京男雑記帳

洛中で生まれ育った京男が地元視点で見た日常風景や話を雑記的に掲載

野趣あぶれすぎ?

2017年11月30日 05時05分39秒 | 社寺

↑紅葉と山茶花


↑大豊神社参道

これは、ちょっと前の話。
永観堂から哲学の道を歩きました。
この日は、私としてはハードに歩いた。
数日、人工股関節の周辺が鈍く痛くなりちょっと反省。
きっと歯の工事をして、奥歯が噛みしめられるようになったからなのかも。
以来、動きがかなり素早くなったように思う。


↑参道にいる狛犬、「いらっしゃい!」と言っている感じ。

本日は、哲学の道沿いにある大豊神社。
色んな狛犬で、以前ちょっと有名になりました。
久しぶりに行ってみました。





雰囲気は、以前のまま。
変わったのは、茶店ができていること。
みたらし団子やうどんやそば、甘酒やぜんざいなんかもある。
正直言ってちょっと違う感じなんやけどなぁ・・・。
誰も居なくて一人だったら、食べる勇気がない。



この感じがなんともワイルドだと思いました。
茶店もいいけど、このボウボウの草や木をなんとかした方がいいと思うな。
これもここの持ち味と言えばそうやけど。



狛犬も野生見たいに見えます。



やっぱりなんとかした方がいいかも。
いろいろな狛犬が明日にでも紹介します。

和菓子
中村 肇
河出書房新社

↑これから暫くの間、京男の和菓子本のお知らせをさせてもらいます。説明は1月27日の記事をご覧ください。(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

Twitter→@kyo_otoko
コメント (2)

春への準備

2017年11月29日 04時14分31秒 | 風景


今週になると急に秋がなくなって来た。
観光の車で混雑していた道路が妙に空いてきている。
なんだろう?
昨日は、終日外出。



市バスやタクシーで移動していた。
タクシーの運転手さんも同じような印象だと言った。
なんだろう??
テレビでは、まだ京都の紅葉と言っているのにね。
混んでいるというのがネットで浸透したのかも。



昨日、いつものように智積院を通過した。
まだ、紅葉が見られる木もあるけど、殆どの木は終わってきた。
落ち葉が美しい。





ハクモクレンの冬芽が来春のため、毛皮に包まって冬の準備をしている。
防寒が完璧やね。
この冬芽って3枚重ねらしい。
芽が大きくなる度に毛皮のコートを脱いでいく。
最終的に春に花咲く。
面白いね。



梅の蕾もできていた。
後二ヶ月もしたら梅が咲き出すのかも。
節分が待ち遠しい京男であります。



毎年、上の写真の所で足が止まる。
電線さえ無かったらいいのに・・・。
この色合いが好きなんです。

和菓子
中村 肇
河出書房新社

↑これから暫くの間、京男の和菓子本のお知らせをさせてもらいます。説明は1月27日の記事をご覧ください。(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

Twitter→@kyo_otoko
コメント (6)

残り紅葉写真

2017年11月28日 04時20分44秒 | 風景・和菓子


今週末は、もう12月ですね。
時間だけがすごいスピードで流れて行く。
紅葉も今年はテンポが早い。
黄葉の方が少々遅れ気味かも。





社寺は、まだライトアップをやっている。
まあ、日が暮れてライトアップしたら、少々草臥れた紅葉も綺麗に見える。
飲み屋さんの女性みたいな・・・。
「夜目遠目傘の内」といいますからね。
社寺も一度やり出すと止められないのでしょう。



私は夜のライトアップはどうも苦手。
気持ち悪いですから。
幻想的と言えばそうですが、なんか好きになれない。



今年は、カラッと青空で紅葉があまりみられなかった。
秋が極端に短かったですね。
生菓子が一つ残っていたので、急遽本日の記事を作成しました。
後は、秋らしい写真は多いけど、紅葉の綺麗なものは少ないかも。
名所にあまり行けない年でした。
まあ、そういう年もあります。


↑亀屋良長「竜田川」
竜田川(たつたがわ)は、大和川水系の支流で奈良県を流れる一級河川。




↑煉切、黒糖、黒こしあん

和菓子
中村 肇
河出書房新社

↑これから暫くの間、京男の和菓子本のお知らせをさせてもらいます。説明は1月27日の記事をご覧ください。(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

