京男雑記帳

洛中で生まれ育った京男が地元視点で見た日常風景や話を雑記的に掲載

お精霊さん、いらっしゃ~い♪

2011年08月10日 04時32分28秒 | 洛外


もうお盆ですね。
京都のお盆では、先祖霊や新仏を家に帰ってきてもらいます。
特に亡くなって間もない霊の場合、迎えに行ってあげないと家これません。
先祖霊や新仏の霊のことをお精霊さん(おしょらいさん)といいます。
迎えに行く場所があります。





東は、今日の記事の六道珍皇寺。
六道珍皇寺のあたりは、平安時代ぐらいから鳥辺野という風葬の場所だった。つまり昔から死体累々の場所。鳥辺野『鳥辺山心中(とりべやましんじゅう)』という新歌舞伎で名前がしられています。


↑1.高野槙を買う



西は、千本ゑんま堂引接寺。このお寺のある千本通は、葬送地の一つ、蓮台野へと向かう道であり、通りに沿って千本の卒塔婆(そとうば)が立ち並んでいたことから、いつしか「千本通 」と呼ばれるようになったという。観光のために卒塔婆を千本並べるのもnice!かも。




↑2.本堂で先亡の法名(戒名)俗名を水卒塔に書いてもらう

他のお寺でもやっているかもしれませんが、京都の家庭はこの二軒のお寺へ行く場合が多い。
お精霊さんを迎えに行って、各家庭でお盆をします。


↑3.迎え鐘を撞く(誰かに行列に並んでもらう必要があるな)

六道珍皇寺迎え鐘


いまはまだいいけど、当家の当主として次世代のお盆行事のことを考えないといけないかな。いろいろなことをしなければいけない。




↑4.水卒塔を線香で清める

1日~7日ぐらいまでにお墓に行き、掃除をする。
もちろん仏壇もやけど。
7日~10日にお精霊さんを迎えに行く。
京都市内は迎え火はしません。火事を怖がったんでしょうね。
先日の記事の六道珍皇寺か、西陣の千本ゑんま堂のどちらかに行って
お精霊さんを迎えに行く。


↑5.地蔵尊宝前に高野槙で水卒塔で水をかけ、水卒塔はその場に収める

このことで京女と話していた。
京男「なんでお盆にお墓まいりをするんやろ?お墓の方は留守やろ」
京女「掃除だけしにいったハルのと違う」
京男「いや、お供えをして拝んだハル」
京女「そやねぇ」
京男「それと珍皇寺のシステムがようわからん」
京女「なにが?」
京男「珍皇寺にお精霊さんを迎えにいくんやろ。あの水塔婆がわからん。先祖の戒名と俗名を書いてもらうでしょ。迎え鐘を撞いてあの世からお精霊さんを呼ぶ訳や。そして水塔婆を線香で浄めて、高野槙で水回向をして置いて帰るのがわからんのよ。2セットつくってないでしょ。家で仏壇に飾る水塔婆は、珍皇寺のものをもって帰らないのがわからない」
京女「水塔婆は、おっさん(坊さんのこと)がもってきやはるのと違う?」
京男「あれって、お盆の時の臨時位牌というような位置づけなんだろうか。珍皇寺でもチャンと入霊作業をしていなかったように思う。ただ戒名を書いているだけだったし。本当はチャンとお精霊さんを水塔婆に入霊して法要しないと意味がないだろうな。16日にお盆が送り火で終わるけど、その時、お精霊さんを水塔婆から抜いて、送り火とともに帰ってもらう作業は誰がするんやろ。そこまで考えないと供養なんてできないかも。坊主も頼りないな。お布施をもらうならチャンと仕事をしないといけないね。お盆の時は忙しいから気の利いた法施もせえへんしね」



●お精霊さん、接待メニュー
13日/おむかえだんご、お茶。昼は、こいものおちこといんげん豆のたいたん、ささげのおひたし(切りごま)、高野豆腐、奈良漬、ご飯

14日/朝、おはぎ(粒あん、きなこ)。昼は、おなすのおひたし(ごまあえ)ぜんまいとさつまいものたいたん、浅うりのお漬物、湯葉、ご飯。けんずい(間食、おやつ)は、ひやそうめん

15日/朝、白むしのおこわを蓮の葉につつんであげる。昼は、のっぺ、ふうさんと湯葉のたいたん、おかぼ(かぼちゃ)、奈良漬、ご飯。けんずいはスイカ。

16日/朝、アラメとお揚げさんのたいたん、ご飯、お茄子の漬物

こうやって書くと大変だな。
おっさん(坊さん)を呼ばないといけないしな。
自分でやればいいか。お料理はつくれるか。
でもやるかな・・・。
簡略にやればいいか。

Twitter→@kyo_otoko
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 清水寺の早朝 | トップ | 幽霊フレーバーの飴ちゃん? »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
おはようございます (すー)
2011-08-10 04:38:29
今日は長文ですね(^-^)


>観光のために卒塔婆を千本並べるのもnice!かも。

それ涼しく思えるかもね(^-^)

>すーさん、おはようございます (京都)
2011-08-10 04:59:50
自分に対するメモ的になっていますね。
独り言みたいな感じ。
京都の歴史をたどるとすごいですね。
千本通が卒塔が1000本ですから。

コメントを投稿

洛外」カテゴリの最新記事