京男雑記帳

洛中で生まれ育った京男が地元視点で見た日常風景や話を雑記的に掲載

親子で耳鼻科

2018年09月19日 06時38分18秒 | 
昨日は、またまた実家へ。
父親を耳鼻科へ連れて行くのが目的。
私の声は、やっと元に戻りました。
これでエエコエェ〜状態。
ボイトレも思い切り行える。
京男にとって声は生命ですからね。
ファンのみなさまに申し訳ない。
ナンチャッテ。


↑風月「だいこんサラダ」

今回は「私が耳鼻科に行くから一緒に行ってみる?」と父親を誘ったのです。
ここ一年ぐらい耳鼻科に行っていませんからね。
目的は「耳垢・鼻水」。
簡単そうだけどなめてはいけません。
ベテランの糖尿病患者の場合、色んなところに不具合がでます。
耳垢なんかも溜まりやすいようです。
昔の人だから自分でとろうとする。これは危ない。
人によっては、とれないのです。
前回は、耳垢が鼓膜にべったりくっついていました。
当然、耳が聞こえにくくなります。
だから補聴器がどうのと騒ぎます。


↑ジャガバタ

補聴器モドキを通販やヨドバシカメラの実演で買っていたりします。
そんなもので聞こえる訳がないのに。
聴覚は、結構難しい問題なんです。
でも父親の場合は、鼓膜に耳垢ベッタリだった。
すぐにとれなくて薬剤で柔らかくしてからベリベリと取りました。
ちょっと痛かったでしょうね。
それいらいちょっと耳鼻科をビビっています。


↑焼きそば

今回もさりげなく連れていき、一気に耳垢を取ってもらいました。
もちろん、後のメンテナンスもしてもらいましたけど。
すると「気のせいか(違う耳垢をとったから)聞こえる!」と行った。
やはり、半年から一年に一度は耳垢を除去する必要があるようです。



それから鼻水問題。
最近、鼻水が朝でると言っていた。
それは、糖尿病の影響もあるらしい、粘膜が弱っている。
ただ強く鼻をかむと血管が切れたりする。
優しく拭うようにするといい。
そういうアドバイスをもらった。



父親はどうしていたかというと風邪だと思い、葛根湯を飲んでいた!
なんて愚かなことをしていたのでしょう。
母親も同じようにしていたから、その習慣を引き継いでいたようです。
無学な親たちです。
説明をしました。
葛根湯は、基本的には体力がある「実証(じっしょう)」※の人に向く薬で、かぜの初期などの頭痛、発熱、首の後ろのこわばり、寒気がするが汗は出ないといった場合に有効なんです。
※「実証」とは体力や抵抗力が充実している人のことをいいます。



つまり、朝起きて、鼻水がでる時に飲んでもなんの意味もない。しかも「実証」でない高齢者には、なんの意味もない。
なんでそういうことを知らないのか?漢方だから安心という変な思い混みもある。漢方だって場合によっては副作用もあるのに。
もっともプラセボ効果(プラシーボ効果)、つまり偽薬効果で治るということもあるからいいのかもしれません。

とりあえず今回は、ドクターからその話を聞いて納得したようです。
息子の話なんて信用しません。
面倒臭いです。
何はともあれ、耳がよく聞こえるようになったからよかった。
高い補聴器なんて買うわけにはいきませんからね。
私が補聴器の値段を言ってあげたらビビッテいました。気の小さい男です。(笑)

その後は、お待ちかねのランチ。
希望を聞くと京大病院で食事といいました。
なんで京大病院の食堂で私が食事をしなくてはいけないのか?と却下。
良い思い出なんかなんにもないもの、あの食堂。
タクシーで四条河原町に行き、お好み焼を食べることにしました。
「風月CLASSIC 京都」に行く事にしました。
ここでできるだけ粉を使わないタイプのメニューにした。
それが本日の写真。
父親には、仕方ないのでノンアルビールを付けました。
食べ終わり、高島屋の地下で食料を買い。
タクシーに乗せ、終了。
プリンセスラインバスがきたので帰宅。
まあ、私も耳垢をもってもらったから聞こえは良くなったかな?

和菓子
クリエーター情報なし
河出書房新社

↑京男の和菓子本が新装版になりました。初版を出版した2013年1月26日時の記事新装版が出版した2018年1月19日の記事をご覧ください。
(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

Twitter→@kyo_otoko
コメント (2)

Amazonでサンドイッチ、amazonで桃屋きざみしょうが

2018年09月17日 07時36分40秒 | 
昨日は、蒸し暑く夏のようでした。
服装も夏仕様。


↑Amazon(アマゾン)ハムサンド

早朝の電話で、作業をしなければならなくなり、作業。
いつもなら昼前に京女と実家に行く予定がちょっと時間が遅くなった。
まあ、そういう時もある。
ついでにランチをAmazonに行くことにする。
Amazonのサンドイッチが結構好き。


↑きゅうりが好きやねぇ

Amazonと行ってもなんでも通販のamazonではない。
なんでも通販のamazonは、最近売り出してきた会社。
ランチに行ったAmazonは、40年以上の歴史がある。
京都市内には、こういう喫茶店がたくさんありました。
いまのカフェなんて喫茶店に比べたら、私は好きにならない。



