住んでよかったと思う町にしよう

観光旅行に行くのに自分の町を美しくすると考えません。よく考えると大半の時間を過ごす自分の町の美化が重要ですね。まちびと

生活の心配をして生命を軽視している原発村

2012年01月31日 | Weblog

日本原子力発電(株)東海第二発電所 1978年11月営業開始 (出所)日本原子力発電HP

日本原子力発電東海第二発電所がある茨城県那珂郡東海村は原発に対する考え方が三つに分れているそうです。

1. 日本原子力発電のおかげで村の経済が非常によくなり、また村人の収益になる原発関連の仕事が非常に増えた。原発賛成。
2. 村に対する中央政府の交付金が非常に多い。原発賛成。
3. 原発は危険。事故が起これば自分の村が滅び、村外にまで被害が及ぶ。原発反対。

この中で1と2が問題です。
特に2から中央政府や村の不純な動機が読み取れます。
どうして原発があるだけで中央政府は村にこのような特別扱いをするのでしょうか。
原発が安全なら村は安心して原発を受け入れ、日本原子力発電が納める税金や提供する仕事だけで満足します。
しかし中央政府も村も原発が危険であることを知っているから政府は多額の交付金を出し、村は多額の交付金を要求します。
要するに中央政府は事故が起こったときは犠牲になってくれと村にお願いし、村は犠牲になることを覚悟している訳です。

どうも原発村は自分の生活を心配し、自分の将来や子孫のことを考えていません。
中央政府が原発をやめるなら従がうと言う中途半端な村人も多いようです。
自分のことを自分で考えず、中央政府に考えてもらっています。
主体性がありません。

なお、村長は賢明な人で昨年10月中央政府に廃炉を提案したそうです。
何とか村人も目覚めてほしいものです。
自分や他人や子孫の生命を重視してほしいと思います。
コメント

アメリカの政治家と日本の政治家の違い

2012年01月28日 | Weblog


知人がオバマアメリカ大統領の2012 State of the Union Address (2012.1.24)をべたぼめするのでインターネットでWhite Houseにアクセスし聞いてみました。
選挙運動のような演説をやっていました。
誰でもアメリカ大統領になると悪い方向に人が変わると思いました。
演説は上手だと思いました。
彼は政治俳優だと思いました。

一般にアメリカの政治家は政治家の格好をつけるのが上手です。
アメリカの政治家は国民に見られていることを意識しています。
たとえば演説でオバマ氏がアメリカは1番といった類のことを言うと与党の政治家も野党の政治家もみんな立ち上がって拍手します。
反対の場合は座ったままでやじりません。
つまり上品に振舞っている政治俳優です。

ところが日本の政治家となると下品丸出しです。
野田佳彦総理が演説すると自民党などの野党政治家はやじり続けてうるさくてしょうがありません。
国民が見ていることを全然意識しません。

しかしアメリカの政治家と日本の政治家を比較すると、アメリカの政治家の方が性質(たち)が悪いと思います。
アメリカは、1%が金持ち、99%が貧乏人とか、1%がアメリカを支配し、99%が支配されていると言われています。
これはアメリカの問題の本質をよくついています。
アメリカの政治家はアメリカは自由と民主主義の国であるといいことを言って世界を騙し、99%の国民を騙し、自分は1%に身を置いています。
オバマ氏もその一人と思います。

一方、日本の政治家は、1%になりたがっていることはアメリカの政治家と同じですが、あまりにも下品ですので人々を騙すことができません。
要するに日本の政治家は政治俳優ではありません。
しかし政治を演じることが下手のおかげで人々は騙されませんから幸せと思っていいと思います。
日本の政治家が政治俳優だったら、騙されて人々は99%貧乏人になり支配されるだけでしょう。

ところで本当に日本の人々は政府に騙されていないでしょうか。
原発は安全というのはうそでした。
消費税率を上げると社会保障がよくなるというのは本当でしょうか。
私は貧乏人が増えると予測します。
少なくとも私は99%の仲間入りです。

政府がやるべきことは、

1. 事業の自由化を進め、事業と仕事を増やす
2. 政府を合理化し、歳出を1/4ぐらい減らす
3. 所得税や資産税の累進性を上げるなど富裕層に納税の協力をお願いし、税収を歳出の1/4ぐらい増やす
4. 失業保険、医療保険、年金保険の掛け金は税金性ですので税に組み入れ富裕層にはより多く納めてもらう
5. 消費税は消費を減らしてもいいもの・サービスにかける

と思います。

政府はIMF(国際通貨基金)の言いなりになっていますが、IMFは政府の大赤字を心配して消費税率を大幅に上げよと言っているだけで、日本の人々が貧乏になることなど全然気にしていないことを日本の人々は知るべきです。
コメント

