京男雑記帳

洛中で生まれ育った京男が地元視点で見た日常風景や話を雑記的に掲載

爪痕

2018年10月18日 04時50分01秒 | 風景・和菓子

↑京都御苑、秋の雲ですねぇ。

先日、四ヶ月に一度の歯磨きに行った。
今年の夏は、歯科的に何の異常もなく過ごせた。
歯と歯茎の間もオール2ミリに戻っておりました。
春の時は、一箇所だけ歯の根元がヒビの箇所に菌が入り混み、数年かけて広がり膿が出て来た箇所があり、その部分が4ミリぐらい隙間があいていた。
その箇所の歯茎が元の状態に戻っていました。
意識的にコラーゲンなんかを摂っていた結果だと思います。


↑秋の色になってきている。

作業は、歯石を除去し、歯を磨いて終了。
次回は、来年の二月ぐらいになります。
父親を見ているので、歯だけは大切にしないといけないと思います。
油断は禁物ので、メンテナンスをしないといけません。
と言っても寝る前に30秒ぐらい磨くだけですけど・・・・。



歯科が終わってから、京都御苑に行ってみました。
よく見ると台風の被害がありました。
それが本日の写真。







こうやって見ると驚くほど根が浅い。
これでは、強風にあったら倒れますね。
あの台風21号は、京都市にとって久しぶりの本格台風だったようです。
もう今年は台風は来ないでしょう。
でも来年以降、ああいう台風上陸はあるかもしれませんね。
御所の樹木は意外と根が浅いようですね。
幹は太くて立派だけど、根が弱い。
見かけ倒しというやつかも。


↑紫野源水「こぼれ萩」


↑きんとん製(白小豆粒あん入)

和菓子
クリエーター情報なし
河出書房新社

↑京男の和菓子本が新装版になりました。初版を出版した2013年1月26日時の記事新装版が出版した2018年1月19日の記事をご覧ください。
(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

Twitter→@kyo_otoko
コメント

氏子は、うなぎを食べてはいけない!?

2018年10月17日 05時39分38秒 | 社寺

↑渋谷街道沿いに三嶋神社はある。右側の建物が建ってから、極めて神社は小さくなった。このあたりの揉め事は、京女の方が詳しい。

ここは、近所の三嶋神社。
大山祗大神(おをやまづみのおをかみ)
天津日高彦火瓊々杵尊(あまつひだかひこほのににぎのみこと)
木之花咲耶姫命(このはなさくやひめのみこと)
を祀ってあります。
大山祗大神は、木之花咲耶姫命のお父さん。
天津日高彦火瓊々杵尊は、婿です。


↑「三嶋神社」という字の回りを二尾のうなぎが囲んでいる。


↑絵馬もうなぎ

天津日高彦火瓊々杵尊が天皇家の始まりの神となっています。
大山祗大神には、二人の娘さんがいたのです。
石長比売(姉)と木之花咲耶姫命(妹)の二人です。
大山祗大神は、天津日高彦火瓊々杵尊のところに二人の娘を行かせはった。
でも石長比売(姉)が醜いという理由で送りかえさはった。
木之花咲耶姫命(妹)は、可愛かったから結婚。
お父ちゃんは、怒った!
「石長比売を添えたのは、天孫が岩のように永遠でいられるようにと誓約を立てたからで、石長比売を送り返したことで天孫の寿命は短くなるだろう」と告げた。
以来、天皇さんは、寿命が人間並の寿命になったという話です。


↑「揺向石」高札


↑揺向石

この後、天津日高彦火瓊々杵尊と木之花咲耶姫命と結婚。
子供がすぐにできた。あまりにも早かったので「俺の子やない?」と彼女に言った。
彼女は悔しくて、「もし火の中で子供を無事産んだら、あんたの子や」と言い、火の中で子供を産んだ。
おの火の中が富士山らしい。
それで生まれた子供を認知しやはった。
でもその結婚生活は長く続かなかった。
きっとお姉ちゃんの生霊が影響したのでしょう。