イノダだってゆっくり本を読むには良い場所だった。
いまは、オバハンの声がうるさくて本なんか読んでられないけど。
スタバなんて大してコーヒーが美味しいとも思わない。
自分で席に持っていくんあんて、私はいややね。
また、道路にイスを出す方式も嫌です。
京都市内は、排気ガスが臭いのと、黄砂みたいな埃が舞っている。
パリなら許せるのかもしれへんけど、京都市内は許せない。
蒸し暑いしね。そういう意味では鴨川納涼床なんて最低だと思う。
あんな所で飲み食いは辛すぎる。
しかも知り合いに目撃されるリスクもある。
アホな観光客用やね。あれは。


↑アメリカン

貴船の川床の方がまだましかも。
あの当たりなら涼しいだろう。
いつか、あそこで流さし素麺を食べたのを思い出す。
あれも悲しい食べ物やね。
そこまでして素麺を食べたいか?
私はいりません。
何処でとれたかわからへん鮎の塩焼きなんかも悲しい。
日暮れになり、寒くなり、流し素麺を食べると心まで冷えてきます。
夢が無くてすんません。
地元の人間はそう考えております。


↑エビカツサンド

鴨川で最近、民泊に泊まった外人が泳ぐらしい。
困ったもんですね。
外人が一人鴨川で死んでたらしい。
「京都 鴨川殺人事件」やね。
夜になると外人鴨川の川岸をフラフラ歩いているらしい。
なんかいややね。



錦市場もいまや京の台所なんて状態でなくなってきている。
朝から民泊に泊まっているアジア系外国人が材料を買っていくらしい。
食中毒とか大丈夫なんだろうか?
食べ歩きも当たり前だし、デパ地下でも同じような状態。
もし外国人観光客が倍になったら、ゾッとしますね。



写真の説明に戻らないと。
京女とAmazonでサンドイッチランチなんて初めてかも。
半分ずつ食べた。



その後、父親のために「桃屋きざみしょうが」をリカマンで探す。
1個しかなかった。
父親はなぜか「桃屋きざみしょうが」が好きなんです。
1個プレゼントしたら喜んだ。
それならと家に帰ってからamazonで2ダース手配した。
これで当分楽しめるだろう!
探すと売ってないものですよ「桃屋きざみしょうが」。(笑)

和菓子
クリエーター情報なし
河出書房新社

↑京男の和菓子本が新装版になりました。初版を出版した2013年1月26日時の記事新装版が出版した2018年1月19日の記事をご覧ください。
(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

Twitter→@kyo_otoko
コメント (2)

ハンバーグが食べたい!

2018年09月14日 05時44分59秒 | 
昨日は、父親と外食をする日。
京都駅で待ち合わせをした。
京大病院から直通のバスで京都駅に出て来て貰った。
色々経路を替えて来て貰います。
それもまた脳の刺激になります。


↑グリルアンドバー東洋亭 近鉄店「トマトサラダ」



私は、隣のバス亭で降りる女子大のバスで行くのです。
あって「何が食べたい?」と聞くと。
「ハンバーグ!」という答え。
子供ですね。(笑)
そうなると自動的に東洋亭になります。
結構久しぶりかも。


↑冷たいポタージュスープ

父は、ここのトマトサラダが好物。
今回は、コーンスープを付けました。
ライスでとなった。
私は、サーモンムニエルをチェイス。


↑父親の憧れハンバーグステーキ、このアルミホイルを破るといます。

ハンバーグが来てもスマートにアルミホイルを破るなんてことは、父はできません。
私が処理します。
ポテトも彼の場合、綺麗に食べたれません。
ポテトの生身をとってあげます。
皮の部分は私が食べます。好きなんです。(笑)
ハンバーグを食べ終わったら、行儀が悪いけど、御飯をソースの中にいれ、スプーンで食べると快感と教えた。


↑こんな風に父親は処理できません。

食べ終わり、ヘッドフォンを体験させに行きました。
伊勢丹にあるBOSEの直営店につれて行く。
そこで首にかけるヘッドフォン?を体験させました。
これならヘッドフォンでも首にかけるタイプなので圧迫感がないのです。
でも音は、よく聞こえる。
耳の遠くなった父親に最適と思っておりました。
本当は、テレビなんかも簡単につなげるともっといいのですが。


↑京男は「サーモンムニエル」

これなら快適に♪を楽しむことができる。
視力が弱くなったけど、音楽は楽しみたい。
朗読も楽しみたいのです。
スマホをしているなら電話の着信も聞こえるおんですが・・・。
これなら大きな音にしなくても音が聞こえます。


↑これがBOSEのSound Wear Companion Speaker Black
このように首につけます。もちろんBluetooth接続。テレビもこうやって聴けるといいのに・・・。

体験させてあげると納得。
その場で買いました。
買ったのはいいけど、結局昨日実家に一緒に帰り、セットアップをするはめになった。
取りあえず伊勢丹10階でやっていた北海道展でソフトクリームをご馳走して実家へもどり、セットップし、操作方法(簡単なんですが)と充電の仕方を実際に父親にやらせ、なんとか操作できるようにした。
気付くと夕方になっておりました。
またデスクワークができなかった・・・・。

和菓子
クリエーター情報なし
河出書房新社

↑京男の和菓子本が新装版になりました。初版を出版した2013年1月26日時の記事新装版が出版した2018年1月19日の記事をご覧ください。
(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

Twitter→@kyo_otoko
コメント (2)

懐かしのオムレツ

2018年09月13日 05時46分35秒 | 
急に涼しくなり身体がビックリしています。
下手するとまた喉が・・・。
どうも極端ですね。


↑はとや食堂「豚汁と御飯(小)、おかず2点」

でもこのまま秋になってくれたら、嬉しいのですが・・・。
そう思う今日この頃。
本日の写真は、ある日の日曜日、実家に行く前、京女と食べたランチ。
はとや食堂のもの。


↑オムレツ

このオムレツが懐かしんです。
昔、家でつくるオムレツってこんなのだった。
実は、小さい時の私はこのオムレツが食べられなかった。
タマネギが食べられなかったのです。
そういえば青ネギもだけ。
玉子は好きで食べたけど、二個食べると蕁麻疹で皮膚科だった。


↑昔はオムレツといえばこんな感じだった

お肉も魚もだめだった。
御飯もだめ。
タマネギや青ネギ、白ネギは、甘いからだめだった。
甘い物が嫌い?


