住んでよかったと思う町にしよう

観光旅行に行くのに自分の町を美しくすると考えません。よく考えると大半の時間を過ごす自分の町の美化が重要ですね。まちびと

憲法第9条重視派は変更派に負けるな

2017年09月30日 | Weblog
現在の政党地図を整理すると、
軍事力重視の党は、自民党、維新の会、希望の党です。
戦争については憲法の精神を重視する党は、公明党、共産党、自由党、社民党、旧民進党リベラル派です。
 
今重要な問題は東アジアの平和を守ることです。
安倍晋三総理が考えるように、戦争を覚悟して日本が朝鮮(北)にかける圧力を強めるなら日本は軍事力を上げることに注力しなければなりません。
そうではないと考えるなら防衛力はその名のとおり防衛力にとどめ、非軍事的手段による平和維持に注力しなければなりません。
 
もし後者ならば公明党、共産党、自由党、社民党、旧民進党リベラル派が結束しなければなません。
しかし残念ながら公明党は自民党と組むと言っています。
したがって答えは極めて明解で、共産党、自由党、社民党、旧民進党リベラル派が結束するしか方法はありません。
 
希望の党を伸ばせば、安倍総理の失脚を実現できるかもしれませんが、希望の党は自民党より軍事力重視の党になる恐れが大です。
希望の党に期待するのは愚かです。
聞くところによると野党結束を唱えてきた自由党の小沢一郎氏が希望の党に移るとのことです。
希望の党を自分が支配できると思ったのでしょう。
空しい思いです。
希望の党は小池百合子氏の政党です。
 
旧民進党リベラル派は行き場を失い苦悩しているそうですが、情けない政治家たちです。
背信の前原誠司氏と旧民進党の代表の座を争って負けた枝野幸男氏が呆然自失とは困ったことです。
枝野氏は直ちに新党を結成して、リベラル派を吸収し、共産党、自由党、社民党と協力して選挙を戦い、自公・維新の会・希望の党と議席を競うべきです。
 
選挙後は、自公・維新の会・希望の党:旧民進党リベラル派がつくる新党・共産党・自由党・社民党になると思って頑張るべきです。
コメント

希望の党に希望はない

2017年09月29日 | Weblog
日本では党名は党の政策を示さないと言われていますが、そのとおりで希望の党も例外ではありません。
改革重視と言ったのに、すぐ改革保守と言い換えました。
改革保守なんて意味不明です。
実は現実的に動くという意味でしょう。
自民党と大差はないと思います。
これでは失望の党です。
 
まだまだ日本には真の政治家は現れていません。
 
小池百合子氏のカリスマ性に新聞テレビが湧いていますが、彼女には日本の大問題を解決する能力はないと思います。
安倍晋三対小池百合子の権力争い選挙は、演劇をみるようで面白いでしょうが、人々の幸福改善には無関係です。
コメント

民進党が消える

2017年09月28日 | Weblog
鳩山由紀夫氏が民進党の前の民主党を組織化したとき集まってきた政治家が信念なき人ばかりだったので烏合の衆では政治は担当できないと思いましたが、そのとおりになってしまいました。
政党とは一つの政治思想の下に組織化されるもので、いろいろな考えの政治家の集まりではありません。
 
今度の希望の党は小池百合子氏が自分の政治思想に基づいて組織化を行っているようですが、実際はいろいろな考えの政治家が、とりあえず、小池氏に従うようなふりをして集まってきている印象を受けます。
つまり希望の党も烏合の衆です。
小池氏のカリスマ的指導でうまく運営できるかは疑問です。
 
しかし、今回の衆議院解散は、無鉄砲な政治を続ける安倍晋三内閣を代えるチャンスです。
自民党に2/3以上の議席をとられるようなことがあってはいけません。
依然として公明党は自民党と組むと言っていますから、自民党議席を半分以下にする必要があると思います。
希望の党は寛容な改革保守などと訳のわからないことを言っていますが、自民党支持層からも支持者を集める戦略でしょう。
しかし、指導者が小池氏ですから希望の党は自民党以上に軍事力重視になる恐れがあります。
とはいえ、まずは希望の党を伸ばし、自民党と拮抗させることが大事と思います。
 
安倍内閣を代えることに成功したら、次は政府の暴走を防ぐため、自公、希望の党、その他の野党を人々が支持不支持で制御することが大事です。
希望の党の信用も現時点では半々です。
 