↑本殿

だから、この神社でこの三人(三柱)の神が一緒に祀られるというのも微妙ですね。
ひょっとして揺向石って、お姉ちゃんの生霊が凝り固まったもの?
なら夫婦和合なんて、ちょっと辛すぎるかも。
安産というても、水中でなく火中ですから・・・。
子授けは、まあ効力があるかも。



うなぎが神様のお使いというのがよくわからない。
この神社の氏子は、神の使いであるうなぎを食べてはいけないらしい。
我が家から、この三嶋神社と新日吉神宮と同じ距離かも。
ひょっとして氏子?
もううなぎは食べている。
新日吉神宮ということにしておきます。さるは、食べる習慣はないし、不便でない。


↑小さいでしょ。昔は敷地が大きかったのです。でも建物をその敷地に建ててしまった。だから神社は小さくなった。社務所の方が大きいのです。


↑社務所

石長比売さんは、京都の貴船神社の結社で祀ったはります。
見方にしたら長生きできるかも。
でも古事記の時代?の美的感覚は、現代と全然違うかも。
ひょっとして石長比売さんは、今の規準でいうと凄い美人かも。
なんかそんな予感がします。

和菓子
クリエーター情報なし
河出書房新社

↑京男の和菓子本が新装版になりました。初版を出版した2013年1月26日時の記事新装版が出版した2018年1月19日の記事をご覧ください。
(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

Twitter→@kyo_otoko
コメント (2)

御簾内で作業しています

2018年10月16日 04時35分50秒 | 風景・和菓子

↑ベランダ側もこうなっています

やっと秋のような気温と湿度になってきた。
嬉しいなぁ・・・。
秋冬男の京男は、ウキウキ状態。
でも・・・マンションが外壁のメンテナンス。


↑私のデスク前もこうなっています

いい季節なのに、窓を開けてもこの状態。
ベランダ側も窓側もすっぽり覆いが掛けられております。
結構、薄暗くて窒息感がある。
時々、ペンキの匂いがするのでガラス戸も閉めないといけない。




↑作業の人の足が横切ったりします

外で雨が降っているのかもよくわからない。
時々、工事の人が歩いていたります。
先週は、ベランダで工事の人が作業していた。
裸でうろうろできないなぁ。
早朝で私以外仕事に行った後の一時間ぐらいの話。
夏でも冬でも開けっ放しでトレーニングなんです。
これからは、汗をかかないかな?
今年もよく早朝汗をかきました。
これからは、楽になる。
寒いから懸命に身体を動かすようになる。
そして水のシャワー!そろそろ水が冷たく感じます。
冬はもっと寒いですけど。


↑本家玉寿軒「秋景色」


↑羊羹製、栗入り浮島

和菓子
クリエーター情報なし
河出書房新社

↑京男の和菓子本が新装版になりました。初版を出版した2013年1月26日時の記事新装版が出版した2018年1月19日の記事をご覧ください。
(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

Twitter→@kyo_otoko
コメント (2)

いいお日よりになりました

2018年10月15日 06時55分08秒 | 
早朝は、肌寒く昼間は程よい気温。
すごしやくなりました。
気が付くと10月も半分過ぎている。
いくら何でも暑さは戻らないだろう。
湿度も低く快適。


↑インド料理チャンダー「トマトスープ」

昨日は、京女と二人で私の実家へ。
久しぶりに感じる。
先週は、実家に行っていなかった。
しなければいけないことが結構あります。


↑「カチャンバル サラダ」インド風のスパイシーサラダ、もうすこしトマトが多かったら嬉しかったのに、キュウリも一味唐辛子とクミンがいい仕事をしていました。

父親のリクエストは、暖房機器の設置。
掘りごたつ、ガスストーブなんかもスイッチでいつでも稼働できるようにする。
一戸建ては、マンションと違い隙間風も多く、寒く感じるのでしょう。


↑「ランチセット」カレーソースは玉子でした。

父親は、世間に対しいい人ですね。
日本の政府みたいです。
戸締まりやセキュリティに関して、性善説で対応します。
私は、その逆。
できれば父親のように対応したいのですが、いまの日本では、悪い人間が多すぎる。
そんないい人間を守らないといけない。
色々な事態に対応するように、次々と手を打っている。
生命がかかっているのです。
あらゆる事態を想定し、できる限りのことをする。
それを父は、理解してくれない。