Twitter→@kyo_otoko
コメント (4)

そろそろ紅葉は終わりかなぁ・・・

2017年11月27日 05時57分22秒 | 風景

↑本日の写真も永観堂の紅葉。人が多くて永観堂とわかる写真が少なかったかも。

まだ、ライトアップしている社寺はあるから紅葉はまだ楽しめるのかな?
でも気分的に今年は終わったように感じる。
なんでやろ?
気温が急に冬になったからかも。





昨日で京都国立博物館の『国宝』も終わりました。
タクシーの運転手さんが博物館の交通対応の不味さについて話してくれた。
バスやタクシーが止まったり、入場券の行列がすごかったり、実際に展示物に行くまでの行列。
また、あまりの人の遅さにゆっくり観られないなんてこともあったようです。



観光の人が横断歩道のない所を渡るのだそうです。
確かにあれは、見ていて怖い。
京都の運転マナーの悪さを理解していない。
京都人は、ハンドルを持ったら日本一マナーが悪い。
市バスも気が荒い運転手も多い。
他府県から京都市内に来られる方は、ご注意ください。
旅先で事故なんて楽しくないですからね。



道路も今年はすごかった。
京都は、太平洋戦争で空襲されていない。
昔のままの道の狭さ。
五条通は、太平洋戦争の時、強制的に道幅を広くしたそうです。
それでも今日、道は混んでいる。



そろそろ根本的に車の対策を考えないといけないだろうな。
京都市内で新しいホテルを建てようとしています。
きっとオリンピック時に観光客が流れてくることを想定しているからでしょうね。
でもオリンピックの後はどうするのかな?
なんらかの理由で外国からの観光客が来なくなったら、京都の街はゴーストタウン化するかもね。
日本の経済は、順調だと政府が言っている。でも大本栄発表時代のこともある。本当かどうかわからない。景気がいいなんて体感している人は少ないだろう。
戦争も起こらないと思っている。中東の緊張状態なんてニュースにもなってない。
これから何が起こるかわからない。


↑落ち葉を掃除されている方もおられます。

京都市内、そろそろ観光以外に何か新しい産業を考えないといけないように思う。
きっとあると思う。
観光だけで収益を得るのなら、京都市全体をテーマパーク化し、京都市民は全員アトラクション要員になるのも一つかも。ビルはつぶして町家を復活。
市民は、着物で暮らす。
警察官は、新選組か六波羅探題風の制服で巡回・・・・。
なんて妄想したりします。


↑お掃除されている職員さん、「蚊よけ匂袋」に興味をそそられた。

取りあえず、伝統工芸職人をたくさん教育し、食べていける工夫をしてみてもいいかも。
200〜300年後にまたおめおめと生まれ変わったら、どんな景色を見るのだろう?やっぱり清水寺の舞台なんかをウロウロしているのかなぁ・・・。
1000年ぐらい経ったら、猪や猿がウロウロしているだけになっているかも。

そろそろ永観堂の写真は終わりかも。
まだ、記事に登場していない写真も多くあるけど・・・。

和菓子
中村 肇
河出書房新社

↑これから暫くの間、京男の和菓子本のお知らせをさせてもらいます。説明は1月27日の記事をご覧ください。(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

Twitter→@kyo_otoko
コメント (2)

落ち葉が綺麗と思える国

2017年11月26日 05時24分07秒 | 風景・和菓子

↑本日の写真も永観堂境内

紅葉や落ち葉が綺麗に見える国って不思議かもしれませんね。
他の国で落ち葉や紅葉で観光客でいっぱいになるなんてないかも。
特に京都の名門?紅葉は、群を抜いている。
これが他国なら夜にペンキを吹きかけたりするのかも。
もっとも近年、ライトアップという演出で貧弱な紅葉を補う傾向がある。





日本に住むわれわれのDNAに紅葉を愛でる遺伝子があるのかも。
それが千年以上続くと遺伝子として定着するのかもしれない。
土地にもそういうパワーのようなものがある。
四季があり、生命を育む豊かな土地。



ところが最近、それが崩れてきている。
日本語という特殊な言語をまともに話せない子供たちがでてきた。
食べ物も随分おかしなものがたくさんでてきた。
テレビなどを観るとゾッとしてきた。
肉食、残飯料理、味が化学的なもの、歩きながら飲んだり・食べたりする。
アメリカだってまともな人はそんなことをしないと思う。



