京男雑記帳

洛中で生まれ育った京男が地元視点で見た日常風景や話を雑記的に掲載

木の葉丼ときつね丼

2021年06月14日 01時52分14秒 | 
昨日も夫婦で私の実家へ。
その前に買い物。
文房具を父のためにそろえる。


↑一休庵「おぼろ定食」おぼろ昆布そば、ミニきつね丼

京都大丸にも行った。
一応全館オープンしていたけど一部は閉店している。
食堂なんかもそうだ。
営業するならしっかりしてもいいように思う。
客があまり行きそうにない部分が閉店も変ですね。


↑おぼろ昆布そば


↑ミニきつね丼

食事をしようとしたら以外と閉店しているお店が多い。
ラーメンや天ぷら屋が開いていた。でも食べたくない。
仕方なく本日の写真のようなモノを食べた。
京都人ですね。讃岐系はあまり好き出ない。
やっぱり写真のようなモノがいい。


↑木の葉丼と小そば付き

食事が終わり、大丸の地下で父親用の食べ物、仏壇用の飾りの菓子なんかを買った。
そして実家へ。
昨日は、京男Jr.1夫妻が父親の見舞いに来てくれた。
父親はきっと嬉しかっただろうな。


↑木の葉丼


↑小そば(温)

半日ガヤガヤとお喋りをしていた。
そうやって刺激があるのは父親にとってプラスになったと思う。
ちょっとありがたちと思った。

和菓子
クリエーター情報なし
河出書房新社

↑京男の和菓子本が新装版になりました。初版を出版した2013年1月26日時の記事新装版が出版した2018年1月19日の記事をご覧ください。
(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)000(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

Twitter→@kyo_otoko
コメント (4)

冷汁

2021年06月11日 02時43分33秒 | 

↑クチナシの花、この香りが好き

昨日もやっぱり実家。
その前にヨドバシカメラへ。
先日のカギ事件の再発防止の仕掛けを作るためなんです。



小さなポシェットにカギを伸びるリード?に付け、手を離してもカギが絶対に落ちないようにする。施錠する時には、ポシェットから伸びるのです。
iPhoneもピッタリ入り、AirPods Proのケースを肩紐に固定。
赤い手帳もキッチリ入る。


↑和くら「冷汁定食」宮崎県の郷土料理らしい。

ポシェットを外して忘れたらだめですけど・・・。
大きな医療用缶も購入、血圧計、体温計、注射キットその他をシンプルに入れて置く。


↑冷汁

次に朝一番は、カルピスの飲物を飲んでいいことにした。
朝一番は、水分と糖分摂取がボーッとした状態を改善するらしい。
脳に糖分は必要みたいです。
糖尿病ではありますが、透析となった時点であまり糖質制限はしない方がいいのかも。もちろん、朝一番だけです。
飲むと父親がシャキッとしたのです。
これは有効かも。


↑アジの開き

本日は、机の上を改造します。
イスが高いので(座椅子では立ち上がりが難しいのと転けるリスクがあった)掘り炬燵の机の高さが低いのです。机の上に机を置きます。
明日家具が到着します。組み立てセッティング。


↑鶏天

ベッドに居ながら音楽と朗読が快適に聴ける仕組みも明日実行します。
薬を飲む仕組みも、看護師さんとやります。
そうそう明日は風呂に入る日です。
我々が居る時しか風呂は入らないということになっています。
発熱が続いたからお風呂に入りたいだろう。
本当は発熱の時にお風呂がいいと思うけど・・・。


↑アジの干物の身を入れ、御飯に冷汁をかけて食べると美味しいらしい。

熱が出来るなんて素晴しいことなんです。
高齢になると肺炎になっても発熱し難いですからね。
元気な証拠だ。
前向きに考えましょう!

和菓子
クリエーター情報なし
河出書房新社

↑京男の和菓子本が新装版になりました。初版を出版した2013年1月26日時の記事新装版が出版した2018年1月19日の記事をご覧ください。
(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)000(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

Twitter→@kyo_otoko
コメント (4)

もう夏の陽気だ

2021年06月08日 05時01分43秒 | 
昨日の昼から気温がドンドン上がり31度を超えたと思う。
心配なのは、透析生活をすることになった父親です。
熱中症対応が難しそう。


↑こんな写真しかありません。ランチの写真。和くら「豚肩ロースの生姜焼き定食」

室温設定をしっかりしないといけません。
やれるかな?
高齢になるとあまり暑さを感じないようなのです。
温度計や湿度計は、目に付く所に置いてはいますが・・・見るかなぁ。



室温は、モニタのカメラで室温が出るのです。
クーラーが動いているかもカメラでわかります。


↑「鶏天と野菜の黒酢あんかけ定食」

問題は、水分補給かも。
普通なら塩分を摂ったりします。でも透析をしている人は取り過ぎは危険。
水分だって摂り過ぎはだめなんです。水分を摂り過ぎると心不全や肺鬱血になる・・・。
スポーツドリンクもあまり推奨できない。