↑「チキン ビリヤニ」

できるだけ丁寧に理解してもらおうとしています。
これは、結構疲れる作業。
それが証拠に家に戻ったらベッドに横になったまま二時間ぐらい寝てしまった。
目の温湿布をしているから、時間の経過が分からなかった。
荷物が届いた音で目が覚めた。
あまりにも深く寝ていたのでびっくりしました。
夜になったかと思ったからです。


↑「マサラチャイ」お店のご厚意でした。

「見ること」しかできない人に「観ること」を理解させるのは、エネルギーがいることだと思います。

※本日のランチ写真は相変わらずで申し訳ない。京都らしい景色がなかなか撮れません。上生菓子もいつも買いに行くのですが、該当なしで終わります。職人の腕が落ちているのかな?技術継承がうまく行ってないのかな?そう思う今日この頃。

和菓子
クリエーター情報なし
河出書房新社

↑京男の和菓子本が新装版になりました。初版を出版した2013年1月26日時の記事新装版が出版した2018年1月19日の記事をご覧ください。
(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

Twitter→@kyo_otoko
コメント (2)

日本産の丼

2018年10月14日 05時53分46秒 | 
仕事用のメガネのレンズが外れた。
メガネのレンズを専用のクロスで拭いているときレンズが外れ、落ちて角が欠けた。
縁なしタイプのレンズはこんな感じで取り付けてあるのが初めてわかった。
脆いモノですね。フレームは、折りたためないけど柔軟で丈夫なのに・・・。
現在は、少し前の近近眼鏡で作業中。
その他、文具を買ったりする用事もあり、京女と四条河原町方面に行く。


↑龍鳳「古老肉(スブタ)」まだ夏の疲れが残っているのか、甘酸っぱいものを注文。

取りあえず眼鏡を修理に渡す。
仕事用の眼鏡は、特殊な眼鏡屋さんで作る必要はない。
でもいまサブの仕事用は、眼鏡研究社で作ったか。
次の段階は、奈良に行かないとだめなのか。
今回は単純に検眼も必要ない、欠けたレンズを同じ度数で復旧してもらえばいい。
前に作ったデータはあるのでそれでつくる。
コストもまあ安い。


↑京春蝦捲(はるまき)

いま、外出用に新しく作ったレンズの調子がいいようなら、仕事用も同じにする必要があるのかな?むしろ仕事用の方をZWIZZにする?
いや、ZWIZZは、遠くの景色にはいいけど、作業用・・・つまり液晶モニタのドットがクッキリみえても意味がないバカ!・・・と心の奥深くから声が聞こえてきた。


↑真ん中奥のモノはプリンではないです。小皿の上に乗った辛子。

その他、実家用に合鍵を作成依頼し、ランチタイム。
本日は、龍鳳に行く。
前回は、父親と行ったのですが、暑い時期にクーラーなしはキツかった。
いまぐらいの気温なら大丈夫。
冬はどうするのかちょっと興味がある。


↑天津飯(カニ玉丼)。これは関西風といわれる薄い塩味。

夫婦で天津飯と中華丼という不思議な日だった。
皆さんは、ご存知かもしれませんが書いておきます。
この二つの丼は、日本で考案されたもの。つまり日本料理。
本場、天津に行っても「天津飯」はない。
「天津甘栗」もないらしい。


↑廣東飯(中華丼)

戦後・・・といっても応仁の乱でなく、第二次世界大戦・・・日本の中華料理というのを大陸で食べた日本人が、日本風にアレンジして作ったものが現在の中華料理なのかも。天津飯や中華丼は、芙蓉蟹や八宝菜の材料で御飯の上にのせたまかない料理だったのでしょう。麻婆豆腐丼だってそうでしょうね。
だから、本番中国(といっても広島ではない)で食べようと行ってもないのです。
焼き餃子もないと思う。
ある時、中国から「餃子やラーメン、着物※や漢字は中国のモノで特許を取ってある。だから特許料を払え!」と言ってくるかもしれませんね。
※着物(和服)の原形は、呉服だといわれているのです。呉服の「呉」というのは、三国志に出てくる「呉」の服ということらしい。それが日本に輸入されたのかも。それ以前の日本は素っ裸でくらしていた・・・ということはないだろう。「横幅衣」「貫頭衣」というような服装だった?


