京男雑記帳

洛中で生まれ育った京男が地元視点で見た日常風景や話を雑記的に掲載

急に春になりました

2018年02月28日 05時41分32秒 | 社寺




昨日の京都市内は気温が15度ぐらいになったと思う。
朝は、寒いのですが日が昇るとグングン気温があがる。
こういう時の服装は難しい。
いくらなんでもフリースやダウンは無理。



急遽、バラクータ(Baracuta)のG9をクローゼットから出し、半袖のポロシャツの上に羽織る。
最近のG9はシルエットが細身になったのはいいかもしれない。
でも腕が動かしに難くなったのは大きなマイナスだ。



さて、いつものように下山して智積院の境内を通る。
梅がそろそろ咲いてきていた。
まだ、満開とは言えないけど、咲いている。
香りはこのぐらいがいい。
うるさい観光客の団体もいないので快適。
モノを考えたりするには、人は邪魔。
そういう意味で、桜の時期は嫌なんです。
埃っぽいしね。


↑本日の写真は、昨日の智積院境内。

昨日は、ゆっくり梅を愉しんでいる時間がなかった。
境内を通り抜けただけ。
バス亭に行くと丁度バスが来た。
夕方、義母が「バスに乗っていたでしょ」と電話があった。
義母の仲間のお婆さんが私を目撃していたらしい。
声を掛けてくれればよかったのに・・・。
もっとも昨日は朗読を聞きながら移動していたから、頭は違う世界にいたけど。



どうも最近、いろいろな人から「歩いていたでしょ」なんて言われる。
昨日、いつものお店のスタッフの方とショッピングモールで3回も会ってしまった。
タクシーに乗れば、行き先を言わなくても、家に帰ってくれたりする。
デパ地下や催し会場で知ったおばさんに「こんにちは」なんてことがかなりの頻度である。顔が広くなった?父親といっしょに歩いていて、そういう状態に出くわすと父親がビックリするのです。
父親は、私のことを人間関係に弱く、内気で、口べたな子と思っているだろう。
小さい時からずっとそう言われて育った。「お前は人間関係はだめだから、手に職を持ち、職人として生きていけ」と。



いつからこんなになったんだろう?
二回目に死にかけた時、大手術で、血液をホボ入れ替えた。あの時かなぁ・・・。
いや、そんなことはない。
母親が亡くなってから、憑依されている??
まあ、このしゃべりは母親の遺伝子なのは間違いない。
父親は、そう思っているかもしれない。
まあ、両親のDNAを引き継いでいるのは確かなこと。
そのDNAが年齢を経るにしたがって顕れてくる。
そんな感じなのかも。



いまのところ、我が家の子供に私のようなタイプの人間はいない。
みんな真面目な性格だと思う。
親がメチャメチャだから、それを見て「あれではいかん」と思い育ったのかも。
なら、教育は成功かもね。
でも・・・まだいないけど、孫の世代になったら私のような変なのが出てくるかも。
隔世遺伝というのもあるしね。
右脳人間・直観人間が。
左脳・論理人間ならAIの方が遙かに優秀だけど、訳のわからない直観はAIで働き難い。
この直観のコツを生きて居る間に、コツをまとめておかないといけないな。



なんかとりとめのない話を書いてしまった。
すんまへんなぁ。

和菓子
クリエーター情報なし
河出書房新社

↑京男の和菓子本が新装版になりました。初版を出版した2013年1月26日時の記事新装版が出版した2018年1月19日の記事をご覧ください。
(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

Twitter→@kyo_otoko
コメント (4)

カタチ

2018年02月27日 05時41分24秒 | 風景・和菓子


昨日は、外の気温が15度ぐらいになっていたかも。
急速に春になってきた。
服装が難しい。



梅の花も咲いて来ているだろうな。
でもゆっくり梅を観にいけない。
どうもすることが多い。
それも事務処理的な雑務が多い。
私のもっとも苦手とする作業。
時間がかかります。


↑最初「これはなにか?」と思った。


↑瓦をつかったベンチらしい。座り心地は悪そう。

一日があっという間に終わる。
気が付くともう3月。
笑ってしまいます。





本日の写真は、東本願寺境内。
面白いカタチがたくさんあります。
ゆっくり観たいのですが、瞬間的に写真を撮るのが精一杯。



空を見るとボーッと黄砂か花粉が多いのかボーッとしている。
心なしか鼻がムズムズ。
花粉症ではないけど、鼻の奥が深い。
こういう時は、梅の香りがいいのだけど・・・。



今日でも智積院に梅の様子を見に行こう!