思考が小さくなっている

2012年01月25日 | Weblog

1月24日朝 横浜では雪は草木にとっても私達にとっても春の訪れを告げる先触れです。

現在地方自治体には上部構造として都道府県があります。
いろいろな経緯があると思いますが、この上部構造は複雑です。
整理した方がいいと思います。

その中の都(と、すなわちみやこ)とは中央政府がある地方自治体という意味でしょう。

橋下徹大阪市長は大阪都をつくることを提案しています。
大阪市、大阪府、さらにはその周辺県を一体的に考えないと解決が面倒な問題が増えているのでしょう。
しかし大阪都というと日本を東西に分け、日本政府を東日本政府にし、西日本は西日本政府を大阪都に置きたいと言っているような感じがします。

河村たかし名古屋市長は中京都をつくることを提案しています。
彼は「尾張名古屋共和国」を目指すと言っています。
中部地方を国にし、中部日本政府を名古屋に置きたいと言っている感じがします。

東京都、大阪都、中京都と日本に都(みやこ)が三つあるなんて変です。
いっそ都という行政区の名称をやめてはどうでしょうか。
横浜市には神奈川県庁がありますが、市という普通の行政区名称を使っています。
別に問題はありません。
東京に中央政府があっても東京県あるいは東京市でもいい訳です。

東京「都」などと言うから東京に何でも集中し、世界で一番問題が大きい町になってしまいました。
東京で大地震が起こる確率が高いそうですが、本当に起こったら東京は地獄でしょう。
昨年3月11日の地震でも東京は機能麻痺に陥りました。

確かに現在の中央政府は日本を管理する能力を欠いています。
思考が小さいか、自分のことしか考えない国会議員や国家公務員が多いからです。
だからと言って日本を分割するのは時代錯誤です。
たまたま今は全体を考える国会議員や国家公務員が少ないだけです。
やがて混乱の中から日本のこと、さらには世界のことを考える国会議員や国家公務員が育ちます。

日本はまとまった島々と日本語に代表される日本文化からなっており、世界の中で一つの行政区としてちゃんと成り立っています。
時計の針を逆に戻す(分国する)ようなことを考えることは望ましいことではありません。

ところでまだ世界という行政区を認識する人は少ないと思います。
現代はまだ国と国が争っている未開時代です。
しかし行政区は拡大します。
歴史がそのことを証明しています。
今人々が考えるべきことは世界という行政区です。
日本(国)を3分するなどという小さな考えではいけません。
コメント

真剣に省エネルギー社会を考えよう

2012年01月22日 | Weblog

小菊の群生の株が古くなって花付きが悪くなったので株を全部上げました。その後、春のためデージーとノースポールの小さな苗を植えました。しかし冬があまりにも淋しいのでパンジーを添えました。

電気事業連合会のデータによると昨年12月の電力消費は一昨年12月と比較すると3.5%減だったそうです。
新聞テレビは全国的に節電意識が高まったからだと報じています。

私はたったそれだけかと思いました。
これでは政府が原発を動かしたいと言う訳です。

事務所は5.5%減だったそうです。
ちょっと工夫努力したようです。

産業は3.8%減、個々の会社は生産と収益のため電力消費を減らせない事情があったでしょう。
今後は日本に無駄な生産はないかと産業を見直す必要があると思います。

家庭は2.6%減だったそうです。
政府は赤字だが家庭は黒字と言われています。
黒字家庭はまだまだ節電が甘いのではないでしょうか。

近年電力会社は原発依存を高め、原発は夜間だけ発電を減らすコントロールがむずかしいことがあったため、夜間電力消費を人々に勧めてきました。
その結果、日本は不夜城になりました。
夜仕事、夜遊び、夜間学習、夜更かしが非常に増えました。
これは改めるべきではないでしょうか。

電力会社が原発の電気代は安いと言いますので人々は昼間も照明を使うようになりました。
窓のない建物が増え、昼間でも照明を使っています。
集客には照明が有効ということで店は昼間も照明をつけて店内を非常に明るくしています。
これも改めるべきではないでしょうか。

要するに電力会社が原発の危険性を軽視して日本を電力多消費社会にしたと思います。

政府も人々ももっと真剣に省エネルギー社会を考えるべきです。
現状を肯定し、原発を動かしたいと言っているようでは日本は放射能汚染で食べるものも住むところも失うでしょう。
コメント

大規模宅地造成地のお祭り

2012年01月19日 | Weblog


私は頼まれて毎年町のお祭りの準備作業をお手伝いしています。
しかし作業のお手伝いをするだけで企画の実体はほとんど知りませんでした。
町内会の組織図を見ますとお祭り実行委員会があるので、ちゃんと委員がいて長期的に企画をしていると思っていました。

