い!


出し物の時間になると、園内を歩き回ってくれるんだけど、ゴールデンウイークで疲れてたのかも?


それでも、強風に流されながら、一生懸命に泳いでた。


う~ん


たまんない!


コメント