↑亀屋良長「寒椿」
こういう生菓子も季節外れになりそう。


↑道明寺、白こしあん

和菓子
クリエーター情報なし
河出書房新社

↑京男の和菓子本が新装版になりました。初版を出版した2013年1月26日時の記事新装版が出版した2018年1月19日の記事をご覧ください。
(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

Twitter→@kyo_otoko
コメント (6)

そろそろ春ですねぇ

2018年02月26日 05時41分23秒 | 風景・和菓子


小春日和とはいいませんが、かなり気温が春めいてきた。
そらは、春霞状態でした。
春霞といえばいいけど、中国大陸からPM2.5(ぴーえむにーてんご)が飛んできているだけかも。



電車やバスに乗るとまだ暖房をしている。
いまの交通機関の中の空気は最悪、マスクをしていないと咳き込みます。
温風の影響なのか、人から発する埃なのか、とにかく居心地が悪い。
気が付くと呼吸が「胎息」のような状態になっている。
息をしているのか、していないのかわからないような状態。
嗅覚も閉鎖してしまう。



デパ地下を歩いていても、できるだけ回りを見ないようにして歩いているかも。
聴覚も閉鎖しているかも。
なぜ、飲みながら歩いているんだろう?ファッション?あれは禁止した方がいい。
デパ地下の階段やベンチに座って買った弁当や551の豚まんを食べないで欲しい。
それも結構中高年の女性だったりする。なんだか悲しくなります。



飲み物を持って歩く中高年の女性もいる。
ガムを噛みながら歩く中高年の女性もいる。
あれって宗教なんだろうか?それとも健康法?
下品なので止めて欲しいものです。



それから電車の中のスマホ。
若い世代は、ほとんどスマホの狭い画面を眺めている。
あれも気持ち悪い風景。
見事に無表情なんです。
安物のロボットみたい。


↑本家玉壽軒「鼓」

躾のできていないガキが泣き叫ぶ。
甘え鳴きや愚図り。
親はスマホに夢中。
あれがらがやがて大きくなって世の中に出てくる。
ゾッとしますね。


↑上用、こしあん

春の季節、どうも好きになれない風景が多くなる。
本日の写真のように梅の咲き始めの景色やいい香りを楽しめるのも今あけど。
春本番になってくると、木の芽時人間も多くなる。
できるだけ人の多く集まるところにいかないことですね。

※おまけ

↑いま居候の黒ポメラニアンの子犬(五ヶ月女の子)の名前は「もも」、私は「クロ」と呼んでいるけど。


↑カメラを意識します。
この子がいるだけで、賑やか。もうすぐ家に帰ります。

和菓子
クリエーター情報なし
河出書房新社

↑京男の和菓子本が新装版になりました。初版を出版した2013年1月26日時の記事新装版が出版した2018年1月19日の記事をご覧ください。
(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

Twitter→@kyo_otoko
コメント (6)

抹茶粟ぜんざい?

2018年02月25日 07時54分22秒 | 甘味・喫茶・その他
昨日の写真の続き。
昨日の汁と飯で満足したのですが、デザートが欲しいと糖尿病の父が発言。
「デパ地下のいつものジュースでもいい」とも言いました。
それは、忖度京男としては「汁と飯、値段的には満足したけど、なんか物足りない。しるこは前回食べた所なので、あんみつでも食べたい」と忖度し、高島屋の5階月ヶ瀬へ。


↑高島屋「茶寮 月ヶ瀬」あんみつ。


↑あんなしを主張したけど、父親は、あんみつを選択。

今回は、色合いが綺麗なメニューを選択。
別にインスタ映えするようにという意味ではない。
父親は、あんみつを選択。
私は、食べたくなかったけど、抹茶粟ぜんざいを選択。


↑抹茶粟ぜんざい



二十代の時、まさか未来でこんなことを父親としていうなんて・・・。
想像を絶することです。
しかも食べ物の指南をしていたりする。
甘味の由来を話したりしている。
面白いことですね。




