京男雑記帳

洛中で生まれ育った京男が地元視点で見た日常風景や話を雑記的に掲載

道端にて

2018年12月16日 05時40分31秒 | 風景・和菓子


近くの道を歩いていると気になる風景がある時がある。
何気ない側溝の苔がとても綺麗に見えるのです。
こんななにげない場所に美しさを感じるのが嬉しい。



ひょっとするともっとそんな風景が隠されているかも。
でも欲張って見ようとしてはいけない。
何気なく、無欲に眺めるのがいい。



見ようとしてはいけない。
小さな所、大きな所、あらゆる所に隠れている。
いつもは目的があるからとても早く歩いている。
そうなんです。最近、ちょっとは早く歩けるようになっているのです。



なぜ?


↑二条若狭屋「里の冬」

ボイストレーニングの影響かも。
ひたすら聴いて身体に音を染みこませています。
その時、リズム感も染みこんでいる。
歩く時、リズムに乗っている。
それが楽しいのです。


↑上用、黒漉し餡

なんでもないけど、幸せなんです。
そういう時、景色が見えてくる。
雑踏は、それが出来ない。
常に緊張を強いられる。
よく景色を観る余裕がないのかも。

和菓子
クリエーター情報なし
河出書房新社

↑京男の和菓子本が新装版になりました。初版を出版した2013年1月26日時の記事新装版が出版した2018年1月19日の記事をご覧ください。
(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

Twitter→@kyo_otoko
コメント (2)

晩秋なの?初冬なの?それともアウト老?

2018年12月15日 06時54分01秒 | 風景


ここ数日、寒くなったようですね。
たまたま朝の天意予報を見ていてら「寒い寒い」と言いながら北海道の雪景色を映してくれる。いかにも寒そう!





私からするとちっとも寒くない。
厚着をして外出すると必ず汗をかく。
帽子でもかなり汗。
しかも街中の生活では寒い所にじっと立っているなんてありえない。
信号待ちぐらいかな?



そうか!マスクをしているというのもかなり暑い理由ですね。
でもマスクは必須。
外出している間中、ボイストレーニングのトレーニングをしている。
もっとも声は出しませんけど、確実にその口の動きになっている。
でもマスクのお陰でわからない・・・と思う。



でもひょっとして声がちょっと漏れているかも。
あの防音の部屋でやっていても外に私の声が漏れているらしいのです。
最近、結構しっかりした声になったかも。
この秋、声が2回ぐらい出なくなった時がある。
あれって、傷ついた声帯をいたわるための期間だったのかも。
筋肉だって、運動をした後、痛くなる。あれは、筋肉が損傷して修復しているのだそうです。声帯もそういうのがあるのかな?



昨日も父親とランチを食べに行った。
なんとお店の中で立って待てとお店の方に言われた。
「ええ・・・杖とついた身障者と高齢者二人を立たせるか!」と小さな声で言ったつもりだったけど、聞こえた見たい。奥の6人部屋みたいなところに通してくれた。



昨日の薬局でもやってしまった。処方箋を持って行ったのです。薬の棚卸しをしたら二ヶ月半分ぐらいの薬がでてきた。数を数え写真を撮り、メモを付け、ドクターに診せたのです。ドクターは了解してくれ、処方箋を書いた。でも間違っていた。
お店の方が「お医者さんに電話して確かめます」と行ったので「私がボケ!と言っていると伝えて」と伝言してしまった。
私、処方箋を貰っても書類では確認できないのですよ。
・・・なんか「アウト老」になってきたかも。でも私は理不尽に怒っていないつもりなんだけど・・・。



父親と買い物をしてレジで長い行列。
ババアが支払の時、小銭を出そうとしていた。
父親に「こういうのよ、わかる?老眼でじゃり銭をキッチリ出そうとするのはわかるけど、自分の置かれている状況をよく見て、お札でお釣りを貰えばいい。小銭が邪魔になったらチャリティーボックスに入れればいい。それだけ。だからICOCAあたりにお金をチャージして決済したらいい。わかった!と父親に言った。
昨日は、なんかピリピリしていたな。
やっぱり「アウト老」になってきたかも。

和菓子
クリエーター情報なし
河出書房新社

↑京男の和菓子本が新装版になりました。初版を出版した2013年1月26日時の記事新装版が出版した2018年1月19日の記事をご覧ください。
(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