ところが昨年は準備段階で委員会事務局担当から委員になってほしいと頼まれました。
そこで委員会に出席するようになりましたが、すでに企画はできており、ただ準備作業を分担するだけでした。
作業者がほしかっただけなら何も委員にすることはなかったのにと思いました。
委員にしないと作業に協力してもらえないと思ったのでしょう。

最近道で事務局担当に会ったので今年の計画はどうなっているかと聞くと、4月になると新町内会長がこれまでお祭りを担当してきたボランティアグループ(目的はお祭りではない)にお祭りの企画実行を依頼してくるのでこのボランティアグループがメンバーの中から委員を選んで委員会を編制し、企画するとのことでした。
つまり委員会は常設ではなく、毎年新しく編制されることがわかりました。
準備作業者も主にこのボランティアグループが出していたようです。

しかしこのボランティアグループの高齢化が進み、特に一昨年から準備作業の人手が足りなくなったようです。
今年もこのボランティアグループが引き受けるようですが、委員や準備作業者をグループ外から集めないとお祭りを実行できないそうです。

地方の歴史のある町ではお祭り実行委員会(組織)がしっかりしていて町中の人が総動員でお祭りを準備し楽しみます。
しかし私の町は都市部の大規模宅地造成地の新しい町で、神社がある訳ではなく、盆踊りがいいだろうということで公園の広場で夏盆踊りをやっています。
しかしなかなか町中の人が総動員でお祭りを楽しむという雰囲気になっていません。
やっと盆踊りをやっているという状態です。

私の町の問題点はお祭りボランティアグループがなく、お祭り以外の目的のボランティアグループが依頼されてお祭りを企画実行していることです。
そのため毎年お祭りの前になると誰が委員会の委員長になるかから事が始まりますから準備は大変です。

実は日本人はお祭り好きです。
しかし町内会がお祭りから逃げ腰ですとお祭り好きをうまく組織化できないと思います。
お祭りが目的ではないボランティアグループにお祭りの企画実行を依頼するのは安易です。
結局町内会はボランティアグループが編制した委員会に仕事を指示されることになります。
外に依頼したはずの仕事が町内会に戻って来る訳です。

町内会はお祭りボランティアをグループに編制することが大事です。
お祭り実行委員会をお祭りボランティアグループにし、町内会がお祭り実行委員会をねぎらって感謝するようになるとお祭りは元気になると思います。
コメント

ボランティアグループも時間と共に組織疲労

2012年01月16日 | Weblog
現象としては活動しない会員が増える、新入会員が減る、グループの目的より固定会員の交際が重視される、活動が変になるなどです。
活動が変になると余計新入会員は減ります。
何年続くかは熱心な会員がいるかいないかで変わってきますが、ボランティアグループにも寿命があります。
これはそう割り切るしかありません。
ボランティアグループですから新しい人が新しいボランティアグループをつくるということでいいと思います。

通常のボランティアグループはこれでいいのですが町内会の下部組織としての機能をもつボランティアグループはそう簡単に割り切れません。
町内会の組織図にのっており町内会の特定の仕事を担当している訳ですから、このボランティアグループの沈滞は町内会に悪影響を与えます。

私はこれまでに一度だけ沈滞したボランティアグループについて問題提起したことがあります。
約20年存続したグループですが、会員が固定し、考えが古く、町のために有害と思いました。
そこで私は当時の町内会長に会見を申し入れ、代案を提示しました。
驚いたのは会長との話し合いの席に問題グループの代表が同席したことです。
会長はこの仕事は代表に任せてあるから私の代案は受け付けないと言いました。
次に驚いたことは同席していた代表が私の代案に賛成すると言ったことです。

まもなく代表は自分なりの代案を作成して町内会長に提案し、自分のグループを解散しました。
そこで町内会長は代表の提案に沿って新しいボランティアを各班から募集して新グループを編制しました。
新グループは新しい代表を互選して現在活動中です。
これは、代表が自分のグループの仕事に問題意識をもっていたので革新がうまくいったケースです。

私は現在町内会下部組織の別のボランティアグループに所属しています。
編制されて2年目ですが、今のところ順調に動いています。
しかし隣りの町内会長からは、「長くはもたないだろう」とからかわれています。
コメント

放射性物質貯蔵施設

2012年01月12日 | Weblog
野田佳彦総理は放射性物質の中間貯蔵施設を福島県双葉郡に建設したいと福島県に言いました。
福島県は認めないでしょう。

日本にはいまだに放射性物質永久貯蔵施設がありません。
下手をすれば中間貯蔵施設が永久貯蔵施設になる恐れがあります。
苦しむのは周辺に住む人々です。
何百年、何千年と苦しみます。
そんな迷惑を現在の人々や子孫にかけることを決める権限は現在の福島県にありません。