↑こういう口直しがとての助かる。

次回は、磯辺とか食べてみようなか。
甘味屋さんもある意味面白い。
いま風の甘味処より、昔風のオーソドックスなメニューの方が私は好き。

和菓子
クリエーター情報なし
河出書房新社

↑京男の和菓子本が新装版になりました。初版を出版した2013年1月26日時の記事新装版が出版した2018年1月19日の記事をご覧ください。
(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

Twitter→@kyo_otoko
コメント (2)

注連縄・汁

2018年02月24日 06時36分59秒 | 

↑お店の中が面白い作りになっています。

先日の父親との外食です。
今回は、ちょっと嗜好を変えて汁とかやくご飯を食べに行ってみました。
父親は、来たことがないそうです。
この通りでは、昔々ジャワカレーがあって、よく行ったと話してくれた。
そのジャワカレー、私がかなり小さい時の記憶にあります。
暗い店内だった。
いまからするとビックリするほどのカレーじゃなかったけど、小さい時の私は興奮した。エスニック料理に走るきっかけは案外その頃の経験が始まりなのかも。





今回は、本当にシンプルな料理を父親に経験してもらいました。
汁と飯。
この基本的な弁当を食べた。


↑注連縄で結界を張っているのかな?客の邪気から身を守る?



父親に、白味噌の加減はこういうものであると説明しておりました。
彼は、そういう味を覚えるということをしていないのです。
母親が作っていた白味噌の汁がベストとは限らない。
私が憶えている母親の作り白味噌の汁は、甘過ぎで、うまみが少ないものだったと思う。
父親は、こういう所に母親を連れてきて、味を覚えさせたらよかったのに。
3回ぐらい食べたら憶えると思うけど。
少なくとも私は、3回食べたら再現できる。
味覚を研ぎ澄まして食べないとね。


↑志る幸「利休弁当」


↑父親も満足の炊き込みご飯。程よい加減なんです。

かやくご飯もいい炊き具合でした。
最近のご飯を売りものにしているお店でも、かなり固い仕上がりのお店が多い。
フックラしていないのです。
客に合わせるとそうなって行くのかも。
なんて話しながら食べておりました。


↑私の具は「おとしいも」

おかずも総入れ歯の父親でも食べられた。
父親は、満足してくれました。
こういう上質のものもたまには食べないといけません。
汁をおろそかにしてはいけません。
大層に言えば、お店の魂の顕れなのかも。


↑父親は、満足してくれたと思います。カロリー的にもOK。

ここは、場所も便利な所だし、また父親を連れてきます。
次回は、いろいろな料理を注文してみたい。

和菓子
クリエーター情報なし
河出書房新社

↑京男の和菓子本が新装版になりました。初版を出版した2013年1月26日時の記事新装版が出版した2018年1月19日の記事をご覧ください。
(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

Twitter→@kyo_otoko
コメント (2)

カラフル地蔵たち

2018年02月23日 05時10分32秒 | 風景
嵯峨野を歩いていて、このお堂が気になった。
よく見ると何とも可愛いお地蔵さんがいた。
思わずカメラを取り出し撮影させてもらう。



地蔵盆の時のメイクだと思うけど、ここのお地蔵さんはカラフル。
近くに美術系の大学があるからなんだろう。
楽しそうに化粧されている。

神仏と人間は、こんな感じの付き合いがいいな。
いっしょに楽しく日常を暮らす。
「お地蔵さん、おはようさん!」
「お地蔵さん、こんにちは」
そんな感じで声を掛ける。



これらのお地蔵さん、嬉しそうに見えませんか?
人間とうまく付き合えている。
こんな感じでいいのです。
教団で大層なお経を唱えたり、お布施がたくさん飛び交ったりしないするのは、これからの時代でないように思う。
宗教でなく信仰でいい。
人間は、何かを信じたいものです。
でも信じる対象との距離間が難しい。



神仏との関係も、人間関係も、同じような距離間がいい。
どのような距離間か?
「温淡」がいいな。
温かく、淡く付き合う。
その逆は、ちょっと辛い。
「熱濃」は、暑苦しいし、長く付き合えない。



若い時、情熱的で突っ走る。
結果、うまく行かない場合が多い。
ほど良い距離間を保つことがいい。



「人」という字は、1がお互いに寄り添っている。
私は、そういうのはいややね。
「1ー1」がいい。
お互いに独立し、適度は距離間を持つ方が風通しがいい。
長続きする関係が保てるかも。