↑焼きナス

だから小学校時代は、身体が小さかった。
なんかあると皮膚科行きだった。
よく育ったと思う。
中学校ぐらいになってからですよ。
タマネギが食べられるようになったのは。


↑豚汁

本日のようなメニューは、小学校の時、食べられなかった。
そう多いながら現在食べています。

和菓子
クリエーター情報なし
河出書房新社

↑京男の和菓子本が新装版になりました。初版を出版した2013年1月26日時の記事新装版が出版した2018年1月19日の記事をご覧ください。
(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

Twitter→@kyo_otoko
コメント (2)

週に一度の外食

2018年09月09日 07時06分04秒 | 
先週は、やたら父親に会った。
お陰様でますます父親は元気になる。
それはいいけど、接待する私がちょっと辛かった。


↑鳳泉「焼売」

台風の中、父親を鍼灸治療のためタクシーで京都市内を走ったのが忘れられない先週のエピソード。
あれは、危なかった。たまたま運がよかったから大丈夫だった。それと鍼灸の岡田先生が雲の動きをスマホでモニタしてくれていて、30分帰る時間を調節してくれた。
あれがなかったら結構危なかったかも。
乗っていたタクシーが揺れていましたからね。
私が最初にマンションの所で降りる時、運転手さんに門から玄関口までいっしょに歩いてやって欲しいと頼みました。門から玄関口まで50メートルありますから。あっ書き間違いです。10メートルでした。(笑)


↑カシワシイタケ

その日から二日後、実家に行き、被害があったかチェックにいきました。
物置きが飛ばされたそうです。
その次の日、植木屋さんが庭の手入れに入られたそうです。
父親だけでは、物置を定位置に戻せないですから。
瓦などはなんともなかったようです。


↑椎茸が苦手な次女夫婦ならビビルメニューだろうな。

で点検ご定例の外食。
私は、あまり食欲がなかったけど、付き合わないといけない。
「何がいい?」聞くと中華料理という答え。
「なら鳳泉でいかが?」これは、拒む理由はないでしょう。
さっそくタクシーを呼び、お店に行く。
で、食べたのが本日のメニュー。


↑トマト牛肉、父親はトマトが好きなんです。お肉も柔らかい。フランス料理のような感じの味。

悲しいかな、これが限界。
私は、喉の奥がずきずきしてきたのを朝、無理矢理抑えてでてきているのでこれ以上食べられなかった。
結局、この無理矢理抑えたのが夜に爆発した訳ですけど。


↑広東麺

お料理は、文句なしで父親も満足してくれました。

和菓子
クリエーター情報なし
河出書房新社

↑京男の和菓子本が新装版になりました。初版を出版した2013年1月26日時の記事新装版が出版した2018年1月19日の記事をご覧ください。
(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

Twitter→@kyo_otoko
コメント (2)

天タワー

2018年09月03日 04時14分24秒 | 

↑米福「米福天丼」

暑さがちょっと落ち着いてきました。
もう9月ですから。
夏の疲れみたいなものも回復完了。
先週までよく寝ました。
暑さで睡眠不足だったかも。



本日の最初の二枚は、米福で天ぷらを食べた時のもの。
この時、いつもと違うパターンで食べようと注文したもの。
御飯は少なめにしてもらいました。
海老2本、鶏天、半熟玉子、なす、かぼちゃと味噌汁、これで890円。
これならまあまあでしょ。



これは、京女がコンビニで買ってきたもの。
「鶏肉のナッツ炒めのまんま」という不思議なおつまみ?
味は、似て非なる味ではあるけど、面白い。



中身は、こんな感じ。
ピーナッツが多いからどうしても味が前面に出るから残念。
ピーナッツじゃかく、すべてカシューナッツならいいのに。
唐辛子も大きくして。
鶏肉が怪しい味だった。
でもピーナッツは、中国産の本場ものです。
花椒(中国山椒)も中国産だと思う。
オール中国産かな?





やっぱり本物の宮保鶏丁(宮爆鶏丁)や鶏肉とカシューナッツの唐辛子炒めがいいな。

和菓子
クリエーター情報なし
河出書房新社

↑京男の和菓子本が新装版になりました。初版を出版した2013年1月26日時の記事新装版が出版した2018年1月19日の記事をご覧ください。
(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

Twitter→@kyo_otoko
コメント (2)

父を誉める

2018年08月31日 05時00分53秒 | 
昨日は、父親の病院に同行。
朝、マンションにタクシーを呼び、実家で父を拾い、病院に行く。
長距離になるから、作務衣に下駄という姿。
この服装で一割引になる。
ランチの時、これが仇になるとは・・・・。