Twitter→@kyo_otoko
コメント (2)

煤払い

2018年12月14日 05時45分41秒 | 風景
ニュースでお城やお寺の煤払いの風景をやっていた。
一年も経つとなにもしていなくても煤払いが必要になるぐらい溜まるものです。
我が部屋も掃除と整理をしないと・・・。



でもいま片付けると作りかけのモノがどこかへ行く可能性がある。
やたら材料を買い集めていますからね。
いま、それらを片付けるとどこかへ行く・・・。
片付けるということは、モノを作らないといけない。



今年は、やたらすることが多い。
寝る時、一応DVDを観ようとするのです。
でも全然話しが先にするまない。
気付いたらキーボードのアップが視野に広がり、ビックリする時がある。
もちろん、DVDは終わっている。


↑梅の蕾

街中を歩くのですが、すごいスピードで歩いていると思う。
目的が明確だから最短で移動しようとする。
片耳でボイストレーニングのお手本を聴いている。
メトロノームの音が聞こえて来る。
気付くとそのリズムで歩いているのが面白い。
そして、歩幅が広がっている。これは面白い。
気付くと毎日1万歩ぐらいになっている。



階段も駆け上がる。
エスカレーターがいやなんです。
片側を空けるのがもおかしいな。
二人並んだら、エスカレーターに乗るための行列ができないのに。
なんであんなことをするんだろう。
大阪に行くとエスカレーターの片側を駆け上がる人が多い。
あれは怖いですよ。もし当たられたら後ろへ転けるかもしれませんからね。
事故が起こらないのかな?



さて、本日は、またまた病院だ。
なぜか薬が余っているから、処方の量を減らしてもらわないとね。
それが終わったら、外部で作業、ランチは父親と食べる予定。
忙しくて父親にかまっていられない。
年末はどうもいけません。


↑岩の苔が異様に綺麗だった

煤払いのことを何も書いてないかも。
目に見える煤や埃は払いやすいけど、心の煤や埃はなかなか自分で認識できませんね。注意深く自分と自分の周りに起こることを観察し、心の煤や埃に気付きましょう。気付いたら祓いましょう。
いっぱい溜まっていますよ。

和菓子
クリエーター情報なし
河出書房新社

↑京男の和菓子本が新装版になりました。初版を出版した2013年1月26日時の記事新装版が出版した2018年1月19日の記事をご覧ください。
(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

Twitter→@kyo_otoko
コメント (2)

ダウンジャケット

2018年12月13日 05時05分24秒 | 風景

↑ダウンジェケットを出すとクリーニング屋さんからのメッセージ。やっぱり他国の人を安く使って作ったようなモノはいけまへんな。ダウンジェケットというよりタウンジャケットやね。

テレビの天気予報やニュースで「寒い、寒い」の連呼。
そろそろダウンジェケットをクロゼットから出した。
よくもまあ、色んなタイプのモノを買ったものです。


↑昨日の智積院境内

クリーニングから帰って来た状態でクロゼットに吊してあるのです。
もうどんなモノを買ったのか忘れている。
最初の写真を見たらおわかりのように、いま売っているダウンジャケットはどうもいけません。コストを安くするためにすごく適当に作ってある。
ダウンと言っても実質的に鶏の羽根なのかも。
こんなモノを着て登山をしたら死ぬかもね。



このダウンジェケットは、結局着ないかも・・・。
勿体ない。
使い捨ては止めた方がいいと思う。
高くても修理してずっと使えるモノがいいな。
日本は、そういうモノ作りをしたらいいな。



そうそう本日、清水寺で今年の漢字を森貫主が書いてはった。
「災」でした。
私が森貫主なら「今年の漢字が投票で決められます。そして私に持ってきやはります。私はその漢字を観音さんと相談して書かせてもらいます。それでよろしいですね。いやなら違うお寺で書いてもらいなはれ」というかも。
みんなが考える程度の漢字を今年の漢字にするなんて趣味が悪すぎる。
衆生の考えは無視すると不味いけど、採用するのも良くない。