↑お堂の横にこんなのもあった

同じように「愛情」というのもいややね。
なんか嘘っぽい。
「愛情」から「情」を取り去った方がいい。
大きな「愛」で包み込む方がいい。
そんなの「情けない」というかもね。
私は、情けない人間です。
本当の本当は、「愛」というのもなんとなく胡散臭いかも。
人間が発する「愛」エネルギーを餌にする存在だってあるように思う。

「1ー1」→「○」というような感じかな。
なんか、わかったような、わからないような・・・。

◆おまけ

↑この子が現在我が家に居候中の子犬。名前は「もも」という。私は「くろ」と呼んでおります。次女が連れて里帰りなんです。3月には、帰るそうです。

和菓子
クリエーター情報なし
河出書房新社

↑京男の和菓子本が新装版になりました。初版を出版した2013年1月26日時の記事新装版が出版した2018年1月19日の記事をご覧ください。
(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

Twitter→@kyo_otoko
コメント (2)

サーロインステーキ&ポークチャップ

2018年02月22日 05時33分03秒 | 

↑京都大学時計台


↑「カンフォーラ」

節分の時、京都大学で食べたランチの写真が残っていた。
京都大学の時計台の所にわざわざランチのために来ない。
節分の吉田神社に行ったついでに行くというのが正直なところ。




↑「カンフォーラ」サーロインステーキ¥880

一年前は、父親を連れて来たと思う。
父親は「入っていいの?」とおどおどしていた。
大丈夫、京大病院の診察券は持っているだろ、それを警備員に見せれば入れる。なに?今日は持ってない。なら卒業生が久しぶりに来たという芝居をしよう!私は教授の役ね。じゃ入ろう!」と言ったら。
結構マジに考えていた。(笑)かわいい。
なんてことを思い出した。



この日は、一人だったので芝居はできない。残念。
カレーやハンバーグも考えたけど、このサーロインステーキ880円を注文。
ほどなく、ステーキが来た。
肉が固くて切れないナイフで苦労して食べた。
安いだけのことはある。
現代の化学技術で軟らかくしたらいいのに。
スジが固いのね。
だから腕力の無い人にはお勧めしません。


↑「洋食屋 とんはる」ポークチャップ¥995

さて次は、大阪に行った時のランチ。
いつもならカレーなんだけど、あの日は食べたくなかった。
取りあえず蛋白質摂取ということで、ポークチャップを注文。
上のステーキに比べるとこちらの方が柔らかさとボリュームで勝っている。

これでご飯お代わり自由なんです。
「お代わり!」と言えば、持って来てくれます。
これに煉り辛子をたくさん付けると美味しくいただけます。


↑このボリュームなら一応納得。

いずれにしても1000円で釣りがくるというのは、気分がいいですね。
最近、ランチで1000円以上で葉っぱでボリュームをだして、薄っぺらいランチが多い昨今、こういうのはいい。
別にインスタ映えなんて関係ないしね。
あんなものは、頭が空っぽの姉ちゃんやオバハンの世界。
質実剛健、黙々と食べるのが一番。
このポークチャップのセット、味噌汁なら得点が高いのに・・・。

和菓子
クリエーター情報なし
河出書房新社

↑京男の和菓子本が新装版になりました。初版を出版した2013年1月26日時の記事新装版が出版した2018年1月19日の記事をご覧ください。
(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

Twitter→@kyo_otoko
コメント

周囲で起こることに無駄はないかも

2018年02月21日 05時40分30秒 | 
本日の写真は、次女とランチに行った時のもの。
この店は、私にとってはお馴染みだけど、彼女にとって初体験。
ただ、こういう食べものには、免疫ができているので全然問題なし。
私の解説付きで食べました。


↑ニャーヴェトナム 京都店 「ミニカレー丼と本日のミニフォーランチ」

今月になってから、不思議なことが多い。
無茶苦茶行動しているようで、チャンと遇うべき人に会う。
電話なんかもそうだ。
適切な時に連絡が取れたりする。


↑薬味

その人のことを考えたら数分後、会ったり、電話がかかって来たりする。
それが不自然でないのです。
必要な時に出会い、必要な会話をしている。
モノにも出会う。

収穫が何もない日もあるにはある。
ひょっとして、それは出会っているのかもしれない。
モノや人、事なんかにも。
無意識の奥深くで認識し、表層意識に昇らないだけなのかも。
自分の心の表面をできるだけ雑音で曇らさせず、細かいことにも気付くようにしないといけないのかも。
五感と六感を研ぎ澄まし、必要なメッセージを読み取れるようにしないといけません。