自分だけ良ければいい。
お金がすべて。
いまだけ楽しかったらいい。
見栄えがすべて、内容なんて二の次。
なんかゾッとする。



教育なんて「読み書きソロバン」が基本。
それに直観力を鍛え、身体も鍛える。
AIでできないことができる人間を目指すのがいいと思うな。
いまの日本のエリートは、壊れかけのAI人間やと思う。
想像力・直観力・行動力が弱い。記憶力だけ。



本気で教育するなら、まず食育からしましょう。
祖父母・両親・子供、共に食育すべし。
それに予算を出す。
ミサイルや戦闘機を買っている場合じゃない。
国が滅びかけているのに・・・。



しっかり教育したら、いまのリーダー達が存続できなくなるか。
だから本気でやらないか。


↑亀屋良長「山装う」

食に関して言うなら、テレビの番組をなんとかしないといけない。
お行儀の悪い、バカなタラントや芸人たちが「うまぁ〜い」「やばぁ〜い」はないだろう。
それを観た、バカ親や子供がマネをする。
言葉使いの悪い人は、テレビに出さないことやね。
英語を話せる前に、日本語がちゃんと話せるようにした方がいい。
外国語は、きっと自動翻訳機ができると思う。だから喋ることに時間を割く必要はない。
「何を、どのように、相手に伝えるか」の訓練をした方がいいですね。


↑きんとん、粒栗、いちじく

フト、我に返る。
何を書いたいるんだろう?
訳がわかりません。
折角ここまで書いたから、アップしておきます。
すんまへんなぁ・・・。

和菓子
中村 肇
河出書房新社

↑これから暫くの間、京男の和菓子本のお知らせをさせてもらいます。説明は1月27日の記事をご覧ください。(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

Twitter→@kyo_otoko
コメント (2)

「風呂屋」と「湯屋」

2017年11月25日 04時41分57秒 | 社寺・和菓子

↑紅葉ばかりで、ちょっと飽きたので、本日は違う景色

銭湯のはじまりは、鎌倉時代だったそうです。
しかも、場所がお寺で番台は僧侶だった。
日本人は、お風呂が好きな民族。
現在でも平均30分、多い人は1時間以上湯船に浸かっている人がいるそうです。
そういえば、私の親戚なんか、風呂が好きで風呂で死んでいました。
友人でも2人ほど亡くなった。
お風呂の事故が結構多いので、気を付けましょう。
特に冬場は注意しましょう。


↑永観堂「浴室」温室

われわれ同様の一般庶民がお風呂に入るようになったのは、江戸時代かららしい。
でも入浴施設の始まりは、仏教伝来と同時ぐらいだった。
僧侶が御仏に仕えるために身を清めるというような意味合いだったそうです。
それが鎌倉時代になり、お寺の浴堂を一般に開放していたらしい。
最初は、慈悲の精神で行われた。でも荘園制度が崩壊し年貢の徴収が難しくなると、現金が必要になり、沐浴料を徴収したらしい。これが銭湯の始まり。



お風呂の用意が出来たことを知らすのが、なぜか法螺貝を吹いたらしい。するとそれを聞きつけた人々が続々と寺に来たのだそうです。





室町時代になると民間の施設ができたらしい。
この入浴施設は、「風呂屋」と「湯屋」の二種類あった。
「風呂」というのが本日の写真のモノです。いまでいうサウナです。
「湯屋」は、いまのお風呂と形式、お湯を湯船にはり、人がそこに浸かるという形式。
この「風呂屋」も「湯屋」も上方が流行の発祥地だった。
それが江戸時代になり、江戸にも広がっていった。



上方の金持ちは、家に風呂を作った。江戸は金持ちでも風呂屋に行ったそうです。
江戸は、空っ風が吹く空気の乾燥した町だった。だから金持ちと言えども火事を恐れていたのだそうです。
だから、江戸の風呂屋は、貴賤の差が関係なく湯船につかったそうです。これは面白いことですね。
もちろん、男女混浴という状態もあったそうです。
こんな国ってちょっと珍しいかも。