政府にだってありません。
それなのに中間貯蔵施設建設を福島県にもちかける政府は無責任です。

現状では除洗して集まった放射性物質は出所(でどころ)、つまり東京電力福島第一原発に戻すしかないと思います。

現在存在する原子力施設にある放射性物質は永久にその原子力施設に保管することになるのではないでしょうか。
これは原子力施設を誘致した地方自治体の責任と思います。
原子力施設周辺の人々は永遠に苦しむでしょう。

いつの時代か安全な放射性物質処理処分技術が開発されて日本から、さらには世界から放射性物質が消えることを祈るのみです。
コメント

町内会新役員人事

2012年01月09日 | Weblog
私の町は1年交代制の当番制です。
20-30世帯の1班から1名が当番で班長になります。
新班長達が現役員達と相談しながら互選で種々の役職を決めていきます。
1月-3月はこの役員人事と4月の町内会総会準備が忙しい季節です。
総会では今年度の事業報告と来年度の事業計画を提出しなければなりません。

最近流れてきた情報では町内会長人事がうまく行っていないようです。
新班長全員がすくんでしまって、会長になるのは嫌だと言っているそうです。

2010年度の役員は町内会役員人事を正常に戻すため非常に苦労をして役員の負担を軽減する「仕組」を改善し、2011年度は無事新班長達の中から互選で会長職を含め、役員を決めることができました。
したがって2011年度の役員は、会長も含め、比較的楽に職務を遂行できたと思います。
この「仕組」とは町内会活動を支援するボランティア組織です。

この「仕組」とその効果について現町内会長が新班長達によく説明できているか心配です。
役員の仕事は嫌だという気持ちを取り除いてあげる工夫努力が必要と思います。
コメント

出初式

2012年01月06日 | Weblog


1月5日(木)午前横浜市港南区の消防出初式がありました。
町の防災ボランティア活動をやっていますので今年も行きました。
式場の近くの幼稚園や保育園から来たのでしょう、大勢の子供達が見物に来ていました。

消防署および消防団にとって出初式は晴れの儀式です。
今年も頑張るぞと気を引きしめる儀式と思います。
一般の区民の参加が多いほど張り合いがあるでしょう。

近年は自衛消防隊も出初式で演技をやるようになりました。
自衛消防隊とは消防署や消防団ではない団体が自分を守るために組織した消防隊です。
今回は2団体が屋内消火栓を使った消火演技を行いました。
模範演技をやった人達は若い人達でまだこれからという印象ですが見ていて嬉しく思いました。
若い時から本職以外に防災に関心をもって取り組むことは素晴らしいことと思います。

会社、町内会、福祉団体などの単位での防災が重視されているようで、会社などで防災活動を強化したところが表彰されていました。
また消防署は家庭防災員も重視しているようで家庭防災員が表彰されていました。

ところでこの家庭防災員ですが、昨年度横浜市は制度を変え、応募は町内会長の推薦が必要としましたが、町内会長の推薦がなくても家庭防災員になりたい人はなれるようにしておくべきです。
自発的に家庭防災員に応募するような人の中から町の防災を考える人が現れることが多いのではないでしょうか。

それから家庭防災員の訓練内容がちょっとお座成りです。
訓練らしい訓練にすべきです。
防災資機材を取扱う訓練コースなども用意すべきと思います。
コメント

凧揚げ

2012年01月03日 | Weblog


子供の頃、正月、父が和凧をつくってくれました。
それが忘れられず、私は昔は子に和凧をつくりました。
そして今は孫につくっています。

正月2日、3番目の孫と近くの公園に行きました。
今時は凧ははやっていないのでしょうか。
正月というのに公園の広場では誰も凧をあげていませんでした。

凧揚げにちょうどいい北風が吹いていて小さな孫も容易に凧をあげることができました。
孫は糸を伝わってくる風の力を手に感じながら凧揚げを楽しんでいました。

子供の正月遊びは時代と共に変わっています。
家の中でディスプレイの映像を見ながらゲームのようなものを楽しむことが多くなっているかもしれません。
私はゲーム慣れしていませんから神経が疲れるだけで到底映像の世界に入れません。

ディスプレイの映像世界に入り慣れた若い人達はこれからどのような社会をつくっていくでしょうか。
自然、美しい町、美しい庭や家に対する関心が薄れ、マンションという名の集合住宅が増え、その部屋の中に大きなディスプレイがあってディスプレイが三次元世界をつくり、人々は、目と耳と指と神経だけが激しく動くようなことになるのでしょうか。
コメント