↑「本日のフォーと生春巻きのランチ

それができるとこれからの時代生き残るために必要かも。
心が空っぽで生きてはいけません。
心が喜怒哀楽であってもいけない。
ネットからの情報も冷静に取捨選択しないといけない。
ネット情報も90%は、ただのノイズだと思う。
それが年々酷くなって来ている。


↑生春巻き

まもなくすべての価値観が変化するように思う。
人間でないとできないことに日々集中しないといけない。
究極の集中は、無限の拡散に似ている。
情報をネットでなく天(宇宙)から得るようにならないといけない。
それはそれほど難しいことではないように思えてきた。


↑本日のフォー、鶏だったかな?

いままでの価値観がコロッと変わるような予感がする。
その前兆が自分の心や社会、自然に顕れている。
それに気付かないとサバイバルできない。
いまのエリートの人達は、それに気付いていないように思う。
きっと彼等は取り残される。
仕事でも、AIで済むようなものは無くなる。

無くならないものはなんだろう?
それが今年からのテーマかも。
そのテーマにそって、人・モノ・コトに適切に出会うような予感がするのです。
何の根拠もないけど、そう感じる。


↑タピオカココナッツ、小豆入り

私が皆さんにお勧めしたいのは「情報断食」です。
ネットやテレビ、新聞なんかを読まないことです。
日本のテレビを観ていたら、判断を間違う。
オリンピックを観て一喜一憂しても時間の無駄。
日本が金メダルを何枚とろうが自分の生活になんの関係もない。
それより大事なことはいっぱいあります。
それに気付くために「情報断食」は有効です。


↑この組み合わせはナイスですね

スマホに振り回されてはいけません。
あれは、発信している奴が得するようになっている。
メディアも国に都合の悪いことは、報道しないものです。
表面のゴミのような情報に振り回されないこと。
自分自身の五感六感を降るに使い、情報を分析することです。
できるだけ外界の雑音を自分の中に入れないことです。

自分で自分を適切に評価できる能力を身に付けること。
これは、かなり難しい。
変な欲があるとこれができないのです。
マズローの欲求5段階説というのがありますね。
生理的欲求〜安全欲求〜社会的欲求(帰属欲求)〜尊厳欲求(承認欲求)〜そして最後に来る自己実現欲求
これらを上手くクリアして置かないと自分で自分を適切に評価できない。

今年になって、あまりにも適切に人・モノ・事に出会うと考えざるを得なくなります。まだ、テーマをもらっただけなので、具体的にどうこうというアイデアはでませんが、きっと求めて、自分の心を静かにしていれば、わかってくるような予感がしているのです。
ひょうっとして同じようなことを感じている人がいるかもしれません。
そういう人達とも出会うことになるのかな?

なんか本日は訳のわからない内容です。
書くに任せているので、しっかり検証もしておりません。
写真だけご覧になってください。

和菓子
クリエーター情報なし
河出書房新社

↑京男の和菓子本が新装版になりました。初版を出版した2013年1月26日時の記事新装版が出版した2018年1月19日の記事をご覧ください。
(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

Twitter→@kyo_otoko
コメント (4)

咲きそうで咲かない・・・

2018年02月20日 05時21分55秒 | 社寺・和菓子

↑この苔の植え方が面白い


↑こういう感じも好き


↑モクレンもずっと足踏み状態

どこに行くにも智積院の境内を通ることが多い。
当然、その度に梅の開花状況をチェックする。
咲いては、いるのですが、全体的に咲かない。
そえだけ気温が寒暖状態なんでしょうね。
いず、咲くでしょうが、綺麗に咲くのなか?