↑辛子を酢で溶いてかけました。

そんなことを考えると面白いですね。
昨日は丁度いい気温で快適に食べました。
目出度し目出度し。

和菓子
クリエーター情報なし
河出書房新社

↑京男の和菓子本が新装版になりました。初版を出版した2013年1月26日時の記事新装版が出版した2018年1月19日の記事をご覧ください。
(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

Twitter→@kyo_otoko
コメント (2)

別れさせた、小倉ホッとケーキ

2018年10月13日 04時05分41秒 | 甘味・喫茶・その他
昨日の記事の続き。
ちょっと悲しいランチを食べた後、ちょっと運動。
なんやかんや理由をつけ父を歩かします。
ちょっと悲しかったランチのまま帰路につくのが忍びなかった。


↑今熊野バス亭付近。線路はJR。

そこで私が病院に歩いて行くコースを歩くことにした。
トロフィーは「ホットケーキ」。
いろいろ話しながら歩く。
京男、最近マシンガンのように喋ります。
いつからこんなになったんだろう・・・・。


↑梅香堂「小倉ホットケーキ(別れバージョン)」

今熊野にある梅香堂に入る。
結構久しぶりかも。
ランチライムに近かったからか人が少なかった。
ありがたい。
ホットケーキを食べるために並ぶのは辛い。


↑ぜんざい・お餅一つ

父に「なにを食べる?」とホットケーキと言うだろうと思いながら聞く。
予定通り「ホットケーキ」と言う。
メニューを見て「小倉ホットケーキ」と付け加えた。
まあ、いいでしょう。
注文する時、お店の方に「小倉餡をホットケーキにかけずに別皿にしてください」と注文。
映えはしないだろうけど、映えなんて爺たちにはかんけいねぇ!
ということでこんな地味なホットケーキの写真になりました。
悪しからず。


↑博物館からずっと喋りっぱなしだったので、甘い物が喉に優しい。

私は、久しぶりに「ぜんざい」。
お餅は一つバージョン。
甘党で爺二人が食べている姿というのは、まことに微笑ましい。
なんて自分で思っています。
話しの内容は、アメリカの長期金利が・・・なんて内容。
話しは甘くないのです。
これからどうなるか父に予想を教えてあげた。
新聞とテレビという旧メディアしか観ていないから、ちょっとびっくりしていたな。
ビックリしたりする。これは大事なんですよ。
ぼけ防止になります。


↑新熊野神社の大樟。そういえば犬の散歩をしている宮司さんとすれ違ったな。

結局、私がホットケーキを四分の一食べ終了。
小倉餡がちょっと残ったけど、仕方ない。
一応、糖尿病という難病を、父は抱えているので。
でも考えようによっては、糖尿病なのでこういう禁断のお店が嬉しいのかも。
まさか、父親と二人で甘党の店でこんなものを食べるとは、思っていなかった。
人生わかりませんね。

その後、私の病院まで歩き、タクシーで送り解散でした。
きっと父親は、満足したことでしょう。

和菓子
クリエーター情報なし
河出書房新社

↑京男の和菓子本が新装版になりました。初版を出版した2013年1月26日時の記事新装版が出版した2018年1月19日の記事をご覧ください。
(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

Twitter→@kyo_otoko
コメント (4)

ナマタマゴ処理問題

2018年10月12日 05時27分20秒 | 

↑京都国立博物間

昨日は、父親のリクエストがあった。京都国立博物間に行きました。
『特別展 京(みやこ)のかたな 匠のわざと雅のこころ』というやつです。
行く前に「あの展示は若い女性が多いのでゆっくり観られないかも」と言っておりました。


↑これを観にいきました

私も、なぜだかわからなかった。
ある方に『刀剣乱舞』というゲーム・アニメの影響で若い女性が最近日本刀に興味を持つ女性が増えたのだそうです。
日本刀の名刀を男性に擬人化(付喪神)して、刀剣育成シュミレーションらしい。
ゲームは、できないのでが雰囲気を観ようとはしました。
でもあの絵は、受け付けられません。