近年の国連における平和主義国の結束は見るべきものがあります。
国連が核兵器禁止条約を採択したことは画期的でした。
アメリカなど安保理常任理事国の信用が低下したことが背景にあります。
日本はアメリカと同盟して世界の秩序を回復すると言っていますが、アメリカにはそのような指導力はないと思います。
平和主義国の結束が新しい世界指導力となると思います。
コメント

反自公の政治家・政党は結束して衆院選を戦い、自公議席を半分以下にしてほしい

2017年09月27日 | Weblog
現在の国会は日本の大問題を認識できていないと思いますので安倍晋三総理が衆議院を解散することは賛成です。
衆議院議員を入れかえることは日本にとっていいことです。
 
解散はいいとして、安倍総理の解散理由は予想とは全然違っていました。
消費税の使い方を変えるので国民の判断を衆議院選挙で求めると言います。
衆議院を解散しなければならないほど国会で大問題になっていたのでしょうか。
安倍総理が考えた「適当な解散理由」なのでしょう。
(注)使い方を変えるのではなく、消費税率を8%から下げてもらいたいというのが私の希望です。今後貧困層が拡大すると予測します。消費税は貧困層を苦しめます。富裕の度合いに応じて応分の納税をお願いする方がいいと思います。所得税や資産税を重視すべきと思います、
 
本音は、今解散すれば自民党は圧勝できると読んだのでしょう。
自民党が圧勝すれば自民党が独裁的に政治をやれます。
 
朝鮮(北)の核兵器・ミサイル開発を問題とし、強い外交を行えるようにすることも理由に上がっています。
安倍総理は強い軍を持ちたいのでしょう。
自衛隊は弱くて強い外交を行えないと思っているのでしょう。
憲法第9条に第3項を加え、軍を持つと記入したいのだと思います。
そのためには自民党が国会で2/3以上の議席を持つことが必要です。
 
しかしアメリカは圧倒的軍事力を誇る軍を持ちながら朝鮮(北)との交渉が不調です。
朝鮮に限らず、反アメリカ的言動を示す国、武装組織、テロリストは増える方向です。
安倍総理はどのような強さを持つ軍を持てば強い外交を行えるでしょうか。
実は彼は情緒的に強い軍を持ちたいと思っているにすぎません。
強い外交を支える軍事力などないと思います。
 
世界は平和主義国が大半です。
平和主義国は結束して軍事力重視国を批判するようになりました。
軍事力重視国は平和主義国の結束に勝てないと思います。
軍事力重視国は戦争しては平和主義国から戦争は犯罪と批判非難され、世界指導力を失い、経済・文化力まで失い、衰退していくでしょう。
コメント

希望の党

2017年09月25日 | Weblog
日本の政党はすべて保守です。
与党も野党も保守です。
既存事業・仕事を重視する団体が各政党の支持団体ですから保守になって当然です。
したがって既存政党はすべて改革嫌いです。
 
ところが小池百合子東京都知事が代表になることになった希望の党は改革だと言います。
保守の既存政党に不満を持っている無党派の投票を期待しているようです。
 
それでは希望の党は何をするのかということになると、まだ具体性がありません。
増税ではなく減税のようです。
法人税は下げ、消費税は見直しのようです。
中央政府を小さくし、地方政府を中央政府から自由にし、大きくするようです。
人々が政治を考えるようにするため情報公開をするようです。
女性の活躍を期待しているようです。
 
小池氏が知事をやりながら、希望の党を指導するようです。
全国から人材を募集すると言っています。
 
非常に気になる世界問題、東アジア問題、アメリカとの関係の問題、防衛問題、原子力・炭酸ガスなどのエネルギー・環境問題、技術開発・産業問題などについてはわかりません。
何となく改革という言葉で自公に対抗する印象を与えているので、第二自民党のような低迷民進党より人気を集めるかもしれません。
自公の圧勝を防ぐことができるならば希望の党の人気は当面結構なことと思います。
 
しかし真の改革は烏合の衆の集まりでは実行できません。
叩かれても叩かれても立ち上がる信念の政治家が実行します。
コメント

小池百合子東京都知事の本音はまだわからない

2017年09月24日 | Weblog
小池知事に近い若狭勝衆議院議員が設立を進めている新党は、日本ファーストということで国家主義的、復古的印象を受け、私は今のところ評価していません。
名称を希望の党とするそうです。
小池知事は未来に希望を持てる社会をつくる必要があると考えているそうです。
 