↑父親、こんなのも食べられないんだろうかぁ・・・。

水分は氷のカケラを少しずつ食べるのがいいらしい。
ゴクゴクは命取りになる。
難しいですね。


↑一昨日タクシーに乗ったら「おめでとうございます」とこんなカードをもらった。

まあ、屋外でウロウロはしないから大丈夫だとは思う。
でも夜中に熱くなったら・・・。
心配してもどうしようもないのですがけど。


↑最初、なんのことかわからなかった。乗車料金がタダになる方がうれしいかも・・・。夢がないなぁ・・・。

透析のクリニックに聞かないといけないですね。
寒さは感じるけど、暑さは感じ難いだろうしね。
夏・・・早く終わらないかなぁ・・・。

和菓子
クリエーター情報なし
河出書房新社

↑京男の和菓子本が新装版になりました。初版を出版した2013年1月26日時の記事新装版が出版した2018年1月19日の記事をご覧ください。
(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)000(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

Twitter→@kyo_otoko
コメント (4)

徐々に

2021年06月07日 04時50分58秒 | 
昨日も実家行きだった。
家具の配置を使い易くしている。
座椅子も低い状態のモノは危険なので、背の高いイスタイプに交換。
それに伴い、掘り炬燵の天板の上に机を乗せることにする。
我が家も昔ながらの円い卓袱台なんですが、人工の股関節になってからあぐらがかけないので、イスで座っています。でも卓袱台を低いので食事の時は、箱膳を卓袱台に載せその上で食事なんです。
同じ感覚で父親も生活してもらおうと規格。
きっと使い易くなる。


↑永正亭「田舎そば(温)」京女

掘り炬燵なんですが、よく物を落とすので簀の子を絨毯で塞いだ。
これで大丈夫。冬には外したらいい。


↑「カレー丼」京男・京女、半分こ

実家に行く前に百貨店に行く。
パジャマをプレゼントするため。
パジャマでなくジャージで寝ていた。
寝る時に良いパジャマがあれば着替えるだろう。
入院しているとパジャマで一日中暮らす生活だったのです。
入院の感覚から日常の感覚を取り戻すために、高級なパジャマを設定。
高級なパジャマなら着たくなるだろう。
でもその高級でもパジャマはパジャマ。そのまま生活させない方がいい。



テレビもクダラナイ番組しかやってないけど、無音状態はいけない。
できるだけつけて置くように指導。
新聞は、目も悪くなったから廃止。
番組は月刊誌のテレビ番組で知ればいい。
本当はネットでわかるのですが・・・・父は無理。


↑「衣笠うどん(小)」京男

それからiPhoneとAppleWatchの復習。
目覚まし音をAppleWatchで消したり。電話を受けたり、電話をかけたりの復習。
音楽と朗読を聴く方法も復習。
すこしずつ憶えてきているようです。


↑これは京都らしいおうどんかも。

まあ、まだ一週間なのでボーッとすることも多い。
すこしずつ戻していきます。
透析患者の熱中症対応は難しいですね。
空調の管理をしっかりしないと・・・。
まあ、室温は、私のカメラで見に行くと室温が出ます。それとクーラーが動作しているかチェックできます。


↑やっぱり讃岐うどんより京うどんの方がいいなぁ・・・。

本当は、スマホで空調のコントロールもできると思いますが、クーラーを買い換えないといけなくなります。それはちょっとねぇ・・・・。

昨日は、父親お風呂にゆっくり入ったから気持ち良かったと思う。
パジャマも新だし・・・よく寝られることでしょう。

和菓子
クリエーター情報なし
河出書房新社

↑京男の和菓子本が新装版になりました。初版を出版した2013年1月26日時の記事新装版が出版した2018年1月19日の記事をご覧ください。
(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)000(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

Twitter→@kyo_otoko
コメント (4)

介護の日々

2021年06月04日 04時05分57秒 | 
今日は、もう金曜日になってしもた。
先週の土曜日、父親が退院し、家に帰った。
病院に二ヶ月入院していたのです。
96歳で二ヶ月入院するとかなりボケます。
いまだによくわかっていない。


↑エスタージマハルエベレスト 下鴨店「キーマカレーライスセット」

自分の身体の状態もよく理解していない。
でも週三回透析することになった。
やり出すと止められない。
病院のスタッフに、もし台風で京都市内に警報が出ても透析は休めないのです。
大地震になったらどうなるだろう?
透析をしないと体外に有害物質を排出できないのです。つまり尿毒症という状態になる。人間の腎臓ってすごい仕事をしていますね。