みんなで決めるのが民主的というけど、このような場合は、観音さんと森管長の智慧で書いた方がいいと思う。


↑クチナシの実

そんな漢字か?
私なら「福」と書く。
今年、投票しやはった漢字は「災「い)」。
観音さんと相談した結果、「福」とする。
「災」転じて「福」となす。
どうですか。
衆生はそういう風に考えない。
オリンピックのマークでもつまらない凡作が決まる。
みんなで決めるからそうなる。



シンボライズするようなものは、独断と偏見で決めればいい。
私は、そう思う。

和菓子
クリエーター情報なし
河出書房新社

↑京男の和菓子本が新装版になりました。初版を出版した2013年1月26日時の記事新装版が出版した2018年1月19日の記事をご覧ください。
(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

Twitter→@kyo_otoko
コメント (4)

今年は、後20日もある!!

2018年12月12日 05時10分41秒 | 風景・和菓子
急に冬になった感じがする。
窓を開けているから余計そう感じるのかも。
マンションの工事がほぼ終わり、太陽光が部屋に入ってくるのがうれしい。
当たり前のことなんだけど、嬉しいのです。



毎朝のトレーニングもパンツ一丁!で1時間やっています。
風を通しながら。
「寒いでしょ」と言われそうだけど、嬉しさがで皮膚感覚がボケているのかも。
夏と違って汗もかかないから快適。
やっぱり夏は弱い京男であります。



昨日は、予感していた通り急がしかった。
昼食を食べる時間がないのですよ。
ひたすら作業なんです。
まあ、文章を書くとか知的な作業でなく、ひたすら神経を使う細かい作業。
窓を開けてあるから手先が凍えることに気付いた。
しかたなく窓を閉め、手を温める。



一昨日は、大阪でかなりハードに移動。
地下鉄の乗り換えで、やたら階段が多く、いい運動になりました。
でもその前の治療?の影響か飛ぶように歩きました。
大阪で1万歩ぐらいは移動したかも。
でも食事をする時間がなかった。



京都市内もゆっくり写真を撮るのもできません。
なんでしょうね。
まあ、することがたくさんあるのはいいことです。
電車の中で回りを見回すと結構な人がスマホでゲームをしているのです。
賞金稼ぎをしている訳でもないだろうな。
やって何になるのかな?暇潰しなんだろうか?


↑亀屋良長「つたもみじ」

そういえば昔、PCをやり始めた時、ゲームをしていたな。
まだ、インターネットなんて無かった時代。
パソコン通信の世界。
先日、スマホが使えなくなって騒いでいたけど、私はどうってことないです。
そろそろスマホから普通の携帯にしようかと思う時がある。
音声の連絡だけだしね。
スマホでメールやLINEなんかも殆どしない。
キーボードがないとだめなんですよ。
キートップを見て読まないと打てないでしょ。
ちょっとはましになったけど、読字障害になるとそうなります。


↑煉切、黒こしあん

Bluetoothが快適に使える携帯電話って、どこのがいいかな?
例年の課題なんです。
スマホは、アプリを使う関係でやめはしませんが・・・・。でも新しいiOSにアップデートすると使えなくなるアプリが多いのですよ。
困ったもんです。

取りあえず、後20日もあるからしっかり作業をします。
潰す閑がないのはいいことなのかも。

和菓子
クリエーター情報なし
河出書房新社

↑京男の和菓子本が新装版になりました。初版を出版した2013年1月26日時の記事新装版が出版した2018年1月19日の記事をご覧ください。
(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

Twitter→@kyo_otoko
コメント (2)

こういうのが定番になりましたね

2018年12月11日 05時28分01秒 | 

↑はとや食堂でのランチ

なんか最近、毎日曜日はこういうランチが多くなってきた。
血液検査を意識している訳ではないのですが・・・。



身体が欲するモノを食べることにしているのです。
それが夫婦でもシンクロナイズしている。
そういえば家でこういうメニューをあまり作らなくなったかな?