病院は、とても混んでいた。
しかも高齢者の多いこと。
私のように付き添いで来る人も多いようですね。
高齢者の場合、一人で歩いていけても、一人で行かせてはいけませんよ。
ドクターとの会話が成り立ってない場合が多いのです。
母の時から付きそうようにしています。
高齢者は、医者の前で元気ぶったりします。症状をシンプルに伝えることができない場合が多いのです。話しが違う方向に行ったりするとドクターの迷惑になります。
その仲立ちをして、こちらの希望や質問をするようにしています。
私もとても学ぶことが多いですね。


↑龍鳳「芙蓉蝦(カニ玉子焼)」

父は、日頃健康番組を観て、それが本当だと思っていたりします。
あれは困ります。ドクターに教えようとするのです。
地上波の健康や病気の番組は、よくないと思う。
情報が歪んでいる。CMは、サプリや薬、クリニック、最後は葬式屋までやる。
あきれてしまいます。あんな番組は必要ない。
そんな番組を観ているから、妙に医学用語を言ったりする。
診察室であれは止めて欲しい。
ある時「お箸を握るとポロッと落とす」なんて言うのです。
そんなこと行ったら、脳神経外科の方に回され、CTやMRI検査となる。
そんな検査をしても原因は見付からない。
私から観たら、原因は、肩のコリだと思った。
事実、鍼灸の方につれて行き、その旨を鍼灸人にチェックしてもらうとやはりコリだとおっしゃった。その部分のコリを解しました。3回ぐらいかかったけど、しびれはなくなった。
またある時、週に一度来られる看護師さんに「足先が痺れてて痛い」と訴えた。
糖尿病のベテランが足先のシビレや痛みなんて行ったら、脚を切断となる。
あの時も、鍼灸でチェックしたら直径3センチのタコが原因。タコもね。皮膚科で処理するとなるとメスで切ります。当然痛いし、治りが遅い。
鍼灸だとモグサで温めて鋏で切り取る。痛くなくて5分もあれば処理できる。すぐに歩ける。
結果、すぐに痛みは取れた。シビレも治った。そんなもんです。
テレビの健康番組は、どうもいけません。


↑炸肉丸(肉だんご甘酢煮)

天気予報で、「今日は気温が38度、熱中症に注意しましょう。水分と塩分の補給をしましょう」と言ってくれる。
普通の人が街中を歩いていて、飲みながら歩いているなんてなんの意味もない。むしろ水分の摂りすぎの害があるのではないか。東洋医学では「水毒」というのもあるしね。塩分もそうです。現代人は腎臓の機能が弱い人が多い。そんな人が塩分を摂った高血圧になる可能性もある。
もちろん高齢者は、口の中の感覚が鈍くなっているので、水分補給には注意が必要です。父は「俺は水分を摂っているから大丈夫」と言う。「コールコーヒーを飲んで水分補給はない。カフェインは利尿作用があるからだめなんだけど」と京男。
もちろん、できの悪い息子の言うことなど信用しません。だから外来の時、同行しドクターの口から言ってもらうというテクニックを使っております。
ドクターの意見は絶対ですからね。


↑柳麺(ラーメン)

昨日の血液検査の結果は、数字がよかったのです。
「すごい!ここ二ヶ月がんばった成果がでてね」とドクターの前で誉めてやりました。
そしてランチも無礼講!
「何が食べたい?」と聞くと「龍鳳の中華」と明確な答え。
いつか行ったのが印象に残っているのね。
で、タクシーで現場へ。

で、食べたのが本日の写真。
美味しゅうございました。
ただ・・・なぜがクーラーがないのです。
作務衣なので、大汗をかいてしまいました。
食べてお店を出た時の涼しさ。
これもまた凄い経験でした。
この後、買い物をして、ソフトクリームをプレゼント。
次回の外来には、血液検査もいい状態にしようと誓ったのであります。
完。

和菓子
クリエーター情報なし
河出書房新社

↑京男の和菓子本が新装版になりました。初版を出版した2013年1月26日時の記事新装版が出版した2018年1月19日の記事をご覧ください。
(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

Twitter→@kyo_otoko
コメント (4)

お好み焼の観察

2018年08月29日 05時16分52秒 | 

↑風月クラシック 京都 「いか玉」

学校によっては夏休みが終わり、学校が始まっている。
かと思えば、昔通り9月1日から始めるという学校もある。
子供からしたらできるだけ、夏休みが長い方が嬉しいだろうな。
暑いのに(最近、空調が入る学校もあるそうです。なら夏休みは入らない?)クソ面白くもない学校なんか、できるだけ行きたくないのが本音かも。
私は、勉強が嫌いだった。でも学校に行くのは好きだったかも。給食があったからかな・・・。


↑お店の方がかき混ぜます。京都人はこういう作業がしたいのですが・・・


↑鉄板に広げる。「何回もペタペタしない」と言いそうになった。

中学校になった時ぐらいやったかな。
『ゲゲゲの鬼太郎』というアニメがやっていた。
ご存知ですよね。
私の小さい頃は『墓場の鬼太郎』という名前だった。
いまでも実家の私の書庫にマンガ本があると思う。
買い本時代のモノの復刻版の本。
そのアニメの主題歌をご存知ですか?



「朝は寝床で グーグーグー
 たのしいな たのしいな
 おばけにゃ学校もしけんもなんにもない

 昼はのんびり お散歩だ
 たのしいな たのしいな
おばけにゃ会社も仕事も なんにもない

夜は墓場で 運動会(うんどうかい)
たのしいな たのしいな
お化けは死なない 病気もなんにもない 」


↑カツオをトッピング

この歌詞を聴いていて、お化けっていいなぁ・・・と思っていた。
素晴しいと思いませんか。お化けの生き方。
それからウン十年、努力と精進を重ね、今ではちょっとお化けに近づいてきた。
私なんか、もう少し努力したら、本物のお化けになるかも。
ワクワクしますね。


↑ちょっと焦げ臭くなったので、京男がひっくり返した!