↑こういう場合、辛さは「激辛」を指定します。でも大したことない。

結構特別な公的手続きも必要で、区役所によく行きます。
左京区の区役所が遠い!
でも手続きをしないといけないのです。
今週、ずっと一日中走りまわっていた。
実家の掃除もしないといけない。
シンプルにしておかないと足を引っかけて転ぶリスクがあります。
車に乗るときもフラットしているのです。
食べ物も大幅に制限しないといけません。
水分も。
これから熱中症対応が大変かも。


↑サラダ

おまげに父親に最新のiPhoneを持たすのはいいのですが、電話で応答するのもおぼつかない。前の日、一日かけて説明した内容を次の日には忘れている。
三歩、歩むと忘れるという鶏のような状態・・・。
しかも、ランチを食べる時間がないのです。
今週は、ほとんど一日一食、カレーっぽいものが多い。


↑サンマルコ高島屋京都店「ハヤシライス」

もちろん写真を撮りにいったりする時間がない・・・。
ブログの内容が貧弱になってしまった。
すんませんなぁ・・・。

和菓子
クリエーター情報なし
河出書房新社

↑京男の和菓子本が新装版になりました。初版を出版した2013年1月26日時の記事新装版が出版した2018年1月19日の記事をご覧ください。
(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)000(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

Twitter→@kyo_otoko
コメント (4)

整備

2021年05月31日 05時23分22秒 | 
父親が退院してきた。
それに伴う整備が果てしなくある。
ベッドメーキングが3月のままだった。
すべて交換し、布団乾燥機で乾燥。
食べ物もほとんど始末した・・・食べられない、飲んではいけないものの多いこと。
冷蔵庫は空っぽ状態にした。


↑本日の写真は、はとや食堂。


↑京女チョイス

ネズミは3匹始末した。
私に見つかったら絶対捕まります。中学時代に齧歯類を飼育していたから性質は確実に把握しているのです。
バルサンも燻煙し、ゴキブリやダニも処理。



部屋の空気を入れ換える。
掃除機で掃除。
京女は、洗濯作業。



それから電話屋に行きiPhone SEを受け取る。
急いで実家に帰り、Appleのサポートに電話。
一から設定をしないといけません。iPhone SEとAppleWatch6の設定。
これがまた手間がかかります。
アプリもダウンロードしないといけない。
音楽系や朗読系は、できなかった。
電話連絡先なんかも少ないけど、まだだ。



で、作業する環境が実家なんです。
すごいストレスなんです。
小さい文字を読まされたりするのです。
白内障緑内障読字障害の人間にとってすごいストレス。
サポートのお兄さんやお姉さんは、そんなこと理解しませんからね。



父親は、まったく無関心。自分のことをやってもらっているのに・・・。
感謝の気持ちがないのがちょっとムッとします。
iPhone SEが使いこなせるのかな?
人にモノを教えてもらうなら謙虚に感謝しないといけません。
だから、そんな病気になるんだ・・・。それもよく理解していない。人間に生まれてくるのがちょっと早かったようです。
まあ、それがあるから私が成長したのかも。



明日は、早朝から透析のクリニックに連れて行きます。
外来の透析生活が始まります。
どうなることやら・・・。

和菓子
クリエーター情報なし
河出書房新社

↑京男の和菓子本が新装版になりました。初版を出版した2013年1月26日時の記事新装版が出版した2018年1月19日の記事をご覧ください。
(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)000(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

Twitter→@kyo_otoko
コメント (4)

普通に食べられるって幸せなことなんです

2021年05月30日 02時57分41秒 | 
昨日(2021年5月29日)、父親が退院してきた。
2ヶ月前に救急車で搬送されてから入院生活。
その間、2回ぐらいしか面会できなかったのです。
新型コロナの影響なんです。


↑ミンミン「回鍋肉ランチ」

腎臓がダメになっていて、透析をすることになった。
これから透析専門のクリニックで透析を週3回ぐらいしなければ、生きて行けないのです。
食べるもの、飲むもの、量がシビアに管理される。
父はまだ自覚がないのです。
事の重大性をあまり理解していない。


↑もちろん、こんなモノを父親は食べられません。

当初は、転院を考えていたのですが、面会も出来なくなるのが問題でした。
リモートで・・・なんて理想論が高齢者の場合通じない。
すぐにボケる可能性がありました。
だから大変なんですが、自宅に帰り、自宅から透析に通うことにしたのです。

1回4時間ぐらいの透析のため、本日iPhone SEとAppleWatch6、AirPods Proを投入し、音楽と小説の朗読を聴くという大胆なことを計画。父親は、視力が殆どだめになったので、Siriに声で指示し、色んなことが実現するようにする。
血中酸素、心電図、転けた時の非常用連絡・・・やれるだけのことをする。寝ている時のモニタも記録できるようにする。もちろん、歩数計や呼吸もチェック。
どれだけ出来るかわかりません。なにぶん高齢(96歳)なので・・・。