↑千本玉寿軒「木守り」
木守り(きもり)/来年もよく実りますようにとお願いをするおまじないで、木のてっぺんに残しておくのです。天地自然のすべてのものに感謝。
また、何もかも私たち人間が奪い取って食べてしまうのではなくて、これから食べ物の少なくなる冬に、きっと苦労するに違いない野山の鳥たちに残しておいてやろうという心づかい。日本の社会は、本来このような精神がありました。昨今は、どうでしょう?金の為、自分の為、採り尽くすという卑しい精神の人や組織が多いのではないでしょうか。


↑上用、白あん、アンポ柿

和菓子
中村 肇
河出書房新社

↑これから暫くの間、京男の和菓子本のお知らせをさせてもらいます。説明は1月27日の記事をご覧ください。(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

Twitter→@kyo_otoko
コメント (2)

紅葉の錦

2017年11月24日 05時35分23秒 | 風景・和菓子


昨日は、京都市内のどこの紅葉スポットもすごい人だったでしょうね。
ライトアップもあるから、夜遅くまで交通停滞だったかも。
私は、1日中引き籠もり。
下手に外出すると家に帰れなくなります。



さて、本日の写真は、永観堂です。
永観堂の紅葉は色が綺麗。
本日の写真、撮影時は曇っていたからこんな感じになりました。
でも、これはこれでいいかも。



如何にも「SONYのDSC-RX1Rで撮りました」というような色合い。
まあ、それが好きだから使っているのですが。
このカメラは、ズームできないので昔のカメラのような心構えが必要です。
そういうのもいいことかもしれません。



紅葉がかわいいでしょ。
生菓子に通じるモノがあります。
ライトアップもしていますが、幻想的になるのでしょうね。
私は、夜に社寺に行くのは苦手。
「夜にお寺に行ってはいけない」と言われて育っているからかな。
最近の世代は、そんなことは言われていないので関係ないのかも。



こうやってファインダーを使って撮影する感じがちょっといいかも。
野外で液晶画面でピントがとても見にくいのです。
今回は、セミオートでピントを確認しながら撮影した。
こういう撮り方って懐かしい。
背面の液晶を指で触れ、シャッターが切れる機能もいいかも・・・。
あれちょっと憧れなんです。
それと一眼タイプのカメラもちょっと憧れ。



眼鏡を撮影用の遠近レンズに調整したらどうやろ・・・。
背面液晶画面は、見にくいですね。
カメラの重さも気になる。
殆どの観光している人のようにスマホで撮影がいいのな。
でもスマホで全部撮影は、ちょっと厳しい。



この日は、兄貴分(DSC-RX1R)と弟分(DSC-RX100M3)に2台体制だった。
比べるとやっぱり兄貴分の絵が色っぽい。


↑本家玉壽軒「高雄の色」
高雄は、嵐山方面の紅葉の名所。特に神護寺が有名。でも私は行ったことがない。

なんの話をしているんだ。
ここ永観堂っていつから有名になったんだろう?
私が高校の時、廊下から永観堂が見えていたのです。
高校2年の時、校舎の2階だった。
だから見ていない訳がない。
南禅寺だって、当時運動場が山科にあって、学校のバスで移動するのです。
その時、必ず南禅寺の境内を通っていた。
全然、紅葉の記憶がないのです。


↑こなし、黒こしあん

南禅寺の紅葉だって比較的最近有名になったのかも。
永観堂だって、そうでもなかったかも。
真如堂もくろ谷(金戒光明寺)も吉田神社の境内も、幼稚園や小学校の時の遊び場所でした。
でも紅葉の記憶はないのです。
いつから有名になったんだろう?

和菓子
中村 肇
河出書房新社

↑これから暫くの間、京男の和菓子本のお知らせをさせてもらいます。説明は1月27日の記事をご覧ください。(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

Twitter→@kyo_otoko
コメント (2)

紅葉盛り、人盛り

2017年11月23日 07時09分26秒 | 風景・和菓子

↑永観堂。ここの紅葉の色は、鮮やかなんです。

京都の紅葉、今年は早いテンポで進んでいる。
急に気温が冷えたからかな?
テレビや新聞でも盛んに「京都の紅葉」と紹介して煽っている。
中高年層は、まだテレビや新聞を情報源にしているので、中高年のおばさんたちがドッと有名紅葉スポットに押しかけている。
きっと紅葉に自分を見出しているんだろうな。