日本の政党は名称と基本政策が全然違うので、名称などどうでもいいのかもしれませんが、希望の党という党名は抽象的で基本政策を暗示していません。
基本政策はやはり日本ファーストということでしょうか。
 
日本の政治の最大の課題は、自公政治でいいかということだと思います。
自公政治を改善する程度なら自公でいいということになります。
 
小池知事は、自公では日本の未来は希望がないと思ったのか、それとも単に自分が権力者になることを夢見たのか、そこがまだわかりません。
都民ファーストと言って都知事選に勝った時は、人々のために都政を行うという姿勢を打ち出したので大半の都民の支持をえたと思います。
最近の小池知事は都民のために仕事をしているでしょうか。
 
豊洲新市場の土壌は化学物質で汚染されたままで、地表に化学物質が出てくることを防ぐ対策を講じる程度だそうです。
出て来そうな場所はすべてコンクリートなどで覆うということでしょう。
完全に防ぐことができず、今後も繰り返し汚染が問題になると思います。
 
小池知事はやる気満々で、都知事になったが、難問が難問なため、どうすることもできない自分を知りつつあるのではないでしょうか。
思うようにならない現実に疲れ、やがて単なる権力志向の政治家になるかもしれません。
コメント

政治家は人々のために働かない

2017年09月23日 | Weblog
政治家は、与党であろうと野党であろうと、選挙の支援団体・人のために全力で働くと言います。
当選したら恩返しをすると言います。
言い換えると、政治家は人々のために働かないということになります。
大半の人が原発反対でも政府は原発推進となる原因です。
 
人々は投票したい政治家がいません。
人々を代弁してくれる政治家がいないからです。
政治家は政治献金する団体・人のためにしか働きません。
片寄った政治の中で人々は自分のやりたいことをやるということになります。
 
こうして人々と政府の乖離がおこります。
たとえば人々は戦争したくないのに、政府は戦争をおこして人々を戦争で苦しめます。
人々と政府の乖離は人々にとって問題です。
つまり政治に無関心という訳にはいきません。
 
投票したい政治家・政党がいない場合は、たとえば自公の政治は問題と思ったら自公にはっきりと反対する政治家・政党に投票して「自公を牽制する」ことは有効と思います。
 
今日本は憲法第9条を変えるか、平和を続けるか、戦争するかの瀬戸際にあります。
政治に無関心では自分の幸福は守れません。
コメント

道路からよく見える庭は町を明るく美しくする

2017年09月22日 | Weblog

私の家の隣の宅地では今戸建住宅の建設が進んでいます。この家に住む予定の人は庭園づくりが大好きだそうです。道路に開かれた庭、つまり道路からよく見える庭になるといいと思います。町が美しくなります。

私の庭は道路に開かれた庭で、フェンスもありません。
見行く人の目も気にして庭づくりをやっています。
道路に開かれた手入れの行き届いた庭は道行く人に喜ばれます。
生け垣や塀で視野が狭い道を歩いた来た人が、道路に開かれた庭の前に来ると、急に視野が広くなり、気持ちがよくなるようです。
 
まだ私の町は古い家が多く、見通しの悪い生け垣や塀で庭が見えない家が多いのですが、かなり建て替えが進んでおり、新しい家は、だいたい、庭がよく見えるフェンスにしています。
町を明るく、かつ美しくしていると思います。
 
フェンスレスにすることに抵抗感を持っている人が多いと思いますが、私の経験では別に問題はありません。
泥棒に入られると心配する人がいますが、道路からよく見える庭は泥棒は入りにくいそうです。
生け垣や塀で囲った家の方が泥棒は入りやすいそうです。
フェンスがないと自分の庭が広くなったような感じがします。
つまり道行く人にも家に住む人にも気持ちがいい庭ができると思います。
コメント

日本は近代化が遅いのではないか

2017年09月21日 | Weblog
老人である私の足として電気自転車がほしいのですが、自転車にモーターをつけたものは原付一種となって、免許がいる、税金を払うということでおおげさです。
妻が電動アシスト自転車を使っているので私も使わせてもらっていますが、坂道がつらく感じます。
 
どうして自転車扱いの電気自転車が認可されないのか不思議です。
電気自転車は危険と言う人がいますが、それなら電動アシスト自転車も危険ではないでしょうか。
従来の原付一種が売れなくなるのを心配して、原付一種の業界が政治献金で政治家を動かし、電気自転車を規制しているのではないでしょうか。
 