↑ヨドバシカメラ、和くら「とり天定食」

父親は、吉川英治の「宮本武蔵」が聴きたいらしい。私は司馬遼太郎の「峠」あたりがお勧めなんだけどなぁ・・・。私は2日間ぐらいで聴いたけど・・・どうだろ?
「峠」って来月映画が公開されますよね。観につれて行ってやるか。


↑ボリュームにビックリしました

取りあえず食べ物以外に楽しみを持って欲しい。新しいことにチャレンジして欲しい。高齢だから・・・なんて諦めない。いまは一番最高と思える人生であって欲しいと私は思う。
食べ物だけが楽しみなんてのもいいけど、もう何も食べられなくなっていることだしね。
私なら霞み食べる練習をするな。私はできますよ。



なんなら五穀断ちをして即身成仏を目指すとか・・・。
座棺に入って鈴を鳴らす・・・。
なんてことを考えるか。



皆さん、当たり前のモノが食べられることがものすごく幸せなことですよ。
これってなってみないと分からないのです。
ドクターから説明を聞くと父にこたえないで、私にこたえるのが腹が立つ。
食欲がなくなりますよ。
透析をするとオシッコが出なくなってくるのです。これも発見です。父親に「これで頻尿は解決やね」と言ってしまった。
夜中に頻尿で眼が覚めるということがない・・・なんかいいことがないとね。(笑)

なんか雑談でした。
本日は、iPhone SEを調達し、またAppleサポートに連絡して、設定をしていかないといけません。
苦闘は続きます。

和菓子
クリエーター情報なし
河出書房新社

↑京男の和菓子本が新装版になりました。初版を出版した2013年1月26日時の記事新装版が出版した2018年1月19日の記事をご覧ください。
(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)000(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

Twitter→@kyo_otoko
コメント (4)

ハンバーグって久しぶりかも

2021年05月15日 05時56分19秒 | 

↑キッチンパパ

昨日は、朝から外出だった。
久しぶりに咽頭炎っぽく、頭がズキズキしていた。いつもの奴です。
この所の寒暖で寝冷え状態になっていたかも。
冷えるから布団を重ねた。すると汗。
季節の変わり目もあるのだろう。
いつもの耳鼻科に行けば治るのです・・・で、朝から行ってみた。すると耳鼻科の先生が体調不良で当分休診。ガーン!
しかたなく自分で治すことにした。一番酷い状態は脱していましたからね。ウガイ薬もあるしね。それでなんとかなるだろう。


↑入るとお米屋さんなんですよ。もともと美味しい御飯を食べてもらうために始めたお店なんです。

次に父親にiPhoneを持たす為の作戦。
父親は、眼がほとんど見えない状態になっていて身障者手帳を発行してもらう状態になっている。しかも透析をしないと行けなくなった。
そのための様々な手続きがいるのです。
iPhoneを使って読み上げデータをダウンロードして聴けるようにしてやりたい。もちろん音楽も聴けるようにしてやりたい。もちろん連絡も自由にできるようにしたい。
AppleWatchで医療用ではないけど、血中酸素濃度や脈拍、歩数計、転倒した時の連絡なんかをしてくれるのでそれもやりたい。


↑取りあえずサラダが来ます。

まずは、京都ライトハウスに行き、ネット上の音声図書館が使えるように申請しにいった。京男は、この方法で本を聴いている。私はもう一つKindleブックをOSの読み上げ機能を使って読み上げてもらっているのです。


↑味噌汁

聴くのはワイヤレスのヘッドフォンAirPods Proを使う。
これだけやれば、週3回4時間の透析も楽しくなるかも。


↑キッチンパパ「ハンバーグ&ミスジステーキ(和風おそしソース)」

そのための第一歩で図書館からダウンロードできるようにしないとね。
もちろん、ダウンロードや設定は、私がやります。
先週末から私もiPhoneに切り替えたので、いまならわかります。
設定だけやれば、後は音声指示で行けるだろう・・・たぶん。


↑いいでしょ(笑)

京都ライトハウスで以来をし、その後、千本通を徒歩で南下。
遅めのランチは、キッチンパパへ。
久しぶりだった。


↑これが主役の御飯

その後、いろいろ撮影しながら南下。
最終的に京都駅に行き、ヨドバシカメラへ
iPhoneその他の説明を聞く。
その後、京都大丸のネイルサロンに行く。
本来なら明日、大阪で爪の手入れをする筈なんですが、大阪のお店はいま緊急事態宣言で休みなんです。それで急遽、京都で施術となった。


↑ステーキ

その後、京女と合流。
買い物をして家に帰ると日が暮れていた。


↑ハンバーグ

本来なら清水寺の続きなんですが、ちょっと飽きて来たので違う内容にしてみました。
来週、父親が退院するのです。そのための用意がやたらあるのです。
最初は、転院予定だったのですが、いまの時期、入院すると面会もさせてくれないので、自宅に帰り、自宅から透析病院に通う(といっても送り迎えはしてもらいますが)予定。見学や取り決め、食事、看護師さん、デイサービス再開なんかもしないといけない。
さてどうなるか?
やってみないとわからないことが多いのです。
来週は、記事が希薄になるかも・・・。
まあ、仕方ないのです。