国立博物館の「国宝」も異様に盛り上がっている。
これもテレビの効果でしょうね。
中高年の方々が多い。
「国宝」なんて国民に無料で見せてくれたらいいのにね。
それにしても、あの行列はすごい。


↑拝観券を買うところは奥の方にあります。

本日の写真は、永観堂です。
ここは、絶対的に有名スポット。
観光バス用の駐車場もあるから団体が結構来ているようです。
もちろん、外国人観光客も多い。
私にとって不思議なんですが、皆さん自撮りをしている。
綺麗な紅葉と醜い顔・・・そのコントラストがいいのかもね。
それとも遺影用に撮影しているのかも。


↑価格に感心しました。

こんなたくさんの観光客が現金で拝観料!
すごいなぁ・・・。
一年の稼ぎをこのシーズンで稼ぐんだろうな。


↑多宝塔を拡大すると人が群がっていました。

この人の多さに入るのをためらった。
まともに撮影できない。
しっかり晴れていなかったしね。
結局、入ったけど。
靴を抜いてあがる所はパスしました。
その写真は、次回のお楽しみ。


↑二條若狭屋「もみじ狩り」


↑羊羹製、栗あん

和菓子
中村 肇
河出書房新社

↑これから暫くの間、京男の和菓子本のお知らせをさせてもらいます。説明は1月27日の記事をご覧ください。(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

Twitter→@kyo_otoko
コメント (4)

京都の紅葉は、大道具・小道具で得してる

2017年11月22日 05時33分27秒 | 風景・和菓子

↑蹴上トンネル

今週は、京都市内の紅葉の名所が見事になっている。
昨日は普通の日だったのに、車がどこも混んでいた。
自分の家に帰るのに苦労した。
いつもなら夕方に荷物を受け取りに来てくれる宅急便の人も夜の遅い時間に来た。
このあたりまで来るのが大変らしい。
きっとテレビや新聞が煽っているんだろうな。





私の住む所は、清水寺・東福寺・高台寺・博物館「国宝」の影響をうけます。
夜間のライトアップもあるしね。
自分の家に帰るルートを考えないとタクシー代が倍くらいになるのです。
昨日の夕方から夜にかけての交通停滞はなんだったのか?
23日からまた休みが続く・・・。
年々酷くなっていますね。



本日の紅葉は、南禅寺です。
天気はよかったけど、人が多くてちゃんとした撮影ができません。
紅葉の色合いは、まあまあの色かな。
高校時代、南禅寺や永観堂の紅葉を見ていた筈だけど、憶えてないな・・・。
若い時って紅葉を見ても「綺麗!」なんて思わないのかも。
桜だってそうです。



最近、紅葉を見たら「来年は、観られるかなぁ・・・」なんて思います。
父親ならもっと思っているだろう。



いい状態の紅葉をしっかり記憶に留めておきましょう。


↑嘯月「梢の錦」


↑こなし、こしあん

和菓子
中村 肇
河出書房新社

↑これから暫くの間、京男の和菓子本のお知らせをさせてもらいます。説明は1月27日の記事をご覧ください。(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

Twitter→@kyo_otoko
コメント (4)

近所紅葉

2017年11月21日 06時40分40秒 | 社寺・和菓子

↑智積院境内

今週は、京都市内の紅葉は見頃になっているでしょう。
ただ、天気があまりよくないかも。
紅葉は、晴れていないと映えない。
となると今日の昼ぐらいがベストになるのかな?
そうか24日の午後。
ベストの光の状態なんて考えると難しい。
欲を出すとだめなのかも。
何も考えずにフラット行くといい風景にであえるのかも。



用事で出掛けようとして、タクシーを呼ぼうとしても「手配できません」とか「何時になるかわかりません」なんて言われます。
市バスに乗ろうとしても、私が乗る東大路通を走るモノは、観光客でいっぱいで乗ろうという気が起こらない。
ちょっとウンザリしていますね。



1



紅葉の名所なんかに行くと人でいっぱい。
博物館の「国宝」もすごい人です。
芸術・文化の秋、紅葉の秋ですが・・・どうも人ゴミはいややなぁ・・・。



いつも外出の時に通る智積院は比較的静か。
紅葉の名所じゃないけど、ゆっくりできます。
写真の腕はともかく、そこそこ綺麗でしょ。
こんなもので十分かも。


↑嘯月「錦繍」


↑きんとん、粒あん

まあ、先週、有名な所はちょっとだけ写真を撮りました。
明日以降少しづつ記事にしていきます。

和菓子
中村 肇
河出書房新社

↑これから暫くの間、京男の和菓子本のお知らせをさせてもらいます。説明は1月27日の記事をご覧ください。(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