↑父親が「こんなところにも池がある!」と興奮した。京男「よく見てみなさい」。父親がよく見ると浅い水たまりでした。(笑)

だから本物も見ておきたいというのでしょう。
前列で観るために、並んでいる。
すごいですね。
確かに身近で観たいでしょうね。
日本刀はライティングが難しい。
照明が反射して細かいところがよく見えない。
自分で手入れをする時、眺めたらいい景色だろうな。



父親も満足しただろうか?
図録が品切れで今月末ぐらいまでないそうです。
送ってもらう程ではないか。
欲しかったらまた行けばいい。
無料だしね。
入場料が大人1,500円也です。
2人で3,000円!

ということでランチは智積院の「桔梗」で食べました。
いつも通るところだけど、観光気分になれます。


↑智積院桔梗「京湯葉御膳と刺身蒟蒻」(湯葉丼、手作りざる豆腐、蒟蒻刺身、香の物、汁物)

最初、玉子を何に使うのかわからない。
昔のお姉さんが「鍋が沸騰してきたら、玉子を溶きいれてください。蓋をして玉子が固まったら、御飯にかけて食べてください」とのこと。
「粉山椒はないの?」と聞くと「ない」との答え。残念。七味しかない。


↑「京湯葉御膳と天ぷら盛合せ」(湯葉丼、手作りざる豆腐、天ぷら盛合せ、香の物、汁物)

ざるに入った白い塊は、手作り豆腐。
まあ、豆腐を足で作ったりしないよな。
これは「昆布塩で食べてください」とのこと。
醤油の方がいいと思うけどな。
でもこの昆布塩、味が弱い丼の方にも入れた。それで美味しくなった。
父親が好きな刺身蒟蒻をあげると「硬い?」と言った。
弾力があるだけじゃん。噛む力が弱っているのかな?
豆腐は大丈夫のようでした。



最後の写真は、一昨日大阪で食べたランチ。
このセットが前に置かれた。
写真を撮ってから気付いたことは「この生卵どうやって食べるのか?」という疑問だ。店員に聞けば良かったけど、なんかしゃくにさわる。
1.このまま御飯に乗せかき混ぜる(問題はテーブル上に醤油がない!)
2.薄い味噌汁に卵黄と練り辛子をいれ濃くを出す。
  残った卵白は箸で泡立て不味そうな御飯へ
3.男らしく生卵を飲む。精がつきまっせ。
4.玉子を溶き、キャベツと合わせ、お店の人に焼いてもらう。
5.玉子を溶き、薄いトンカツにつけ、食べる。
さて、正解はどれでしょう?

和菓子
クリエーター情報なし
河出書房新社

↑京男の和菓子本が新装版になりました。初版を出版した2013年1月26日時の記事新装版が出版した2018年1月19日の記事をご覧ください。
(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

Twitter→@kyo_otoko
コメント (2)

今年の紅葉はどうやろ?

2018年10月11日 05時39分52秒 | 風景

↑今日の写真も智積院の景色

中途半端な気温が続いています。
そろそろ秋の気温かな?
昨晩の天気予報では、「11月上旬の・・・」と言っていた。
「上着があるといいでしょう」よけいなお世話だ。
これでちょっと暑くなったら、水分補給云々という。
バカがそれを聞いて歩きながらコーヒーを飲んでいたりする。
中には安物のダウンを着ているアホもいる。
かと思えば半袖半ズボンもいる、それは私か。



今週はなかなかPCの前に座れない。
つまりデスクワークができない。
もっとも窓を開け、大きな声で電話していたら、窓の外を工事人が通った。
マンションの外壁メンテナンスなんです。
いつまで続くんだ・・・。
窓を開けていたらいい季節なのに。
きっと工事が終わったら冬になっているだろう。





そんな事情もあり、あまり部屋にはいない。
父親がいうには、実家の前の道路が工事して車が通れないらしい。
デイサービスの車も入れないのだそうです。
工事の秋ですね。



毎日タクシーに乗る。
運転手さんは、観光地に詳しいから、情報収集する面白さがある。
紅葉は、なんとなりそうです。
問題は、来年の桜。
桜はダメみたいですよ。
台風21号の被害はかなり甚大らしいのです。
桜の木は、風に弱いようですね。