和菓子
クリエーター情報なし
河出書房新社

↑京男の和菓子本が新装版になりました。初版を出版した2013年1月26日時の記事新装版が出版した2018年1月19日の記事をご覧ください。
(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)000(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

Twitter→@kyo_otoko
コメント (4)

また設定・・・

2021年05月10日 02時03分07秒 | 
また携帯電話からスマートフォンに移行しないといけなくなった。
在庫がなかったので取り寄せてもらっていた。
連絡が来たから手続きの予約をし、電話屋さんに行く。
なんか面倒です。
一応京女に同行をお願いした。
文字が読めないということもあるから。

先週の木曜日は、私の外来だった。それが終わってから父親の病院に医者の診断書が出来ていたので受け取りにいった。この手の雑用が多い。
その前に、実家に行き、コンピュータの設定をしていたのです。電話でサポートを受けた。銀行系なので失敗が許されないのです。小さい文字が読めないので苦労した。
それから父親が入院している病院へ。
新型コロナの影響で、父親には面会できないのです。なんかねぇ・・・。


↑一休庵「木の葉丼定食」

大病院で書類を受け取るのですが、支払が機械でしないといけなかった。
自分の病院では、名前で呼んでもらって現金なんだけど、そんなことができなかった。大きい病院って役所みたいだ。
やっと診断書を受け取り、次は区役所に行く。
京都市左京区役所がまた辺鄙な場所にあるのです。
雨が降りそうだったけど、市バスと徒歩で移動した。
役所でも色んな窓口をたらい回し。
終わったら3時ぐらいになっていた。



昨日は、電話だ。
新しいiPhoneの手続き・・・。
それからヨドバシカメラでAppleWatchを手に入れる。
本日の写真は、電話が終わってから京女と二人で食べてうどん屋さん。
京女は、ただ今、歯の治療中であまり食欲がないらしい。



食べてからヨドバシカメラでiPhoneのフイルムを貼ってもらった。
それからAppleWatchをプックアップ。
タクシーで家に帰ってから、Appleのサポートに電話をして、設定に付き合ってもらった。
データをiPad miniから戻しす作業なんです。
その前にOSをアップデータデートしないといけなかった。もう・・・。
それが終わってからデーアットを戻し、次にAppleWatchの設定。
終わったら日が暮れていた。


↑たぬきうどん

これを父親にやらすのは酷やな。
理想は、AppleWatchで転倒したらヘルプ・・・といってもAppleWatchが助け起こしてくれるわけではなく、助けを呼ぶらしい。
それと血中酸素濃度をモニタできる。眠りのモニタ、鼓動なんかもチェックできるらしい。それと透析するのですが、4時間の間、小説の朗読とか聴けたらいいだろうな。音楽も。でも扱えるだろうか・・・。自分で実験して、それからドクターに診せて聞く。本当はチェント音のモニターも出来たらいいのだけど。
医療ももっと機械化できたらいいのにと思う。デジタル庁ってなにをするのだろう?
そういうことをしてほしい。
入院している父親とリモートで会話もできないのです。原始的すぎると思う。



小さな液晶面で文字を見たい打ったりするのは厳しいな。
その作業はiPad miniの方でやるから問題ないとは思う。
ケースは、ガラケー用のモノが使える!
指示は、「尻ちゃん」じゃなかった「Siriちゃん」を使えばいい。理屈ではそうだ。
電話にかかってきた時はAppleWatchで誰かわかる。
書いて居る時点では、まだ復旧していない。
まあ、気長にやりましょう。

そういえば昨日は母の日だった。
コロッと忘れていた・・・。
京女も一応、母なので婿殿からお花をもらっていた。

和菓子
クリエーター情報なし
河出書房新社

↑京男の和菓子本が新装版になりました。初版を出版した2013年1月26日時の記事新装版が出版した2018年1月19日の記事をご覧ください。
(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)000(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

Twitter→@kyo_otoko
コメント (4)

アヤメ

2021年05月09日 04時23分35秒 | 


いつも通る智積院。
フト見るとアヤメが咲いていた。
目立たない所に雑草のように生えているアヤメ。
これからこの場所でたくさん咲きます。



それを観るのが楽しみなんです。
きっと向こうの方では、キショウブ(黄菖蒲)も咲いているかも。
そういう季節なんですね。
これが終わったら紫陽花の季節になっていく。
人間界は、新型コロナ騒ぎだけど、植物の世界はあまり関係ないようですね。