Twitter→@kyo_otoko
コメント (2)

寒いと、こういうのが美味しい

2017年11月20日 05時28分57秒 | 
昨日は風が冷たかった。
外出したくなかったけど、実家に行かないといけない。
いつもなら市バスに乗って行くところだけど、今週と来週は市バスも道路・・・特に東大路通は、だめなんです。
なぜ?紅葉の影響です。テレビでもやっているでしょ。「東福寺の紅葉が見頃」とかね。絵的に紅葉が密集している所を撮影し、見頃だと言っている。ウソですよ。ちょっとさぴいて聞かないといけません。
しかも東福寺なんか行ったら、いつもの臥雲橋や通天橋は満員状態で立ち止まって写真を撮ってはいけないのです。だから一番撮りたい紅葉風景は撮れませんよ。



清水寺だって、いま本堂が工事中だからさほど綺麗な写真は撮れない。
南禅寺や永観堂は、人が多くて絵にならない。
どこも騒々しい状態。
どこか良い場所があるのかな?
あるんはあるけど、書いてはいけないのでかきません。
いけずやね。


↑永正亭「たぬきうどん」京男発註

さて実家に行く前に腹ごしらえ。
早めの昼食と食べる。
昨日は久々の永正亭。
ここも最近テレビ等で有名になって来ているので混む危険がある。
でもなんとか座れた。
ここは、我が家の御用達。
子供たちを連れてよくきました。


↑寒い日はこういうのが一番

食べたメニューは、たぬきうどん、のっぺいうどん、そして木の葉丼(小)を注文。実に京都らしいうどんと丼。
京都人は、普通、カツ丼とか海鮮丼、牛丼を食べないのです。
基本は、おがげさんや椎茸が主流。
昔の京都は底冷えだったので、あんかけ系+おろし生姜が多い。うどんはもちろんこしのないタイプ。最近流行りの讃岐うどん系は食べません。ぶっかけなんてのも食べない。
あんかけ系の場合、さぬきうどんは合いませんね。


↑「木の葉丼(小)」京男&京女

いま、京都でよく食べられている料理は、全然京都らしくないものが多い。
肉といえば「かしわ」つまり鶏。上等の場合は「鴨」です。
卵とじは結構ある。
「けいらんうどん」なんてものは、京都らしい。
卵を溶いて、あんかけにしたものです。
寒い京都には、最高の贅沢。
あと大活躍する食材は、おあげさんです。


↑「のっぺいうどん」京女発註

ラーメンというのはどうやろ。
こってりしたラーメンも京都らしいのかな?
私は、ラーメンを食べないのでようわかりません。


↑のっぺいうどんの入っているモノを京女が見えるようにしてくれた。

観光にこられた時、こういう京都らしいうどんや丼を食べるといいですよ。
この土地でしか食べられないしね。
牛丼や牛カツサンドなんて、どの地方でも食べられます。
抹茶のスイーツ?そんなモン京都人は食べません。
薄茶とちゃんとした生菓子の方がいいと思います。
並んで、抹茶パフェとかティラミスなんて、抹茶をしらないお人の食べ物。
本当の抹茶の美味しさは、加工用の抹茶ではわからないのです。

とぎれとぎれで書いたのでまとまりの悪い内容やね。
すんませんなぁ・・・。

和菓子
中村 肇
河出書房新社

↑これから暫くの間、京男の和菓子本のお知らせをさせてもらいます。説明は1月27日の記事をご覧ください。(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

Twitter→@kyo_otoko
コメント (4)