いま、日本社会の価値基準を守ろうとすれば、小銭は貯まるけど、不幸になっていくような気がします。
お金なんて、あの世や宇宙ではなんの役にも立たない。
「損得」ばかり考え生きても不幸になるだけかも。
「尊徳」を目指して生きている方が幸福に近づけるような気がします。
お化けになる時、お金なんてなんの役にも立たない。
お金に拘るとお金の呪縛霊になるだけ。立派な墓地や仏壇を作れば、そこの地縛霊になるだけ。
お金は、自分意外の為に使うモノ。追いかければ逃げるしね。でもゼロでは行きられない。そこのバランス感覚が大切かもね。
完全なお化けになる必要はない。生きていながらお化けに近い価値観と生き方が最高の即身成仏かもね。


↑これが別の日の写真。普通これで仕上がり。でも京女がスタッフに「カツオをのせて」とリクエスト。

夢は実現するものなんですね。
みなさん、今からでも遅くない、お化けになってみませんか?


↑カツオが熱で踊るのが見たかったのね。よくぞ言った!(拍手)

日曜日、変なアニメだと思ったら『ゲゲゲの鬼太郎』の新しいバージョンがやっていた。全然あかんやん!絵が上品過ぎる。歌も熊倉一雄の声がいい。
まあ、好みの問題かも。


↑焼きそばが到着。目玉焼きは余分やなぁ・・・。どうして最近のいろいろなお店は玉子を多用するのか?味を誤魔化すため??

前置きが長くなってしまいました。
本日は、お好み焼が出来るまでを観察しました。
クソ暑い時、なにも熱い鉄板の前でお好み焼を観察。
皆様に楽しんでもらうため、京女と決行。
写真のカット中、私が干渉したプロセスと京女が干渉したプロセスがあります。

和菓子
クリエーター情報なし
河出書房新社

↑京男の和菓子本が新装版になりました。初版を出版した2013年1月26日時の記事新装版が出版した2018年1月19日の記事をご覧ください。
(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

Twitter→@kyo_otoko
コメント (4)

父の食欲、台風に勝る

2018年08月25日 04時03分16秒 | 
木曜日のランチの話。
父親と外食の約束をしていた。
台風20号が近づきつつあるお昼前、父親と病院で待ち合わせ。


↑ふじ亭「うな重(上)」1,700円、いいでしょ。

検査のための採血に父親は病院に行っていた。
来週の外来の時のための採血。
律儀な父は、きっちり病院に行きます。
病院に行くと台風20号が来るというのに、大学病院は満員。
父親のような生活習慣病系の人が多いのでしょうね。
病院も大変です。
23日の夜には、交通機関が止まり出していました。


↑もちろん、私もちょっといただきました。

お昼頃には、結構な雨と強風が時々吹いていた。
でもこれだけの高齢者。
皆さん、とてもお元気ですね。
採血の場所とか、行列ですよ。
もちろん支払だって行列。
私は、こんな状態なら病院に行きませんね。
大学病院のブランドはすごいものがあります。


↑この山椒がいいんです。

沢山の老人の中から父親を探すのに、匂いと気配で探すのです。
父親の生体エネルギーパターン?のようなモノをたどって行くと父親がいる。
これが面白いほど、見付かるのです。
私にとって、いい訓練?かも。


↑「天ぷら定食」1,100円、父親に天ぷらを食べさせました。海老といもを・・・。

支払が終わって、さてランチです。
「お昼は何を食べますか?」と聞くと「うなぎか中華」とのこと。
「うなぎなら高島屋でもいい」「中華なら鳳泉でもいい」とのこと。
生意気なことをいいますね。
最近、身体だけでなく口も肥えてきた。


↑これで十分です。

最近、毎日高島屋に行っている。
四条河原町に行くのがちょっと飽きてきた。
それでは、うなぎで行きましょうということになる。
タクシー・・・最近、会社を選ぶ京男なんです。
希望タクシー会社のタクシーが来ると念じます。最近、こういう芸当ができます。
するとそのタクシー会社の空きタクシーが来る。
これは、ありがたい事なんです。二割引は大きい。


↑酢の物

行き先をいうと父親が違うと思っただろうな。
ほどなく、ふじ亭につく。
時間もちょうどオープンした時間でした。


↑お吸い物

父親には、うな重(上)を私は、天ぷら定食を注文。
私は天ぷらを食べたくなかったけど、父親にちょっと食べさすためなんです。
そこまでするのです。孝行息子やねぇ・・・。
しかも、やらしい話しやけど、うな重(上)が1,700円なんです。
高島屋なら倍以上の金額になる。
しかも、私が好きな山椒の佃煮が付いてくる。
父親は、満足してくれました。
この後、地下鉄に乗り、大丸で買い物。
後はタクシーに乗って帰ってもらった。
台風が来ると困りますからね。

和菓子
クリエーター情報なし
河出書房新社

↑京男の和菓子本が新装版になりました。初版を出版した2013年1月26日時の記事新装版が出版した2018年1月19日の記事をご覧ください。
(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

Twitter→@kyo_otoko
コメント (2)