ボロボロと咲いて、一斉に咲かないかも。
木に個体差もありますね。
京都市内は、他府県に比べ雪も降らないから、梅の開花が遅い!なんて贅沢なことを言ってはいけないですね。





いずれにしても、月末近辺に綺麗に咲いてくれるでしょう。
北野天満宮の梅花祭には、咲くのは間に合わないかもね。
人間の思うようになってくれないものですね。


↑二條若狭屋「梅一輪」


↑きんとん、粒あん

和菓子
クリエーター情報なし
河出書房新社

↑京男の和菓子本が新装版になりました。初版を出版した2013年1月26日時の記事新装版が出版した2018年1月19日の記事をご覧ください。
(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

Twitter→@kyo_otoko
コメント (2)

カタチ

2018年02月19日 05時33分32秒 | 社寺


昨日の京都市内、特に実家のあたりはマラソンで交通規制。
半日ぐらい規制され近づけない。
だから実家訪問は中止。
でもいい天気だったので、散歩がてら散髪をするため下山。


↑智積院境内にある仏足石



昨日は、風もなく晴れて温かかった。。
まだ梅の花は、もうすこしという丈太。
植木の手入れ状態を観ながら智積院の境内を散策。


↑この足の裏は、妙に親近感がある。扁平足だからかな?

色んなカタチが目にとまる。
カタチを観ていると脳が刺激される。
昨日は、マラソンの影響だったのか、観光客もすくなく静かだった。
毎日のように歩くとよくわかる。


↑足形を観て、仏さんの全体像を想像するって、実際に仏像を置くより素晴らしと思う。

博物館や三十三間堂も静かだった。
交通規制の情報が行き渡っているのかな?
京都市も春節で観光客が多い日にマラソンをやらなくてもいいのに・・・。
知らずに有名な観光スポットに行こうとするとえらいめに遇うのにね。


↑明王殿

地元の人間としては、散髪後、タクシーで自宅に帰りました。
ギリギリ、京女と娘夫婦がランチを食べようとしている時に帰れた。
ランチを食べて、婿殿は研修に出発。
我々の住む地域は、マラソンの影響は受けないから、スムーズに京都駅に行った筈。



すると猛烈に眠くなった。
髪の毛を切ると眠くなる不思議な京男であります。

和菓子
クリエーター情報なし
河出書房新社

↑京男の和菓子本が新装版になりました。初版を出版した2013年1月26日時の記事新装版が出版した2018年1月19日の記事をご覧ください。
(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

Twitter→@kyo_otoko
コメント (2)

なぜか料理が綺麗に見えた・・・

2018年02月18日 06時53分57秒 | 


次女が一ヶ月里帰りしている。
ランチ時にいっしょに行くパターンが多くなる。
彼女が中高生の時、ランチによく行ったものです。
ここが普通の家庭とちょっと違う。


↑鐘園亭泉涌寺店「中華屋さんのオムライス」基本は甘酢あんですが、塩味にも変更可能。

今回は、私が病院に行った時に食べる鐘園亭泉涌寺店。
時間がないからバスで行く。
このお店も7〜8年になる。
お店の方がボロボロの私を憶えておられ「よくなりましたね」と声をかけられる。
でも家族は、ここで食事をしたことはないらしい。


↑スルメ


↑漬物

次女がいかにも好きそうな「中華屋さんのオムライス」を注文した。
やっぱりね。
何を注文するか大体想像できる。
私は、いつものワンプレートランチ。


↑こういうワンプレートが妙に好き、お弁当形式なんかも好き。食べる量が減ったからかも。

この日の写真は、美味しそうに撮れている。
なんだろう。
最近、父親が絡むとどうも写真がうまく撮れない。
父親に気をとれれているからかも。


↑「Aランチ」酢豚・サラダ・骨付き唐揚・肉天・エビ天・冷奴・ライス・スープ・漬物(2種)

これらを食べ、次は肉屋に焼肉を買いに行く。
次ぎに日、婿が泊まりにくるからその用意。
久しぶりに1kg以上、肉を買った。
揉みだれを指示して味を付けてもらった。
辛口・ニンニクタップリにした。
野菜を焼かないので、キムチもタップリ、辛口ニンニク入りソーセージ、上タンも600グラム買う。結局、あっという間になくなった。
大量に肉を買うのが久しぶりだった。
ちょっと嬉しい。

和菓子
クリエーター情報なし
河出書房新社

↑京男の和菓子本が新装版になりました。初版を出版した2013年1月26日時の記事新装版が出版した2018年1月19日の記事をご覧ください。
(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

Twitter→@kyo_otoko
コメント (2)