安倍晋三内閣は岩盤規制を破壊すると言いますが、自分が気に入らない規制を破壊するだけで、人々が破壊を希望する規制は、関連既存業界の要望を入れて規制を破壊しないのではないでしょうか。
日本は既存の業界が政治献金で政治家を操っており、新しい事業家が既存の事業を破壊するような新事業をできなくしていないでしょうか。
 
近代化が遅れる原因は既存の業界が政治献金で政治家を操り、既存事業を守っていることにあるのではないでしょうか。
コメント

衆議院10月解散の動き

2017年09月18日 | Weblog
安倍晋三総理の狙いは自民圧勝です。
憲法第9条を変えるためです。
アメリカと一緒に朝鮮(北)と戦争する体制をつくるためです。
 
とうとう日本は、平和を捨て、戦争する国になるかどうかの瀬戸際に来ました。
朝鮮の軍事的行動を見て、朝鮮と対抗しない人は軟弱、対抗しないと日本は朝鮮の下になると思っている人が多いと思います。
安倍内閣の国民的支持率が50%ぐらいである理由は、経済がまあまあということもありますが、朝鮮によく対抗しているということもあると思います。
 
しかし実は安倍内閣は無鉄砲だったら本当によく朝鮮と対抗していると言えるでしょうか。
朝鮮のミサイルを撃墜すると言いますが、日本の排他的経済水域にミサイルが着弾しても撃墜しない、また北海道を飛び越えて太平洋東の方に着弾しても撃墜しないのなぜでしょうか。
朝鮮のミサイル実験の予告および実行のたびごとにPAC3を移動配置していますが、このように朝鮮の情報に右往左往していてミサイルを撃墜することができるでしょうか。
 
トランプアメリカ大統領は情報収集分析企画実行力はあるでしょうか。
スタッフが次から次へと辞任しているのはなぜでしょうか。
こんなアメリカが朝鮮と戦争するなんて無鉄砲ではないでしょうか。
 
アメリカと朝鮮が戦争した場合、朝鮮半島、日本はどのような状態になるか、しっかりと安倍内閣は予測できているでしょうか。
太平洋戦争では日本は戦争の結果を予測しましたが、一つも当たらず、惨敗に終わりました。
日本の人々は真珠湾奇襲攻撃を成功と思っている人が多いと思いますが、実は空母を含むアメリカ主力艦隊は真珠湾にはいませんでした。
主力艦隊は無傷で残りました。
ハワイの地上の燃料タンクも破壊できませんでした。
つまり太平洋戦争は最初から失敗でした。
その後の海戦は敗北続きでした。
 
安倍内閣の情報収集分析企画実行力は当時の東条英機内閣より優秀でしょうか。
戦争放棄で来た日本が朝鮮に勝る戦争力を持っているでしょうか。
実は朝鮮から飛来するミサイルを撃墜する能力を日本は持っていないのではないでしょうか。
朝鮮戦争でアメリカと休戦し、その後アメリカに滅ぼされたくないと思って全力で核兵器・ミサイルを開発してきた朝鮮を、感情的に、戦争力は弱いと見下しているようでは日本は予測を誤ります。
 
どう考えても、日本は戦争力が強くなることはないと思います。
防衛予算を5兆円以上にしても、日本の戦争力は中途半端です。
戦争には役立ちません。
 
それなら憲法第9条を大切にし、戦争しないことを鮮明にし、防衛力を防衛のみとして極小にし、馬鹿にされてもいいから、国連主義、また中立の道を探ることが正解と思います。
朝鮮は核兵器・ミサイルを持って威張っても、国連、さらには世界から罰されている状態です。
日本を下にするどころではありません。
孤立に苦悩する立場です。
日本と経済交流したいというのが本音でしょう。
 
どうして日本は自分の平和主義を卑下するのでしょうか。
アメリカに下にされているからでしょうか。
それなら朝鮮と対抗するより、アメリカと対抗したらどうでしょうか。
平和で対抗するといいと思います。
もっと平和に自信と誇りを持つべきです。
 
野党は、小事についてがたがた言わず、不戦、平和、国連重視で一致団結し、選挙で自公と鋭く対抗すべきです。
何が何でも、自公が衆議院議席を2/3以上とることを許さず、憲法第9条の変更を防ぎ、日本が国連をさしおいて朝鮮を制裁するような馬鹿なことをしないようにすべきです。
 
コメント