菊花

2017年11月19日 06時42分43秒 | 風景・和菓子

↑西本願寺の国宝・飛雲閣にある鐘楼。



菊が鑑賞できるギリギリの季節になってきました。
京都各地で菊花の展覧会が開催されています。
菊をここまで育てる努力は素晴らしい。
私には、絶対できない。



重陽の節句(9月9日)の季節は、夏真っ盛りで菊を鑑賞しようにも特別に栽培しないと咲いていない。
いまぐらいになると菊を楽しもうという気持ちになる。





菊花の香りは、邪気を祓うそうです。
だから葬式の時は菊なのか・・・。
母親の葬式の時は、私の閃きで赤い薔薇を注文した。
祭壇に赤い薔薇。
いかにも母親らしい。
それを棺桶の中にいっぱい入れてやりました。
さぞや満足したでしょう。
でも邪気につれていかれたかも・・・。
というのも、葬式以来音信不通なんです。
なんちゃって。(笑)



この菊の花、漢方的に効能があるそうです。
中国の生薬として、日本では漢方として利用される。
めまい、眼の疲れ、解毒、消炎、鎮静作用、高血圧などに良いとされる。
心当たりの人はいませんか?
だからと言って、葬式の時、菊の花を食べてはいけません。
農薬がかかっていますからね。



中国では、プーアル茶や緑茶なんかにブレンドして飲んでいます。
また菊花酒として楽しんでいるそうです。


↑嘯月「春日野」


↑上用、こしあん

和菓子
中村 肇
河出書房新社

↑これから暫くの間、京男の和菓子本のお知らせをさせてもらいます。説明は1月27日の記事をご覧ください。(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

Twitter→@kyo_otoko
コメント (2)

歩きました

2017年11月18日 07時10分34秒 | 風景
昨日は、午前中宅急便を出さないと外出できなかった。
宅急便のお兄さんに電話をすると急いで来てくれた。
頼んでみるものですね。


↑アマゾン「ヘレカツサンド」

早く終わったので外出。
歯科医院に行きたかった。
この間の工事部分の微調整。
舌が触る部分がまだキザギザしているのが気になっていた。
この段階が大切なんでしょうね。
これがうまく行ってないと舌癌になる。


↑きっとこの後、歩くためのエネルギー源

歯科医院で雑談をする。
有益な生の情報は貴重です。
それが終わってから、今度は散髪に行く。
誰も見ていないのはわかるけど、自分で気になるのです。
私自身の志気の問題。
また散髪屋さんで雑談。
いつからしゃべりになったんだろう?
ひょっとして「喋ったっきり老人」になっているんだろうか?



散髪が終了し、ランチへ。
ランチは、アマゾンねっ!
アマゾンと言っても通販ではない。
サンドイッチと珈琲が美味しい喫茶店。
名前は、通販のアマゾンよりずっと昔からあります。
昨日は、とても混んでいた。きっと博物館の「国宝」の影響でしょうね。

ランチの後、いったん家に帰ろうかと思ったけど、微妙に時間がない。
夕方に造形芸大に行かないと行けなかったのです。
ええいままよと写真を撮りに行く事に決めた。



この後、京阪電車に乗り七条駅から三条京阪移動、三条から東西線に乗り「蹴上」駅まで移動。
蹴上から南禅寺〜永観堂〜哲学の道〜銀閣寺〜京都造形芸大まで歩く。
銀閣寺が山だったのは計算外だった。
階段の登り降りが予想以上に多かった。
永観堂は、光の状態がよくなさそうだったので、中に入らなかった。



昨日は、最近の私としては多い11キロぐらい、歩数で換算すると15,000歩。
股関節が鈍く痛み出して来た。
これぐらいが限界なのかも。

これで当分写真のネタに困らなくなりました。

和菓子
中村 肇
河出書房新社

↑これから暫くの間、京男の和菓子本のお知らせをさせてもらいます。説明は1月27日の記事をご覧ください。(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

Twitter→@kyo_otoko
コメント (4)

神様より粟餅

2017年11月17日 05時14分07秒 | 甘味・喫茶・その他

↑北野天満宮本殿。こういう角度で見るのははじめてでした。



北野天満宮って久しぶりに行ったかもしれない。
随分境内が変わってしまっているのにびっくりした。
いままでなかった建物が建っていたり、御土居の所が紅葉の名所になっている。
菅原さんは、紅葉も好きやったし・・・。
梅の時以外は特に見るものもなかったのにね。


↑なぜか気になったカット


↑入場券のお菓子。中身を撮るのを忘れました。

御土居の所がウネウネと登り降りさせられて、高齢者や杖を使っている人間には不親切なつくりになっていました。
梅の時のように入場券に茶店でお茶が飲めるようになっています。
茶店から梅苑が見えるだけなので、いまの時期は殺風景でした。
お茶は、ポットに入ったお茶飲み放題。