初音はまだ

2018年02月17日 06時50分45秒 | 風景・和菓子


いま「初音」というと鶯(うぐいす)だけど、まだ下手な鶯の初音が聞こえてこない。近所の女子大が猛烈な勢いで校舎を建てているから、随分木が少なくなっている。そのようなことも影響しているのかな?
それとも今年は、寒気が居座っているから、まだ来ないのかな?
鳴いたら鳴いたら「下手!」とか言っているくせに、鳴かないと心配になる。





いま、聞こえているのは、居候の五ヶ月の黒ポメの甘えた鳴き声のみ。
可愛いけど風流でない。



今年の梅は、蕾が堅い。
木のよっては、本日の写真のように咲いている。
でもほとんどはまだ。
まあ、いずれ咲くだろう。
いま、写真を撮りに行ったりはあまりできないから、ちょうどいいかも。
開花までに、雑用を済ませておかないといけません。



歩いているとフワッと梅の香りがする。
びっくりしたのは、黒ポメの匂いがした。
次女に聞くと散歩で通る道とのこと。
私の嗅覚というより匂いを脳がうまく解析するようになったのかも。
そのかわり悪臭だってわかってしまうということか・・・。


↑鶴屋吉信「初音」


↑上用、黒こしあん

和菓子
クリエーター情報なし
河出書房新社

↑京男の和菓子本が新装版になりました。初版を出版した2013年1月26日時の記事新装版が出版した2018年1月19日の記事をご覧ください。
(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

Twitter→@kyo_otoko
コメント (2)

老々甘味

2018年02月16日 05時40分08秒 | 甘味・喫茶・その他
またまた食べモノネタです。
昨日は、またまた父親と外食。
最近、多くない?
昨日は、チャンポンを食べたいとのリクエスト。
私は、ラーメン屋に関してよくわからないので半ちゃんがあるお店で食べる。
でも絵として半チャンは、情けないので掲載しません。



その後、口直しをしようとなる。
この場合、ちょっとした甘味処で食べることになる。
最初の店は、はじめてだった。
外からお店の雰囲気とメニューを見て、父親が入ろうとして止めた。
これは珍しい。理由は「地場が悪い」でした。
父親は、私が何を言っているのが判らなかったと思う。
でも私の本能が止めろというメッセージ。
京女ならわかってくれるだろう。
最近、京都でそういう店が時々ある。
なんだろう?



お店に入りかけた父を引き戻し、百貨店の甘味処に行く。
ここなら安心。
「何を食べる?」と聞くと「しるこ」と珍しいリクエスト。
いつもならみつ豆という所だったけど、「しるこ」に対比させたかったので「亀山」にする。


↑高島屋「茶寮 月ヶ瀬」しるこ

「亀山」ってわかりますか?
京都でいう普通のぜんざいから汁気を抜いたもの。
焼き餅の上に熱い粒あんをかけた食べ物。



関西では、あずきが多いくて汁気が少ないものを「亀山」、あずきより汁気が多いものを「ぜんざい」、漉しあんの状態を「しるこ(汁粉)」といいます。
亀山は、丹波の亀山地方が由来らしい。丹波の亀山で上質の大きな小豆が生産されていた。
もう一つの由来は、大阪の天満に「亀山屋」という汁粉屋が明治三十年頃開業して繁盛していた。その亀山屋の名前から来たという説があります。


↑亀山

ちなみに、粒あんを「小倉」とか「小倉餡」と呼びます。
あずきの粒を鹿の毛皮の模様に見立てて、鹿といえば紅葉、紅葉といえば小倉山という連想からそういう言い回しになったそうです。



父親が「しるこ」というのは珍しい。
彼は、東京の大学(もちろん東大ではない)に行ったから、その頃関東で食べたのが美味しかったのかも。だから急に食べたくなったのかな?
ちなみに、昨日の私の晩ご飯は、お腹が減らず抜きでした。最近、夜ご飯を食べない時が多い気がする。父親はきっと食べたんだろうな・・・。このあたりが糖尿病の大家と違うところ。

※そういえば昨日、丸善で自分の本を買った。咄嗟に手土産として持って行こうと思ったのです。拙著が店頭にたくさん並んでいたのがちょっと嬉しかった。買ってベンチの所で花押を書きました。今回の花押は、横書バージョンね。花押を書いてしまうと古本で売る時に困るかも。(笑)

和菓子
クリエーター情報なし
河出書房新社

↑京男の和菓子本が新装版になりました。初版を出版した2013年1月26日時の記事新装版が出版した2018年1月19日の記事をご覧ください。
(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