家だと御飯が餅麦混入してあります。
あのプチプチが妙に好きなんです。
しかも、長く御飯を噛むようになる。
案外、いいかも。



二十歳代の私がみたら、苦笑するだろう。
でもいまの私にとってとても綺麗に見えます。
これは不思議。



インスタ映えなんてオノはどうもいただけません。
画像的に映える、味覚とお腹が納得しない。
あんなゴミ箱をひっくり返したものがいいとは・・・。
まぁ、色々な好みはあっていいのですが。



家に帰ると長女が来た形跡がった。
果物やケーキなんかあれば、持って帰っていいと京女が伝えていたらしい。



ミカンにこんなことをしてありました。
これ、可愛いのですが食べ難い。
顔が描いてないモノから食べてしまう京男であります。

和菓子
クリエーター情報なし
河出書房新社

↑京男の和菓子本が新装版になりました。初版を出版した2013年1月26日時の記事新装版が出版した2018年1月19日の記事をご覧ください。
(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

Twitter→@kyo_otoko
コメント (2)

クリスマス仕様の市バス?

2018年12月10日 04時56分09秒 | 風景


昨日の続き。
蕎麦を食べ、パティスリーカランで西賀茂チーズを買い。
買えるためにバス亭に行くと37番の市バスが来た。



最初に乗る時、クリスマスの人形が光っていた。
別に不思議ともなんとも思わなかった。



そして席に座る。
ボーッと車窓からの眺めを見ていた。
それが最初の写真。
この虹のような部分に見とれていた。



しばらく経って、ふと「何かが違う?」と気が付いた。
最初、何かわからなかったのです。
そうかこの市バスクリスマスの飾り付けがしてある!



これは、不思議な光景でした。
人も結構いるので、うまく除けて撮りました。
不思議でしょ。
市バスですよ。



四条河原町に着き、降りる時、運転手さんを見た。
ただのおっさんだった。
惜しいなぁ・・・トナカイの扮装なら合格なのに・・・。
でも制服を着てないとだめなのかも。
ここまでやるならトコトンやって欲しかった。
クリスマスだけでなく、色んな行事に因んだ飾り付けもあってもいいかも。

※立っていたお兄さんとお姉さんの会話を聞いていた。妙に丁寧な言葉使いなので面白いかった。親しくない二人なんだろうな。フト目の前のお兄さんのズボンを見てチャックが開いていた。指摘するには近すぎた・・・。きっとシャベルことで精一杯だったんだろうなぁ・・・。

和菓子
クリエーター情報なし
河出書房新社

↑京男の和菓子本が新装版になりました。初版を出版した2013年1月26日時の記事新装版が出版した2018年1月19日の記事をご覧ください。
(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

Twitter→@kyo_otoko
コメント (2)

身体リセット

2018年12月09日 06時22分04秒 | 


昨日は、いい天気でした。
もう紅葉モードではなくなり、京都では「事始め」モードですね。
最近では「事始め」なんて通じないかも。
悲しい気持ちになります。


↑松庵「天ぷら定食」

年を司る神様を年神様といいます。年神様を迎えるために正月行事の準備を始めるのが12月8日の「事始め」で、年越しの「神事」が始まる日です。
そして、後片付けもすべて納めるのが2月8日の「事納め」です。こうして神様に関する一連の「事」が終わると、春を迎え田畑を耕す時期となり、人々の日常が始まります。


↑「御膳そば」

そんなことより最近は、クリスマスなんていう大事な行事が控えているのかも。
まあ、我が家でもシトーレンぐらいは昨日発注しました。
でもアーメンさんと違うからクリスマスなんてのはしません。
子供たちが小さい時(小学校低学年ぐらいかな)までは、プレゼントを用意したりしましたけど・・・。いまは、やりません。
子供が小さい時だけですね。





二十代ぐらいの時は、クリスマスなんて仕事が忙しくてパーティーなんてなかったな。三十代ぐらいになってからはやったかな。
フォーマルでクリスマスパーティーなんてやりましたね。タキシードも自前でもっております。私、タキシードは好きですね。ネクタイは、あまり好きでないけど、ウイングカラーのシャツと蝶ネクタイは好き。



昨日は、田中長生療院へ夫婦で行きました。
田中先生に聞くと7月7日だったそうです。
そうなんだ!