↑粟餅所・澤屋

出ようとしたらアートスペースみたいなところに入った。
そこま別の料金みたいでした。
結局、元の道を戻りました。
目的は、神社でなく粟餅だったので、本殿をパスして粟餅所・澤屋 (あわもちどころ・さわや) へ。


↑粟餅



粟餅は、昔のままでした。
ちょっとホッとしました。
お持ち帰りもできるけど、店で出来たてを食べるのが美味しいですね。
一度父親をつれて行ってやりたいな。
ここで粟餅を食べさせて、両親が結婚を反対され、駆け落ちして北野天満宮の近くのアパートに住んでいた。私が誕生し、結婚を求められたらしいのです。その話を聞き出さなくてはいけません。
駆け落ちして住んだのが、実家の近くなのがいかにも両親らしい。
なんで反対されたのかな?
父親と母親は、幼なじみなんです。
きっと父親が憧れたのかもね。

和菓子
中村 肇
河出書房新社

↑これから暫くの間、京男の和菓子本のお知らせをさせてもらいます。説明は1月27日の記事をご覧ください。(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

Twitter→@kyo_otoko
コメント (2)

あれっ!どうしたん?

2017年11月16日 05時02分37秒 | 社寺・和菓子


最近、よく五条大宮方面によく行く。
いつもは、バスで四条方面や京都駅方面にいきます。
そろそろ西本願寺の銀杏の黄葉の季節と思いました。
他の場所の銀杏は黄葉が始まっているしね。



天気もよく、暑くもなかったので歩いて行った。
歩くには、良い季節になった。
思い切りスピードをだしても汗だらけになることはない。
嬉しいな・・・。



いつものように大宮通から堀川通に抜ける道を歩き、西本願寺の北入り口から入り、銀杏の所に行った。
その時の写真が一番上の写真。
なんかダイエットに失敗したような雰囲気になっていたのです。


↑台風21号で枝が6本折れたそうです。

まだ黄葉は進んでいなかった。
まだんだ・・・と思いながら回りを歩いた。
四枚目の写真の角度で見た時、ショックだった。
「あれっ!どうしたん?」と叫んだ。
酷い状態になっている。
病害虫にやられたのかな?
調べてみたら台風21号の被害でこんなになったそうです。
知らなかった。
この銀杏、推定樹齢が200年らしい。
これから立ち直るのは、どれぐらいかかるのか。
※参考/昨年の状態(2016年11月9日)は、このような状態でした。


↑樹齢400年の「水吹き銀杏」




↑この銀杏は例年通り

「水吹き銀杏」の方も心なしか、葉がすくないように見える。
上の銀杏のような太い枝は折れなかったけど、多少被害があったのかもしれないですね。
新聞をとってないから、こういう事件は見落としてしまったのかも。
ショックでした。


↑京都鶴屋鶴壽庵「落葉」

太平洋の海水温が上昇し、台風も大型化の傾向がある。
人間の意向と関係なく、地球が大きく動き出して来ているのかもしれない。
人間は、ちょっと遠慮をして生きた方がいいのかも。



この大銀杏を見てそう思いました。
それと京都の紅葉ですが、紅葉の葉が汚いのです。色が鮮やかでない。だからなのかライトアップがやたら多い。きっと水商売のお姉さん状態。化粧をして夜のライトの下で見ると綺麗だけど、昼間会うと別人。そのような状態にダンダンなってきている。ライトアップで木が弱ってきているのでしょうね。


↑こなし、白こしあん

最近の京都の社寺、チャラチャラしている。観光客が来るから嬉しいのかな。でも社寺は儲かっていないでしょうね。京都市の観光による歳入ってそんなに多いんだろうか。多いのなら迷惑をかけている市民から市民税を高く取るのはいけないと思う。
チャラチャラして拝観料を取っている社寺から10%ぐらい徴収すればいい。
人の心を救う活動をしたはるなら、税金はとったらあかんと思うけどね。見世物には、税金を取りましょう。営業収入なんだから。

和菓子
中村 肇
河出書房新社

↑これから暫くの間、京男の和菓子本のお知らせをさせてもらいます。説明は1月27日の記事をご覧ください。(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

Twitter→@kyo_otoko
コメント (2)