京都の夏は終わりました

2018年08月20日 06時20分09秒 | 
18日・19日で地蔵盆をする町内が多かった。
市バスから地蔵盆をやっているのが見えた。


↑鐘園亭泉涌寺店「ホタテ貝のチリソース」

本来、地蔵菩薩の縁日は24日らしい。
でも用意する大人たちの事情で18日・19日が多かったでしょう。
今週末、宗教色のない夏祭を学校でやる地区も多い。
京都の古い地区には、子供が少なく、本来子供たちの為の行事が元子供たちの集まりになっている。
昔は、おやつが貰えたり、福引があり「ふごおろし」という二階から景品を降ろすのをやっていた。でも今は、そんなのやってない。マンションは、町内に入れて貰えないからマンションの人はなしが多い。


↑四川サラダ

地蔵盆が終わったら、夏休みはお終い。
最近、始業式が9月1日でないことが多い。
私学は、まだ9月1日らしいですね。
海水浴も盆を過ぎたらだめといわれていたしね。
クラゲが出るし、泳いでいたら霊に足を引っ張られ溺れるなんてこともいわれた。
いまの子供たちは、地蔵盆に出てこないらしい。蒸し芋をもらっても嬉しくない。
クーラーもない所で座ってゲームなんてしないのでしょう。
そういう無形の文化財は滅んで行く。


↑甘酢盛合(エビ・肉ダンゴ・豚)

でも、街を歩いていてお地蔵さんを見ると化粧をしているので、何らかの形で地蔵盆は続いているのかも。


↑小ライス・スープ・お漬物・スルメ

そう言えば野外で映画上映なんてのもありました。
『番町皿屋敷』や『四谷怪談』なんかをやっていた。
怖かった。いまの子供達でも怖いのだろうか?
幽霊なんて存在も絶滅危惧種になっていくかも。
幽霊より、毎日報道される事件の方がよっぽど怖い。
良心がない人間が登場してきていますからね。

※本日の写真は、京女と食べたランチ。どうも兄貴分のカメラは勝手が違う。弟分よ、早く退院して来て。

和菓子
クリエーター情報なし
河出書房新社

↑京男の和菓子本が新装版になりました。初版を出版した2013年1月26日時の記事新装版が出版した2018年1月19日の記事をご覧ください。
(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

Twitter→@kyo_otoko
コメント (4)

お盆休みの最終日

2018年08月17日 05時44分25秒 | 
昨日も外出。
京女と百貨店に行く。
自分達のものではなく父親の依頼品を集中。
本来なら父親と外食をする日なんですが、昨日は、色んなお店に電話して行くべきでないと判断。予約も取れない。来ていただいたら・・・なんていう答えの店が多かった。高齢者といっしょで行列はないですよね。
絶対、私が怒り、エライ事になる予感。


↑米福「ネギトロとろろの桶盛り丼と野菜天ぷら定食」

最近の予感は的中するので外食を断念し、食料を調達して持って行くことに。
その前に私のお腹が空いた。
しかたなく「米福」で天ぷらを食べることにする。
飛び込み座ると後から後からお客さんが来て、満席になる。
危なかった。
ここは、店員さんの声がとても威勢がいい。
その女性の声が私の耳に突き刺さるのがちょっといややけど・・・。


↑野菜天ぷら、私は野菜の天ぷらで十分満足かも。

でも本日のセットが両方とも990円なのが魅力。
一応お腹が膨れますからね。
京女は、御飯を拒否していた。
蕎麦が付いているからなんでしょう。


↑天敵のとろろ丼やね。結石体質には天敵なんです。もっとも最近、結石とは縁がなくなってきた。頻尿の功徳かも。(笑)

私のは、ネギトロとろろの桶盛り丼が付いていた。
天ぷらは、オール野菜。
野菜の天ぷらも悪くないかも。
昨日は、休みの人が多いのか家族連れが多かった。
いつもならサラリーマンが多いのにね。
やはりコストパフォーマンスがいい店は人気がるかも。
ランチで1000円を超えるのは、楽しくないものね。


↑「岩海苔とろろの出雲そば(冷)定食」御飯は拒否。

食べ終わり大丸の地下へ。
大丸の地下は空いていた。
「パクティ」(タイ料理)の出店があった。
顔見知りのお兄さんがいたので、喋っていた。
最近、やたら色々なところで知り合いに会う。
それだけ出て来ているということか。
スマホで父親に電話をして、買い物を希望を聞きながら買って行く。
父親のお飲みは、確実に把握しているので間違いはない。


↑こちらの天ぷらは海老が入っている。

荷物を一杯買い、タクシーに乗る。
タクシーの運転手さんがやたらハイテンションだったので楽しく実家まで行く。
聞けば、同じ歳だった。
京女が笑っていた。
実家では、私が兄貴分のカメラを持っていたので、カメラの説明。
次いでヘッドセットの説明。耳にあたる所が腐ってきたのでどうしようかと相談。
ボースに電話をしたら案の定、新しいものと交換するとのこと。
なんてことはない、ちょっと値引きで売りつける商法ね。
まあ、新にならのだからいいと割り切ればいいのですが・・・ちょっと腹立つ。
最近の企業の強欲なのが鼻につく。使い捨ての発送も。
資源は無限でないのに、修理してずっと使える名品を作って欲しい。
賃金の低い国で作って、高く売る。さもしい根性ですね。
保証期間が終わればタイマーを設定いたように壊れ、使い捨てにする。
反自然行為だと思う。