↑これは松庵の七味、山椒の香りが高く京男好みでした。七味や山椒でお店がわかりますね。

おかげで夫婦共に身体リセットできました。
その後、言っていたように「松庵(しょうあん)」でランチでした。

和菓子
クリエーター情報なし
河出書房新社

↑京男の和菓子本が新装版になりました。初版を出版した2013年1月26日時の記事新装版が出版した2018年1月19日の記事をご覧ください。
(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

Twitter→@kyo_otoko
コメント (4)

昭和の洋食

2018年12月08日 06時29分08秒 | 


そろそろ冬になってきた。
テレビでは、寒い寒いとうるさい。
私にとっては快適な気温。
しかも、やっとマンションの外壁塗装工事が終了。
結局、秋がなかった。



やっと窓を全開できる。
カーテンも開けられる。
太陽光が入ってくる。
当たり前なんだけど、うれしいのです。



さて、以前父親とのランチ写真が残っていました。
ここは、「白扇」昭和の雰囲気の洋食屋さん。
父親は未体験だったので連れていきました。



彼は、総入れ歯なので硬いモノが苦手なんです。
でも肉は食べたいそうです。
だから元気なんでしょうね。



ここは、高齢でも食べられる御飯なので安心。
私にとっては少々やわらかいかも。
だから、父親にとってはベストだったと思う。



ここの料理ってなんか見本サンプルのように写真が撮れるのが不思議。
私は、ランチを注文。
ランチでも小さなハンバーグが付いているから、次回は父親でもよかったかも。
海老フライと白身魚のフライは、父親にプレゼント。
その替わりハンバーグを半分貰いました。
これで二人とも満足。
なんか最近、食べなくなりました。
特にフライ物。

和菓子
クリエーター情報なし
河出書房新社

↑京男の和菓子本が新装版になりました。初版を出版した2013年1月26日時の記事新装版が出版した2018年1月19日の記事をご覧ください。
(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

Twitter→@kyo_otoko
コメント (4)

ひょっとして初冬?

2018年12月07日 05時55分03秒 | 社寺・和菓子

↑本日は東寺境内の写真

京都市内は、初秋なのか初冬なのか?
気温がどうも行きつ戻りつしている。
いまの京都は、外国人観光客が減って、スイカの種(修学旅行生)が増えてきた。



修学旅行生は、野放し状態で京都市内をウロウロする。
市バスの乗り降りも馴れていない。
おおいう市バスの乗り方とかを教師は教えないのかな?
もっとも教師も街をバスとかで移動したことがないから分からない?





京都駅の構内で生徒を地べたに座らせて、何か説明している。
教頭か校長なのかな?
自分の所の子供が地べたに座らされたらいややなぁ・・・と思いませんか?
後は、各々が蜘の巣を散らした状態で市内をウロウロ。
最近は、ボランティアのガイドさんが引率する場合もあります。
タクシーの運転手さんが引率する場合もある。
タクシーの運転手さんにとっては重労働らしい。



食事だって、結構生意気なお店を指定したりするらしい。
予約ができないから、店の前でボーッと立っている。
店の前ならいいけど、店の中でボーッと立っていたりする。
あれはいかがなものか。
しかも四人グループで各々が違うメニューを注文したりする。
そうなると小さい店の場合、料理がでてくる時間がずれる。
若いから食べるのも早い、他の子の料理が来るまで待っていたりする。
外には行列ができていたりするのに・・・。
そういう状況判断の大切さを教師は教えておかないといけませんね。
そういうのを学ぶ為の旅行だと思う。



お土産を持っているのを見るのが結構楽しいですね。
何処の八ッ橋を買っているとかでどの当たりを観光したのかわかる。
最近、木刀を買ったりする子はいなくなったかも。
日本刀のような傘を持っている白人は見かけるけど。



観光の人の服装を見るのも面白い。
大抵は、ダウンジャケットを着ていたりする。
熱いだろうな・・・・まあ、偽物だからそうでもないか。


↑紫野源水「木枯し」

今週末は、本格的な冬の気温らしい。
ほんまかいな。
どうも気象庁も信用できません。
厚着をして、建物の中に入ると汗をかきますからね。


↑そば薯蕷製、小豆粒あん入

京都市内は、結構空気が悪いからマスクは必須かも。
体調を壊さないように観光してくださいね。

和菓子
クリエーター情報なし
河出書房新社

↑京男の和菓子本が新装版になりました。初版を出版した2013年1月26日時の記事新装版が出版した2018年1月19日の記事をご覧ください。
(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

Twitter→@kyo_otoko
コメント (2)