↑米福「天ぷら定食」990円

今年の夏はどうなるだろう?
猛暑なんだろうか?
台風はどうなるのかな?
そうそうオリンピックはどうするのか?
私なら来年まで先延ばしをするけどな。
今年は、やっても楽しくもなんともない。
オリンピックのマークぐらいから今回の東京大会はついていない。
ついてない時はやってはいけないと思う。
ツクのは人霊や地縛霊が憑くのかも。
お金が目的でやったらあかんのかも。



いつものランチの写真です。
どうも最近マンネリ気味だ。
というか食べるお店が極めて少なくなっている。
時間もないし、どうしても適当にササッと食べてしまいます。


↑純韓国料理 チャンチ「豚キムチ定食」940円、私の場合ランチは1000円で釣りが来るというのが基本なんですよ。



買い物をするために毎日百貨店に行くことが多い。
百貨店の地階もだんだん荒んできているように感じます。
志気が極めて低いですね。
売り場の人達もストレスがいっぱいみたいですね。
声もしっかり出ていないしね。
「コロナ疲れ」が出て来ているかも。
こうなったらワクチンしか方法がないのかも。
そのワクチンだっていつになったらみんなに行き渡ることやら。
段取りが悪い役人達ですね。
非常時という意識が全く無いのには驚く。

和菓子
クリエーター情報なし
河出書房新社

↑京男の和菓子本が新装版になりました。初版を出版した2013年1月26日時の記事新装版が出版した2018年1月19日の記事をご覧ください。
(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)000(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

Twitter→@kyo_otoko
コメント (6)

溝桜

2021年04月20日 03時07分59秒 | 


昨日は、半年に一度の歯科検診。
歯や歯茎をチェックし、何も無ければ歯石を取り、磨いてもらう。
歯と歯茎の間を測られます、オール2mmなんだそうです。
歯茎もピンクで腫れていない。
虫歯も新たに発生していない。



そうそう前回の時は、歯がすり減ってきて角が出て、口内を傷付けるので少し角を丸くしてもらった。今回は、それはなし。
我が父親のように総入れ歯になるようなことにならないようです。
歯なんか一日一回10秒ぐらいしか磨いてないけど・・・。
ドクターがおしゃるには「唾液の成分が安定しているから」らしい。



でも歯並びは、悪くなりました。
痙攣で舌を噛み、死にかけた時、顎関節も骨折していた。
結局、顎関節は自然にくっついて治った。
一時は、人工顎関節・・・という話しもありました。
その時、歯並びが悪くなった。これでけで済んだのですから文句はいえません。
でもそれなりに、口の中の健康を保てています。
でも年に二回は、検診に行くようにしている。
歯は大切ですからね。



家を出て歩いていると溝に桜の花が散って綺麗なピンクだった。
これで今年の桜もお終いかも。



それにかわって新緑が綺麗ですね。
歯科検診の後、京都御所を少々歩きました。
新緑が綺麗でした。


↑白扇「サービスランチ」

昨日のランチは、洋食。
白扇のサービスランチ。
これで700円也。





量もほどほどで、味もよかった。
こういうお店が近所にあったらな。



こういう洋食もそろそろ絶滅危惧種かも。

和菓子
クリエーター情報なし
河出書房新社

↑京男の和菓子本が新装版になりました。初版を出版した2013年1月26日時の記事新装版が出版した2018年1月19日の記事をご覧ください。
(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)000(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

Twitter→@kyo_otoko
コメント (6)

ニラレバー&ジンギスカン、そして牡丹

2021年04月18日 04時09分51秒 | 
まだ東寺の写真があるのですが、いささか飽きてきました。
だからちょっと違う、ジャンクな写真にします。


↑ミンミン「ニラレバーランチセット」

この日は、買い物をしているとお腹が減ってきた。
バスの時間を見ると20分ほどあった。
この場所で食事。
しかも早く食べられるということで、ミンミンにした。


↑お酢をかけて食べます

1階は混んでいたので2階にあがる。
2階って久しぶりだ。
もし父親といっしょだったら2階に行ってなかっただろう。
階段ですからね。



席に座りながら注文。
ニラレバーが食べたかった、それとジンギスカン。
餃子を注文しなかったのは珍しい。
前の晩、餃子だったからか。



私は、このニラレバー、もうすこしレバーが生ならいいのに・・・。
あの食中毒事件の影響がいまだに続いている。


↑ジンギスカンは単品で注文

ジンギスカンも懐かしい。
一人なら気が楽だ。
こういうメニューを一人でもくもくと食べるのが好きかも。
楽しくワイワイ食べた経験が極めて少ない。
カロリーを摂取している感じがいい。
学生時代からこういうスタイル。
デートでこのような店にはこなかった。



食べ終わってバスに乗りに行く時、看板の植木鉢が目に留まった。
牡丹だった。



赤と白の花が同じ木で咲いている。
結構珍しい?



次は、藤の花なのかな?