↑岩海苔とろろの出雲そば、京女の好みからすると出汁は温かくして欲しかっただろうな。

気が付くと夕方になっていた。
タクシーを呼んで、家に帰る。
結局、お盆休みは、こんなことばかり、ゆっくりPCの前に座っていられなかった。

※兄貴分のカメラ(サイバーショット DSC-RX1R)の写真は、やっぱりシットリ撮れている。重たいだけのことはあるかも。当分、このカメラを外に持ち出すことになるな。仕方ない。弟分(サイバーショットDSC-RX100M3)早く戻って来てね。

和菓子
クリエーター情報なし
河出書房新社

↑京男の和菓子本が新装版になりました。初版を出版した2013年1月26日時の記事新装版が出版した2018年1月19日の記事をご覧ください。
(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

Twitter→@kyo_otoko
コメント (4)

デジカメ入院

2018年08月16日 06時17分46秒 | 
お盆ですね。
あっちの家、こっとの家とお盆の行事があります。
なぜか、我が家がいつも参加なんです。
今年の京都市内は、観光客が異常に多い。
車も多いのです。
タクシーに乗るにも長蛇の列。
食事をするのも行列。
年々騒々しくなっている。
京都のお盆って静かだったのに、そしてシンミリ五山の送り火を見て、お精霊さんをお送りするのが普通。
特に初盆だった家庭は格別のものがありました。
それが、意味も分からず見物に世界中から観光客が来る。
これでいいのかなぁ・・・。
そう思う今日この頃。
でも本日は雨の予報ですね。


↑ニューヴェトナム「ベジタリアンフォー」京女発注

小さい方のデジカメがどうやら壊れたようです。
コントロールしようとしても反応しない。
ズームも動かない。
これは、修理しかない。


↑薬味

カメラの箱を探し出し、中の書類をチェック。
すると10年保証に入っていた!
やっぱりね。メーカーなんか信用していませんからね。
手に入れて3年になる。
新を買ってもいいけど、アクセサリーが使えなくなる。
アクセサリーが結構、高いのです。
購入したお店に電話し、お店に保証書を本体を宅急便で送る。
修理は盆明けからだから、9月になるだろう。


↑ニューヴェトナム「本日のプレートランチ」

その間、兄貴分で料理を撮ったりしないといけない。
荷物になるのがちょっといやです。
広角でもない。
仕方ない。
我慢我慢。



きっと次は兄貴分の方が故障するかも。
その前に売るのも方法かも。
デジカメには、あまり愛着がないのかも。
スマホやPCなんかもそうだ。
OSをアップデートもしないで使っている。
アップデートしたら必ず不便になる。
愛用しているソフトがアップデートしていなくて使えなくなることが多い。
スマホなんか新しい機能なんて欲しくない。
ネットだってそうです。最近、広告が入り過ぎて不快な気持ちになることが多い。
また怪しげなメールや偽サイトらしいものが広告を表示する機能を使って表示したりする。
10年ぐらい前は、よかったけど、最近どうも好きになれない。
京都市内の騒々しさもソロソロ嫌になってきたな。
お盆ぐらい静かにして欲しい。社寺も本来の仕事をした方がいい。目先の売上に拘るあまり本来の仕事をしていない。結果、檀家が減ったり、神仏を軽んじたりする輩が増えてしまった。悲しいことですね。

和菓子
クリエーター情報なし
河出書房新社

↑京男の和菓子本が新装版になりました。初版を出版した2013年1月26日時の記事新装版が出版した2018年1月19日の記事をご覧ください。
(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

Twitter→@kyo_otoko
コメント (2)

夏の自由研究2「人間は、鼻から冷麺を食べられるのか?」

2018年08月03日 04時16分14秒 | 
昨日は、なんだか忙しい日だった。
朝、通常のトレーニング&シャワーまでは、普通だった。
着替えて、机の所に座り、テキスト作成をし出した。


↑香港私菜 リパルスベイ 淺水灣「冷麺」父親発注

そこへ電話。
名古屋方面からだった。
話していて、明日名古屋方面は、38度の予定だと来た。
京都市内は、37度予定?負けた。
なんか気温が高い方がエライのか??
わけのわからん都市対抗やね。
観光要素が少ない所は、気温ぐらいしか誇るものがないのか??
なんて思いながら話していた。


↑「酢豚セット」京男発注

電話が終わりテキスト作りに没頭。
最近、夢中というか没頭したら時間の観念がなくなる。
あっという間に2時間ぐらい経つ。
昨日もそうだった。
父親と高島屋で会う予定にんっていた。
時間がギリギリになってしまっていた。
慌ててバス停に行く。
ギリギリセーフ。





でも時間観念が薄い父親は先に来ていた。
「まだランチは早いから、先に買い物しよう」と父。
「そんな甘い考えては、7階で食事できない」と京男。
事実は、私の言った通り、お昼前だけど、7階は爺婆餓鬼連れで混んでいた。
何が食べたいというと冷麺と来た。
糖尿の人ってどうして炭水化物を食べるのだろう?
だから生活習慣病なのか。



父親は「香港私菜 リパルスベイ 淺水灣」で冷麺が食べたいらしい。
私は、暗いからあまり好きじゃない。しかも人の声がワンワンしている。
店のつくりがそうなのね。
父親は、冷麺を注文。あななか高そうでしょ。
私は、酢豚セット。



食べていて、父親がちょっとクシャミをした。
するとどうでしょう鼻から冷麺が顔を出しているではないか。
すごい!高齢やでもほっしゃんのような芸ができる。
ちょっと感激しました。というか身体中から力が抜けた・・・。
以降、急速に食欲が失せた京男でありました。
私のセットにデザートに杏仁豆腐が付いて来たけど、食べる気が失せていた。
で、父親にプレゼント。
父親は、半分食べて、私に食べさそうという親心を見せた。
「私は、人の食べさしは食べない主義」と拒否。