だから来年から数年、桜は期待しない方がいいでしょうね。
残念です。
紅葉も天候によりますね。
すかっと晴れていないと綺麗じゃない。
それと気温。
意外と寒くならないのかも。
そうなると汚い紅葉になり、夜のライトアップ頼みになる。
でも夜にお寺に行きたくない。
どうもライトアップは好きになれない。



そうそう昨日、大阪に行っていたのですが、京都に戻ると日が暮れていた。
最近、日が暮れるのが早くなりましたね。
夜明けも遅くなった。
しかも工事で部屋が薄暗い。
言いたくないけど「うっとうしいんじゃ!ちゃちゃと作業せんかい!ぼけ」と言いたくなります。こんな作業、本気だしたら一週間ぐらいで済むのに。

和菓子
クリエーター情報なし
河出書房新社

↑京男の和菓子本が新装版になりました。初版を出版した2013年1月26日時の記事新装版が出版した2018年1月19日の記事をご覧ください。
(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

Twitter→@kyo_otoko
コメント (4)

やっぱり10月10日は「体育の日」だと思ってしまう

2018年10月10日 05時08分11秒 | 風景・和菓子

↑門の向こう側は東大路七条

そういえば今日は10日やっぱり体育の日という感じがする。
私の場合、10月10日は体育の日という経験がながいからしかたない。
別に運動会に行くとかいう習慣はないけど。
走るのは苦手になったしね。
小さい時から運動会は、好きじゃなかったかも。
集団でなにかをするのが苦手だったのかも。
みんなと一緒というのも苦手。
どこかの国の軍事パレード状態は絶対無理。
並んだりするのも無理。
段の上で見るのはできるかも。


↑智積院

スポーツもあまりやらない。
見るのも見ない。
だから野球、サッカー、バレーボールはルールがよくわかっていない。
身体を動かすのは、やるのです。
それも徹底的に。
だからリハビリとか誰よりもやりました。
いまでも毎日1時間はトレーニングを欠かさない。
もう習慣になっている。



高校の時なんて運動会で体育の服装をしたこともない。
学生服を着て、医務室の先生と話すだけだった。
埃っぽい所で、暑苦しく走るのはいやでした。なにももらえないしね。
でも毎日数十キロぐらい自転車で走っていた。
独りでなにかをやるのが小さい時から変わっていないのかも。
意外だと思うだろうけど、一ヶ月ぐらい人と喋らずに過ごしても平気だった。
幼稚園ぐらいから山で遊んでいた。



そういう私を見て、父親は「お前は、人付き合いができない。職人になるしかない」と決めつけていた。
いまの私を見て、どう思っているだろう・・・。
忌まわしい母親の血(DNA)が活性化してきたのかも。
いつからこんなになったのか?



ひょっとして自分で舌を噛み、顎関節折れ、骨盤を蹴破って、救急車で運ばれ15、6時間の手術をし、血液を全部輸血で入れ替えた時、どこかのしゃべりのおっさんかおばはんの血が輸血された影響か。
手術の後、京女に「血が入れ替わったから、性格が悪くなったらどうしよう!」と言った。「B型はやっぱりB型の性格は変わらへん」と言われた。なんかB型に対する差別やと思う。我が家では、次女と私がB型で後はO型なんです。だからいつも「やっぱりB型は・・・」と言われる。しかも、獅子座と水瓶座だし・・・。なんか独創性のある性格ある性格を妬まれているのかも。


↑紫野源水「すすき野」


↑薯蕷製(小豆こしあん)

なんて考えながら昨日は、前半デスクワーク作業をしていた。
仕上がり昼から外部で仕上げていた。
本日は、それを持って大阪行きなんです。
気温が暑いかな?
昨日は、半袖半ズボンでちょうどよかった。
早く冬になってくれないかなぁ・・・。
ダウンジャケットが着られる時期が一番好き。
変わってますね。

和菓子
クリエーター情報なし
河出書房新社

↑京男の和菓子本が新装版になりました。初版を出版した2013年1月26日時の記事新装版が出版した2018年1月19日の記事をご覧ください。
(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

Twitter→@kyo_otoko
コメント (2)

そろそろ秋かな?