和菓子
クリエーター情報なし
河出書房新社

↑京男の和菓子本が新装版になりました。初版を出版した2013年1月26日時の記事新装版が出版した2018年1月19日の記事をご覧ください。
(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)000(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

Twitter→@kyo_otoko
コメント (2)

精進料理再び

2021年04月08日 02時32分38秒 | 


今月もまた大徳寺一久に行った。
桜の頃に他府県からお客様を案内することが多いのです。
電話も結構ある。
昨日は、入院中の父親から電話があった。
今回、またまた救急車で入院したのです。
今年は、入院していても面会ができないのですよ。
そこまで警戒厳重に・・・と思ってしまいます。
でも感染が広がったら怖いのだろう。仕方ない。
でもね。高齢者を面会しないのは、ボケる可能性があるから怖い。
身体より精神がおかしくなる方が困ります。
やれやれ。





最近、大徳寺一久をつい予約してしまいます。
料理も精進料理で十分なんです。
お客様も同じような年齢が多いしね。
十分満足できる。
しかもお部屋が落ち着く。
予約する時、テーブル席を設えてもらいます。
私は、正座はできるのですが、あぐらがかけない。
同じようなお客様が多い。


↑大徳寺精進料理縁高盛

お庭も眺められるのがいいのです。
外を見ながらお弁当を食べるのがいい。
とても居心地がいい空間です。



しかも食べるのは精進料理。
この大徳寺一久は、大徳寺納豆と大徳寺麩で有名な、大徳寺の精進料理を食べさせてくださるお店なんです。500年の歴史があるのだそうです。


↑一番奥にあるのが卵焼きに見立てた「擬製豆腐」

応仁の乱で焼けてしまった大徳寺の復興を任された一休和尚の名前から
一久という屋号を賜ったそう。すごいでしょ。


↑菜の花の辛子白和え

「精進」という言葉が頭に浮かびます。
1 雑念を去り、仏道修行に専心すること。
2 一定の期間行いを慎み身を清めること。
3 肉食を断って菜食をすること。
4 一つのことに精神を集中して励むこと。一生懸命に努力すること。
 「研究に精進する」


↑この出汁が好き

こんなことを書くと「せんとあかんなぁ・・・」と思ってしまう。
まあ、仏道はどうでもいいけど、少なくとも2と4ぐらいは・・・。


↑大徳寺麩/生麩に醤油やみりんなどで味をつけ胡麻油で揚げたものです。料理に使う時は油抜きして使います。


↑この牛蒡も素晴しい

このお店のお料理を食べると背筋が伸びる感じがします。
たまには、こういうお料理を味わうのも大事かも。
どうも最近の日本人は、だらしない。
外でへたり込んでガツガツ食べる。歩きながら食べ物を食べる。飲物も同じ。
スマホもずっと見ながら歩く。だらしなく生きている。それってちっともおしゃれじゃない。だらしないだけ。育ちが悪い。



食育がどうのというなら、まず大人か行儀良く立ち振る舞いをすることから始めた方がいい。歩きながら食べるなんて、乞食のすることです。
躾をしっかりした方がいい。「躾」って「身」を「美」と書きます。スタイルはよくなったけど、立ち振る舞いが不細工な男女が多すぎる。


↑また来ます

こういう食事をするとそう思うのです。
古いのかなぁ・・・。

和菓子
クリエーター情報なし
河出書房新社

↑京男の和菓子本が新装版になりました。初版を出版した2013年1月26日時の記事新装版が出版した2018年1月19日の記事をご覧ください。
(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)000(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

Twitter→@kyo_otoko
コメント (4)

南インド快食・・・3

2021年04月06日 01時32分14秒 | 
これで最後です。
カレーソースとパンです。
この段階になると私はあまり食べなくなりますね。
チャパティは、私の発注なんです。
パンは、ナンよりチャパティが好きかも。ナンはお腹が膨れるから最近は食べない。
それよりお米料理の方が好きかも。
だから北インド料理より南インド料理の方が好きになってきたのかも。


↑パルク パニール/自家製ミルクチーズをほうれん草のソースとスパイスで調味したカレー


↑ナヴラタン コルマ/スペシャル野菜カラー。カシュナッツ、フルーツ、ミルクチーズが入って甘いカレー


↑ダル マハラニ/インド豆をミックスして煮込み、バターで調味したもの

しかも夜の会食でインド料理はちょっと辛い。
でも一応若い世代といっしょなのでこういう料理にしたのです。
一応勝手知っていますからね。


↑チャパティ/全粒粉を使ったうすく延ばし鉄板で焼くパン


↑ガーリックナンとセサミナン



京男Jr.2に言ったのは、「調子にのって食べると1〜2時間後辛くなるよ」と。
若き日の京男もそうだった。
神戸でキングス・​アームスでローストビーフを食べ、お腹が膨れなかったから、ゲイロードでインド料理を食べた。
あの頃のローストビーフが食べたいな。最近の湯煎肉はどうも好きになれない。やっぱりホースラディッシュのソースがいい。最近の湯煎肉はだめですね。
まだ20歳代だった。
それでも時間差でお腹にドンと来たものです。結局もどしてしまった。その後、民生で食べた・・・。そんな思い出があります。
インド料理の時間差でお腹が膨れるのにご用心。それからインド料理の時は、水分をあまり摂らない方がいい。これも苦しむ。
チーズフォンディもだ。胃でチーズが固まって・・・・。