食後、買い物。
そして実家へ。
炎天下での庭の水やり。
それから介護の会議。
終わったら日が暮れておりました。
長い一日でした。

和菓子
クリエーター情報なし
河出書房新社

↑京男の和菓子本が新装版になりました。初版を出版した2013年1月26日時の記事新装版が出版した2018年1月19日の記事をご覧ください。
(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

Twitter→@kyo_otoko
コメント (2)

夏の自由研究「お好み焼のできるまで」

2018年08月02日 03時19分59秒 | 

↑京都でお好み焼を注文するとこんな感じで持ってくる。客が鉄板にラードを塗り、これをかき回して鉄板に流す。豚肉の場合は、豚肉を先に焼いたりします。風月 CLASSIC 京都「豚玉」

暑くて食欲がピタッと止まった。
そんな時、京女とランチを食べに行く。
いつもなら食欲がないから、寿司屋でキュウリ巻やカンピョウ巻、ガリをたくさん食べるのです。でもそれも飽きてきた。
で、お好み焼を食べることになった。食欲がない??


↑ほうれん草とベーコンのサラダ(醤油ドレッシング)

いつもの金沢系の寿司屋の隣の風月 CLASSIC 京都に行く。
このお店は初めてだった。
このクソ暑い時に、鉄板の前で・・・雅満(我慢)大会やね。
ここは、お好み焼を目の前で焼くスタイル。
焼きそばは、調理場で作って運んでくるようです。


↑かき混ぜたネタをこういう風に鉄板の上に広げる


↑ここは、鰹節を上に乗せる。他なら粉の鰹節を乗せるけどね。

豚玉と焼きそばでは、寂しいのでほうれん草とベーコンのサラダを注文。
食べながらお好み焼が焼けるのを待つ。


↑焼けてきたら、ひっくり返す。


↑この時、焼きそばが到着。「野菜たっぷり焼きそば」


↑マヨネーズとお好みソースをかけ、出来上がり。なんとなく愛想亡い。テーブルに鰹節が欲しかった。この上に鰹節を乗せて、鰹節が踊るのが好きなんだけど・・・。

こんな感じで食べました。
焼きそばの麺が硬いので、父親は連れてこられないかも。
粉っぽくない青のりと鰹節が欲しかった。

※おまけ画像


MacOSに標準で付いていたiPhotoのお茶目な機能がある。頼みもしないのに、人の顔を検知する。上のお好み焼上に人霊を見つけたらしく。ダレ?と聞いてきます。その場合、「四条河原町地縛霊」と登録して起きました。次はどこで出るかな楽しみです。もっとも新しくMacOS付属のモノはそういう親切な機能はないかも。

和菓子
クリエーター情報なし
河出書房新社

↑京男の和菓子本が新装版になりました。初版を出版した2013年1月26日時の記事新装版が出版した2018年1月19日の記事をご覧ください。
(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

Twitter→@kyo_otoko
コメント (6)

酷暑、だから餃子がうまい!

2018年07月28日 05時08分21秒 | 

↑まず特製きゅうりの丸漬を食べ身体を冷やす!

衝動的に餃子が食べたくなった!
食欲が落ちてきている。
いただいたメロンや桃、ゴールデンキウイ、沖縄産マンゴーなどで暮らしている。
でも突然、餃子!と身体からお告げがあった。
そういう時は、すぐに家を飛び出す。


↑こういう餃子を焼くシステムが欲しいなぁ

外に出るとフラッとするような暑さ。
思わず笑ってしまった。
笑いと言えば、最近寝る前に昔のお笑いDVDを観て笑ってから寝るようにしている。
これは、有効かも。
昼間は、黙々とキーボードを打ち込んでいる。
次から次へと考えが浮かびまとめるのが大変。
気が付くと数時間経っている。


↑美しいでしょ!(笑)

その時、「餃子!」とお告げ。
もう行くしかない。
坂を降りてバス停で市バスを待っていた。
その時、すごい直射日光だった。
足の甲に、サンダルの後がクッキリ日焼けしている。


↑味噌ダレと酢醤油で食べる。これが家ならスイート チリソースなんだけどな。

バスにのって羅城門へ。
羅城門といえば・・・ミスター・ギョウザ♪
実店舗に行くのは久しぶりだったかも。
まず食べたのが「特製ぎゅうりの丸漬」。
注文したのが餃子二人前。
悲しいでしょ。鶏の唐揚もラーメンもビールもなし。
餃子だけ・・・。


↑焼きたての熱々がいい。ビールなしでよく食べるでしょ。

家に持って帰ろうかと思ったけど、近所に写真を撮りたい所があったから持ち帰りはなし。
まあ、ここの餃子は、大丸か高島屋で売っているしね。
ここの餃子でスープ餃子にするのが最近の定番。
でもお店で焼きたてを食べると格別だ。
焼き上がりがとても美しい!


↑昔は、バイクで買いに来ていました。

最近、変わった餃子が流行っているらしい。
ここのように若い女性に媚びない、真っ向勝負的な餃子が好きだな。

和菓子
クリエーター情報なし
河出書房新社

↑京男の和菓子本が新装版になりました。初版を出版した2013年1月26日時の記事新装版が出版した2018年1月19日の記事をご覧ください。
(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

Twitter→@kyo_otoko
コメント (4)