2018年10月09日 06時28分32秒 | 風景・和菓子


昨日は、ひたすらデスクワークの一日。
窓を全開しておりました。
気温は、28度ぐらいだったけど、湿度が40%ぐらいだからまあまあ快適。
休日だから工事も休みなので、うれしい。
マンションの外壁リペアって大変な作業ですね。
足場が組んであり、作業する人がウロウロする。
金属のカーンという音がとても耳につらい。
ノイズキャンセルのヘッドフォンをしたら、工事の音は消えるけど、宅急便の呼び鈴が聞こえなくなる。



なんか檻に入れられているような気持ちになる。
私は刑務所とか無理やな。(笑)
巷では三連休らしいけど、休みらしいことはなにもしていないな。
自由業だから休みなんていつでもとれるのですが、休もうとしない。
入院している時も寝たきり状態でない時は、PCで作業していた。
さすがに早朝の暗い時は、個室でないからできません。
個室ならトレーニングもしていただろう。
もっともあの時は、自分のベッドにユックリ寝ていなかった。
ひたすら松葉杖で歩きまわって、トレーニングしていた。
階段だって平気だった。車イスの時も坂をよく登りました。
早く退院しないと行けなかったしね。



そういえば昨日は「体育の日」だったそうですね。
一瞬、もう10日か・・・と思ってしまった。
国もつまらないことを決めますね。
サラリーマンって仕事が嫌いなんだろうか?
私は、好きだったけどな。
働かされているという意識はなかった。
修行して技術を開発していると思っていた。特に二十歳代はね。
特殊な仕事だからかな?
とにかく自分で考え、動くというのが基本でした。
いまもそうです。
私は、一生そうなのでしょう。


↑長久堂「千代見草」
※千代見草?という人がおられるでしょうね。菊の別名。確かに菊の花弁がのっています。松の異名だったりもします。

明日から、普段の日になる。
でも観光シーズンになってきた。
スイカの種(修学旅行生)や外国人観光客、そしてちんどん屋のような着物に似たものを来ている東洋人の群れが増えてきている。
京都市内の表示も英語・中国語・韓国語が多い。
案外、日本語の表示が目立たなくなり、不便に感じる。(もっとも私は読みにくいから、あまり読みませんけど)
ちょっと暑さがましになって来たから、汗臭い匂いはなくなってきたかも。



私の機嫌のいい時は、タクシーの運転種さんと話す。
彼らの情報は、面白い。
話しによると来春は、桜がだめらしい。
台風21号の被害で桜の木がだめになっているとのこと。
まだ、全然片付いていない社寺なんかもあるらしい。
メジャーどころの社寺は、お金があるからいいのですが、中小社寺は絶望的らしい。
京都市は、援助しようにも予算がないらしい。そうでしょうね。外国人観光客は多いけど、京都市でお金を使わないでしょうから。どうするつもりなんだろう?
交通事情は悪化している。でも市バスは増やすらしい。大丈夫?
車を規制した方がいいのでは。
自転車も歩道を暴走するのは、危なすぎる。だから観光客にレンタルしてもねぇ。
京都の街、道が狭いので問題でる。


↑きんとん、黒こしあん

街並みも小さなホテルが建設ラッシュ。
あんな地場の悪い所のホテルなんて泊まりたくないと思う。
まあ、夜中に賑やかなアトラクションが体験できるから、観光客にはいいのかも。
日本の経済は、観光頼みらしい。まともに産業を興さなくていいのかな?
博打場をつくったりしていいのかな?
なにかの国際的事件・天変地異で観光客が日本に来なくなったら、京都の街はゴーストタウンになるかも。
ホテルがバタバタ潰れて行くからね。
まあ、潰れたホテルを利用して、介護施設に転用したらいいのかも。

和菓子
クリエーター情報なし
河出書房新社

↑京男の和菓子本が新装版になりました。初版を出版した2013年1月26日時の記事新装版が出版した2018年1月19日の記事をご覧ください。
(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

Twitter→@kyo_otoko
コメント (4)