↑ココナッツアイスクリーム


↑クルフェ(インドアイスクリーム)

この日、気が付いたら9時まわっていた。
他のお客様が居なくなっていた。
営業時間短縮ってクソですね。飲食が長いとだめならだめでデータを出せよ。バカじゃないのか専門家。あんたらのお陰でいい店が少なくなったじゃないか!
アクリル板が有効というデータを出せよ。
やることがすべて中途半端なんだから。


↑マサラチャイ

この日は、朝から父親の救急搬送に始まり、正装での病院に行き、それから写真撮り、そして快食とやたら忙しい一日だった。関係各位ありがとうございました。
そうそう、この日は、京男Jr.2がごちそうしてくれました。ごちそうさま。またよろしくね。

和菓子
クリエーター情報なし
河出書房新社

↑京男の和菓子本が新装版になりました。初版を出版した2013年1月26日時の記事新装版が出版した2018年1月19日の記事をご覧ください。
(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)000(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

Twitter→@kyo_otoko
コメント (4)

南インド快食・・・2

2021年04月05日 01時52分01秒 | 

↑マサラ ドーサ/ポテトを包み込んだ米粉のクレープ

さて長男Jr.2夫婦が到着。
その時点で京男と京女は、かなんりお腹がふくれておりました。
おそらく長男Jr.2や彼女は知らないと思うのでドーサを注文。


↑中にポテトがいたはります

今回は、張り込んでポテト入りを注文してみた。
ドーサは、南インドのクレープ様の料理でです。
米とウラッド・ダール(皮を取って二つに割ったケツルアズキのダール)を吸水させてからペースト状にすりつぶし、泡が立つまで発酵させた生地を熱した鉄板の上でクレープのように薄く伸ばして焼いたもの。


↑下がサンバール、上がココナッツチャツネ、私はなぜかココナッツチャツネが好き

パリパリはしていません。手で千切って、ココナッツチャツネやサンバールをつけて食べる。
これは、南インド料理のお店でないとないメニューなんです。
最近、こういう料理を食べさせるお店が少ない。
南インドカレー専門店といえばゴミ箱のような状態でカレー料理を出す店が多いしね。
このお店でも夜しか出してないと思う。昼は、ランチメニューしか出してないと思う。そういえば最近、ランチで行ってないな・・・。
サンバールとココナッツチャツネを作って置き、朝食にパンがわりに食べたらいいだろうな。
いつか作ろうっと。


↑カバブ ゴースト シーク/マトンの挽肉とスパイスを混ぜて鉄串に巻き付けて窯で焼いたもの


↑ムルク タンドール/骨付き若鶏をヨーグルトとタンドールスパイスに漬け込み窯で焼いたもの

この2品は、長男Jr.2夫婦用に注文。
我々二人は食べていない。


↑ヴェジタブル ビリヤニ

米料理も注文。
ちょっとだけ食べたかった。
後は、二人が食べるだろう。

※ビリヤニとプラウはどう違う?
ビリヤニは、お肉、タマネギ、スパイスなどで作ったグレービー(カレー)の上に別の鍋で半分ぐらい炊いたお米をのせ、層にして作るのが基本的です。
それに対してプラオは、多めの水分にお肉、スパイスを入れて煮込んでだしをとり、そのだし汁(ヤックニー)をベースに作ったものに生のお米を入れて、日本の炊き込みご飯のように作ります。
日本的?に言うと、お客様料理とかお祭料理のような豪華な雰囲気のハレ的なのがビリヤニかな?で、日頃食べているシンプルなものがプラウかな?
もちろん、インドでお米をあまり食べない地域だって多いしね。ビリヤニが焼き飯でプラウが炊き込み御飯と単純に言えないかも。
作る人でも違うらしい。国によっても違う。
頼りない書き方ですんません。

パンとカレーソースは、明日登場します。
いま、気づいたけど・・・彼らはアルコールを飲んでいない。
私と同じ種族なんだろうか?
そういえば・・・アルコールを飲んだ長男を見たことがない。

和菓子
クリエーター情報なし
河出書房新社

↑京男の和菓子本が新装版になりました。初版を出版した2013年1月26日時の記事新装版が出版した2018年1月19日の記事をご覧ください。
(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)000(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

Twitter→@kyo_otoko
コメント (4)