Twitter→@kyo_otoko
コメント (4)

エスニックランチ

2018年02月15日 05時47分54秒 | 

↑スープ

またまた食べものネタです。
どうも最近、食べもの以外の写真を撮っていない。
というか撮れない。


↑ナン

これが月曜日のランチ。
京男と京女と次女で私の実家に行った。
父親のiPadをチェック、麻雀のゲームもうまくやっていた。
すごいなぁ〜!
好きというのはすごいことだと思う。


↑中東系はこういうペーストが結構ありますね。高齢者に優しい料理。

さて、ランチということになりました。
今回は、4人だからアラシのキッチンに決定。
父親も何回も行っているから安心。
階段だってなんとか登れるでしょう。
あのお店は2階にあるから階段を登らないといけないのです。


↑この鶏も高齢者に優しい。

最近、私の方があまり食べないかも。
だからこのぐらいの人数なら気が楽です。
父親と二人ならあまり注文できないだろう。


↑挽肉のカレー、これが父親の好物。

それにしても変わった家庭でしょ。
普通94歳の人間をつれていかないでしょうね。
でも、私は、こういうジャンルの料理の方が得意だからしかたない。
きっとアルコールを飲まないからだと思う。


↑レンズ豆のカレー、これなんかも父親向き。

いつもこんな料理を注文している。
半世紀前なら京都でこんな料理を食べられなかっただろうな。
私が父親の年齢になってもおそらく、同じようなものを食べているでしょう。
父親より歯は丈夫だから肉をいっぱい食べているかも。


↑これも挽肉だから軟らかい。無意識にこういう料理を注文しているかも。

父親にとって不思議な晩年になっているかも。
服装も食事もPCもタブレット、新しい生活雑貨の連続でボケている余裕がないかもね。
健康だって適度な病気もあり、一病息災で緩く管理できている。
時には厳しく私に言われますが、いつもじゃないし・・・。
一人で暮らすのも寂しいだろう。
でも私の父親の場合、適度な距離間が大切なんだと思う。
やがていっしょに住むかもしれないけど、きっと窮屈になるかも。
寂しさ、より自由の快適さを味わって欲しい。
私はそう思う。


↑これで岡崎公園で屋台営業しているようです。アラシさん逞しい。外国で家庭を持ちしかもお店を経営する。記憶力もいい、行動力もある。日本人も見習わないといけませんね。

今回、食べた料理の説明は、いつも書いているので省略します。
同じものを食べているように思うしね。
すんません。

和菓子
クリエーター情報なし
河出書房新社

↑京男の和菓子本が新装版になりました。初版を出版した2013年1月26日時の記事新装版が出版した2018年1月19日の記事をご覧ください。
(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

Twitter→@kyo_otoko
コメント (2)

春告

2018年02月14日 05時28分51秒 | 風景・和菓子


そろそろ季節は春に移行しているように多う。
でも今年は雪が多いですね。
雪が多いから夏場の水不足は大丈夫かも。



昨年の秋から今にいたるまで野菜が高い。
なんか鍋物をする気になれない。
今年の野菜価格は安定するのかな?



今日は「春告」というのを調べ、考えてみた。



「春告草(はるつげぐさ)」は、梅。
「春告魚(はるつげうお)」は、鰊(にしん)。久美浜方面では「いさざ」。
「春告鳥(はるつげどり)」は、鶯(うぐいす)。
「春告蝶」は、モンキチョウかな?
「春告虫」は、テントウムシなんかどうだろう?
「春告病」は、花粉症やうつ病。
「春告申告」は、確定申告が終わった時の気持ちかな。やっと明けたとね。


↑鶴屋吉信「蕗のとう」



私にとっては、申告が春告になるかも。
どうもあのような書類作成は苦手です。人に頼むほど大規模な商売をしていないので、自分でやっております。その前の細かい記帳や仕分けが手間なんです。
一年を振り返り、色んな人の世話になっていると考えながら作業している。
それが終われば「春」なんでしょう。


↑焼皮製、粒あん

和菓子
クリエーター情報なし
河出書房新社

↑京男の和菓子本が新装版になりました。初版を出版した2013年1月26日時の記事新装版が出版した2018年1月19日の記事をご覧ください。
(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

Twitter→@kyo_otoko
コメント (4)